フィギュアスケート

2018年2月25日 (日)

メカニズムに魅せられて

2018年冬季オリンピック(平昌五輪)のフィギュアスケートの全日程が終わりましたね。
(ははは、他にも注目競技はいっぱいあるのに、スミマセンcoldsweats01

エキシビジョンにも感動しました~。

ミーシャ・ジー(Misha Ge)選手がエキシビジョンにも出てて、嬉しかったぁ。
(私の活動名を「Sachiko G.(サチコ・ジー)」にしたのは、彼の名前をヒントにしたのもあったのでhappy01

今回の五輪では、
なんといっても、羽生選手!!
誰もが、出場さえ危ぶまれると思った怪我を乗り越えて、
2大会連続の金メダルを取ったこと

そして、偶然にもそれが、

通算1,000個目となる金メダル」だったという

まさに、事実は小説よりも奇なり です。

その裏には、様々なサポートがあったことでしょう。
(見えない世界も含めて…)
おそらく、色々な方が、独自の分析方法で
彼のことを分析していると思います。

私はもちろん、ヒューマンデザインのチャートを見ました。

羽生選手のインタビューを聞いていて、
彼のヒューマンデザインチャートを見ると
(出生時間がわからないので、大まかな部分だけですが)
彼の発する言葉に、
彼のデザインのメカニズムを感じずにはいられませんでした。

私が印象に残ったのは「あとは待つだけ」という言葉。

それは、彼の人生のテーマでもあるのですが、
そんなに若くして、その境地に至ったこと自体が、
本当に、自分自身のメカニズムを純粋に生きていたからこそだと思いました。

羽生選手は、コツコツタイプの反応実践型です。
自分が「これをやる」とコミットしたことに対して、
非常にたぐいまれなエネルギーを発揮することができる人。
そして、平坦な道のりではなく、困難に挑戦することが
彼の美学であり、価値観であることも、メカニズム通りです。
金メダルのために、捨てたものがいっぱいあると言われてました。
やるべきことをやり、あとは、待つだけ。

何というか…
こういう、メカニズムの本質って、
チャートから「あなたは待つ人だから、待っていればいい」というものじゃないんです。
自分のやるべきことをやることによって、
初めて、その人独自の方法で、現れてくるものなんですね。

そんなことを、改めて、しみじみと感じました。

金メダルが確定した時、そしてその後に続くインタビューでは、
本当に、心の底から溢れる満足感が現れていましたね。
あの、「やりきった」という満足感。
それは、「反応実践型」のタイプの人が、
自分に正直に、正しく反応したことをやり、
自分の中にあるエネルギーを正しく使えた時に出て来るものです。

世界中の人たちが勇気づけられ、力づけられたことと思います。

それから、宇野選手。

羽生選手と対照的な、淡々とした印象で騒がれていますが
それもそのはず。
二人は、タイプがまったく違うんです。

解説者(元フィギュアスケーター)の誰かが、
「彼は、浅田真央選手と似ている」と仰っていましたが
宇野くんと真央ちゃんは、同じタイプなんですよね。
人類に8%しかいない、王様/女王様タイプ。
だから、やりきった後の「満足」の表情も、
どこか落ち着いていて、風格がある。
本当は、影響力を持っているのに、自分でそれに気付いていない。

インタビューでは、(インタビュアーの質問に対して)
「自分を目標にする選手(子供たち)はまだいないと思うのですが」
とコメントするシーンもあり・・・

松岡修造さんが「宇昌磨」とネーミングするくらい
独自の世界観があり、それが皆から愛されるところ。
3月の世界選手権も楽しみです!

