« 来週より通常営業です | トップページ | 広島原爆の日によせて »

2012年7月31日 (火)

2012年7月

今日で7月も終わりですね。ホント早い!今月はほとんど広島にいなかったので、なおさら、あっという間に過ぎていきました。いや~、7月はホント、目の回るような忙しさでした。あまり先のことを考えて準備している暇もなく、目の前のことをひとつひとつこなしていった感じです。

ヒューマンデザインの翻訳のお手伝いもようやく終わったので、8月はちょっとのんびりしながら、やろうと思って後回しにしていたことをやっていきたいと思っています。

そうはいっても・・・ヒューマンデザインで惑星の影響を見ると、忙しい期間がまだ続くようですので、8月も忙しいのかも。

オリンピックも始まってますね。オリンピックでしか見ない競技というのは沢山あります。

先日、バスケ(男子)のアメリカ対フランスを見ました。

アメリカは、毎回(?)NBAのスター選手が集まる「ドリームチーム」を構成しているらしいのですが、それを見ていて、気づきがあったので、シェアしますね。(バスケに関しては素人なので、おかしい表現があっても、怒らないでね(-_-;))

試合では、まだ予選なので、選手同士のチームワークが最高の状態とはいえません。NBAの得点王を争う選手が3名コートに出ている時がありました。で、アメリカにボールが渡った時に、その動きを見て解説かアナウンサーの人が「普通は、そのチームの得点王の選手が一人なので、誰にボールを回すのがいいのか決まっているのですが、3人もいると、わからないようですね」というようなコメントをしました。

確かに。

同じような役割の人(得点王)が3人いても、意味ないのかも。本当に素晴らしい連携プレーが生まれなければ、そのチームが沢山点数を取れるとは限らないですよね。

他の4人の人が、それぞれの仕事をきちんとこなすからこそ、得点王の一人が、得点王でいられるのですよね。

(そうはいっても、オリンピックで「ドリームチーム」が見られるのは、ファンにとっては最高でしょうし、私があれこれ言うのも非常に恥ずかしい話なのですが・・・。)

得点王がスムーズにシュートができるように、他の4人が相手チームの動きを阻止したり、フェイントかけたり、いろいろな場所でアシストするからこそ、より多くの点数が取れるのでしょう。

これは、チーム競技にはすべて通じることだと思います。(細かいことを言えば、個人競技でも、その個人をサポートする、コーチやマネージャーや家族や友人、その他、いろいろな人の支えがあってこそなので、一人でやってるわけじゃないですよね。)

こういう「役割分担」で自分の役割に専念することが、チームプレーでは、とても大切です。

そしてそれは、私たちの地球上でも、同じことが言えます。

そして、自分の役割を知る便利なツールがヒューマンデザイン・システムです。ヒューマンデザインのゼネラル・リーディングでは「魂の使命」というものがわかりますし、ミニリーディングでも「人間関係上の役割」がわかります。また、自分の個性を詳しく知っているといいのはもちろん、他人のデザインを知ると、相手のことをより理解できます。

ピンときた方は、ぜひ、自分のデザインを知ってくださいね!

***

リコネクティブ・ヒーリング(R)、リコネクション(R)
リコネクション(R)米国本部公認プラクティショナー (広島・京都)

ヒューマンデザイン・システム
ヒューマンデザイン・ジャパン認定アソシエイト(広島・京都)

いつもポチっとありがとうござます☆
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ

|

« 来週より通常営業です | トップページ | 広島原爆の日によせて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 来週より通常営業です | トップページ | 広島原爆の日によせて »