ヒューマンデザイン

2020年3月 5日 (木)

ビーワンとグローバルサイクル

こんにちは。

昨日と今日は、対面でのRave ABC講座の予定でしたが、

新型コロナウイルスの影響で開催を延期しましたので、

今週は、落ち着いた一週間を過ごしています。

 

ここ半年以上、忙しくて、自分のための時間を全然とっていなくて

美容院に行きたいと思いつつも、行く時間がなく、

いつの間にか、東京で利用させてもらっていた近所の美容院が閉店していて

ますます行くきっかけをなくしていたのですが、

先日、
ビーワン*を使っている美容院を検索して
昨日、急遽行ってきました。

****
*「ビーワンとは何か」という説明が
私には全くできないのですが、
私の理解では、
環境改善につながる画期的なお水で

美容院では、パーマやカラーの薬剤の影響、
つまり、身体への負担を減らすものとして
使われていますす。

聞くところによると、
ビーワンを使っている美容院の排水溝は
ぬめりがないらしく、
そこの美容院も、そうおっしゃっていました。
****

昨日は、カラーの施術前に、
ビーワンの前処理をしてもらったのですが
薬剤がホントに、しみなかったし、匂いもなかったように思います。

 

私は、自宅でもビーワン関連製品を使っていて、
お部屋の環境をよくするスプレー(トリニティー)や
台所用せっけんや(→これは、本当に、ぬめりがなくなります!)
シャンプー、洗濯洗剤に混ぜてつかうものなど
いろいろと試していますが・・・


そこの美容院の方は、20年ほど、ビーワンを使っているそうです。

でも、あんまり自分からは積極的に広めていないのだとか。
押し付けたくないとのこと。

わからなくもないですよね。

 

で、私が常々思っていることで

「本当に良いものは、なかなか広がらないですよね」

ということをお話したのですが

美容師さん曰く

「広がったら困るところが、たくさんありますからね・・・」と
仰っていて

これも、聞きなれたセリフだったのですが、

昨日は、新たなレベルで、納得しました。

 

ヒューマンデザインの宇宙学(レイヴ・コスモロジー)の情報から
グローバルサイクルのことを考えると

すっごく腑に落ちるんですよね。



これまでの時代は、
大きな組織を存続させなきゃいけなかったので

みんなが働いて、みんながお給料をもらって
生活していけるような社会システムが必要だったんです。

 

みんなが、わざわざ、働かなければならなかったのです。

だから、「余計な仕事」を、生み出す必要があったんです。

 

スピ系の人は、そういう事実に対して

「一部の富を持った人たちが、自分たちの利益のために情報を操作し、搾取していた」説が好きだったりしますが
(私も、そういう概念に踊らされていました)

そういう、善悪によるものではなく

ただ単に、「そういう風になっているだけ」なんですよね。

確かに、実際には、一部の権力者による搾取によるものかもしれませんが、

彼らもまた、私たちと同じように

宇宙のプログラムの一部であり、

彼らも、No Choice(ノーチョイス:選択肢はない) なんですよ。

 

そして、いよいよ、

そういった時代が、崩れていきます。

 

惑星のプログラムによっておこることは

No Choiceですから、

権力構造には、しがみついていられなくなってきます。

 

新型コロナウイルスの影響は

世界のあらゆるシステムを

明らかに、壊していきつつありますよね。

2027年まであと7年ですが

いよいよ、最後の扉が開いた感じがしています。

 

立春のころからの一連の流れを見て、

「なるほどー、そういう手があったのか!」と

あまりにも、完璧なプログラムの展開に、

先日、
ヒューマンデザイン仲間と、感心していました。


外の権威に頼って、
本当の自分でいることを放棄している人には、
これから、本当に、厳しい時代になります。

世論を見ても、
政府に対する不満、文句、これからの不安が、いかに多いことか。

 

「こうなったら困る」

「もっとこうしてほしい/こうするべきだ」

「どう責任をとるんだ?」

「XXに補償するべきだ」

などなど。

 

自分の内側の権威である、
自分自身の体内GPSに頼るのではなく

外側の権威に頼るということは、

こういうことなんですね。

 

政府は、もう、頼っていけません。

 

宇宙のプログラムには、人間は勝てませんから

あらゆる組織的なものが崩壊していくなか、

その残骸にしがみつくことは、

苦しくなる一方なだけです。

 

