« リコネクション ソロモンスピークス放送日本語字幕に関してのお詫び | トップページ | 心に響く言葉 »

2013年7月 2日 (火)

動物から学ぶこと(その2)

2013年5月23日の記事『動物から学ぶこと』で、ツバメが巣作りを始めた話を書きました。

や~っと、ヒナがかえったもようです。とりあえず、一安心。

ここまでの道のりは長かった!

巣作り開始から1週間たっても、一向に進展がなく、それでもせっせと諦めずにやってきたツバメたち。昨年2日で諦めたのは、やっぱり、15センチほど離れたところに、ハチも巣作りをしていたからだったようです。

で、なかなか巣が出来ない中、すこーしずつ壁に土が付き始めたころ、隣の奥さん(めっちゃキレイ好きで、虫が苦手な方)が、

「ごとうさんとこ、今年もツバメが来てますね~。そこ、毎年来てるんですよ。○○さん(←家主さん)が住まれてた時も毎年玄関に来てたんですけど、○○さんは、(巣ができないように)落とされてましたよ。玄関じゃないところだったらいいけど、玄関だと、ご主人のスーツとかに糞を落とされたら嫌でしょう。可哀想ですけどね。毎年巣を落とされていましたよ。1本裏のおうちにもできてるんですけど、そこは玄関じゃないところだからそのままにされてますけど、玄関だとちょっとね~。」

みたいに言われたんです・・・。

確かにそうなんだけど・・・。それに、巣の下だけじゃなくって、その周辺にも糞を落としたりするから、きっと、隣の敷地にも落ちることもあるだろうし、迷惑もかかるだろうし、超キレイ好きな奥さんだけに、口には出さないけど、(アンタんちにツバメの巣が出来たら、ウチにも糞の被害があるんだよ!)って思われてるかもしれないし・・・ と深読みしてしまい
(いえ、とっても良い方なので、そんな事思うようなタイプの人では、全然ないんですよ。私が勝手に深読みしてるだけです。)

それで、ご近所様に迷惑がかかるといけない思い、実は、それから毎日、巣が付かないように、せっせと掃除するようになったんですね・・・。『ごめんね。他の場所探してね』と思いながら。

そんな日が1週間ほど続いたのですが、それでも、ツバメたちは毎日やってくるんです。

で、ふと思いました。

『もしこのまま掃除を続けてたら、このツバメちゃんたちは、巣ができなくてどうなってしまうんだろう。「ここに巣を作る」という遺伝子の開始ボタンが押されてしまったら、人間みたいに「ここは朝になると昨日の成果が台無しになってるから、他のところを探そう」なんて臨機応変には考えられないだろうから、その任務を完了するまで、ずっと続けるのかもしれない。去年はきっと、ハチに攻撃されたか、野生の生き物同志の本能で縄張り争いか何かあって、すぐ去って行ったんだろうけど、今のこの子たちは、ここしか行き場がないのかもしれない』

と思って、掃除するのをやめて、自然のなりゆきに任せることにしたんです。

一旦、壁に土が付き始めると、あとのスピードは速かったです。たった数日で巣が完成しました。ある日の夜、つがいで向かい合って、巣の上にとまっていたのですが、なんだか新婚初夜のカップルみたいで、かわいかったです。新築祝いをしていたのでしょうか。

それからしばらくして、巣の中で卵をあたたためている様子が伺えました。

いつヒナがかえるんだろう、もう他のところは巣立ったところもあるらしいのに。私が最初意地悪しちゃったから、ちゃんと産まれてくれるかな・・・と、毎日、気がかりでしたが・・・

4日ほどまえから、ツバメちゃんは巣の中には座らず、巣の縁に乗って、巣の中をお世話している様子が伺えました。

もしかして、産まれたのかしらsign01sign02

で、昨日、めーっちゃ、ちっちゃい口ばしが、巣から出ているのを発見。

あー、良かった!無事にヒナがかえってたんだ!と、とりあえず一安心でした。

昨日は、つがいの二匹で、ヒナに餌やりしてたようです。(まだ現場を見たことがないの・・・。警戒心が強いので、近づくと逃げて行くんです・・・)

