« アメリカ旅行記 その7 ラスベガスからロスへ | トップページ | 何があっても大丈夫 »

2011年10月 9日 (日)

先行告知:ヒューマンデザインのリーディング

20111009

Soleil(ソレイユ)からのお知らせです。

12月より、「ヒューマンデザイン」のリーディングセッションを開始する予定ですhappy01

私は、リコネクティブ・ヒーリング(R)とリコネクション(R)以外のメニューを作る気が全くなかったので、ホント、自分でもこんな運びになったのが驚きです。

9月上旬に、ヒューマンデザインの基礎である「リビングユアデザイン(LYD)」講座を受講した時点では、まだ、手探りの状態でした。

リーディングを提供するためには、更に二つの講座を受けなければならず、それすら、ギリギリまで受講するかどうか検討しつつ、流れに任せていました。

それと同時に、何人かの知人に協力してもらい、チャートを出して、ミニリーディングの練習もさせてもらったのですが、反応がとてもよくって、私も、不思議なくらい言葉が次から次へと出てきて、私自身ものすごい満足感を感じて、「きっとこれは、必要な人がいるだろうし、本格的に始めてもいいかも」と思いました。

後から振り返ると、その辺の流れが、リコネクティブ・ヒーリング(R)のプラクティショナーになった時と全く一緒なんですよ・・・。最初は仕事にするつもりは無かったけれど、状況がそっちの方に流れていったという・・・shine

で、ヒューマンデザインは、生年月日と出生時間からチャートを出して、そのチャートを読み解くもので、いたって科学的ですので、エネルギーワークとは一切関係ありません。なので、リコネクティブ・ヒーリング(R)、リコネクション(R)と一緒に提供しても全く問題ありませんhappy01

ヒューマンデザインでわかることは、自分の個性と人生の対策、決断方法など。

当たり前ですが、私たちはそれぞれ違った個性を持っています。その個性によって、「人生の対策」というのが全く違うのです。

世間一般にはいいかも知れない「自己啓発」の類も、それをやる事が害になってしまう人もいることでしょう。直感に従ったら人生をダメにしてしまうデザインの人もいるんです。

ヒューマンデザインで自分のデザインや人生の対策を知らなくても、リコネクション(R)を受けた方なら、自動的に、そっちに近づいていくと思います。そして、自分らしくないふるまいが、できなくなってくるように思います。

というのは、私自身が、リコネクションの個人セッションを受けてから3年後に、ヒューマンデザインの個人リーディングをしてもらったのですが、リコネクション後に新たに出てきた自分の側面までもが、ヒューマンデザインの「自分の個性」と一致していたからです。

で、ヒューマンデザインのLYD講座のときに受講者の方とお話して思ったのが、ヒューマンデザインで自分の個性を知ったとしても、どうしても、「マインド」が邪魔をして、なかなか、デザイン通りに生きていく勇気が出ない人もいるかも知れないということです。そういう時に、リコネクティブ・ヒーリング(R)やリコネクション(R)が、とっても役に立つのだと、改めて、自分がこれらのセッションを受けていたこと、そして提供出来ることに感謝しました。

リーディングを開始できるのは、LYD講座を受講してから3ヶ月後からですので、12月5日から開始します。

そのために、HPだけ先に作りましたので、紹介しておきます。

Soleil(ソレイユ)-ヒューマンデザイン

(いえね、HPって、作ってもすぐには、検索サイトとかに反映されないじゃないですか(笑)だから、早めにアップだけでもしておこうと思って・・・happy01

それにしても、リコネクションの秋のセミナーがキャンセルになって、その分、ヒューマンデザインの講座が秋に大阪で集中的に開かれて・・・時間もお金も、そっちに使う事ができたのは、宇宙の采配かしら・・・と思ってしまいますconfident

今のところ、対面セッションでしか考えていませんので、興味を持たれた全国の皆様、広島まで来て下さるか、ヒューマンデザイン・ジャパンのHPから、スカイプ対応されているリーダーにお申し込み下さいね。(メニュー・料金は、各リーダーによって異なるので、探すのが大変かも知れませんが・・・。)

リコネクティブ・ヒーリング(R)、リコネクション(R)のご依頼はこちらまで
公認プラクティショナーによるリコネクション®とリコネクティブヒーリング®専門サロン(広島・京都)
いつもポチっとありがとうござます☆
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ

|

« アメリカ旅行記 その7 ラスベガスからロスへ | トップページ | 何があっても大丈夫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アメリカ旅行記 その7 ラスベガスからロスへ | トップページ | 何があっても大丈夫 »