だからこそ、

これからの時代を生き抜いていくために

自分の内側にある権威を、頼りにしなければならないのです。

 

私自身の生活でも、今、

自分の内なる権威を頼りに進んでいくことが

試されている氣がします。

 

でも、「道」は、ちゃんと、用意されています。

 

私たちのマインド(思考)からは、

その道は、見えません。

 

私たちにできることは、その流れを邪魔しないことだけです。

道は、自分で作るのではありません。

既に、できています。

あなたの中にいるGPSが

正しいタイミングで、ちゃんと、あなたにシグナルを出してくれます。

 

個人セッションや講座にて、お伝えしております☆
あなたも試してみませんか?

https://soleil333.com/


|

2020年1月24日 (金)

新しい始まり RNY2020

2020年1月22日、日本時間23時03分

地球は、ヒューマンデザイン的新年を迎えました。
Rave New Year(レイヴ・ニューイヤー) と言います。


この1週間に起こった出来事は
私にとって、
ものすごく興味深いものでした!

色々な方が言っておられますが、
2020年は、本当に、
目に見える形で、いろんなことが変化すると思います。

その変化の予兆を感じた1週間でした。

ヒューマンデザイン的にも
2027年に向けた、最後の7年サイクルが始まり、
私たちの仕事も、ますます忙しくなると思います。

さて・・・

ヒューマンデザインでは、
日々の惑星の動きが
どのように自分に影響を及ぼすのかという
「トランジット」(惑星の移行)を観察するよう
推奨されています。

占星術や、その他、昔の思考体系では、
そのトランジットを「利用する」ように
使われていて、
そういうやり方を推奨する人たちもいます。
・・・というか、
日本では、そういう風に教えられているようにも思います。

(例:この日は、コレをやるチャンス!とか)


私も、日本では、そんな風に習った記憶があるので、
最初の頃は、
そう思ってました。

・・・が、


ラーから絶大な信頼を受けて
毎年のレイヴ・ニューイヤーのリーディングを
ラーから引き継いだ
リフレクターのダーマン先生の指導では、

ヒューマンデザインでは
あくまで「観察」対象として、見ます。

自分が、どんな影響を受けているのかを
観察します。

そして、
「本来の自分ではない決断をしてしまう要因になるので
氣をつけましょうね」


と、言われています。

要は、トランジットの惑星のエネルギーを利用して
マインド(思考)の決断をしないように、ということです。

あくまでも、「観察」ですね。

ヒューマンデザイン的
正しい意思決定の方法で、
「やる」「やらない」を決めた結果、
トランジットの影響を受けてることに
氣付くくらいでも
いいかもしれませんね。

今年も、ダーマン先生の講座パッケージを
購入したので、
観察に利用したいと思っています☆


さて、今年からは、いくつか、新しい講座を始めるので、
その準備に忙しくしております。

関わってくださる皆さまがいて、
感謝の氣持ちでいっぱいです。

本格デビューは、初夏の予定です☆

みなさまにとっても、この1年が、素晴らしい体験のできる、
実りの多い年となりますよう、
お祈り申し上げます。


*「Rave(レイヴ)」そのものに関して、
日本では間違った認識が広がっています。
これは、Raveコスモロジー(宇宙学)にて学る内容です。
私と、諸星和子さんは、この「Raveコスモロジー(宇宙学)」のティーチャーとして
日本で二人だけ、認定されているのですが、
間違った認識が広がっていることに、危機感を覚えています。

IHDS(国際ヒューマンデザインスクール)に認定された、
正式な講座を早く開催して、
正しい情報をみなさまにお伝えしたいと思い、
HDジャパンに打ち合わせの依頼をしているのですが、
数か月たっても、まだ、打ち合わせが実現しておりません・・・。

個人で開催しないよう、釘をさされているので
素直に待っていますが、
「それって、営業機会の損失じゃないですか!」と
コンサルタントさんに言われて、やっと氣付き・・・

なんとかできないものかと思っています。

いつになったら、開講できるのかなぁ・・・(ぼやき)


| | コメント (0)

2020年1月 1日 (水)

BG5コンサルタントになりました☆

Certifiedprocareerandbusinesslogomedium

みなさま、2020年、おめでとうございます!

