« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月29日 (水)

ペンタ(Penta)

ビジネス系ヒューマンデザインBG5の学びが
ますます面白くなってきました!


とりあえず、前々回までのクラスで、
「オーバービューセッション」をどのように提供するか
具体的なノウハウを学び、

(相手のデザインによって、効果的な伝え方が違うので、
そのコツもあわせて、伝授してもらっています)

それだけでも、かなりエキサイティングで
わくわくしていたのですが、

昨日のクラスでは、いよいよ、本格的に
「ビジネスペンタ」に入りました。

「ペンタ」というのは、3~5人のグループの総合体のことです。
(まだ学び始めたばかりなので、ニュアンスが違うかもしれませんが・・・)

ちょうど、今日のJovianからのニュースレターも
ペンタの話でしたね☆

「ファミリーペンタ」と「ビジネスペンタ」があって、
それぞれ、解釈の仕方や使い方が若干違い、
BG5は、ビジネスペンタです。

(ファミリーペンタも、いつか学びたいと思っていて、
子育てに特化したプログラムも作りたいです)

個人レベルでは、
各自に刻印されている、個性的なデザインが
3人集まれば、どのように活かされるのか・・・
そんな視点です。

経営者や人事関係者には
どのように人材配置をすれば、最大限に個々人が活かされるのか、
そういう使い方ができると思います。

そういう可能性に、とーっても、ワクワクしています!!

講師のKarenさんの教え方が、とっても分かりやすくて素晴らしいので、
更に、学びが楽しくなるのだろうなぁって思います。

BG5のベーシックセッションは、
来年1月から提供できると思っていましたが、
日本語で提供する準備に、相当時間がかかりそうなので、
もう少し先になるかもしれません。

でも、このワクワク感、たまりません☆

あぁ、早く伝えたい!

まずはデモセッションを提出して、その合格を頂いてから、
日本語で提供する許可もジャパンにもらわないといけないので、
その辺でも、時間がかかりそうです・・・。
でも、がんばりますheart01

| | コメント (0)

2017年11月24日 (金)

お客様体験談(LYD3年後)

前回の記事について、過去に私のLYDを受講してくださった方が、

ご自身について、シェアしてくださいました。

私のLYDフォローアップグループへの投稿だったのですが、

ブログへの掲載を快諾してくださったので、ご紹介させていただきます。

(「権威」というのは、ヒューマンデザイン用語で、「正しい意志決定」を意味します)

Sachikoさんのブログ 2017年11月16日 (木) 『最も為になる投資』の記事を読んで感じたことをこちらにシェアさせて頂きます。

私の娘(現在10歳小学5年生)は全く学校に通うことが出来ません。
特に理由はなく、行きたくないから・・・絶対に行きません。。
しかもそのような状況なので、我が家は母子家庭にも関わらず私が出勤できる状況ではなくなり・・・3年前に退職しました。
(当時パートではありましが、そのまま勤務していれば社員になれることが確約されており、せっかく頑張ってきたのに・・・や、今後の生活への不安(マインド)の中、しぶしぶ退職しました。)

娘は自分の権威を貫き、私はヒューマンデザインシステムをすでに学んでいたにも関わらず、そんな娘を厳しく叱ることもありました。

あれから、3年・・・世間的にはかなり悲惨な状況だと思われているかもしれませんが・・・(笑)

私達親子は、とても幸せなんです。
日常にとても満足しているんです。

自分の権威があまりにも常識からそれている時や、一般的にネガティブな選択の方に向いている時は、それに従うことは恐ろしくて仕方ないですね。

でも、3年前の選択の結果、(娘→学校には行かない。私→安定した仕事はないが、ムリなくできる仕事を受ける。)
今現在はとても満足です。
そして、まだ子育ての結果は(娘の権威を尊重している状態)わかりませんが、このまま様子を見ていくつもりです。

そして、3年前にはそう思えなかったけど、この結果が幸せ(満足)につながっていくと思えています。

この感覚、なかなか一般的にはわかってもらえないかなぁ・・・と思って言いにくくて(学校に行かないことや勉強しないことを認めている状況)・・・
この場をお借りして、シェアさせていただきました。m(__)m

