« セドナの旅を振り返って(ヒューマンデザイン編) | トップページ | わぉ! »

2018年5月19日 (土)

未知の領域へ・・・

今年の5月から、私の人生は
ますます、未知の領域へ入ってしまったようです。

私の人生を正しく進めていくための戦略は
「反応に従う」ことで、
自分が「うん(やる)」と反応したことを
ステップ・バイ・ステップのプロセスで進んでいくのが
最も有効な方法です。

何に、いつ、反応するのかわからないので
予測することができません。

(でも、その「反応」に従うと、
とてつもない満足感が得られます!!)

それで、なんですが・・・

これまでに反応したことが、
この5月以降に、
いっぺんに集中していて、
私自身、どうなっていくのか、
まったく予測できない状態にあります。

1)ビジネス系ヒューマンデザイン「BG5」コンサルタントコースの
最後のセメスターが始まり、
BG5コンサルタント資格に向けての総仕上げ
情報量も多く、課題提出までにかなりの時間が必要な予感・・・

2)ヒューマンデザインRave コスモロジー・ティーチャーコース開始
(資格取得のための課題を見ただけでクラクラ)

3)フォー・トランスフォーメーション(4つの変容)コースにて、
徹底的に自分自身のデザインを生きるために、
食事法を改善し、自分と周囲の周波数に敏感になりつつある。
これをすることにより、
自分の意志決定(私の場合は「反応」)が、より、クリアになる。

4)ヒューマンデザインPTL(プロフェッショナル・トレーニング)コースを
IHDSから継続して再受講。

5)「リコネクション」セッション再開のために、資格更新テストを受けに行く

と・・・

これだけでも、いっぱいいっぱいなのに・・・。

先月のある日のこと・・・。

以前、コスモロジーのコースで繋がった
ヨーロッパの方とメッセージをやりとりしていて

「僕、DDコース*受けるんだけど
Sachikoも受けるだろう?」

と聞かれて、

「うん」と反応してしまったのです・・・

まさかの質問がやってきたのと、
まさかの自分の反応に、
正直、驚きしかありません・・・。

(*DD=Differentiation Degree 違いの科学
ヒューマンデザインの中で、最もディープな講座。
最初にコース一覧を見た時から、受けたいと思っていたもの。
プライマリー・ヘルス・システムと、レイヴ・サイコロジーが学べる。)

マインドは
「ムリムリムリ!!!!
ただでさえ、容量オーバーなんだから
無理に決まってるでしょ。
BG5とコスモロジーが終わってからにしないと。
そのどっちかだけ一つだけでも、大変なのに!!!」

と、ずっと言って来る。
もともと、頭の中では、そういう計画をしていたんですよ。

でも、別の友達にも、この話をして、
私の中に聞いてもらったら、
やっぱり「うん、やる」という反応。

1サイクルが2年なので、今逃したら
次のスタートは2年後になる。
それをわかっていても、

マインドは、

「今は無理だから、2年後でいいじゃん」と思ってる。

でも、
私の中の反応(私にとっての正しい決断の場所)は
「やる」と反応している。

だから、その反応に委ねて、申し込みました。
(申し込まなかったら、後悔するに違いありません。)

ホント、そのヨーロッパのHD仲間から尋ねられなかったら
私は、ほぼ100%、DDコースを申し込んでいませんでした。

ああ、予想外の展開に、自分でもびっくり。

ジェネレーターの人生は、予測不可能です。

そういえば、
私がヒューマンデザインを本格的に学び始めたのも
自分ではまったく想像していないことだったし、
想像以上の速さで進んで行ったので、
予測不可能でした。

また、振り返れば、
BG5をスタートしたのは、まったく逆のパターンでした。

コスモロジー(宇宙学)とBG5(ビジネス系HD)が
同時に新サイクルでスタートして

頭では、「BG5を先に学んだ方が、収益に繋がる」と思っていましたが
待っていても、BG5には反応がなかったので、
結局、後回しにしたんです。

その後、完璧なタイミングがやってきて、
講師のカレンさんの教え方にめちゃくちゃ反応して、
受け始めたという経緯があります。

運命と宿命という話がありますが、
やるべきことになっていることは、
どういう風に転んでも、
そのタイミングでやるようになっているのかもしれません。

とにかく、一歩一歩、進んで行きます。

どうかみなさま、
私の行く末を
温かく見守っていてください。

Sachiko

|

« セドナの旅を振り返って(ヒューマンデザイン編) | トップページ | わぉ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« セドナの旅を振り返って(ヒューマンデザイン編) | トップページ | わぉ! »