ヒューマンデザインで言われている

新しいサイクルの始まり、

2027年まで、あと7年となりました。

昨年は、ヒューマンデザインに出会われた方

すごく増えたように思います。

これからますます

増えていくでしょう。

ほぼ全身の細胞が生まれ変わる7年サイクル

これからますます激動の時代へ
突入していくと思われますので、

「自分で」決めていくことが
これまで以上に
大切になります。

 

ヒューマンデザインに出会った方は
「知識」ではなく
どうやって日々の意思決定をしていくのかという
ストラテジーと権威の実験を
ぜひぜひ、実践していただけますか?

「あなたはこんな人です」と言われた
あれこれを
全て忘れてしまってもいいです。

正しい意思決定の方法だけは、
日々、実験していただけますか?

やりたくない方は
やらなくてもいいです。

離れたい方は、
離れたらいいですからね(^^)

ヒューマンデザインは、
あなたをジャッジしたり
しばりつけたりする
ツールではありませんからね☆


さて、前置きが長くなりましたが、

私にとって、昨年最後に
嬉しいお知らせがありました。

BG5キャリア&ビジネスコンサルタントに

認定されました!!!

BG5基礎講座のインストラクターにも
認定されましたので、

2020年からは
BG5基礎講座を、

日本初上陸で、開講していきます!!!

ちなみに、このBG5の講座は、

ライセンスの関係で、
現在のところ、
ヒューマンデザイン・ジャパンは
関わっておりません。

いえね、
HDジャパンと一緒にやることに対して
私の反応がNoなのですよ。

そもそも、インストラクター養成講座に進む前から
その件で、

ディレクターのカレンさんにも
お話しさせていただいて、

詳細は割愛しますが、
結果的に、
BG5は、各国のHD組織は関係ないよ~
ということが判明し

私にも、
ちゃんと、Yes/Noクエスチョンで
聞いてくださって、
私の答えに対して、

「あなたの信念に従わなきゃだめよ!」

と、

ものすごーーーーーーーーーーく

念押しされました。

このプロセスがどうなっていくのか、
私自身もわかりません。

ただ、私は
自分の信念に従って
進んでいきます。

みなさまは、その
目撃者(観察者)として
眺めていただけますか? 

そういうわけで、
BG5に関するお問合せは、
全て、わたくし、Sachiko G.か、
もしくは、
BG5 Business Institute(英語)へ
お問合せいただけますでしょうか。

 

BG5の教材は、

カレンさんがディレクターになられてから

ものすごーーーーく改善されています。

カレンさんが作成された

素晴らしいスライドを使って
教えることができるのも、
ものすごくうれしいです。

 

それで・・・

さきほどまで、

コスモロジー(宇宙学)の

ラーの講義を聞いていたのですが、

ラー自身も、

「コスモロジーとBG5」を同時に教えていて、

その両極端がバランスを取る

というようなことを言っていました。

ヒューマンデザインは
色んな側面があるのですが、

私はまさに、そこ、なんです。

宇宙学という神秘を語る
コスモロジー。

人間社会の営みの中心である
ビジネス。

この両極端が融合した中に
私の中の内なる真実が
存在しているように思います。

2018年に、日本に本帰国してから、

ビジネスとマーケティングのことを学び始め

一般的に認識されている

ビジネスとマーケティングの誤解を知りました。

トップリーダーはやはり
精神性というのを高く持っています。

お金を稼ぐことが、ダークなイメージを持っている人が多く

特に、スピリチュアルに傾倒している方は

お金に対する意識が、
極端に不健康な方が多いように思います。
(私がそうでした)

でも、お金を稼ぐということが、
いかに尊いことなのか。

自分自身に対して、
しっかりと価値を定めること

それが、たいていの場合、難しいのですよね。


それを、私は、体現していきたいと感じています。

BG5の講座は
「大好きなことで収入を得る」という部分での
「コーチング」的な要素も含まれています。

1期生の開講は、おそらく、
来年5月以降になると思います。

興味のある方は
楽しみにお待ちいただけますか?

2020年も、どうぞよろしくお願いします!

****

【お知らせ】

2020年より、ベーシックリーディングを停止しました。

また、既存のお客様に
しっかりと対応させていただくために、

新規のお客様のリーディングのご予約は、
ご紹介か、もしくはメルマガ読者様に限定させていただきます。
ご了承いただけますでしょうか。

メルマガ登録はこちらになります。
メルマガ登録する

尚、私のフルリーディングには、
LYD講座もしくはRave ABC講座に 含まれております。

新規の方は、講座の受講をご検討いただけますでしょうか。

最後までお読みくださり、
ありがとうございました!