読んでいただきありがとうございました。

私は、このシェアを読んで、彼女にとても感謝しました。
娘さんを尊重してくださってありがとうございます! と。

きっと、彼女自身は、
・周り(世間)の目
・学校の目
・彼女の両親の目
・親として、子供を躾けるプレッシャー

などから、私たちには想像できない葛藤があったと思います。

それでも、娘さんの権威を尊重した子育てをしてくださっていることを
とてもありがたく思っています。

子供たちが大人になるころの社会は、
今の私たちには、想像できません。

今の私たち大人の価値観で、「○○するべき」を子供に押し付けることほど
子供自身を狂わせることはありません。

子供自身が、その時その時の自分にとって必要なことを
本当は、ちゃんと、わかっているのです。


子供のタイプに応じて、正しい子育ての方法があります。
それを知ったうえで、子供の真実へと導いていくのが、
親や、大人の在り方だと、私は思っています。

子供が自ら「やりたい」ということを全て鵜呑みにするのではありません。
自分勝手でいることを認める、ということではありません。

子供自身が、自分の内なる真実にアクセスする方法を伝えて、
それを引きだすサポートをして、その答えを信頼してあげる、ということです。

その基礎を、ヒューマンデザインのLYD(リビングユアデザイン講座)で学べます。

いつか、子育てに特化したLYDを開催したいと思っています。

プライベートLYDは随時受け付けております。
12/6(水)スタートのグループLYDは、
本日をもって、受付を終了しました。

今後、開催のご希望がありましたら、お問合せくださいませ。
↓↓↓
https://ssl.form-mailer.jp/fms/6e3a4287162146

| | コメント (0)

2017年11月16日 (木)

最も為になる投資

人間には、大きく分けて、4つのタイプがあります。

そのメカニズムは、全然違っていて、人生をスムーズに動かす方法も違います。

自分の正しい操縦方法を知ることも大切ですが、
子供たちにも、タイプに合わせた正しい操縦方法を教えてあげてください。

それが、将来、子供たちを守ります。

何よりもの、子供への投資です。

塾や習い事に通わせて「知識」を詰め込むよりも、

自分自身の正しい操縦方法を、正しく教えてあげること、

それが、本当の教育です。

人間のメカニズムを科学的に説きあかした
「ヒューマンデザイン・システム」

一緒に学んでいきませんか?

基礎講座の「リビング・ユア・デザイン」講座を開催します。

Soleil(ソレイユ)ヒューマンデザイン Sachiko G.による、
オンライン「リビング・ユア・デザイン(LYD)」講座
12月6日(水)スタート お申し込み受付中です
http://www.soleil333.com/humandesign/event.html

テキスト送付の関係で、申込締切は11/24(金)です。

| | コメント (0)

2017年11月11日 (土)

Rave ABCティーチャーに認定されました!

昨日、ヒューマンデザインのRave ABCティーチャーコースの最終課題を提出し、
昨晩のうちに、IHDS校長/講師のリンダさんがチェックしてくださって、
合格をいただきました!
(特に「試験」というわけでもなかったのですが…)

そして、既に、IHDS(インターナショナル・ヒューマンデザイン・スクール)
登録者リストには、
Rave ABCティーチャーとして、登録されています☆

いえ~い!嬉しいnotenotenoteheart01happy01heart01notenotenote

ヒューマンデザイン・ジャパンの方に登録されるのは
事務手続きの関係で、もうしばらくかかると思います。

さて、私が登録された時の惑星のトランジットは、
方向性に大きく関係しています。

私自身の方向性が、これによって、かなり定まった気がしています。

・純粋なヒューマンデザインの情報を広く伝えていくこと

・日本国内のアナリストのレベルを底上げすること

・私に関わってくださった方たちを、真の自己へと、変容させること

この3つが、Rave ABCティーチャーになることによって、
実現できそうな気がしています。

2つめに関しては、
ヒューマンデザインを学んで資格を取ったとしても、
実践的な練習の場がないので、
プロとして提供していくことを躊躇されている方が多いのが現実です。

そういう方たちへの、トレーニングも兼ねた
Rave ABCコースにする予定です。

たくさんの方に、リーディングの練習をしてもらって
自信をもって、提供できるようになる


そういう、教育の場を作りたいと思っています☆


ですから、たくさんの方に、ぜひ、再受講として、
私のRave ABCを受けて欲しいです。

そして、3つ目に関して。

私の人生のサイクルや
重要なターニングポイントでの惑星のトランジットって、
だいたい、個人性が関係しているんですよね・・・

どこまでも、ひとりひとりの「違い」を追求していくこと
他の人とは「違う」自分として、存在していくこと

私が言う「変容」とは、オンリーワンの自分になることなのだと思います。

今回の課題を通して新たに気付いた
私の才能として、

私に関わってくださっている方たちを
「変容」させるために、サポートすること

というものもあるのです!

