« Win-Win | トップページ | 思考と環境 »

2011年7月26日 (火)

帰国しました☆

20110726無事、アメリカから帰国しました!

(写真: ラスベガスで見た「333」。ダウンタウン近くのコンビニampmの番地が333でした。行くことがあったら、探してみてください(^^))

今回は、引越し後に急遽決まった旅行で、チケットを確保したのが出発の2週間くらい前。それから現地での滞在予定が決まったのが1週間前を切っていて、ホント、バタバタと行った旅行でしたが、とっても充実していました。

私が高校の時にアメリカ留学して以来、両親にアメリカを見せてあげたいと思っていたのですが、今回、母親も一緒に行くことが出来、やっとその夢が叶いました!(父はもう、随分前に亡くなっているので、母だけです。)

羽田の国際線、便利ですね!広島から羽田に飛んで、デルタ航空の深夜発の便で出発し、ロスには夕方に到着。帰りも現地が深夜発で、日本についたのが早朝。成田までの移動がないのが助かりました。
それに、深夜発の便って、あんまり時差ぼけしなくてすみました。

ロスでは、親戚の家を拠点に、パームスプリングスに1泊したり、色々な観光地をめぐりました。
ラスベガスにも3泊しました。

ラスベガスは私も夫も大好きで、今回で確か5回目。
シルクドソレイユのショーを毎回見ていて、今回も、最新の「Viva Elvis!」というエルビス・プレスリーをテーマにしたショーを見ました。(ビートルズのショーも見たかったのだけど、直前でチケットが取れなかったの・・・。)
今まで見たシルクドソレイユのショーは、途中で必ず眠くなる箇所があったのですが、さすが、エルビス・プレスリーのロックがバック・ミュージックだと、全く眠くなりませんでした。

私の父が、エルビスの大ファンで、私も母も、殆ど聞いた事がある曲ばかりだったので、とっても楽しめました。

そして、セリーヌ・ディオンのコンサートにも行きました。
ネットで座席指定で予約できたので、その時点で予約できた一番いい席をゲット。
前から8列目のど真ん中。ショーの途中、セリーヌが客席を歩いてきて、めっちゃ至近距離で見れたのは、もの凄い体験でした!
セリーヌの声、本当に凄くて、ロスの親戚が「セリーヌのファンじゃなかったけど、生で聞いたら感動して涙が出てきた」と言っていたのと同じく、私も、涙が出てきました。

今回のアメリカでは、なぜか中華ばっかり食べてました(笑)

そうそう、中華で思い出しましたが、アメリカでも、チャイニーズパワーは凄かったです。

どこもかしこも、東洋人の8~9割は中国人。あとの1~2割が韓国人と日本人。日本人には殆ど出会いませんでした。(なんで、あんなに少なかったんだろう・・・。)

ただ・・・中国人ってね、マナーが悪いんですよ。(文化の違いですよね。)
ラスベガスの高級ホテルは、トイレなんかしょっちゅう掃除してあるから大丈夫だったんですけど、ロスのアウトレット行った時には、便器も汚かったし、横の汚物入れ(女性の生理用品を捨てるところ)には、大や小の拭いたあとのティッシュが溢れかえってた時もあって・・・、アメリカに来たとは思えませんでした(ーー;)

ひと昔前の日本人も、きっと、海外では、「マナーが悪い」って思われていたのでしょうけど、(今でも、チップを払わない観光客とかいるようですから、あまり言えないかもしれませんが・・・。)やはり、海外に行く時には、その国のルールをしっかりと調べて行って、「郷に入れば郷に従え」でするのが基本ですよね。

ロスでは、毎回、アウトレットで大量に買い物していたのですが、中国人が店をめっちゃ荒らしてて(彼らは畳んである服を次々に広げて、ポイポイ棚に投げていく。団体で来るので、店員が畳み直しても追いつかない)、ゆっくり見る気になれず。さらに、アウトレットにおいてある商品も変わり映えせず、日本でもアウトレットストアが出来て手に入れられるようになったので(どうも、アウトレット用に作ってる商品がある模様)、買い物は殆どしませんでした。
早く中国の人たちも国際化が進んでくれたらいいなぁと思います。

ということで、旅行のダイジェスト報告でした~。
デジカメで撮った写真は、母が持って帰っているので、また後日アップします♪

【お知らせ】
8月22日(月)~24日(水)まで、京都にてセッションを行います。京都でリコネクティブ・ヒーリング(R)、リコネクション(R)をご希望される方は、この機会にどうぞ☆ (日程が変更になりました。)


リコネクティブ・ヒーリング(R)、リコネクション(R)のご依頼はこちらまで
公認プラクティショナーによるリコネクション®とリコネクティブヒーリング®専門サロン(広島・京都)

いつもポチっとありがとうござます☆
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ

|

« Win-Win | トップページ | 思考と環境 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Win-Win | トップページ | 思考と環境 »