Sachiko G.

|

2019年11月 5日 (火)

ヒューマンデザイン【オンライン】体験説明会2019年11月のご案内。

【あなたの才能を引き出す】
【ヒューマンデザイン体験説明会】 
開催いたします!
オンライン:11/9(土)、13(水)、29(金)
詳細とお申込みはこちら
↓↓↓
http://bit.ly/HDtaiken

色々とお問合せをいただきますので、
また、体験説明会を開催いたします!

興味のある方、ぜひ、この機会にご参加されませんか?

 

Madara

 

あなたのマンダラチャートを

プレゼントいたします!

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年11月 4日 (月)

続・宇宙学(Rave Cosmology)の話

私がRave Cosmologyを最初に受けたのは
2015年の秋でした。(履歴を確認しました)

IHDSのティーチャーである
元遺伝学者の
Dr.アンドレア先生から

Brahma's Long Night and Beyond
ブラーマズロングナイト・アンド・ビヨンド

という講座を受けて、

日本でのコスモロジー開講に向けて
講座を聞きなおしています。

4年前は、
まだ、確か、日本で
ヒューマンデザインの
プロフェッショナルアナリストになるための
PTLコースが一部しか開講されていなくて

しかーも、それまでの講座も
情報がめちゃくちゃ不足していたので、

今、聞きなおすと

当時は、レクチャーの10分の1くらいしか
分かってなかったんだーーーー


ってことが、判明しました(笑)


まー、そもそも、
この講座自体が、
Rave Cosmologyの他の講座を
いくつか受けた後に、開催されているので
初めて受けた段階では、分からないこともあって当然。

全部を知った後に聞くのとでは、
理解できる幅が違うのは
当然ですよね!


でね・・・


アンドレア先生が講座でよくおっしゃるのは

「テキストになっているのは
ラーの講座の1つのバージョンです。

私は、ラーが教えた同じ名前の講座を
ほぼ全て、受けました。

そこで、ラーは、
最初に教えたときと、
何回か教えた後では、
矛盾するようなことも言っています。

ですから、私の役割は
テキストにはない、
ラーとの逸話を
みなさんにお伝えすることだと
思っています。」

ということなんですよね。


テキストにはない情報を
たくさん知っている。

そこが、

IHDSから講座をうけまくり、
正式に認定を受けた
私や諸星さんという
ティーチャーの醍醐味だと思います。


ついでにいうとね・・・


テキストになっているのは、
ラーの講座の書き起こしなのですが、
「文字(書き起こし)」の情報と「ラーの音声」の情報では
やっぱり、違います。

ラーが真剣に言っているのか、
ジョークとして言っているのか

どんなトーンで伝えているのかは
音声でないと、わかりません。

(そういう意味では、
私が翻訳した
「セクシャリティマニュアル」と
「ラインコンパニオン」は
テキストしかなかったので、
そこが翻訳者としては
残念なところです)


さて、今日は、何が言いたかったのかというと

ちゃんと正式に
IHDSから認定されている
ティーチャーの情報を

信頼してくださいね!

ということです~。


海外でも、無料で出ている情報は
嘘っぱちのものも
沢山あります。

日本でも、ちらほら
そういう情報を聞くようになりました。

正式に知りたい方は、
しっかりと、「誰から受けるのか」を
選んでくださいね☆

私の情報はこちらです

 ↓↓↓
ヒューマンデザイン・ジャパン公式HPでの認定者プロフィール
IHDS(国際ヒューマンデザインスクール)での登録者ページ

| | コメント (0)

2019年10月31日 (木)

レイヴ・コスモロジーのティーチャーに認定されました!

こんにちは! Sachiko Gです☆

最近、超・超・超・超・忙しくって

FBでお知らせしたきり、

すっかりこっちで発表するのを忘れていました(;'∀')

 

ヒューマンデザインの

Rave Cosmologistティチャーに認定されました。

わーーいい!!!

パチパチパチパチ!!(拍手!)

これは、「ヒューマンデザインの宇宙学」を教えることができる、

国際ヒューマンデザインスクール(IHDS)認定の正式なティーチャーの資格です。

 

レイヴ・コスモロジーのティーチャーに加えて

ビジネスに特化したBG5のインストラクター。

この組み合わせは、世界にも、そう、いないと思います☆
(だから、なんだって感じですが(笑))

スピリチュアルとビジネスの融合は、私の人生のテーマでもあるように思います。

地に足をつけたスピリチュアル。

目に見えない領域も大切するビジネス。

そんな価値観で、やっていけたらいいなって思います。

 

あ、Rave ABC講座も忘れずに~。

ヒューマンデザインの醍醐味はここから!