あ~、気付かなかった(笑)

とにかく、ヒューマンデザインの情報を伝えられる幅が広がったので、
嬉しくて仕方ありません(^^)/

*** あなたも、ヒューマンデザインを学びませんか? ***

Soleil(ソレイユ)ヒューマンデザイン Sachiko G.による、
オンライン「リビング・ユア・デザイン(LYD)」講座
ヒューマンデザインの基礎講座です。
12月6日(水)スタート お申し込み受付中です (締切11/24(金))

↓ ↓ ↓詳細はコチラ ↓ ↓ ↓
http://www.soleil333.com/humandesign/event.html

| | コメント (0)

2017年11月 9日 (木)

人間関係の悩みを解決しよう!

私たちの人生の悩みの原因は、

「人間関係」 が多くを占めています。

その悩みの原因と対策方法は、人の数だけあり
あなたには、あなた独自の方法があります。

そのプロセスで共通しているのは

1)自分のことをよく知る

2)相手のことをよく知る

3)お互いを尊重しながら生きる

という順番です。


1)自分のことをよく知る

私たちは、自分のことをよく知っているつもりですが、
実は、自分の中の3分の1ほどの情報しか、分かっていません。

それは、私たちを動かしている「無意識」の部分があるからです。

ヒューマンデザインでは、意識と無意識を統合させた情報が
チャートによって、一目瞭然であらわされます。

「えー!私って、こんな人なの?」
「あー、だから、私がこうしてしまうのは、仕方ないのか」

などなど。

リビング・ユア・デザイン講座では、それが体験できます☆

あなたが知らなかった「自分」を発見しませんか?


2)相手のことをよく知る

私たちは、「自分のものさし」を使って、相手を見ています。
相手には相手の、独特のメカニズムがあります。

「自分のものさし」を外した状態で、
相手を客観的に見てみましょう。

そうすると、新たな視点で見えてくることが、たくさんあります!

あなたのお子さん、両親、お友達、パートナーなど
自分の視点を通して
「心配」したり、「反対」したり、

様々なケースがありますが、

本当に心配するべき場所なのか、そうでないのかがわかり、
相手のプロセスを信頼できることにも繋がります。

また、あなたが相手にどう影響を与えているのか、
あなたが相手からどう影響を受けているのか

それを理解するだけで、
悩みのほとんどは、手放せるようになります。

私自身、ヒューマンデザインを学ぶことで、
夫との関係が、ものすごく良くなりました。

夫はヒューマンデザインのことを知りませんが、
私が夫のことを理解しているため
「自分は、転がされている」と思っているようです(笑)
そして、私が変わった(良くなった、心が広くなった)と思っているようです。

つまりは、自分が相手に対する受け止め方が変わるだけで
人間関係が良くなることは、意外と多いのです!


3)お互いを尊重しながら生きる

自分を尊重することが、まず一番です。
そして、次に、相手を尊重することで、
お互いを尊重できます。

自分をないがしろにしたままでは、
正しく良好な関係な人間関係は築けません。

その、全てのプロセスが、
論理的、客観的に、可能となる

それが、「リビング・ユア・デザイン」講座の特徴です。

Soleil(ソレイユ)ヒューマンデザイン Sachiko G.による、
オンライン「リビング・ユア・デザイン(LYD)」講座
12月6日(水)スタート お申し込み受付中です
http://www.soleil333.com/humandesign/event.html

また、あまりにも問題が多いという方は、
リコネクティブ・ヒーリング」もお薦めです。

目には見えない量子的なメカニズムで
宇宙と調和するヒーリングによって、
あなたの精神・肉体・魂のバランスが最適化されます。

| | コメント (0)

2017年11月 8日 (水)

解禁!

