« 退院しました | トップページ | あなたを応援してくれる人 »

2011年11月13日 (日)

3次元的視点を超えて・・・(その3・完)

20111113そもそも、「3次元視点を超える」というのはどういうことなんでしょう。(と、自分で書いておきながら、投げかけてみるhappy01

これには、色々な解釈があると思いますが、最近の私は次のように思っています。(あくまでも、現時点での私の個人的見解ですshine

・自分が肉体だけの存在ではないという事を知る(分かる)こと
・「自我」を切り離して自分を観察できること
・全てが完璧である事を知る(分かる)こと

一つ目の「自分が肉体だけの存在ではないと知る」ということは、私たちには「死」というものはない(肉体は死にますが、魂は永遠です)事を知るということです。
そして、その「魂」レベルでは、分離はなく、私たちは一つに解け合っています。

私たちが感じている「わたし」と「他の人たち」という、「個」というもの(つまり、「分離」のこと)は、肉体の消滅と共に、なくなります。(厳密に言うと、すぐに「個」という意識が無くなるわけではないでしょうし、輪廻なんかの話もありますが、その辺はまた別の説明が必要なので、ここでは省略します。)


二つ目の『「自我」を切り離した状態』というのは、目の前に繰り広げられる現象に飲み込まれない状態です。

よく「もう一人の自分が、自分を見つめる」といいますが、そんな感じです。


で、そういった状態を保ちながら、「起こっている事柄は、全てが完璧である」事を知るのです。

こういう状態を「目覚め」とも言います。


3次元的視点を超えたからといって、俗に言う「ネガティブ」が消えるかというと、そうではありません。
怒り、悲しみ、苦しみは、人間である以上感じます。(ただ、そこに飲み込まれなくはなります。)
また、誰に対しても常に優しく、怒らずいられるかというと、そうでもありません。
また、(今回の私の怪我入院のように)予期しないハプニング、病気や怪我が無くなるわけでもありません。(あのボブ・フィックスさんでさえ、今年、手術されたそうですし、エリックだって、セミナーの時に、寝違えてカイロプラクターに治してもらったりしてますしhappy01


地球で「目覚めた」というのは、宇宙レベルで言えば、まだまだ幼稚園レベルだそうです。(ボブ・フィックスさんや、他のマスター達も同じように言っています。)

「リコネクション」のセッションで、宇宙とのつながりを再び取り戻した方たちも同じです。

新しい意識レベルに目覚めた私たちは、ようやく、スタートラインに立った、ということなんです。
そこから、本来の「道」がスタートします。
新しい道で大切なのは「自分がどう在るか」ということだけです。


そんなわけで、「目覚めた後の方が大変」という言う方もするんですよね。(私は、決してそうは思っていないですがsweat01 怪我で足を不自由している状態でも、毎日感謝と共に生きていますし、充実していますheart04

3次元的視点を超えたとしても、時には「自我」が顔を出してきて、自分をコントロールしようとするでしょうし、これまでの慣れ親しんだ習慣から、まだまだ「自我」に選択権を与えて、魂の声を無視してしまう事もあるでしょう。

分かっていても「あー、またやってしまった!」ってこともあるでしょう。また、魂の声はすぐにはわからないので、自分自身の現実を、受け入れられないような状態の事もあるでしょう。

そういった事にひとつひとつ気付いて、手放していって、より「楽」な方向へ進んで行くのがこれからの私たちです。

現実を受け入れつつ、自分の現実を創造していくのですhappy01

そして、バランスを取りながら、少しずつ、「自分自身」がどういう風に機能しているのか知っていけばいいと思いますhappy01

偉そうに色々と書いていますが、私もこれからまだまだ学んで行く立場ですshine
これからも益々広がっていく知覚で、どんな体験を出来るのか、どんな現実を目にするのか、わくわくしていますheart01

皆さんも一緒にわくわくしながら、毎日を観察していきましょうねnote

(「3次元的視点を超えて・・・」完)



リコネクティブ・ヒーリング(R)、リコネクション(R)のご依頼はこちらまで

公認プラクティショナーによるリコネクション®とリコネクティブヒーリング®専門サロン(広島・京都)11月下旬、京都でセッションを行います。詳細はHPへ。

いつもポチっとありがとうござます☆
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ

|

« 退院しました | トップページ | あなたを応援してくれる人 »

コメント

そうですね、やっとルールを知り、スタートラインに立つ という事ですよね。みんながそうなると、あえてネガティブな事は創造しなくなりますから、楽しみがメインの世界になるだろうなぁと思います。そういった意味では、いらないものは、いらない世界、自然にそうなると思います。もし、自分がいらない者だとしたら、喜んで いらない役目を果たすだろう。 彫刻の世界は、まさに いらないとこを削って 形を造形します。いらないものも必要なのです。そこに善悪はないと思います。地球も呼吸しています、必要なものは吸収し、いらないものは、排出する。人間だけが傲慢です。本当に目覚めた人なら、犠牲を犠牲と思いません、野生動物を見たらわかりますよね。全体が光になる為の行程だと思うのではないでしょうか。 最終的には 影 は存在しないと思います。でも、まだまだ幼稚園レベルなんですね?(笑)先が永いですね…

投稿: タカシ | 2011年11月15日 (火) 10時26分

タカシさん、コメントありがとうございます(^^)

>みんながそうなると、あえてネガティブな事は創造しなくなりますから、楽しみがメインの世界になるだろうなぁと思います。

ホントそうですよね!だから、これからの世界は楽しみですhappy01

>全体が光になる為の行程だと思うのではないでしょうか。 最終的には 影 は存在しないと思います。

うまく言い表してくださって、ありがとうございますshine

そうなんです。まだまだ幼稚園レベルだそうです(笑)でも、それはそれで、楽しいですよねheart01 わからないことがありながらも、精一杯生きるというのも、今しかできない体験ですshine

投稿: さち♪(管理人) | 2011年11月15日 (火) 11時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 退院しました | トップページ | あなたを応援してくれる人 »