« 【東広島】ヒューマンデザイン説明会と個人セッション(変更あり) | トップページ | 豊かさを生きる »

2013年6月 3日 (月)

感情との付き合い方

「いまここ」の阿部敏郎さんのブログの今日の記事「感情の解放」で、なるほどと思ったことがありました。

昨日のエピソードで、ついイラッきた話をしましたね。

そうしたら、怒りたいときは怒ってもいいのではという意見がありました。


人によっては、全くその通りだと思います。

いつも感情を内側に押し込んで、抑圧された怒りが蓄積されると、最後は鬱状態になってしまいます。

そうなる前に、何らかの形で感情を発散したほうが健康的です。

何事も極端は身体を壊してしまいますから。


だからと言って、対人関係の中で怒りを発揮していたら、その後始末は自分に返ってきます。

なるほど、だから私は、「全てOKなんだから、自分の思っていることを全て相手に伝える」という在り方に、違和感を感じていたのだということに気づきました。

そういう在り方に、もやっとしていた部分があったのですね・・・。そして、それを見習って実生活に取り入れていた自分自身の最近の言動にも・・・。

昔の日本人は、どんなに辛いことがあっても、怒鳴り散らしたいことがあっても、表面上は笑顔で穏やかにすることを美徳としていた(ですよね?)のは、後に全て自分に返ってくることを知っていたのですね。

本来の自分に戻るうえで、自分の感情を素直に見つめて、認めて、受け入れることは、とーーーーっても大切なことです。

でも、だからといって、自分の感情をそのまま相手にぶちまけるのかどうか、というのは、また別のことです。

どうしても言わなければならないこと以外は、無用に相手を不愉快にさせるものではありませんよね。また、他人の噂話も同じことです。

(余談ですが、基本、私はある人に対する第三者の印象を鵜呑みにしません。ヒューマンデザインの「パートナーシップ」を学んでから、私たちは、誰といるかによって、出てくる自分自身が変わってくることが明白になったからです。人間は、誰と一緒にいるかによって、出てくる一面が変わります。それをさらに、見る人の視点で見るわけですから、人によって印象が違うのは当然なんです。)

自分の感情との付き合い方。これは、私たちが時間をかけて学んでいくべき課題なのでしょうね。

ちなみに、ヒューマンデザインでは、この「感情のメカニズム」についても、かなりの重要度で語られています。自分の感情のメカニズムを知りたい方は、ヒューマンデザインの個人リーディングをお勧めします☆

ところで、玄関のツバメさんの巣は、日に日に大きくなってきています。最初はなかなか進まなかったのに、ある程度の下地ができると、後は早いですねhappy01。しばらくの間、対面セッションにお越し下さる方にはご不便をおかけすると思いますが、温かく見守っていただけましたら幸いです。

***

【イベントのお知らせ】
2013年6月22日(土) ヒューマンデザイン体験・説明会(京都)

2013年6月22日(土) ヒューマンデザインLYD受講者向け勉強会(京都)

2013年6月17日(月)~21日(金) 京都出張各種個人セッション(リコネクティブ・ヒーリング(R)、リコネクション(R)ヒューマンデザイン各種リーディング。詳細は以下のHPまで)

2013年7月25日(木)~26日(金) ヒューマンデザイン体験説明会と個人セッション(東広島)

リコネクティブ・ヒーリング(R)、リコネクション(R)
リコネクション(R)米国本部公認プラクティショナー (広島・京都)

ヒューマンデザイン・システム
ヒューマンデザイン・ジャパン認定アソシエイト、国際認定LYDガイド(広島・京都)

いつもポチっとありがとうござます☆
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ

|

« 【東広島】ヒューマンデザイン説明会と個人セッション(変更あり) | トップページ | 豊かさを生きる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【東広島】ヒューマンデザイン説明会と個人セッション(変更あり) | トップページ | 豊かさを生きる »