私はヒューマンデザイン研究者として、
メカニズムの現れ方を、非常に興味深く観察しました。

私は自分の興味ある分野しか見ないのですが、
もっともっと、研究している人も
他にいらっしゃるでしょうね。

これから開講していく、ヒューマンデザインの講座では
生徒さんのリクエストに応じて
様々な有名人のチャートもサンプルにして
講座を進めていけたらなぁって思います。
(出生時間がわかる人限定になりますが)

私は、ヒューマンデザインのメカニズムを通して
人間ウォッチすることに、
とっても魅せられています~。
そんな仲間を増やしていきたいですheart01

****お知らせ****
ヒューマンデザインの基礎を学べる
「リビングユアデザイン」講座を、京都市内で開催します。
2018年4月7日(土)、8日(日) 定員8名の少人数制。
興味のある方は、こちらをご覧ください
一緒に学びませんか?

| | コメント (0)

2017年12月23日 (土)

全日本フィギュア女子宮原選手おめでとうございます!

今年(2017年)の全日本フィギュア女子シングル、
4連覇を達成した、宮原知子選手、おめでとうございます!

彼女のインタビューを聞きながら、
絶対、意志力持ってる人だと思って、
ヒューマンデザインのチャートを出してみました。

思った通り、意思力、バリバリ持ってる人です。

自分がやりたいと反応したことに対して、
ゆるぎない意志力をもちながら、
焦点を合わせて集中し、
コツコツと、ステップバイステップのプロセスで
完璧をめざして飽くなき取組みをする人。
全体の中の自分の役割を認識する感受性を持つので、
自分自身の目標と、
それをサポートしてくれる人たちとのゴールが一致して、
チームの一員として自分が成果を出すことが
自分の務めだと感じて、より一層努力されてきた結果なのでしょう。

昔、さくらももこさんのエッセイで
「努力できるのも才能だ」というコメントがあったのですが
宮原選手は、まさに、そんな感じですよね。

(ちなみに、そのエッセイでは「私には努力できる才能なんかない」と続いていましたが、
さくらももこさんは、漫画家になるために努力されてたはず。
つまり、本当の才能って、他人から見たら努力に見えても
自分自身では努力だと思っていないことが多いのです。)

宮原選手、素晴らしい演技を見せてくださって、ありがとうございました!
オリンピックでも、自分らしい演技をして、
オリンピックの舞台を楽しんでくださいね。


***
ご自身のチャート分析を受けて見られたい方は、
Soleil(ソレイユ)ヒューマンデザインまでどうぞ☆
http://www.soleil333.com/humandesign/
(年内の受付は終了しました)

| | コメント (0)

2015年11月29日 (日)

2015フィギュアスケートNHK杯

久々のフィギュアスケートネタ。

昨日と今日の、羽生くんの演技、すごかった~。

フリー後のインタビューで、あれだけ感情を出す羽生くん、よっぽど努力して、嬉しかったのだろうと思います。

これまでも、ものすごい努力をしてきたであろう彼が、
「血のにじむような努力(練習)をした」と言っていたから、
よっぽど、すごい練習をしてきたのだろうと思います。

そして、中国の金選手が、4回転ルッツ成功させちゃった・・・
ルッツですよ、ルッツ。アクセルの次に難しいジャンプ。
しかも、軽々と。
まあ、難しいといっても、選手によって、ルッツが得意って選手もいるので、一概には言えないのだけど・・・

これって、私が生きている間に、5回転飛ぶ選手が出てくるんじゃないかというような勢いです・・・

ところで、
大好きだった高橋大輔君がいなくなり、真央ちゃんも休業していた先シーズン・・・
海外引越しもあり、スケートをフォローしていなかったのですが

めちゃくちゃショッキングな事実を、今更知りました。

NHK杯の恒例だった「豊の部屋」が、昨年からなくなっていたのですね・・・

NHK杯は、フィギュアスケートのグランプリシリーズのひとつ。
昔は、日本ではNHK杯とファイナルくらいしか放送されていなかったのが、

日本人選手たちの大活躍によって、
ほぼ全て日本でも放送されるようになり・・・

そうなると、「マニア」ではなく、「一般受け」する内容に当然シフトしていくわけで・・・

その代償として、
マニアにしか受けない内容は、外されることになったのでしょうね。

フィギュアスケートを詳しく知っている人しかわからないツボがあり
しかも、独特の世界観を持ってる
樋口豊先生の「豊の部屋」。 
大好きだったんだけどなぁ・・・

(私がスケートやってた頃のリンクで指導されていた先生だったので、私の中では、樋口「先生」なのです・・・。)
樋口先生は、一般的な認知度が低いだろうし、オネエ系の話し方なので、
きっと、(最近になってフィギュアを見出した)視聴者たちからお叱りがきたのでしょう。

