« アメリカ旅行記 その4 ラスベガス1日目 | トップページ | 広島に戻りました »

2011年8月18日 (木)

アメリカ旅行記 その5 ラスベガス2日目

続きです。
翌朝は、母だけグランドキャニオンのツアーに参加しました。(私と夫は3回行ってるので、さすがに、もういいかなと・・・)

一応、日本語ツアーだったのですが、集合時に万が一何かあったらいけないと思って、見送りに行きました。

(前日に、リ・コンファメーション(予約の再確認)の電話をしないといけなくて、その時、日本人オペレーターが話中とかで、結局私が英語でリコンファメーションしました。グランドキャニオンツアーは、プロペラ機で現地まで行くので、機内の左右のバランスを取る為、体重順に座席を指定されます。で、その際、母の体重を聞かれて、焦りましたsweat01 )

で、見送りに行って正解でした。集合時間10分過ぎても迎えのバスが来なくて、ツアー会社によると「集合時間10分過ぎてもバスが到着しなければ、連絡下さい」と書いてあったのですが、携帯も持ってなくて、連絡の取りようもなく・・・。
フリーダイヤルなので、誰かに携帯借りられないかなぁ・・・と思っていたら、ちょうど、リムジンの運転手さんが休憩にやってきたので、お願いして電話を借りました。

あー、ここでも親切な人に出会いましたheart01 快く貸してくださって、感謝です。

でも結局、ツアー会社が話中で繋がらず、そうこうしているうちに、バスが到着しました。

集合場所に来たバスには、日本語の添乗員がおらず、乗客も日本人は母一人だけでした。色んなところからラスベガスの空港に集められて、そこで、日本人だけ集めてのツアーだったようです。

運転手さんが母の名前確認してる時に、運転手さんの携帯が鳴って、話の内容を聞いていると、どうも、途中の集合場所に来なかった人たちがいたみたいでした。また集合場所に戻って迎えに行くか何かで、運転手さんは怒ってましたが、私達には親切に対応してくださいましたhappy01

無事に母を送ったあと、私と夫は、ショーのチケット引き取りを兼ねて、「aria(アリア)」というホテルと、そこに併設されているショッピングモールに行きました。

アリアも宿泊候補に挙がってたのですが、何せ、「ストリップから離れているのでかなり不便」ということで、ネットでは酷評だったので、やめたんです。

とっても都会的でスタイリッシュなホテルだったんですけど、ラスベガスでわざわざ都会的なホテルに泊まる意味もないですし、ストリップからちょっと離れているので、車がないと不便ということもあり、ラスベガス初心者にはあんまりオススメできないと思います。

アリアの正面玄関のところを、上から撮りました。

20110818a

駐車場と繋がっている廊下にて。こういう空間が高級ホテルだなぁって思います。

20110818b

もっと写真撮ってたと思ったんですが、あんまりなかったわ(^^;

アリアと併設のショッピングモール「シティーセンター」に入っているお店は、高級ブランドばかりです。
で、高級ブランドのお店は他のホテルにもあるためか、シティーセンターは、ガラガラでした。

夫が以前から、ボッテガの財布が欲しいと言ってたので、見るだけのつもりで行ってみました。

接客してくれたのは、多分、中国系アメリカ人の男性。
すごく気さくで親切な方で、色々話していたら、ペリエ(炭酸水)を出してくれました。

わぁ・・・こんなドリンク出してもらうなんて、ちょっとだけVIP気分じゃないですかheart04
(ホントのVIPは、別室で・・・なんでしょうけど(笑))

で、ウレシイ気持ちになっている所に、今まで見たことのない形の財布があって、「買うんやったら、絶対コレがいいでい!!!」ってなって、そのままお買い上げしました。

実は、ロスのデザートヒルズ・アウトレットにもボッテガが入ってたんですが、そこでありきたりの財布を買わなくて良かった。
その財布、ホント、カッコイイ。ボッテガのHPにも出てなくて、すっごくプレミア感があります。
多分、日本で持ってる人って、そんなにいないと思います。

で・・・余談ですが、実は、私の財布もボッテガで、限定色のピンクなんです。新しい財布を捜しているとき、夫に連れて行かれて、もともとボッテガにはあんまり興味がなかったので、買うつもりなかったんですが、「このピンクが欲しい!!!」ってなって、勇気を出してお買い上げ。接客してくれた店員さんが、リコネクションTAの文香さんに似ていて、お高くとまっている店員とは違い、優しくて親切な方だったのも、購入意欲を後押ししてくれたんだと思います。

さて、レジで支払いの時、私の財布を見た店員さんが、「その色、いいですね。お客さんによく、ピンクの財布を尋ねられますが、この店ではピンクを見たことがないんです。だから、その色をゲットできて、ラッキーでしたね」と言われました。