Abcfb201909_20191019221501 

11月もやっていきますよ!

Rave ABC 無料説明会のお申込みは
こちらからどうぞ☆
    ↓↓↓
http://bit.ly/ABCtaiken

 

私の講座に関して、
Kimikoさんが、とっても嬉しいお知らせをしてくださっています。

というのも、来年5月に

Rave ABC講座の上の講座である

「Rave Cartography(レイヴ・カートグラフィ)」

という講座のティーチャーコースがあるのですが

その講座をできれば受けたいのです。

私がRave Cartographyのティーチャーになるためには
Rave ABC講座の受講生を、あと5人、増やす必要があります。

とっても嬉しいことに
Kimikoさんは、私がRave Cartographyティーチャーになるのを
心待ちにしてくださっています。

現在は、HDジャパン代表の上田氏しか
Rave Cartographyの
ティーチャーの資格を持っていないため
なかなか単発では開催されないのですが

養成講座とは別のステップで

ゆっくり、マイペースで学んでいきたい方のためにも

ティーチャーの資格が取れたらいいなーと思っています。

このチャンスを逃したら、次、いつ、ティーチャーコースが開催されるかわかりませんし・・・。

ただ・・・
こればかりはもう、流れ次第でしょうか~。

私の講座は、手前みそではございますが、

養成講座を受けた方でも、
「再受講して良かった!」という感想をいただいております。

きっと、お客様に提供できる視野が広がります。

11月開催のオンライン夜コース
実は、もらってうれしい
日本では手に入らない
特別なプレゼントを、ご用意しております☆
(既にお申込みの方は、お手元に届くまで、お待ちくださいね!)

説明会はいいから、講座を申し込みたい!
という方は

こちらからどうぞ
 ↓↓↓
http://bit.ly/ABC-form

これからは、上級者向けに特化していきますので、

LYDの開催頻度は、ぐんと少なくなると思います。

が、2月に東京で対面LYDを開催します。

また、オンラインの平日午前コースも開催するかもしれません。

LYDの体験説明会はこちらからお願いできますか?
オンライン:11/9(土)、13(水)、29(金)
追加日程、随時アップします。
詳細とお申込みはこちら
↓↓↓
http://bit.ly/HDtaiken

 

 

| | コメント (0)

2019年10月19日 (土)

ヒューマンデザインPTL1(プロフェッショナル・トレーニング)再・再受講

Madara

なんとまー、自分でもびっくりなのですが、

すっごい流れで、

ヒューマンデザインのPTL1
(プロフェッショナル・トレーニング・レベル1)を
再・再受講しています。

講師は、Alok(アロック)というマニフェスターの男性。

彼は、ラーの通訳をずーーーーっとやっていた方です。

 

親しくさせていただいている
プロフェッショナル・アナリストの諸星さんから、
アロックの講座を、一緒に再受講しないかと
打診を受けて・・・

これは、もう、使命感でしょうかね・・・

彼の講座を受けて

諸星さんと二人で、
よくよく吟味して、

日本のみなさまにも伝えていきたい・・・

と、

急遽、申し込んだのでした。

 

今日、第一回目の授業がオンラインであったのですが
(まだ途中で、今、現地時間のランチ休憩中)

最初の最初に、まず、
チャートの中のエネルギーの流れ方の
説明があって、

どのように、統合していくのか、という
サンプルの説明があって・・・

しかも、その中には、
アロックがこれまでの研究で

とっても重要だと思われる要素
(日本では学べないけど
私と諸星さんは、
海外コースで受講済み)も

織り込まれていて

なんというか、
このタイミングで
彼のコースを再受講して良かったと思っています。



正直、スケジュールがカツカツで、

頭は「私、大丈夫かなーーー」と思っているのですが、

宇宙が用意した道であるなら、
大丈夫なはず。

私も諸星さんも、ラーから直接学んでいませんが、

ラッキーなのは、

ラーから直接学んだ、第一世代の先生たちの

それぞれの研究結果を

純粋に学べて、

自分の中に取り入れている、ということです。

それぞれの先生には、

それぞれの視点と特徴があって、

どの先生も素晴らしい。

そういった話を沢山きいて、統合できることって、
ホント、ありがたい。

 

