京都あれこれ

2011年6月 5日 (日)

聖宙庵 (浄土寺近く)

久々の食べ歩きレポートです。

実家の母と妹と3人で、聖宙庵さんに行ってきました。

妹が人から教えてもらったお店で、お茶会席のようなフレンチを出してくださるお店です。
お昼のコース2800円をいただきました。

和室にテーブルというお部屋で、この日は2組だけだったので、ゆったりのんびりできました。

味も量も大満足。2800円の価値ありです。

<いただいた料理>

・お出迎えの抹茶
Seityuan1

・茶懐石の盆
Seityuan2

・オードブル
Seityuan3

・サラダ
Seityuan4

・スープ(新タマネギのスープ。すっごく濃厚で、おいしかったです。)
Seityuan5

・魚料理(肉か魚か選べました。お肉は4種類あって、うち3種類はプラス料金とのことでした。)
Seityuan6

・デザート(これに、ドリンクがつきます。私はハーブティーをいただきました。)
Seityuan7

上記にパンがついて、パンはおかわりできます。

ここ、とっても気に入ったので、また行きたいですhappy01

聖宙庵
京都市左京区浄土寺下馬場町3
TEL・FAX:075-205-1627



リコネクティブ・ヒーリング(R)、リコネクション(R)のご依頼はこちらまで
京都岩倉・円町(京都でのセッションはまもなく終了します。広島でのセッション開始は7月以降の予定です。)

いつもポチっとありがとうござます☆
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ

| | コメント (2)

2011年5月10日 (火)

丸久小山園 お抹茶教室

20110510今日は、母と一緒に、西洞院御池(にしのとういんおいけ)を下がったところにある「丸久 小山園」で、「お抹茶の点て方といただき方」の教室に行ってきましたhappy01

めちゃくちゃ楽しかったですheart04

「自宅で気軽にお抹茶をいただく」ための教室だそうで、用意されているお道具も、必要最低限のものだけだそうです。(軽量カップとスプーンは、正確な量を量るためのものですので、なくてもかまわないのですが・・・)


お抹茶を3杯いただきました。
(3杯目は、お互いにお茶を点ててあげて、交換して飲みました。誰かに点ててもらったお茶はおいしいです(^^)おなかが大丈夫だったら、何倍飲んでもいいみたいです。)


私も母も、お茶を本格的に習ったことがないし、これからも習わないと思うのですが、お抹茶を出されたときに、恥ずかしくない程度のマナーも教えていただきました。
これで、お店なんかでお抹茶を出されても安心です。これからは、自宅でもお抹茶を点ててみたいなぁって思いました。(お抹茶は、健康にいいそうですhappy01

お抹茶教室は、平日のみ10時半から1時間。定員2~4名で、2日前までの予約が必要です。料金は1000円で、プラス400円すると、季節の和菓子をいただけます。その写真を撮るのを忘れて、残念でした・・・。

また別の方を誘って、行ってみたいなぁって思います。でも、もう、行ってる日がないかも(^^;;

お茶を習っている妹は、一番美味しいお抹茶が、この「丸久 小山園」さんだと言います。(好みの問題でしょうが・・・)

この店舗自体は2年半前にできたばかりだそうで、ここと、JR伊勢丹のみ、直営店があります。あとは、全部、お茶屋さんに卸しているそうです。(広島で取り扱っているところ、あるのかしら。)

ここで出していただいたお抹茶を挟んだおせんべいみたいなのが、シンプルで美味しかったです。ちょっとした京都のお土産にいいと思いました。

宇治の方に工場があって、無料で工場見学も出来るので、今度、母と一緒に行ってきますhappy01

丸久小山園のHP
お抹茶の点て方教室のある丸久小山園 西洞院店

京都旅行のついでに行かれてもいいかもしれないですねhappy01


リコネクティブ・ヒーリング(R)、リコネクション(R)のご依頼はこちらまで
京都岩倉・円町(京都でのセッションはまもなく終了します。その後、拠点を広島に移します)

いつもポチっとありがとうござます☆
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ

| | コメント (2)

2011年3月19日 (土)

野菜Cafe MAHALO

Mahalo京都市左京区下鴨に昨年オープンした「野菜Cafe MAHALO」さん。北大路通りのバス停「植物園前」近くで、裏通りに入ったところにあります。

こういったお店が増えてくれるのは、めちゃくちゃうれしいです。

もっと早く紹介したかったんですけど、前回はカメラを持っていくのを忘れていたので、ブログにアップしませんでした。

写真は本日のスープセット(スープ・天然酵母パン・サラダ・デザートで880円)です。この日は、さつまいもの豆乳スープでした。おいしかった~!!