まぁ、BSから地デジで放映されるようになった時点で、
アナウンサーとかみ合わず、ヤバイなぁと思っていましたが。

各選手に対する樋口先生のツッコミ、まだまだ聞きたかったな~。

あーあ。
一般にウケルようにするってことは、そういうことなんですよね。

「専門性」をそぎ落として
まるく、まるく、していく。

その方が、大衆にはウケルし、人気も出る。

色々と考えさせられます。

うーん、私は、自分自身のこと(ヒューマンデザインの仕事とか)を思うと、
「専門性」を追求する方がいいかなぁ。



最後に独り言。
NHKのアナウンサー、もうちょっとフィギュアスケートと選手のこと勉強してほしいなぁ・・・

***お知らせ***

■京都出張対面セッション(ご予約受付中)
2016年1月24~29日
ヒューマンデザイン・システム 各種リーディング空き状況はこちら) 
リコネクション(R)、リコネクティブ・ヒーリング(R)空き状況はこちら
対面セッションのチャンスは限られていますので、この機会にぜひお申込みください☆

【Soleil(ソレイユ)ホームページはこちら☆】
Soleil(ソレイユ)リコネクション(R)、リコネクティブ・ヒーリング(R)~「エネルギー・光・情報」あなたの人生と意識を進化・加速させる一生に一度の「リコネクション(R)」。あなたの全体性(精神・肉体・魂)のバランスを取り戻すことであなたを癒す「リコネクティブ・ヒーリング(R)」
Soleil(ソレイユ)ヒューマンデザイン~「ヒューマンデザイン・システム」は、あなたの取り扱い説明書。個人鑑定(リーディング)と、リビング・ユア・デザイン講座。

ヒューマンデザイン・ジャパンHP→http://humanjp.com/

リコネクション・ジャパンHP→http://reconnecting-japan.jp/

リコネクション米国本部HP→http://www.thereconnection.com/

| | コメント (0)

2015年4月20日 (月)

スケートシーズン、終了しました

昨晩は、フィギュアスケートの国別対抗戦のエキシビションを見ました。

アイスダンスの日本代表、リード姉弟(きょうだい=「兄弟」ではなく、当て字にさせてもらいます)の姉、キャシー・リードさんが引退されると聞き、そのラストダンスを見て、途中から涙があふれてきました。ものすごく心のこもった演技だったと思います。

リード姉弟は、めちゃくちゃファンというわけではなかったけれど、それでも涙を流す自分に、ああ、私はやっぱり、思いっきり感情移入するタイプなんだなぁ・・・と、改めて実感しました。

リード姉弟はアメリカ在住ですが、日本国籍もあるため、日本代表として出ていて、ここ2~3年で、年々日本語が上手になってきて、これからも楽しみにしていただけに、もうこの姉弟を日本代表として見れることはないのかと思うと、とても残念です。
インタビューでキャシーの涙を見て、もらい泣きしたのは言うまでもありません・・・。

今シーズンのフィギュア界、日本では、羽生君の頑張りがすごかったですね。あの人は、本当に、戦士だなぁって思います。どこまでも、挑戦していく姿勢。彼のメカニズムは、そういう風にデザイン(設計)されているのでしょうね。障害があるからこそ、彼にとっては乗り越えていく材料となって、更に燃え上がるのかも・・・なんて思いました。

羽生君の活躍に、新たなフィギュアファンも増えて、女性たちの声援もすごかったですが、それでも、私は、高橋大輔君の演技の方が好きです。あのセクシーさは他の選手にはないですね。またああいう選手が出て来て欲しいなぁと思います。

今、個人的に注目してるのが、ジュニアチャンピオンになった宇野昌磨くん。2~3年後が楽しみです。

今年は、日本スケート界を引っ張ってきた選手たちが一度にいなくなっちゃったので、ちょっと残念なシーズンでしたが、来シーズンに向けて楽しみも出てきました☆ 

余談ですが、外国の選手で私が気になっているのは、カザフスタンのデニス・テン選手。初めて見たとき、カザフスタンの王子様みたいな印象がありました。今シーズンは彼も最終グループに入るくらい成長したのが嬉しかったです。