これからも、

私のリーディングや講座の中で、

皆さまに
還元していきます。

 

それと同時に、

もっともっと、流れに委ねていこうと

思うのでした。

これからも、よろしくお願いします☆

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

|

2019年10月18日 (金)

Rave ABC講座

Abcfb201909_20191019221501

Rave ABC 無料説明会のお申込みは
こちらからどうぞ☆
    ↓↓↓
http://bit.ly/ABCtaiken

***


私がRave ABC講座を開講できるようになってから

2年が経ちました。

今、私にとって5回目の

Rave ABC講座を開催しています。

話の流れで、諸星和子さんに、
アシスタントとして入っていただいて、

諸星さんの客観的な視点からも
コメントや補足を入れていただいています。

今回の受講者さんたち、
本当に、ラッキーです☆

今回から、新テキストを利用しはじめたので

私のスライドも、全て、
見直しながら進めています。

まだまだ改善の余地はあるものの、

今回から、
私のABC講座、
かなり、進化した感じがしています。
*個人の感想です(笑)


でもね、
諸星さんも、私のRave ABC講座を
大絶賛してくださっていて、
私もかなり、自信につながっています。


私は、Rave ABC講座も

変容のコースだと思っています。

(国際ヒューマンデザインスクール(IHDS)
学長のリンダさんも
そう、仰っていました)

そして、
4つのタイプや
9つのセンターのメカニズムを抜きにして、

Rave ABCは語れません。

LYDから、積み上げていく形で
進めて行っています。

そこに費やしている、私のエネルギーと労力。

なんだろー、
ピュア・ジェネレーターだからこそできる、
コツコツと進めて行くスタイル。

もしかすると、
受講者さんにとっては
そんなに違いは分からないかもしれませんが、
私の中では、大きく違います。

(自分に余裕ができたからかな)

次回は、

11月下旬より、平日夜コースを開催します。
6期生となります。

興味ありますか?

Yesの方は、詳細をこちらからご覧いただけますか?
 ↓↓↓
http://www.soleil333.com/humandesign/event.html#ABC


10月末まで、早割やっていますよ。

そして、Rave ABC講座の無料説明会を開催いたします!

Rave ABC講座で
何がわかるのか?

あなたに、どんなメリットがあるのか?

などなど、
聞いてみたい方、いらっしゃいますか?

また、私、Sachiko G.の
話し方や、伝え方が

あなたに合っているかどうか

お気軽に確認していただくチャンスです!

無料説明会のお申込みは
こちらからどうぞ☆
    ↓↓↓
http://bit.ly/ABCtaiken

| | コメント (0)

2019年9月30日 (月)

ジェネレーターの反応は、Respond であって、Reactionではない という話

少し前、FBにて、とっても好評だった記事を転載しておきますね。

ヒューマンデザインを学んでいない方は、

なんのことかわからないと思うので、スルーしていただけますか?


****

****

*無断転載禁止!引用される場合は、必ず「Sachiko G.のブログ「宇宙の瞬き」参照」といれてください。

マニフェスターのラーは、ジェネレーターがマニフェスターっぽく振舞う(自分から開始する)ことが、本当に、嫌だったようです。
で、ジェネレーターに特化したラーのレクチャーを聞いていて、そのことを熱く語っているラーの強いメッセージがありましたので、いつかどこかでシェアしたいと思っていました。(詳しい話は、非公開の場で(^^)/)

とにかく、ラーは、「ジェネレーターたちが、自分から「やる」と言って、実現しなかったことが、山ほどある」と、怒っていました。ジェネレーターは、絶対に、自分から始めるな!「反応(respond)」しろ、と。

 

で、前置きがかなり長くなりましたが、アレックスとセルヒオのイベントで、アレックスが、reaction と response を、明確に言い分けていたのです。 どちらも、日本語では「反応する」ですが、この違いに、大きなヒントがありました!
さらに、IHDS(国際ヒューマンデザインスクール)のPTL1で、ジェネレーターに関する説明を再聴講していたら、「マニフェスティングジェネレーターは、sacral response を確認せずに、act/react しがち」という表現があり、ここで私は、確信に至りました。

やっぱり、「反応」って、見聞きしたあらゆることに対するリアクションの反応ではなく、あくまでも、仙骨でのrespond(自分のもとに問いかけられた何かに対して応答する)なのだと、再確認できました。