正規店の店員さんでさえ、見たことがない色とあって、めっちゃ嬉しかったです(^^) 限定色が入るお店も、限られているのですかね。

なんか、色々とウレシイ事があった、ボッテガのショッピングでした。

お店を出た後は、アリアの中をささっと見て、別のショッピングモールにも行ってきました。
ランチは、モールのフードコートで、中華のファーストフードを少し食べました。

夕方。グランドキャニオンツアーから帰ってくる母を迎えに、待ち合わせ場所に行きましたが、時間になっても、バスはきません。で、待ってる間に、夫がホテルの部屋に忘れ物をしたのを思い出して、それを取りに帰ったところで、ホテル内の地図とにらめっこしている母を発見。
なんと、集合場所と違うところに降ろされて、何とか自力で戻ろうとしていたところだったそうです。
もし夫が忘れ物をしていなかったら、そんなにすぐに母と会えていなかったと思うので、うまいこと出来てるなぁって、宇宙の采配に関心しました。

(母はこの日、他にも色々ハプニングがあったみたいでした。でも、グランド・キャニオンの雄大な景色に、とても感動していたので、行ってもらえて良かったです。)

母が撮った写真からいくつかどうぞ~。

20110818c


20110818d


20110818e


20110818f

母と合流した後は、ショーを見るために、アリアに向かいました。

アリアの正面玄関は、こんな感じ。スタイリッシュでしょ。

20110818g

1階のカフェで、サンドイッチとコーヒーをシェアしてから、会場に向かいました。

この日見たショーは、シルク・ド・ソレイユによる「ビバ!エルビス」という、エルビス・プレスリーをテーマにしたショーです。ラスベガスでやってるシルク・ド・ソレイユのショーの中では、一番新しいです。
前もブログに書いたのですが、亡き父がエルビスの大ファンで、私達家族はしょっちゅうエルビスの曲を聞いていたので、母にもわかるかなぁって思って、このショーにしました。

1階では、エルビスの像がお出迎えです。

20110818h

2階の会場横には、お土産屋さんもあります。

20110818i

ショーは、エルビスの生涯をナレーターが語りながら、エルビスの曲をもとに、シルク・ド・ソレイユが演技してました。ロックをもとにシルク・ド・ソレイユがどういう風なパフォーマンスをするのか、とても興味がありましたが、すごく楽しかったです。エルビスを殆ど知らない夫でも、聞いた事のある曲がいくつかあって、楽しんでました。

お客さんも、エルビスファンの人が多く、ノリノリのオジサン達がいて、面白かったです。

それにしても、シルク・ド・ソレイユのパフォーマンスって、人間技とは思えない程すごいです。CGとかトリックじゃなくてライブでやってるのが、ホントスゴイ。

次はビートルズのを見るぞ!(←こっちは大人気で、チケットが取れなかったの)

ショーが終わって、ホテルを後にしました。もう一度、ホテルの概観をパチリ。

20110818j

明日は、セリーヌ・ディオンのコンサート。
ラスベガスで見たセリーヌの広告、とっても気に入りました。

20110818k

セリーヌの背中を見せて、「CELINE'S BACK」
「BACK」は「背中」っていう意味と、「戻る」っていう意味があるので、「セリーヌの背中」というのと「セリーヌが戻って来た」という意味を掛けたダジャレです。
ラスベガス入りしてこの広告を見つけて以来、シャッターチャンスをずっと待ってました。

アップで。
20110818m


このタクシーが、ちょうど、セリーヌのコンサート会場であるシーザス・パレスを通っていくところだったので、シーザス・パレスの広告と一緒にパチリ。

20110816a

我ながら、ナイス・タイミングで写真が撮れたので、大満足ですheart01

最後に、宿泊したパラッツォと併設されているVenetian(ヴェネチアン又はヴェニーシャン)ホテル。(ガイドブックによって、呼び方が違います。英語ネイティブは「ヴィニーシャン」というので、ラスベガスでは「ヴェニーシャン」で覚えておいた方がいいです。)

20110818l

部屋のゴージャスさ&コスパで行くと、私の中ではヴェネチアンはオススメトップ3に入ります。(詳細は別記事にて)

(しつこいですが、まだ続きますhappy01

【お知らせ】
8月22日(月)~24日(水)まで、京都にてセッションを行います。京都でリコネクティブ・ヒーリング(R)、リコネクション(R)をご希望される方は、この機会にどうぞ☆ (残席わずかです)

リコネクティブ・ヒーリング(R)、リコネクション(R)のご依頼はこちらまで
公認プラクティショナーによるリコネクション®とリコネクティブヒーリング®専門サロン(広島・京都)

いつもポチっとありがとうござます☆
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ

|

« アメリカ旅行記 その4 ラスベガス1日目 | トップページ | 広島に戻りました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アメリカ旅行記 その4 ラスベガス1日目 | トップページ | 広島に戻りました »