女子では、中国の李子君(朝日は日本語読みで「リ・シクン」と読んでて、フジではローマ字読みで「ジジュン・リ」と呼んでいました。どちらも本当の中国語の発音からはかけ離れていますけど)にも注目しています。彼女もとっても品があります。大人になるにつれ、どういう風に変わって行くか分かりませんが・・・、とってもかわいらしい女の子だなぁって思って注目しています。

それから、アメリカに「グレイシー・ゴールド」という金髪の女子選手がいるのですが、彼女を見ていると、「古き良きアメリカ」って感じがしますね。白人で金髪の女の子。アメリカは(カナダもだけど)、アジア系の選手が目立ってますが、やっぱりアメリカは、ああいう選手に出て来て欲しい。名前も「グレイシー」に「ゴールド」ですよ。めっちゃ華やかじゃないですか。女優さんみたいな美人な顔立ちだし、美しいものには、癒されますね(^^)


お気に入りの選手がいるというのは、楽しみが増えて、いいことだなぁって思います☆ フィギュアスケート、来シーズンも楽しみです! ヒューマンデザイン仲間で、フィギュアスケートファンも何人かいるので、選手のデザイン分析するのも、また楽しい(^^)

***お知らせ***

■リコネクション、リコネクティブヒーリング 京都出張セッション
2015年5月10日(日)~5月17日(日) 午前10時半~午後10時(最終受付午後9時)
*5月10日のみ、午後3時半スタートです。
場所:京都市四条烏丸界隈にて 予約状況はこちら
詳細はこちら

■ヒューマンデザイン各種リーディング 京都出張セッション
2015年5月6日(水・祝)~17日(日) 午前10時半~午後10時(最終受付午後8時)
*5月9日(土)を除く
場所:京都四条烏丸界隈にて 予約状況はこちら
詳細はこちら

■ヒューマンデザインの「リビング・ユア・デザイン(LYD)」講座 in 京都
2015年5月18・19日(月・火) 午前10時~午後5時 の2日間
場所:京都市 四条河原町界隈にて
詳細はこちら

■ヒューマンデザインミニリーディング会 in 京都
2015年5月18・19日(月・火) 午後5時半 以降 (お一人様20分)
場所:京都市 四条河原町界隈にて
詳細はこちら

Soleil(ソレイユ)ホームページ
リコネクション(R)、リコネクティブ・ヒーリング(R)
ヒューマンデザイン

| | コメント (0)

2015年3月25日 (水)

フィギュアスケート世界選手権2015始まりましたね!

フィギュアスケートの世界選手権が始まりました~!
今年は上海なんですよね。

羽生くんが出場すると知って、見に行きたいと思いたち、今日、日本語OKな販売店に電話してみたら、やっぱり、さすがに直前で、もう、女子SPのチケットしか残ってませんでした。しかも、会場周辺ではニセモノのチケットが売ってるから、気を付けてねと言われました。
(言われなくても、そんなところで買わないけど・・・)

日本のチャンネルでは、今日は放映されていないみたいなので、こちらのスポーツ番組を見ています。(ちなみにチャンネル名は「体育」です(笑)) ペアをやってて、第一グループが終わったあとの製氷中です。

フィギュアの解説の仕方って、国によって全然違うみたいですが、こっちは演技中の解説は一切ない模様。静かです。(中国語わからないから、ちょうどいい)

まもなく続きが始まります(^^)

中国はグランプリシリーズもあるし、来シーズン以降に、また上海であるときは、会場で見てみたいなぁ。

***お知らせ***

5月の一時帰国中(5月6日~19日の間)の各種対面セッションスケジュールは、現在調整中です。

京都にて、ヒューマンデザインの「リビング・ユア・デザイン(LYD)」講座の開催が決定しました!
5/18(月)、5/19(火)の平日2日間です。

詳細は準備でき次第お知らせします。

Soleil(ソレイユ)ホームページ
リコネクション(R)、リコネクティブ・ヒーリング(R)
ヒューマンデザイン

| | コメント (0)

2012年12月 9日 (日)

大輔くん、真央ちゃん、グランプリファイナル(2012)優勝おめでとう!