前回は、かぼちゃのスープだったのですが、それも美味しかったです。

見かけはちょっと量が少ないかな?って思うのですが、お腹いっぱいになります。

食後のコーヒー・紅茶は150円プラスで、砂糖は白糖ではなく(何だったか忘れました(^^;;)、フレッシュ・ミルクの代わりに、豆乳がつきます。ミルクの代わりに豆乳が出てくるのが、めちゃくちゃウレシイ!


ここのお店は、食材や調味料も拘っていらして、『すべてのメニューで肉・魚・卵・乳製品・白砂糖、および化学調味料を、可能な限り使用しておりません。』『また食材は可能な限りオーガニックもしくは減農薬のものを使用しています。』とのこと。 できるなら、毎日通いたいくらいです。

このお店は、オーナー夫妻がハワイが大好きだそうで、名前もそうですが、店内もハワイアンな感じです。

スピリチュアル系の本が沢山置いてあって、それを読むのも楽しいです。(リコネクションの本も置かせてもらってますhappy01

で・・・実はここ、英会話のレッスンもされていて、昨年末から、ここでプライベートレッスンを受けています。

先生は日本人なのですが、カナダで英語教授法の資格を取られていて、発音も文法も、完璧に指導してくださいます。

正直、グループレッスンのカナダ人の先生よりも、文法の知識は豊富です。(ネイティブでも、「外国人に対して英語を教える」という教育を受けてない人のレッスンでは、あまり上達できないってのは、そういうところがネックなんですよね・・・)

まさに、私が「こういう先生がいたらなぁ」っていう願いがそのまま叶ったような感じで、めちゃくちゃ細かいところまで色々と教えてもらっています。

生徒さんの中には、予備校で英語を教えている先生もいらっしゃるようです。それだけ、この先生のレベルが高いってことですよねhappy01

そんなわけで、今は、この先生の個人レッスンで細かい指導を受けながら、カナダ人の先生のグループレッスンで、実践をしているといった感じです。(最初は、カナダ人の先生のレッスンをやめちゃおうかとも思っていましたが、やっぱり、ネイティブのメリットというのも沢山ありますし、グループレッスンで他の生徒さんに会うのも楽しいので続けています。)

あ・・・半分、英会話の話になってしまいましたcoldsweats01

こちら、場所は鴨川の近くなので、とても気持ちいいです。個人的には、北大路通り付近の鴨川が、一番好きですheart01

<お店情報>
オープン:11:30~19:00
定休日:火・水
電話番号:080-6213-2289
住所:京都市左京区下鴨上川原町8番地
ホームページ:http://yasaicafemahalo.web.fc2.com/


リコネクティブ・ヒーリング(R)、リコネクション(R)のご依頼はこちらまで
京都岩倉・円町 

いつもポチっとありがとうござます☆
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2011年1月13日 (木)

はしたて(京都駅駅伊勢丹SUVACO内)

Ca3c0626

食べ歩き情報は、別ブログに書いていたのですが、どうも別ブログだと更新するのが億劫になってしまうので、こちらでも紹介していくことにしましたhappy01

京都の老舗料亭「和久傳」さんの料理をお手頃な価格でいただけるお店です。
写真は鯛の胡麻味噌丼 1365円

鯛と胡麻味噌の味がマッチしてて、めっちゃおいしかったですheart01
この場所でこの味でこの価格というのは、妥当なところだと思いますが、和久傳さんだということを考慮すると、かなりお得だと思います。

夫は、具もゴハンも大盛りにしていました。(いくらプラスだったか忘れましたsweat02

場所も場所なので、かなり混んでいる事を覚悟でどうぞ~happy01

京都駅はたまに行くので、また利用したいと思いますnote

「はしたて」さんのブログ
http://w-hashitate.jugem.jp/

「和久傳」さんのHP
http://www.wakuden.jp/news/hashitate.html

☆お店情報☆
京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
スバコ・ジェイアール京都伊勢丹3F
電話 075-343-4440
■ 営業時間  <昼> 11時~15時(鍋は夜のみ)
<丼と茶菓> 15時~17時
<夜> 17時~22時
(ラストオーダー:21 時30分)
※12月31日 1月1日のみ、営業時間が11時~18時となります。
■ テイクアウト 11時~21時30分
■ 定休 無休


いつもポチっとありがとうござます☆
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2010年5月16日 (日)

葵祭と大徳寺

昨日、5月15日(土)は、京都の三大祭りの一つ、葵祭(あおいまつり)の日でした。

私は一度、これをナマで見てみたかったのですが、なんと、前日の14日に、夫が仕事の取引先の方から有料観覧席のチケットを貰ってきたので、急遽、有料席で見れることになりました!