ヒューマンデザインジャパンの規約で
ヒューマンデザイン「専門用語」をネット上(ブログ・HP)に記載してはダメだったので
これまで、別の用語を使っていたのですが、
それが、来年度から一部、解禁されることになりました。

解禁されるのは、
4つのタイプについて。

これは、ものすごーく基本的な情報なので、
非常にありがたいし、
ブログが書きやすくなります!(たぶん)

いずれにせよ、
基本情報がわかったところで、
そして、
ヒューマンデザインのチャートの番号の意味がわかったところで、

それを統合して分析できる力がなければ、
読んでもわからないことがほとんどです。

これだけ学んでいる私ですら、
別のティーチャーから私のチャートを分析してもらうと、
そのティーチャーの視点で統合された情報に
感動したり納得することが、まだまだあるんですから(笑)

たくさんの方に、最低限の情報は、無料で届けられるようになって欲しいですね。

来年から、私の活動にも、色々と変化が起きそうです☆

ヒューマンデザインの基礎となる「リビング・ユア・デザイン(LYD)講座」を開催します。

これを受けることで、ヒューマンデザインのチャートを見て、人生に必要な事や、その人のメカニズムの基本がわかるようになります!

自分のチャートや、家族のチャート、友人、仕事仲間、大切な人のチャートをご用意ください☆

無料チャート:→https://www.humanjp.com/free.html

一緒に学んで行きましょう。

オンライン「リビング・ユア・デザイン(LYD)」講座
12月6日(水)スタート お申し込み受付中です
http://www.soleil333.com/humandesign/event.html

| | コメント (0)

2017年11月 4日 (土)

新しい生き方のススメ

昨日は、久々の体調不良で、
終日、寝込んでおりました・・・

おかげで、色んな予定が狂ってしまいましたが
それもまた、人生。

私たちは、頭で人生を動かしているのではなく
あくまでも、身体が主体なのだということを
改めて、自分に言い聞かせた一日でした。

そんなわけで、無理せず、寝ていたおかげで、
随分と復活しました!

さてさて、連日、相変わらず、
ヒューマンデザインの勉強をやっていますが

創始者のラーや、海外のティーチャー陣の講座を受けて
深めていくほどに、
これは、「新しい生き方のススメ」に尽きると、感じています。

社会の常識に染まるのではなく、
いかに、自立した「個人」を生きるのかということ。

私たちは、みんな、違った存在になるように、設計されています。

世間や周りの目を気にしていたのでは、
その「違い」を生きられません。

でも、どうやって、その「違い」に到達するのかを
誰もが、学んでいません。

ヒューマンデザインは、「違い」を生きるための科学なんです。

私たちが生まれてきた目的は
それぞれ、自分だけに設定された「違い」を表現することです。

だから、社会の条件付けに染まったままでは、
魂の使命なんか、果たせません。

そして、なんだか、2027年が近づくにつれ
それに社会が少しずつ目覚めている気がします。

(2027年とは、ヒューマンデザインでキーとなる
時代背景の移り変わりの地点です。)

私たちは、新しい価値観の中で、
生きて行かなくてはなりません。

そのために、準備を始められるのは、
今しかないのです!

その基礎となる「リビング・ユア・デザイン(LYD)講座」を開催します。

オンライン「リビング・ユア・デザイン(LYD)」講座
12月6日(水)スタート お申し込み受付中です
http://www.soleil333.com/humandesign/event.html

| | コメント (0)

2017年11月 2日 (木)

情報の伝わり方

ヒューマンデザインの創始者ラー・ウル・フーが開催した
「Rave ABC ティーチャ―コース」の録音を
時間のある時に、何度も繰り返し聞いています。

(「Rave ABC」とは、ヒューマンデザインを本格的に学ぶ方のための基礎コースです。リビング・ユア・デザインの次に受講できます。)

その中で、とても印象的なのが、
フラクタルラインの話です。

「私のフラクタルから100ほど下がれば
(ラーの生徒の生徒の生徒の・・・と、100人下がったところの生徒)
私の言っている意味が、まったく理解できないだろう」

情報は、正しい人からしか、伝わらない、ということ。

同じヒューマンデザインを学んでも、
「誰から学ぶのか」で、受け取れる内容が違うのです。

それは、良い・悪いではありません。

あなたのフラクタルラインが、どこにあるか、ということです。

ラーから始まって
そのお弟子さんが何十人もいて、
一部の方が、ティーチャーとして活動されています。
そして、そのティーチャーが、またティーチャーを生み出して
そうやって、情報が伝わって行きます。