久々にフィギュアスケートネタです。

高橋大輔選手と浅田真央選手が、そろって、グランプリファイナルで優勝しました!
しかも、次の五輪と同じソチでのアベック優勝。二人とも、内容には満足していない部分もあると思いますが、結果としての優勝は、すごくうれしいと思いますhappy01 大満足して終えるよりも、課題を残して、次へのバネにするほうがいいですもんねnote

今シーズンの真央ちゃんのプログラムは、ショートもフリーも大好きです。特にフリーの白鳥の湖は、とっても素敵でした。

前回の五輪のあと、基礎から全部作り直して、たった3年で優勝まで持って来れたのは、真央ちゃんの才能に加え、スケートへの情熱と努力の結晶でしょうね。

高橋大輔選手は、日本人男子初の優勝。ホント、おめでとうございます!怪我からの復帰で、大輔くんも本当に、ものすごい努力を積み重ねてこられました。ここ2年くらいで、いつの間にか、顔が「大人の男性」になったなぁと思います(←え、そっち?)。これで気を抜かず、次のソチ五輪まで、磨き続けてほしいです。 彼が観客を引き込む魅力も、素晴らしいですよね。

ところで、男子の解説のS野氏・・・賛否両論ありますが、私はあまり好きではないです。「え?今の、そうじゃないでしょ」って思うような解説がたまにあります。(あ、今度、ジャッジの資格もってる大先輩にお会いしたときに聞いてみようっと)

今回のグランプリファイナルは、男子がすごかった!出演できる6人中4人が日本人。今後がますます楽しみです。2位になった羽生(はにゅう)くんも、まだ18歳になったばかりなのに、全ての要素のレベルが高いし、ものすごく期待できる選手です。小塚くんも、表彰台逃しましたけど、彼の演技は男子フィギュアって感じで(どんな感じだ(^_^;))好きです。

女子も、2人出場して、二人とも表彰台に乗ったし・・・。(鈴木明子選手、3位でした。彼女の演技も私は好きです♪)

私が応援している日本人選手がみんなファイナルに出てくれて、嬉しかったです。そして、一番大好きな大輔くんと真央ちゃんがどちらも優勝してくれて、もっと嬉しかったです。

今シーズンのスケートの試合はまだあるので、これからも楽しみです~!

*********

年内の営業は12/27(木)までです。年始は1/7(月)から営業いたします。

リコネクティブ・ヒーリング(R)、リコネクション(R)
リコネクション(R)米国本部公認プラクティショナー (広島・京都)

ヒューマンデザイン・システム
ヒューマンデザイン・ジャパン認定アソシエイト、国際(IHDS)認定リビング・ユア・デザイン(LYD)ガイド (広島・京都)

いつもポチっとありがとうござます☆
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ

| | コメント (2)

2012年4月 1日 (日)

世界フィギュア2012 男子

たった今、世界フィギュア男子フリーを見終わりました。

やっぱり、高橋大輔君の演技、大好きです。
ほんと、セクシーで魅力的。テレビの前でうっとりしてました。個人的には、先シーズンのフリーのマンボーがあんまり好きじゃなかったのですが、今シーズンのブルースは、彼の魅力がさらに引き出されたんじゃないかなぁって思います。
はぁ。また見たい・・・heart01 

3位に滑り込んだ羽生結弦くんのフリーも、すごかったですね。
彼はスピードがあるから、すごい。 あのスピードで4回転ジャンプを成功させて・・・全盛期のキム・ヨナを思い出します。まだまだ若いのに、精神力がものすごい。最近の若いトップ・アスリートって、ホントすごいですよね。(「すごい」の連発で、ボキャブラリーのない私sweat02