見れて嬉しかったです♪

Ca3c0346_2Ca3c0347Ca3c0355Ca3c0358 ケータイで撮ったので、タイミングが合わず、なかなかキレイに撮影できませんでしたが、その中でもキレイなのをアップします(^^)

メインの斎王代になると、後ろの席からおばちゃんが前に来て、写真を撮ってました。

「斎王」というのは、神の使いとされ、神事を執り行う女性です。神の使いなので、地に足をつけてはいけないらしく、移動するときはこのように乗り物に乗って移動したそうです。意外と小さい乗り物でした。

現在は、「斎王」はいないので、その代理となる「斎王代」が、京都市内の未婚の女性から選ばれています。

それから、今朝は、「キョートFUN」という京都を楽しむイベントに参加し、大徳寺の『真珠庵』に行っていきました。ここは、千利休(一休さん)に関係しているところで、普段は一般公開していません。写真NGだったので、写真はナシです。

昔は、この真珠庵から、鴨川を通る葵祭の行列が見えたとか。

禅の修行のひとつは、無心になって掃除をする事なのだそうです。だから、落ち葉もなく、いつも清々しいのですね(^^)

私も自宅に帰ったら、修行だと思って、毎日お掃除して家をピカピカにしようと思いました。

大徳寺が終わってから、ランチのお店に行くまでの間に、今宮神社を通ったのですが、そこでもお祭りをやっていて、行列を見ることができました(^^)

Ca3c0374_2

牛さん、かわいかったなぁhappy01

| | コメント (4)

2010年2月 5日 (金)

京都の梵鐘(ぼんしょう)の不思議

今月から、人生で初めて、「京都新聞」を購読し始めました。

私、京都生まれの京都育ちなんですが、両親が京都人ではない(父は転勤続の息子で、転々とした後京都に住んだ。父方の祖父母は大阪出身。母は田舎から就職で関西に来た)ので、ただでさえ京都の風習をあまり知らない上に、祖父が某全国紙に勤めていたので、京都新聞を読まずに育ってきました。どうも、私の京都無知の一因はここにあったようです。

で、改めて夫の転勤で京都に戻ってきて、お試しで京都新聞がたまに入ると、めちゃくちゃ面白いんですよね~。京都の色んな行事が事細かに説明されていて、京都の文化に触れるのにはもってこいです。

そんなわけで、以前の新聞契約が切れたこともあり、京都新聞に乗り換えたのです♪

そして、昨日、面白い記事を発見しました。

古都京都が中国の五行思想に基づいて建設されているのは有名な話です。
五行思想には、東西南北+中央の「五方」というのがあり、それぞれ色や季節と一緒に音までもが配置されているそうです。

それで、ある方が「平安京造営には音の設計があったとする仮説」をもとに、お寺の音階を調べたそうです。

その結果、市内の梵鐘約100口のうち25口が「方角と音が一致、または近接する」という結果となったそうです。
4分の1の確立ですね。
ただ、25口のうち、江戸時代以降に作られたものも多いらしく、それが元の梵鐘と同じ音律であると立証が出来ないものもあって、実際のところはどうかわかりません。

でも、結構、有名どころのお寺があがってましたよ。


中央は「レ」で、西本願寺。
東は「#ド」で、清水寺と高台寺と永観堂。
北東は「#ファ」で知恩院。
北は「シ」で、大徳寺。
西は「ミ」で神護寺(国宝らしい)
南は「ラ」で仏国寺。

これが意図的に設計して行われたかどうかは断定できないようですが、平安京の人々が、各地に響く違う音階の鐘の音を聞いていたと思うと、なんだかロマンがありますよね♪

新聞には、マップと一緒に載っていました(^^) 京都っておもしろい~♪

| | コメント (4)