« 自由な世界 | トップページ | 広島に戻りました »

2012年7月 4日 (水)

リコネクションとヒューマンデザイン

いよいよ、明日、出発です!なのに、まだ荷物の用意をひとつもしていない私・・・。それなのにブログを書いている私coldsweats01 7月は、広島での稼働日数が少ないので、ご予約が埋まってまいりました。夏休み中にいただいたメールでのご予約は、帰国後、先着順に調整して、ご連絡さしあげます。

さて、先日、リコネクションTA/メンターの稲元さんから、スカイプでメンタリングセッションを受けました。稲元さんは、TAさんの中では一番最近TAになられた方なのですが、海外セミナーによく参加されているので、リコネクションの最新情報を聞きたいということと、その他、リコネクティブ・ヒーリング&リコネクションの哲学の再々々々確認のためにお願いしました。

私は、リコネクティブ・ヒーリング&リコネクションのプラクティショナーとして、常に正しい情報をお客様にお届けできる存在でありたいと思っています。定期的なメンタリングセッションの受講は、Soleil(ソレイユ)に来て下さるお客様に還元するためでもありますshine 今回のメンタリングでは、「エネルギーとしてのお金の流れ」について、改めて、ひらめきをいただきました。その他、リコネクティブ・ヒーリングの哲学を再確認し、とても楽しい学びの時間となりました。

リコネクティブ・ヒーリングもリコネクションも、まだまだこれから、必要とされているのだ、ということも感じました。

ありがたいことに、稲元さんは、「さちさん、英語ができるのですから、TA/メンターを目指されたらどうですか」と言ってくださっているのですが、どうも私は、なりたい気持ちのタイミングを逃したようで、今は反応せず、「うーん」となっています。(←ヒューマンデザイン的表現) どうも、タイミングではないようです。

アタマでは色々とメリット・デメリットを考えますが、やっぱり、私にとって大切なのは、自分の決断のよりどころなる部分がYESというかどうか。やりたい!と思えば、何としてでも実行するでしょうから、その日が来るのがどうか、その時になってみないとわかりませんねhappy01

ところで、リコネクションを受けて、本来の自分につながると出てくる自分の本質や、さまざまな気付きというのは、ヒューマンデザイン・システムで出生データから出す情報と、本当に一致しているなぁっていうことを、ヒューマンデザインの知識を深める度に思います。

人にはそれぞれ、自分の強みや弱み、他人に影響を受けやすいところや影響を与えるところがあるのはもちろん、「私はこういう風に思う」という、思考回路まで、ヒューマンデザインのデータに現れているように思います。

私にとっては、リコネクションもヒューマンデザインも、今これからの時代を生きる私たちにとって、とても役に立つツールです。ヒューマンデザインの翻訳をお手伝いさせてもらっているおかげで、ヒューマンデザインの奥深さを理解できて、本当に幸せです。(それも、お客様に還元していますshine

精神世界やスピリチュアルと呼ばれる中にも、私たちを本質から妨げるものはたくさんあります。もしかすると、ほとんどのものが、そうかもしれません。

リコネクションもヒューマンデザインも、私たちを自由にさせるツールです。本当の自分自身とつながり、自立できるツールです。今まで積み重ねてきた、たくさんの「思い込み」「常識」という制限を、ひとつひとつ取り除くことができるツールです。ヒューマンデザインは特に、「他人と自分は、違っていていいのだ。それで当たり前なのだ」ということが客観的にわかるというのも、魅力のひとつです。そして、リコネクションでは、そんな知識を知らなくても、勝手にそういう風に(自分らしく)なっていきますhappy01

旅行前に、そのことを伝えたくて、今日、ブログを更新することにしました。

では、アメリカ東海岸の旅、思いっきり楽しんできま~すheart01

【夏休み:7/5(木)~17(火) この間のメール・ご予約のお返事は17(火)以降になります】

【京都セッション:7/23(月)~27(金) ご予約受付中です】

リコネクティブ・ヒーリング(R)、リコネクション(R)
リコネクション(R)米国本部公認プラクティショナー (広島・京都)

ヒューマンデザイン・システム
ヒューマンデザイン・ジャパン認定アソシエイト(広島・京都)

いつもポチっとありがとうござます☆
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ

|

« 自由な世界 | トップページ | 広島に戻りました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自由な世界 | トップページ | 広島に戻りました »