« リビング・ユア・デザイン(LYD)ガイドとは | トップページ | ヒューマンデザインは実用的!(続き) »

2012年11月27日 (火)

ヒューマンデザインは実用的!

ヒューマンデザインの知識の中で、最も大切なのが「自分の正しい決断と動き方に従うこと」です。他のどんな細かいデザインを知ったところで、ここを無視していたら、ヒューマンデザインを知る意味がありません。

私が個人的に、「リコネクションとヒューマンデザインは相乗効果がある」と思うのが、その部分です。(他にもありますが、今回は省略)

リコネクションで宇宙に繋がると、自然と自分のデザインに近づきます。それは、リコネクションで宇宙とエネルギーレベルで繋がると同時に、本当の自分自身(生まれる前に決めた青写真)と繋がるからです。私自身の体験や、他のリコネクションを受けた方々を見ていると、その実例が沢山あります。自然とNot Self(本当の自分ではない、偽りの自分)に気づき、より自分らしい自分へと、どんどん近づいていきます。

ですが、やっぱり「マインド」が邪魔をして、デザイン通りに歩めないこともあります。自分の正しい決断の場所が「YES!やりたい!」って言っているにもかかわらず、マインドが「でもなぁ・・・」と、止めてしまうということ・・・。

そういう時、ヒューマンデザインで、自分の正しい操縦方法を知って、マインドに協力してもらって、その通りに動いていく、ということをやると、本当に、スムーズなんですよ。

自分の正しい決断の場所が「YES!やりたい!」って言って、マインドが「でもなぁ」と言い始めたとき・・・。もう一度、マインドに「でも、本当の自分がやりたいって言ってるんだよ。マインドが決めちゃだめだよ」と説得するのです。そして、勇気を出して、やってみるのです。

(その逆もあります。自分の正しい決断の場所が「No!やりたくない!」って言っているのに、マインドが「だって、断れないしなぁ・・・」と、渋々引き受けると、怒りやストレスや苦みを感じます。そういう時は、勇気を出して、断ってみるのです。)

マインドが考える内容は、これまでの経験から計算した、とっても狭い範囲でのことしかありません。

でも、本当の自分は、もっと大きな視点で自分のことをわかっていますので、マインドが心配するような事柄は全く問題なかったりします。そして、自分のやりたいことをスムーズに動かしてくれる方法も明確です。

順調に人生を運んでいる人は、自然と、自分のデザインの「正しい操縦方法」を使っています。簡単にいうと、やりたい事をスムーズに動かすための「コツ」のようなものです。
その操縦方法を無視するとなかなかスムーズに進まなくて、タイプによって「怒り」「フラストレーション」「苦み」「失望」をそれぞれ感じます。

ヒューマンデザイン仲間の間では、過去を振り返って、抵抗なく順調に物事が進んだ時というのは、デザイン通りに動いていた時だと、みなさん口をそろえて言います。年配の方は、自分の経験を通して培ってきた方もいらっしゃるのですが、「もっと早く知っておきたかった」と仰います。

生まれた時から、自分の正しい決断の仕方と動き方を知っていたら、そして、周りの大人たちにそれを尊重して育ててもらえていたら、どんなに自分の人生が楽だったでしょうか・・・

でも、遅すぎることはありません。今ある程度の年齢でいる私たちは、「人間としての自分のメカニズムを知らずに生きてみる」という経験をしたかったのかもしれませんしね(^^)

今回、リビング・ユア・デザインガイドの講座に行くにあたり、私の「正しい決断の場所」と「マインド」の間で攻防がありました。詳しくは次のブログに書きますが、マインドの抵抗を退けて、自分の正しい操縦方法の通りに進んだら、得られた結果は、「満足感」でした。(「満足感」は、私が自分らしく生きている時に感じられるものです。)

***

リコネクティブ・ヒーリング(R)、リコネクション(R)
リコネクション(R)米国本部公認プラクティショナー (広島・京都)

ヒューマンデザイン・システム
ヒューマンデザイン・ジャパン認定アソシエイト、国際(IHDS)認定リビング・ユア・デザイン(LYD)ガイド (広島・京都)

いつもポチっとありがとうござます☆
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ

|

« リビング・ユア・デザイン(LYD)ガイドとは | トップページ | ヒューマンデザインは実用的!(続き) »

コメント

コメントをいただきましたmomoさまへ
メッセージをメールにて送信いたしました。
迷惑メールフォルダーに配信されているかもしれませんので、どうぞご確認くださいませ。

投稿: さち♪(管理人) | 2012年11月28日 (水) 19時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« リビング・ユア・デザイン(LYD)ガイドとは | トップページ | ヒューマンデザインは実用的!(続き) »