« 【書籍】コンフォートゾーンの作り方 | トップページ | 明日から京都♪ »

2012年3月12日 (月)

観察する者とされる者になる

20120312リコネクティブ・ヒーリングのプラクティショナーは、セッション中、「観察する者とされる者になりなさい」と言われます。観察する者として、クライアント様を観察するのはもちろんのこと、自分自身も同時に観察します。クライアント様に表れる変化と同時に、自分自身に表れる変化を、敏感に感じ取ります。
そして、クライアント様にも、ご自身を観察してもらうようにします。
どんな感覚であろうとも、そこに良い・悪いは存在しません。ただ、観察し、感じるだけです。


ヒューマンデザインでも、同じようなことが語られています。

良い・悪いは存在しない。ただ、「違い」があるだけだと。

私たちは、二元化(二面性)の世界に生きています。そして、その二面性を体験するように、色々な事がおきます。
長年の歴史で、私たちは、二面性のどちらかを「良い」とし、どちらかを「悪い」として、できるだけ「良い」方に傾けようと自分自身や他人を強制しています。その「良い」「悪い」は、比較から生まれます。それがそもそもの苦しみの原因です。

人間は、相手によって、自分の対応が変わります。それは実はとっても自然なことなんです。実は、ヒューマンデザインを学ぶまでは、私は自分のそういう二面性がおかしいことなのだと思っていましたが、人間はそういう風にデザイン(設計)されているのだと知り、また、おそらく全ての人が二面性を自分の中に感じているのだと知り、とても安心しました。
色々な人を通して現れてくる、色々な側面の自分を見るというのも、「観察者」としての私たちが体験することです。そして、自分の前に現れる人の、色々な側面を見ることも、同じことです。

だから、人生全体を通して、ただ、観察する者と観察される者になればいいんですね。

「あぁ、この人と一緒だと、私はこんな風になるんだ」という具合に。相手によって、自分の出てくる面が違うのは、自分のせいでも相手のせいでもありません。

決して、「こんな風になってしまう自分って、ダメな人間だ」って思わないことです。そう感じてしまう自分に、降参すること。なんとかしようとする必要はありません。また、「私がこうなるのは、相手のせいだ」という風にも思わないでください。さらに言うなら、誰かに「あなたが私をこんな風にした」とか、「お前のせいで俺はこんなふうになった」なんて言われる筋合いは全くありませんhappy01

ヒューマンデザインの知識は、これからの時代に必要なものだと直感で思ったのですが、今のところ、その通りだったと思っています。何故これからの時代に必要なのか。それは、今まさに、私たち人類が、意識レベルと遺伝子レベルで大きな変容の真っ只中にいるからです。
古い価値観が、もうこれからの時代に必要ないのだと知ること。そして、答えは全て自分の中にあるということを知ること。
新しい時代に向けて必要な変容を促すツールのひとつであることに間違いないと思います。

そして、私自身が思うのは、リコネクティブ・ヒーリング(R)とリコネクション(R)を受けて意識レベルが拡大した方は、より大きな視点で、自分自身や物事を見れるようになるので、二元性を受け入れて、次に進みやすくなると思います。

観察する者と観察される者になること。そこには、価値判断はなく、ただ、体験だけがあります。そして、それが、私たちの人生の目的なのだと思います。


日付間違えていました
 ↓↓↓
【京都セッション予約可能日:2012年3月21(水)~24(土)】
24(土)は、13:00のみ、リコネクション(R)またはリコネクティブ・ヒーリング(R)に限り、ご予約可能です。
また、ヒューマンデザインのリーディングセッションは、ご予約希望日の8日間前がお申し込みの締め切りとなっていますので、この間にご希望の方は、ご予約お急ぎください。

リコネクティブ・ヒーリング(R)、リコネクション(R)のご依頼はこちらまで
精神・魂・肉体のバランスを取る新時代のパワフルなヒーリング「リコネクティブヒーリング®」と、宇宙と繋がり、本当の自分と繋がる「リコネクション®」米国本部公認プラクティショナーによるセッションです。

ヒューマンデザインのリーディングはこちらまで
生まれた場所と生年月日・時刻から本当の自分、個性(デザイン)、自分らしさを知る「ヒューマンデザイン・システム」


いつもポチっとありがとうござます☆
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ

|

« 【書籍】コンフォートゾーンの作り方 | トップページ | 明日から京都♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【書籍】コンフォートゾーンの作り方 | トップページ | 明日から京都♪ »