« 人生に反応する | トップページ | Soleil(ソレイユ)より夏季休業のお知らせ »

2014年6月21日 (土)

遺伝子のしわざ

こんにちは☆ Soleil(ソレイユ)のさち♪です。

先日、気付いたことがあったので、忘れないようにツイッターにアップしたのですが、今日、お客様とお話をしていてまた思い出したので、ブログに書きたいと思います。

それは、遺伝子について。

私たち人間は、自分にないものに惹かれます。

男女の恋愛もそうです。

最近は、TVなんかでもよく取り上げられているので知っている方も多いと思いますが、人間は、自分と遺伝子情報の類似性が遠い人ほど、相手の匂いを心地よく感じるようにできていて、逆に自分と似ている遺伝子の人の匂いは不愉快に感じます。
(だから、お父さんの匂いが娘に嫌われるのですが・・・)

背が高い&低い、太ってる&痩せてる、受け身&積極的

など、デコボコカップルが多いのも、そういう理由からなのですが、それは生物全体のメカニズムとして、遺伝子がより良い子孫を残すために、そういう風な仕組みになっているので、私たちは「遺伝子に動かされている」ともいえるわけです。

ヒューマンデザインのテキストにも、そのことが書かれています。
(ちなみに、結婚してから「性格の不一致」に気付くのも、それが原因で、(そもそも遺伝子に動かされて)自分にないものに惹かれて(より良い遺伝子を残すために)結婚するものの、実際の生活となると、合わない部分が多くて当然なのです。)

そこまでは、前から知っていたことなので、何とも思わなかったのですが、ヒューマンデザインのテキストを読んでいた時に、ふと、気付いたんです。

なぜ、兄弟姉妹のデザインが対照的な例が多いのか、という理由を。

私が思うに、両親の遺伝子情報の、違う組み合わせパターンを残しているのではないか、ということです。

だから、特に、第一子と第二子は、全く違うデザインで生まれてくるのだと思います。

(三人兄弟以上のデザインについては、それほど見た数はありませんが、数名のケースでは、第三子は、第一子と第二子の間をとりもつようなデザイン、という印象を受けています。)

「同じ親から生まれたのに、同じように育てたつもりなのに、なぜ、この子たちはこんなに違うのかしら」

というのは、ほとんどの親が思うことだと思います。

でも、遺伝子のメカニズムで、色々なパターンの遺伝子の組み合わせを残すことによって、人類全体の多様性と、遺伝子の進化に繋がるようにプログラムされているのだと考えると、とっても腑に落ちます。

遺伝子ってスゴイ! と、独りで感嘆した瞬間でした(^^)

最後に余談ですが、いつも思うのが、「きょうだい」という漢字、「兄弟」以外に当て字を作ってほしいな、と思います。姉や妹は入れてもらえないみたいじゃないですか。
昔の社会はそれで良かったのでしょうが、今の時代は男女平等ですものね。

ちなみに、英語には、男女の区別のない「siblings」という「兄弟姉妹」を表す便利な単語があります。

*** お知らせ ***

【2014年7月京都セッションのお知らせ】

リコネクション(R)、リコネクティブ・ヒーリング(R)、ヒューマンデザイン個人鑑定(リーディング)のご予約をお待ちしております☆ 残席わずか!

日程:2014年7月14日(月)~16日(水) 日時と場所については、お問合せください。Soleil(ソレイユ)お問合せフォーム

【各種セッションのご依頼はこちらまでどうぞ】

リコネクティブ・ヒーリング(R)、リコネクション(R) Soleil(ソレイユ)(広島・京都) 
Soleil(ソレイユ)ヒューマンデザイン(広島・京都)
ヒューマンデザインの各種リーディング
は、事前準備にかなりの時間が必要なため、1週間前までのお申込みをお願いしております。
いつもポチっとありがとうござます☆
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ

|

« 人生に反応する | トップページ | Soleil(ソレイユ)より夏季休業のお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 人生に反応する | トップページ | Soleil(ソレイユ)より夏季休業のお知らせ »