優勝したパトリック・チャンは、やっぱり王者ですね。質の高い4回転。ジャンプが1個抜けたのにもかかわらず優勝したのは、やはりそれだけ実力がズバ抜けていたのですね。

大輔君、2位でよかったと思います。

前回のグランプリ・ファイナルで、パトリック・チャンの完璧な演技と実力を目の当たりにして(だと思うのですが)、さらにモチベーションがあがって、猛練習を積んできたみたいだったので、これからソチに向けて、もっともっと、磨きをかけていくことでしょう。これからも更に素晴らしい演技を見られると思うので、それが楽しみです。

トップレベルの選手たちは、トップになるために切磋琢磨して、自分の苦手なことも逃げずに練習を積んでいます。私もそれを見習って、英語をもっとがんばろうと思いました。

翻訳のお手伝いを始めてから、自分の英語力の限界を感じていて、文法やパンクチュエーション(句読点)の理解がまだまだだと実感していたところだったので、私も自分の苦手なところから逃げずに、しっかりと向き合って、もっともっと英語力をつけたいと思いました。

こういう機会がなかったら、そこまでしっかりと英語に向き合うことはなかったと思います。

今回の世界フィギュア男子の試合は、私の心の中にズドンと入ってきた感じです。「自分がやるべきことをする」ということ。そう、自分自身を、精一杯生きるということ。

そういうことを感じました。

明日は女子フリーです。
選手たちがみんな、実力を発揮してほしいなって思いますshine



【2012年4月27日(金)~5月2日(水)は京都出張です。】

リコネクティブ・ヒーリング(R)、リコネクション(R)のご依頼はこちらまで
精神・魂・肉体のバランスを取る新時代のパワフルなヒーリング「リコネクティブヒーリング®」と、宇宙と繋がり、本当の自分と繋がる「リコネクション®」米国本部公認プラクティショナーによるセッションです。(広島・京都)

ヒューマンデザインのリーディングはこちらまで
生まれた場所と生年月日・時刻から本当の自分、個性(デザイン)とメカニズムを知り、人生をスムーズに導く「ヒューマンデザイン・システム」(広島・京都)


いつもポチっとありがとうござます☆
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2010年10月26日 (火)

豊の部屋(NHK杯、スケートネタです)

いや~ん、BSハイビジョンで、こんなコーナーあったのね!!!

「豊の部屋」


はい、フィギュアスケートネタでございます。


「豊(ゆたか)」というのは、樋口豊先生のこと。

(検索で辿ってこられた方・・・勝手な意見を書いていますので、どうぞご容赦くださいませ)


私がスケートやってた頃、同じリンク(今は無き「高野アリーナ」)でスケートを教えられていました。高野で教えていた先生の中ではもちろん、ダントツにトップレベルの先生だったので、その威厳はすごかったですし、とても尊敬してました。

あの、ちょっとオネエ系の話し方が特徴で、とても「美しさ」にこだわる先生でした。
(「美」へのこだわりは、オネエ系の共通点かしら?)

樋口先生の生徒さんが「もっと美しく!!」としょっちゅう言われていたような・・・。


そんな樋口先生が、NHK杯のエキシビジョンで、出場選手にインタビューしているんです。

どうも、毎年やっているような模様・・・。

我が家はBS映らないので(しかもまだアナログ)まったくノータッチでしたが、たまたま先日実家でTVをあれこれいじっていた時に、樋口先生の姿と、イタリアのコストナー選手が映っていて、しかもタイトルが「豊の部屋」だったので、「えーーーー、何コレ???」とびっくりしたのでした。

今年は、ただでさえ、NHK杯が異例の10月に行われて(いつもは12月上旬くらい)、それすらノータッチだったので、かなり出遅れてしまったのですが、たまたま「豊の部屋」を見る事が出来た偶然は、やっぱり、リコネ効果でしょうかscissors

NHK杯も、実家で録画できたので、今週末にゆっくり見る予定です。


さてさて、この樋口先生のコメントを聞いていると、やはり、「美しさ」を求める方なんだなぁと思いました。スケーティングの美しさ、各要素への美しさ、そういうところをすごく評価して、各選手を褒められていて、とてもほほえましかったです。

