« アメリカ旅行記 その6 ラスベガス3日目 | トップページ | (またまた)ヒューマンデザイン »

2011年9月17日 (土)

初恋の思い出

8月にめっちゃハマってた曲の中に、シェネルの「ベイビー・アイラブユー(English Ver.)」っていう曲があります。日本人の曲を、シェネルっていう歌手が英語でカヴァーして出しているのですが、とーっても素敵なラブソングの歌詞なんです。

「恋する」っていう感覚は、もう、とーっくの昔に無くなっている私でしたが、その曲をきっかけに、昔の恋を思い出していました。

で、初恋・・・っていつなんだろう、何をもって初恋っていうんだろうっていう疑問が私にはありましてcoldsweats01

よく、「初恋は幼稚園の時です」なんていう話を聞きますが、幼稚園の頃なんて、いじめられて嫌いな男の子はいたけど、好きな男の子なんていなかったし、小学校の頃は、「女子みんなが好き」っていうクラスの憧れの男の子を、そんなに好きでもないのに「私も好き」なんて思っていました・・・(笑)

で、ホントに自分から「好きな男の子」として意識したのって、たぶん、小学校5年か6年の時だったと思います。

同じ班になったKくん。でも、好きな気持ちがバレるのが嫌で、誰にも絶対いわなかったんです。それが・・・その班の中で、「好きな人を教えあおう」ってことになったんです。で・・・友達にさえ、自分の好きな人を言わなかった私が、同じ班のみんなに、その班の一員であるKくんの名前を出すということは、みんなの前で本人に「告白する」ってことじゃないいですか。

そんなの、とってもシャイな私は、死んでも無理だったので、仕方なく、テキトーに、Nくんという名前を出しました。

で、翌日から、案の定、私がNくんを好きだということがウワサになり・・・。(私だけじゃなく、そこで名前を出した人は、みんな、ウワサになりました。)事実じゃなかったから、別に私はどーでもよかったのですが、もし、本当のことを語ってそれがウワサになってたら、私、学校行くのが無理になってたかもしれません。

でも、ホントは、ちょっとだけ、Kくんにもちゃんと言いたかったなぁっていう思いもありました。好きな人に、自分の正直な気持ちを語れないって、辛いですよね。

小学校卒業してから、Kくんには会った事ないですが、あの時、ホントはKくんが好きだったんだよって言いたいなぁ。 でも、もう、オッサンになってるんでしょうけどね(笑) 思い出は思い出のままがいいのかも知れません。

恋する気持ちって、いいですよね。

恋する女子のみなさんには、自分の気持ちに正直に、がんばってほしいなぁって思いますheart04

がんばれ、恋する女の子たち!

リコネクティブ・ヒーリング(R)、リコネクション(R)のご依頼はこちらまで
公認プラクティショナーによるリコネクション®とリコネクティブヒーリング®専門サロン(広島・京都)

いつもポチっとありがとうござます☆
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ

|

« アメリカ旅行記 その6 ラスベガス3日目 | トップページ | (またまた)ヒューマンデザイン »

コメント

僕らの時代の小学生は純粋で幸せでしたね。

今の子供たちはいろんな事を知りすぎて少しかわいそうな気がします。

ちなみに自分は
幼稚園の時はTさん
1,2年生の時はSさん
3、4年生の時はMさん
5,6年生の時はHさんが好きでした。

クラスが変わる度に新たなマドンナの登場でしたw

投稿: まこと | 2011年9月18日 (日) 09時44分

まことさん
ホント、純粋な小学生時代でしたよね~(^^)先生も良かったし(^^)
イニシャルを出されると、誰か詮索したくなります(笑)

投稿: さち♪(管理人) | 2011年9月18日 (日) 11時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アメリカ旅行記 その6 ラスベガス3日目 | トップページ | (またまた)ヒューマンデザイン »