でね、今回のテーマの「動物から学ぶこと」に戻りますが、

ツバメの遺伝子に設定されていることが(私の想像)仮に

①最適な場所を見つける

②巣作りを始める

③巣が完成したら卵を産む

④卵を温める

⑤ヒナがかえったら、ヒナを育てる

だとして、ひとつひとつのステップを完成するまで、それをやり続けることになっているとしたら・・・

人間のように、頭で考えて行動するわけじゃないので、人間がいくら「ごめんね、他の場所を見つけてね」と思っていたとしても、一旦セットした任務は完了まで続けるしかないのでは・・・と思ったんですね。

で、もしかすると、人間もそうなのかもしれないと。

私たちは頭で考えて、自分のわかる範囲で自分の事をコントロールしているつもりでも、もっともっと大きなレベルと視野での遺伝子のプログラミングによって、それぞれひとりひとりがセットした魂レベルでの任務は、それを完了するまで、何度もチャレンジするのだろうと。

だから、クリアするまで相手や環境を変えて、何度も同じ問題にぶち当たったることがあるのかなって。

だから、何度も自分を変えようとしてチャレンジしてみても、結局同じことを繰り返してしまうことがあるのかなって。

だから、しっかりと自分に向き合って、頭で考えたことではなく、本当に自分の心の底からやりたいことをする方が、人生がスムーズに行くのも、そのためなんだろうなって。

そうやって、遺伝子プログラムのことと結びつけて考えるようになったのは、ヒューマンデザインを学び始めた影響だろうなって思います。人間は、人間の種としての遺伝子のメカニズムがあるので・・・まだまだ詳しいことはわかりませんが、なんとなく、そういうことなのかなって思いました。

余談ですが、先日の「ソロモンスピークス」のライブで、ソロモンの公開チャネリングの際、ソロモンへの質問の答えが、ヒューマンデザインの中の、ある特定の「ゲート」を表している部分がありました。このライブでは、私の中で、ヒューマンデザインの存在意義というのも更に明確になったので、尚更、聞けて良かったです(^^)

***

【イベントのお知らせ】

2013年7月25日(木) ヒューマンデザイン体験説明会と個人セッション(東広島)(キャンセル待ち)

2013年8月17日(土)、18日(日) ヒューマンデザイン『リビング・ユア・デザイン講座』(京都)(受付中)

8月17日(土) ヒューマンデザイン体験シェア会(京都)(受付中)

8月20日(火) ヒューマンデザインヒューマンデザイン体験説明会(ランチ付)(京都)(受付中)

8月19日(月)、20日(火) 各種個人セッション(京都)(受付中)

【夏休みのお知らせ】
7月6日(土)~7月15(日)は夏休みです。国内にはおりませんので、一切の連絡がとれませんので、あらかじめご了承くださいませ。

【ご予約についてのお知らせ】
ヒューマンデザインの各種リーディングは、事前準備にかなりの時間が必要なため、1週間前までのお申込みをお願いしております。また、1週間にお受けできる件数も限られております。7月中のご予約枠は埋まりました。お申込みの際は、8月以降の日程をお選びください。

尚、リコネクション、リコネクティブヒーリングは7月中も受け付けておりますので、ご遠慮なくお申込みくださいませ。

【HPはこちらです】
リコネクティブ・ヒーリング(R)、リコネクション(R)
リコネクション(R)米国本部公認プラクティショナー (広島・京都)

ヒューマンデザイン・システム
ヒューマンデザイン・ジャパン認定アソシエイト、国際認定LYDガイド(広島・京都)

いつもポチっとありがとうござます☆
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ

|

« リコネクション ソロモンスピークス放送日本語字幕に関してのお詫び | トップページ | 心に響く言葉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« リコネクション ソロモンスピークス放送日本語字幕に関してのお詫び | トップページ | 心に響く言葉 »