ネットワークビジネスみたいな感じですが(笑)
情報は、そうやって、伝わって行きます。

ですから、どの、ティーチャーから伝わってきたのかで
そのティーチャーによる「フィルター」を経て
下に行けば行くほど、どんどん、情報がアレンジされていきます。

一方では、「分かりやすくなる」というメリットもあります。
一方では、物足りなさを感じる場合もあります。

良い・悪いではありません。
あなたの理解度に合わせて、学びの段階があるからです。

ですから、同じティーチャーに対しても、
生徒が100人いれば、100通りの「印象」や「理解度」があります。

世の中には、色んな、解釈の仕方をする人たちがいるからです。

だからこそ、情報を受け取る側が、
「誰から受けるのか」を選ぶことが、とても大切なんです(^^)

ヒューマンデザインの知識は、
全ての人に知って欲しいけれど、
私が全ての人に教えることは不可能です。

ですから、私は、なるべく、
受講者さんが、「誰から受けるのか」を選びやすいようにしたいと思って、
HPにも、音声メッセージをつけました(笑)
探してみてください。

私からコア~なヒューマンデザインを学びたいという方・・・
お待ちしています☆

オンライン「リビング・ユア・デザイン(LYD)」講座
12月6日(水)スタート お申し込み受付中です
http://www.soleil333.com/humandesign/event.html



余談・・・
ラーの言葉の
「私のフラクタルから100ほど下がれば
私の言っている意味が、まったく理解できないだろう」

100までいかなくても、10くらいで、ぼちぼち理解できなくなるんじゃないかと思うのですが・・・。

そもそも、日本語になった時点で、「ラーの直接の言葉」ではありません。
私は、ラーのRave ABCティーチャー講座の録音を聞いて、
ものすごく衝撃を受けて、
「絶対に、ラーの音声を直接聞ける人しか、ティーチャーになってはダメだ」
と、痛感しました。
情報の伝わり方が、全然違うんです。
そして、ラーの声で、そのまま内容を理解できるという
自分自身のフラクタルラインに、とても感謝しています。

正直、ラーが本当に伝えたかったヒューマンデザインの真意が
日本では、浸透していない印象を受けています。
なんというか、IHDSとの温度差を、すごく感じるのです。

そこを、なんとかしたい。
Rave ABCティーチャーになったら、そこも織り交ぜながら、伝えて行きたい。
それが伝わってこそ、
日本人の持っている「魂」と共鳴して、
素晴らしいものが生み出されるのではないかと感じています。

ヒューマンデザインとは、
チャートにある各要素の意味を読み解くだけのものではありません。
「新しい生き方」を教育していくものです。

「新しい生き方」とは、
7つのチャクラの時代の「頭で決めて生きる」人生からの脱却です。
「人とは違った自分自身でいる」ことを、自分に許して
本当に、「違い」を生きていくことです。

あ・・・余談が長くなってしまった
今日はこの辺で・・・

| | コメント (0)

2017年11月 1日 (水)

キリスト教と愛の精神

ヒューマンデザインは、
個人分析だけではなく、
地球上の歴史も、ひも解くことができます。

今から約二千年前に、
イエス・キリストが誕生し、普遍的な愛の精神を説きました。

そして、それが、世界に伝わり、
分裂しながらも、世界的な宗教へとなりました。

イエス・キリストの名は、
良くも悪くも、世界中で最も知られた名前です。

(日本ではあまり感じませんが、
他の宗教からは、ものすごく嫌われている名前だったりします。)

そういったあれこれについても
ヒューマンデザイン的宇宙学の一部である
「グローバルサイクル(地球の歴史のサイクル)」で
論理的に説明がつきますし、

今、世界各国が、「自国第一主義」に向かっている理由も
そのサイクル通りに起こっていることです。

そして、まもなく、そのサイクルが、大きくシフトします。

もう、カウントダウンが始まっています。

これから、ますます、色々なことが変わっていきます。

ヒューマンデザインの視点で世界を見ると、
私たち人間もまた、宇宙のサイクルの一部にすぎないと思えます。

宗教の時代は、終わりを迎えます。

もう、必要ではなくなるのです。

私は個人的に、論理的に説明できることが大好きです。

だから、ヒューマンデザインにどっぷりはまっているのかもしれませんね(^^)

***お知らせ***

~激動の時代を乗りこなす秘訣を手に入れませんか?~

オンラインによる
ヒューマンデザイン「リビング・ユア・デザイン(LYD)」講座
グループ 開催

12月6日(水)スタート お申し込み受付中です

http://www.soleil333.com/humandesign/event.html

生き辛かったこれまでの人生を手放して
自分らしさを手に入れましょう☆

| | コメント (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »