« セドナ:メリーアンさんのイマージョン | トップページ | セドナ最終日 »

2018年5月 1日 (火)

セドナ:メリーアンさんのイマージョン終わりました

セドナ時間の今日(2018年4月30日)、
3日間にわたる、メリーアンさんのワークショップ「イマージョン」が終了しました。

ああ、本当に、参加できたことが奇跡のようです。
とても幸せです。

3日間は、長いような気がしていましたが、
皆が内容を吸収して、自分の中に落とし込むのに必要な時間だったと思います。

私にとっては、
本当の自分を生きる実践を、どのようにしていけばいいのかを
具体的に学べた3日間でした。

メリーアンさんの最後のイマージョン。
これまでメリーアンさんが実験と観察を重ねて来た叡智を
たくさん私たちに授けてくださった感じがしています。

そして、ラーとの思い出も、沢山シェアしてくださいました。

『「ラーと関われて、ラッキーだったね」という人は、
ラーに会ったことがないから言えるセリフよ』
という言葉に、みんな大爆笑。

本当に、キツかったみたいです。

メリーアンさんは、
ジェネレーターとしての生き方を
ラーから、スパルタ教育を受けられたのだと思いました。

そのエッセンスを、凝縮して、模範として示してくださる。

私にも、吸収するのに3日間が必要でした。
私も、生きる模範として、メリーアンさんのように
他の人たちにと関わっていきたいと思います。

会場となった部屋は、
ラーがセドナ在住時にセミナーを開いていたところで
メリーアンさんにとっては、特別な場所だそうです。
Img_0970

この部屋に、受講者がぎっしり詰まっていたそうです。

Img_0971

私の魂の母
大好きなメリーアンさんとのツーショット

Img_0969

会場となった、ハンプトンイン

Img_0973

Img_0972

Img_0974

このワークショップは、日本でも、行ないたいと思っています。
(でも、私は自分発信するデザインではないので、
本当にできるかどうかは、誰かから尋ねられないと分かりません。
もし、参加したいという人がいたら、
私に、このワークショップができるかどうか、尋ねてもらえますか?)

ヒューマンデザインが必要とされる真髄は、
「人間関係の中で、どうやって生きるか」です。

私がずっと、日本のヒューマンデザインに欠けていると思っていたこと、
その全てが、メリーアンさんのイマージョンの中にありました。

今年は、ラーの没後7年目です。
メリーアンさんがヒューマンデザインの活動を終了されるのも、
完璧な流れなんだと思います。

そして、私自身が去年、ノットセルフの決断から
すごく大変な思いをしたのも、
また、手術をするに至ったのも
(ちなみに、なんと、日本出発直前に、声が99%戻り、
今はもう、全く違和感ありません)
全部全部、全てに意味があったのだと思います。

本当の自分を生きるという、決心をするに至った出来事を経て
メリーアンさんのワークショップに参加したこと
参加「できた」(環境が整った)ことが、
非常に感慨深いです。

起こるべきことが起こっている、
そんな感覚です。

ワークショップに参加していた全員が作った
素晴らしい場がそこにありました。

メリーアンさん、自分自身でいてくれて、ありがとうございます。
参加者のみなさん、
本当の自分を生きることにコミットして参加してくださり
私と体験を分かち合ってくださって、ありがとうございます。
私の旦那さん、このイベントが私にとって非常に重要な意味があることを分かって
参加できるようにサポートしてくれて、本当にありがとう。
そして、このブログを読んでくださった皆さん、
私の体験の目撃者になってくださって、ありがとうございます。

|

« セドナ:メリーアンさんのイマージョン | トップページ | セドナ最終日 »

コメント

初めまして。ヒューマンデザインに以前から興味があり、さまざまな方のブログやサイトを読みあさって数年です。

Sachikoさんのブログを知ったのは、ほんのつい最近のことで、ちょうどセドナにご出発される直前でした。

私はまだ何のリーディングも受けていません。ほんのお試ししかやっていただいていません。それは慎重な性格なのと、真髄(正しく解ること)を知りたいからなのかもしれません。

日本と本国では伝わり方が違うのだと思い、どのように違うのかという好奇心が働きました。

このイマージョンを受けられて、これからSachikoさんがヒューマンデザインをお伝えする際、今までと明らかに伝え方が変わりますか?

Sachikoさんは、このワークショップを日本でされますか?

投稿: Miracle♪ | 2018年5月 1日 (火) 16時31分

Miracle♪さん
コメントとご質問をありがとうございます。

★これから私の伝え方が明らかに変わるかどうか
→うーん、Noではないですけど、「明らかに」とまではいかないと思います。IHDS(国際ヒューマンデザインスクール)から、プロフェッショナルアナリストコースの再受講と、ビジネスとキャリアのBG5を学ぶ前の2016年までとは、明らかに違うと思いますが、昨年一年で既に大きく変わっているので、そこに深みが増す感じなのかもしれません。

★このワークショップを日本でするかどうか
→はい!私の身体はやりたがっています。あとは、いつ、どのように実現していくかです。

質問してくださって、ありがとうございます。


海外のアナリストやティーチャーの中にも、知識に偏っている人たちは大勢いるようなので、一概に、日本だけが違う、ということでもないようです。また、日本にも、私と同じように、実践を重視している方もいますし、私の知らないところで、そこに到達されている方もいらっしゃるかもしれません。

きっと、皆さんが自分にとって必要なアナリストやガイドに、完璧なタイミングで出会って行くのだと思います。ご自身のプロセスや感覚を信頼して進んでくださいね。

投稿: Sachiko | 2018年5月 4日 (金) 14時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« セドナ:メリーアンさんのイマージョン | トップページ | セドナ最終日 »