« 京都セッションのお知らせ | トップページ | 全体の一部 »

2012年2月 1日 (水)

「エゴ」の話(落とし穴)

スピリチュアルな世界に足を踏み入れると、「エゴ」を持つことが悪いように感じてしまうことがあります。

誰かに対して腹が立ったとき。誰かを許せない時。
そんな自分を

「自分がこう思うのは、エゴのせいなんだ。だから、腹を立てちゃダメだ」
「誰かを許せないのは、私に愛が足りないからだ。だから、許さないと」

と、もう一人の自分が言ってきたとします。

その「もう一人の自分」はどこでささやいているのでしょう? アタマの中ではないですか?

そう、「自分が不十分だ」と感じるのも、エゴなんです。
「どんな環境においても、人を許せるような人間にならなければいけない」と、自分の心の声をかき消して、聖人らしく振舞おうとするのも、エゴの行為です。

今日の阿部敏郎さんのブログ「いまここ」にエゴについてのお話がありましたので、私も書いてみました。


「次元のシフト」とか「アセンション」とかいうのは、エゴを無くすことではありません。


本当の自分は、判断しません。どんな自分にもOKを出すでしょう。
アタマで判断するのではなく、心で感じることが大切ですheart01
そして、それが<今の(その瞬間の)>あなたにとっての真実です。


【2012年2月13(月)~17(金)は京都にてセッションを行います】

リコネクティブ・ヒーリング(R)、リコネクション(R)のご依頼はこちらまで
精神・魂・肉体のバランスを取る新時代のパワフルなヒーリング「リコネクティブヒーリング®」と、宇宙と繋がり、本当の自分と繋がる「リコネクション®」

ヒューマンデザインのリーディングはこちらまで
生まれた場所と生年月日・時刻から本当の自分、個性(デザイン)、自分らしさを知る「ヒューマンデザイン・システム」


いつもポチっとありがとうござます☆
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ

|

« 京都セッションのお知らせ | トップページ | 全体の一部 »

コメント

阿部さんのブログを見てきました( ^ω^ )

猫を亡くした方の話でしたね。

心で感じる、それで腹が立った感情があったら自分がなぜそれを許せないのかを探っていく…であっているでしょうか?(自分のペットを死なされたら誰だって腹が立ちますが)

投稿: yori | 2012年2月 2日 (木) 00時41分

yoriさん

いつもありがとうございます(^^)

何が正しいかというのは、その時、その人自身が心で思ったことなんです。
だから、人の数だけ正解がある(正確に言えば、「正しい」も「間違い」も無い)、ということですhappy01

「こうするべきだ」という「べき」とか「~ねばならない」というのは一切無い、というのが、今回の記事のテーマです(^^)

投稿: さち♪(管理人) | 2012年2月 2日 (木) 12時24分

エゴというか、自分の未熟さをしっかり受け止めるのは確かに大事ですよね~。聖人にはまだまだ未熟すぎて遠いなぁ~と自覚して、あるがままの自分を受け入れ日々謙虚にまい進するって大事なことですね♪

投稿: | 2012年2月 2日 (木) 22時27分

コメントありがとうございます。
そうなんです、「あるがままの自分を受け入れる」ですhappy01

そういえば、私の昔のブログのタイトルは、「あるがままに」だったのを、今思い出しましたshine

投稿: さち♪(管理人) | 2012年2月 2日 (木) 22時35分

こんにちは!さち♪さん、お久しぶりです(.・v・)ノ

私は最近、ある人に対して怒りや嫌悪を感じていたところです。

そのある人は「○○すべき」「○○ではだめ」という考えに縛られていて、それを周りの人に押し付けるようなところがあって...

もっと自由で楽に考えたら、自分も回りも緊張がほぐれて楽しくなるのになぁ...と密かに思っています。


他人を変えることはできないので、「自分が相手のその部分に反応している」ということに気づいたら内観するようにしていますが(。--)ノ

でも結局、嫌なものは嫌で、怒れるときは怒っちゃいます(笑)

「怒っちゃいけない」というのも判断なのですよね。


喜怒哀楽があるから人間。だけど、できることなら喜びと楽しさだけ感じていたいのも人間...です!


投稿: さんじの | 2012年2月 5日 (日) 11時27分

さんじのさん
お久しぶりです(^^)コメントありがとうございます。

押し付けられるのって、嫌ですよね。

仰ること、全て、そうそう!って思います(^^)

投稿: さち♪(管理人) | 2012年2月 6日 (月) 17時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 京都セッションのお知らせ | トップページ | 全体の一部 »