カリスマチャネル(仙骨と喉が直結しているタイプ)のマニフェスティングジェネレーターは、反応したエネルギーをすぐに実行できる特殊な能力があります。だから、ほとんどのカリスマは、常に忙しくしていたいし、常に何かを実行したいと思っています。そして、何かに飛びついて、やり始めますが、満足することができません。だからこそ、「リアクション」によって、自分発信で何かをするのではなく、依頼・要請などに仙骨がrespond(応答/反応する)のを確認するのが大切で、それには、ガイドが必要だと、ラーは強調していました。

この辺のラーのレクチャー、特別講座とかで紹介できたらいいですよね・・・。あと、IHDSのPTL1で学ぶチャートの読み方とかも・・・。

****

 

と、この話を書いたのが、3か月ほど前でしょうか。


(ぶっちゃけ、この情報は、超・有料級の情報ですよ。)

なんでこんな話を書いたかというと、

やっぱり、「リアクション」で動くカリスマさんたちと
「反応だから、どんどんやりな」と
それを推奨しているムードに

ちょっと待った!!

と、言いたかった。

「カリスマは、ガイドされなきゃいけない。」

覚えておいてね。

なんでか…ここ、私のABCの、回路群のところで、
詳しく説明します。

お申込みページ
↓↓↓
http://bit.ly/ABC-form


でね・・・

でね・・・

私、このことを確認したくて、
BG5ビジネスインスティチュートディレクターの
カレンさんに、
インストラクター養成コース内で、
ReactionとResponseの違いを
質問していたのです。
多分、5月ごろです。


で・・・
そんなことも忘れていた先日・・・

なんと、各国のヒューマンデザインの精鋭が集まる
BG5のProfit Potentialの講座内でも、
この間、この話になっていたのです!

もしかして、私、一石を投じたのかしら???

それとも、偶然なのかなぁ。

どちらでもいいのですが、
これが、世界の共通認識のようですね(^^)


余談ですが、
私が再受講したIHDSのPTL1,
講師はマニフェスターのリネットさん。

でも、講座の中で、それぞれのタイプのティーチャーが
ゲスト出演して、
そのタイプのことを語ってくれますので、
上述の話を説明してくれたのは、
マニフェスティングジェネレーターの
ブライアン先生です。

だから、
それぞれの「タイプ」のことが
よく理解できます。

IHDSのPTL1では、
PHSのティーチャーの方が
バリアブルの説明もしてくれるし、

もちろん、いろんなチャートを用いながら
解説してくれるし、

ほんとに、
私は、IHDSから色々学ぶことで
かなり自分の理解が深まりました。


さらに、
BG5では、実用的な側面を
身に着けました。

そんなSachiko G.から、
リーディング/講座を受けてみませんか?
私のHP
 ↓↓↓
http://www.soleil333.com/humandesign/




追伸:(つぶやき)
日本の養成講座やPTLコースでも
各タイプのティーチャーを
ゲストで呼んでくれたらいいのになぁ。

私も諸星さんも
喜んで参加しますよ。

諸星さんは、PHSも教えられるから、
バリアブルの説明だってできるのになぁ。

招待出しても、響かないみたいです。残念。



***
ただいま、「キャリアデザイン鑑定シート」配布中。
メルマガ登録はコチラ
↓↓↓
http://bit.ly/soleil333MM

|

2019年9月22日 (日)

緊急開催! ヒューマンデザイン「Rave ABC講座」無料説明会

Abcfb201909_20190922213901

LYDを受講済みの方へ
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

もっと、チャートの意味を
知りたいと思いませんか?

Rave ABC講座を受けると、

あなた自身のこと

あなたのご家族のこと

あなたの親しい人のこと

あなたの上司や部下のこと・・・

もっともっと、
いろんなことが、腑に落ちますよ。



「Rave ABC講座」で、何がわかるのか

無料説明会を開催します!


受講するかどうかは、まったく別として、


Rave ABC講座で、どこまで分かるのか??

ということを、
聞いてみられませんか?

また、単純に
Sachiko G.の伝え方や、話し方が
あなたに合うかどうか、
確かめるだけでもかまいませんよ。

「Rave ABC講座」無料説明会のお申込みは
こちらまで!
  ↓↓↓
http://bit.ly/ABCtaiken

|

より以前の記事一覧