« こんな日もあるさ~ | トップページ | チャネリングの見分け方 »

2012年1月16日 (月)

書籍『木村さんのリンゴ 奇跡のひみつ』 小原田 泰久著

木村さんのリンゴ 奇跡のひみつ (ムー・スーパー・ミステリー・ブックス)

本屋さんで見つけて、まず表紙に一目ぼれ。中をパラパラめくってみると、面白い情報も沢山あったので、購入しました。

以前、このブログでも紹介したことがある、無農薬りんご農家の木村さんの話を、著者の小原田さんが紹介している本です。
小原田さんの目線で見た木村さんの話。
やっぱり木村さんはスゴイ人だと実感しました。自分の信念を貫くバカ正直さ。

でも、「無農薬のりんご栽培」に成功したからこそ、「信念を貫いてよかったね」と周囲の賞賛の声があがりますが、「無農薬での栽培は不可能だ」という常識の中を、失敗ばかりしていた時期は、回りからの軽蔑の声がさぞかしひどかっただろうと思いますし、もし、自分の周りにそういう人がいたら、「そんなバカな夢は追わずに、家族のためにちゃんと働きなさい」って言う人が殆どなのではないでしょうか。

とはいえ、木村さんが信念を貫けたのも、木村さん一人の努力だけではなく、回りのサポートもあったからなんですね。(正確に言うと、「木村さんの信念を応援する人たちのサポート」ですね。)それに加え、毎年何かの新しい発見があって、「次こそは」という思いがあったからだそうです。今まで知らなかったエピソードに、また天の采配を感じずにはいられませんでした。

その中でも、一番関心したのが、ある銀行の支店長の話。

木村さんが親戚に借金をしていた頃のこと。木村さんは、銀行に融資の申し出に行きました。普通なら断られるはずの融資の申し出に、なんと、許可が下りたのです。一旦、親戚に借金を返済した木村さんでしたが、返済期限のときにまた親戚に借金し、銀行に返済したのですが・・・支店長は「期日を守ってくれただけで十分です。このお金はこのまま持ち帰ってみんなに返しなさい。10年たったら見通しがつくだろう。そのときにはきちんと返してもらうから」(『木村さんのリンゴ 奇跡のひみつ』p62)と言われたそうなんです。
後で木村さんが知ったのは、実は支店長も農学部出身でりんごの研究をしていて、りんごの無農薬栽培に興味を持っていたらしく、借金は支店長が肩代わりして銀行に返済していたそうなんです。この支店長は、自分の夢を木村さんに託したのでしょう。

このエピソードでは、色々な側面から見て、すごいなぁって思います。
まずは、この不思議な縁。宇宙というのは、そういう風なめぐり合わせを通して、私たちをサポートしているのでしょうね。支店長がりんごの研究をしていた過程で無農薬栽培に興味を持っていたということ。木村さんがそんな支店長のいる銀行に足を運んだということ。

そして、この支店長の心意気。普通、見ず知らずの人の借金を黙って肩代わりなんて、出来ませんよね。でも、支店長がそうしようと思った「何か」があったはずなんです。

そのほかにも、

・木村さんと宇宙人・龍との遭遇
・無農薬栽培食物の見分け方
・自然の完璧さ
・虫(害虫・益虫)の役割

など、興味深い話がたくさんありました。

宇宙人については、「そんな話、しない方がいい」と色んな人に言われるそうです。
でも、木村さんにとっては、無農薬のりんご栽培ができるようになったのも、宇宙人と遭遇したのも、両方とも同じ事実なので、全て語っているそうです。

また、木村さんは、決して、農薬を悪者にはしていません。「無農薬で大変な思いをしたからこそ、農薬のありがたみを一番わかっている」と仰っているそうです。

本を通しての話しか知りませんが、そんな木村さんの人柄が、私は大好きです。


【2012年2月13(月)~17(金)は京都にてセッションを行います】

リコネクティブ・ヒーリング(R)、リコネクション(R)のご依頼はこちらまで
精神・魂・肉体のバランスを取る新時代のパワフルなヒーリング「リコネクティブヒーリング®」と、宇宙と繋がり、本当の自分と繋がる「リコネクション®」

ヒューマンデザインのリーディングはこちらまで
生まれた場所と生年月日・時刻から本当の自分、個性(デザイン)、自分らしさを知る「ヒューマンデザイン・システム」


いつもポチっとありがとうござます☆
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ

|

« こんな日もあるさ~ | トップページ | チャネリングの見分け方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« こんな日もあるさ~ | トップページ | チャネリングの見分け方 »