« 2016年2月東京・京都出張セッション | トップページ | ヒューマンデザイン登録者リスト »

2016年2月 1日 (月)

ヒューマンデザイン的新年:Rave New Year(レイヴ・ニュー・イヤー)

私、間違って記憶していました!

ヒューマンデザインでの新年「Rave New Year」は、1月22日です!!

なぜか、節分の頃と勘違いしていました。ごめんなさい!!

さてと。
ヒューマンデザイン的新年『Rave New Year(レイヴ・ニュー・イヤー)』についてお伝えします。

ヒューマンデザインの大きな特徴は、占星術と易経が合体していることです。

易経は、人間の遺伝子と密接に関係しています。

ヒューマンデザインのマンダラは、
その易経と惑星の動きを融合させたもので、
私たちに最も影響力のある太陽のエネルギーを
いつ、どのように人間が遺伝子的に受け取ることができるかが明かされています。

その、1年間で唯一「開始するための(太陽からの)エネルギー」を私たちが受け取ることのできる期間が、1月22日(から始まる数日間)なのです。

みなさんにお伝えしようと思っていたのに、京都出張でバタバタしていて、すっかりフォローしそびれていました。ごめんなさい!

でも、宇宙と調和して生きている方なら、きっと、自然とそんな流れになっていると思います。

私の忘備録もかねて、カレンダー上の新年~Rave New Year(レイヴ・ニュー・イヤー)の間のことを書いておきますね。
(Jovian Archiveのラー・ウル・フーのメッセージより)

年末から年始は、その1年を振り返る時。
自分の「目的」「スピリット」が見つかったか?
うまくいかなかったことは?
うまくいったことは? など

その後、未来を見て
「誰と一緒にやっていくか」「誰が信用できるか」
を見極めるとき。
それが、野心と変容の鍵になる。

そして、自分の内なる真実を見て、
ただ事実だけを見て、
「目的」と「スピリット」が満たされたかを確認する
新しい始まりに向けて、自分の周りの環境がどうだったか
何を用意すればいいのか。
自分自身を見直すと、インスピレーションがやってくる。

そして、手放す。
自分に不要なもの、誘惑、不安、ノットセルフによる決断も。

新しいサイクルに向けて、
本当の自分に何が必要なのかを吟味して、
不要なものは手放してしまうとき。

ただやみくもに前に進むのではなく
考えて調査・査定する時間も必要。

カレンダー上の新年(厳密には年末)から
Rave New Year(レイヴ・ニュー・イヤー)にかけて
そういうプロセスで進むときなのです。

そして、1月22日で、新しいエネルギーを受けます。
みなさんも、どんなことを意識したのか、
振り返ってみてくださいね☆

***その他のお知らせ***

■京都出張対面セッション(ご予約受付中)
2月14~17日
ヒューマンデザイン・システム 各種リーディング空き状況はこちら) 
リコネクション(R)、リコネクティブ・ヒーリング(R)空き状況はこちら
対面セッションのチャンスは限られていますので、この機会にぜひお申込みください☆

■東京出張リーディング(ご予約受付中)
2016年2月18~20日 (事前準備の都合上、内容によって3~10日間準備期間をいただいております。詳細はHPにてご確認ください)
ヒューマンデザイン・システム 各種リーディング空き状況はこちら) 

■ヒューマンデザイン「リビング・ユア・デザイン」体験説明会(ご予約受付中)
オンライン:2月8日(月) 午後2時~3時半ごろ
詳細はこちら

【Soleil(ソレイユ)ホームページはこちら☆】
Soleil(ソレイユ)リコネクション(R)、リコネクティブ・ヒーリング(R)~「エネルギー・光・情報」あなたの人生と意識を進化・加速させる一生に一度の「リコネクション(R)」。あなたの全体性(精神・肉体・魂)のバランスを取り戻すことであなたを癒す「リコネクティブ・ヒーリング(R)」
Soleil(ソレイユ)ヒューマンデザイン~「ヒューマンデザイン・システム」は、あなたの「設計図」を解き明かした取り扱い説明書。個人鑑定(リーディング)と、リビング・ユア・デザイン講座を行なっています。

ヒューマンデザイン・ジャパンHP→http://humanjp.com/

リコネクション・ジャパンHP→http://reconnecting-japan.jp/

リコネクション米国本部HP→http://www.thereconnection.com/

|

« 2016年2月東京・京都出張セッション | トップページ | ヒューマンデザイン登録者リスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2016年2月東京・京都出張セッション | トップページ | ヒューマンデザイン登録者リスト »