進行自体は、通訳がいなくてウダウダだったのですが、樋口先生、がんばってインタビュアー兼通訳をされていました。やっぱり、そのスポーツをやっていた方の通訳は、技術的な内容も伝えてくれるので、よかったです。
(進行上、まったく通訳せずにスルーしてた箇所もあったのですが、こういう時、英語出来てよかった♪って思いますnote

一番印象に残ったのが、真央ちゃんの時。

今シーズン、ジャンプの修正に入っている真央ちゃん。
きっと、スケートやってる人間なら、誰しもが、真央ちゃんの大変さをわかっていると思います。
それでも、マスコミの前では決して弱音を吐かない真央ちゃん。
その苦労を思ってか、樋口先生が泣かれたんですよ。
「今日は、私が変わりに泣いておきますね」って。
それを見て、もらい泣きしました。

あーー、樋口先生、なんて優しいのheart04

どうかどうか皆さん、温かい目で、今シーズンの真央ちゃんを見守ってください。

今年の真央ちゃんは、ソチ五輪で金メダルを取るために選んだ道なんです。
もしかすると、この修正に1~2、3年かかってしまうかもしれません。

マスコミは、真央ちゃんがもうダメで、これからはシニアデビューのNHK杯で3位になった村上佳菜子選手の時代だという風な風潮を作っていくのではないかと思います・・・。

たとえそんな風潮になったとしても、スケートファンは真央ちゃんを応援していこうじゃありませんかheart01
私は、一回りも二回りも成長した無敵の真央ちゃんの演技をソチ五輪で見られる事を楽しみにしていますhappy01

村上選手も、本当に素晴らしい選手で、これからの活躍が大いに期待されますhappy01
とてもカワイイですよね。あの無邪気な笑顔は、日本人だけどアメリカに登録してバンクーバーに出た長洲未来(ながす みらい)選手に似てますね。この世代の特徴なのかしら。

他にもいろいろあるのですが・・・
(大ちゃんネタも書きたいけど)

時間がないので今日はここまでconfident


いつもポチっとありがとうござます☆
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ


| | コメント (0)

2010年9月25日 (土)

ボレロとプルシェンコ

ラヴェルの「ボレロ」という曲は、フジテレビのフィギュアスケートのテーマ曲となっているので、皆さん、一度は耳にしたことがあると思います。

私、この曲が大好きで、メール着信はこの曲にしています。

アメリカ留学時代のブラスバンド(吹奏楽)で、これを練習していて好きになったのですが、特にバックのドラムの「タン・タタタタン・タタタ・タン・タン・」っていうリズムが最高に好きなんです。


で、YouTubuで、「ボレロ」で検索したら、こんな動画を見つけました。

ロシアのプルシェンコ。18歳の時のグランプリ・ファイナル(日本)での映像です。
2001年なので、9年前ですね。

4回転・3回転のトウ・サルコウのコンビネーションジャンプとトリプルアクセルを完璧に決めています。
しかも、3回転ルッツの前にステップ入れちゃったり・・・やっぱり彼はスゴイ。
今とルールがぜんぜん違うので、「ストレートラインステップ」を見ると へ???って感じで、すごいスピードであっという間に終わっちゃいます。

(スイマセン・・・専門用語いっぱいになっちゃいましたsweat02スケートオタクなので、許してくださいcoldsweats01

これ見ると、今回のオリンピックでプルシェンコが「男子シングルはアイスダンスじゃないんだ!」と怒ってた気持ちがよくわかるなぁって思いました。

もしよろしければ、「ボレロってこんな曲なんだぁ」って思いながら、全盛期のプルシェンコの演技を見てください♪


いつもポチっとありがとうござます☆
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ

| | コメント (4)

2010年3月28日 (日)

高橋大輔選手、世界選手権金メダルおめでとう!

遅ればせながら、大輔くん、世界選手権の金メダル、おめでとーーーーheart04

今回私は、リコネクションの公認試験に集中していて、あれだけ大好きだった大輔くんの試合があることすら、すっかり忘れていました。なので、もちろん、録画予約もしていませんでした。

試験当日の朝、ケータイからヤフーのトップ画面を見たら、「高橋SP首位」の文字が!!!

そのときのつぶやき(ツイッター)

昨日は、フィギュアスケート世界選手権男子SPやってたんや!そんな事も忘れてたくらい、リコネに没頭。高橋君、SP一位だから、私も試験頑張る~!

今から思えば、私が忘れていたのも宇宙の采配、試験当日の朝、大輔君の奮闘を知り、自分も同じように頑張ろうと思えたのも、宇宙の采配かもしれませんhappy01

翌日、大輔君の金メダルのニュースを、同じくケータイで知りました。

そしてつぶやき(ツイッター)

大好きなフィギュアスケートの高橋選手の演技を全く見る事ないくらい、リコネに没頭していた私。録画すら忘れてた。大輔君、金メダル取ったから、私も公認パスしてたらいいなあ…。

大輔君が世界を舞台に自分への挑戦を続け、金メダルという大きな目標を勝ち取ったのと同じ日に、私は私で、自分の人生の道のひとつである「リコネクション」プラクティショナーとしてのステップアップのために、アメリカ本部の公認試験にチャレンジしたという、この偶然。(しかも、この公認試験の日は、私がリコネクションのセッションを受けて宇宙と再接続した2周年記念日でした。) とっても意味深いなぁって思います。

さて、京都に戻ってきてから、YouTubeで、高橋大輔選手の世界選手権の映像を見ました。

大輔君の今年1年の総まとめって感じの演技で、とても感動しました。めっちゃ引き込まれるし、めっちゃセクシーだし、ものすごいステップのエッジワーク。彼のジャンプの中で、トリプルアクセルが一番好きです。しかも・・・世界初、4回転フリップに挑戦してたんですねsign03

YouTubeって、色んな国の動画があって、面白いですねhappy01 

今回、アメリカ発の動画も見ました! アメリカは、解説がめっちゃ面白いし、日本にはない視点からの解説があって(そのことは、ハワイ旅行中に発見した)、結構好きです。

フリーでのアメリカの解説で、最初のジャンプの前に、

「パトリック・チャンを超えるためには、彼は、シーズンベストのスコアを出さないといけません。最初のジャンプは何を持ってくるのでしょうか、4回転トウ(ループ)か、4回転フリップか。誰も彼のプランを知りません。でも、(勝つためには)4回転でなければいけません」という解説があり、ジャンプを飛んだ高橋くん。

解説者たち「わお!!」「4回転フリップ!誰も試合では挑戦したことがありません。」「でもキレイ(clean)じゃなかったし、両足着氷でした」「いや、cleanじゃなかったけど、クールだったよ!!(ため息)」「さぁ、仕事に戻ろう。次はトリプルアクセルだ・・・」

みたいな感じで始まりました。

演技が終わったとき、解説者みんなが彼の演技を賞賛していました。

解説者「4回転フリップ(クアドロ・フリップ)だよ!クアドロ・フリップなんて、言い慣れてない!」「誰も言い慣れてる人なんていないわよ。」と。

そりゃそうだ。そんなスゴイことに挑戦したんだ、大輔くん。

解説者「彼は、4回転トウ(ループ)の調整に苦しんでいたけど、こっちに来てから、4回転フリップの練習をしていて、『4回転トウループより、フリップの方が好きだ』って言ってたわ。トウよりフリップの方が遙かに素敵ね。なんて素晴らしいのかしら。」と、大絶賛。

「この大会の2日前に、彼は、オリンピックの後からものすごく疲れきってて、『もう無理』って言ってたらしいんだけど、コーチが『絶対出なきゃダメ』って言ったんだって。出場してくれて、ホント、良かったわ。」とのこと。

そんな裏話、日本でも話してたのかしら???

私だけじゃなく、世界のフィギュアファン達が、彼の演技に魅了されたのね~って思うと、とっても嬉しくなりましたheart01

とにかく、ゆっくり休んで欲しいです。

あ・・・エキシビジョンがまだ残っているのね。金メダリストとしてのエキシビジョン、楽しみにしてますheart04

| | コメント (0)