« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月29日 (金)

アメリカの旅行記 その1 出発から到着まで

アメリカ旅行記です。
デジカメデータがまだないので、私のケータイで撮った数少ない写真から、紹介していきますねhappy01

まず、今回は、広島夕方発で羽田まで行きました。国内線は全日空で、国際線はデルタです。
デルタに乗るのは初めてです。
国際線が深夜発で、その待ち時間は5~6時間。早々にチェックインしたかったのですが、デルタ航空のカウンターが開くのが出発の3時間前からなので、ぶらぶらと時間つぶしをしました。

まず、夕食。国内線ターミナルは混雑しているので、国際線ターミナルに行きました。

20110729b

羽田の国際線ターミナルの飲食街は、こんな感じ。江戸をイメージした作りになっています。
この日は、無料ライブも行われていました。

どの店に行くか迷いましたが、なんとなく中華の気分だったので、中華のお店に。

20110729a

おいしかった~。
(この後も、旅行中は中華ばっかり食べてたようなcoldsweats01

その後、展望台に行きました。

20110729c

飛行機を見ていると、ワクワクしますよね。
夜だったので、景色がきれいでしたheart04


飛行機にチェックインするとき、伊丹から別ルートで合流する私の母と並びの席をリクエストしようとしたのですが、既に満席で、3人ばらばらの席に。かろうじて、3人とも、通路側の席を取ることができました。
帰りもばらばらだと困るので、その場で、並びの席をリクエストしておきました。

色々と時間を潰して、ようやく飛行機に乗ると、私の席に誰かが座っていたので、すかさず客室乗務員さんに言いにいきました。それは良かったのですが、座っていた方は、杖をついている高齢のおばあさん。なんだか申し訳なかったです。(でも、このおばあさん、結局、1度トイレに行ったきり、ずっと席に座ったままでした。私は何度も立って動きたいタイプなので、ちょうどよかったのかもしれません。)

このおばあさんも、御家族と並びの席が取れなかった模様。機内は、家族ばらばらで座ってる人達が、結構いました。

こういうところのサービスの差が、日系と米系の差なのでしょうか。うまく組んだら、キレイに収まりそうなものですが、「とりあえず空いてる席に入れてしまえ」みたいな感じですよね・・・。


さて、アメリカ(ロス)に着いたのは、夕方。入国審査が厳しくて、一人ひとり、色んな質問をされて、かなり時間がかかっていました。私たちの前にいた青年なんて、どうやらビザ無しで滞在できる3ヶ月間を予定していたものですから、「3ヶ月間、どこにいくんだ」と、根掘り葉掘り聞かれて、片言の英語でアタフタしてました。

余談ですが、飛行機のチェックイン時と入国審査の時、アメリカでの滞在場所の住所を聞かれるんです。私たちは夫の親戚の家を拠点にしているのですが、空港まで迎えに来てもらうため、もちろん、住所なんて覚えていません。

適当にホテルの名前を言おうということになって、夫に聞いて「ニュー・オータニ」ってことにしようとなったんですが、あとで親戚にこの話をしたら、「ニュー・オータニは、もうないよ」と言われましたcoldsweats01。それでも何の問題なく入国できたので、いい加減なもんです(笑)

無事入国でき、アメリカの親戚と合流し、パサディナのレストランに連れて行ってもらいました。
ものすごい人気のレストランで、1時間以上待ちだったのですが、親戚が案内係の人にチップを弾んだのか、30分ほどで席に着くことができました。

ここで飲んだマティーニ、めっちゃおいしかったぁheart01

で、料理はこんなかんじ。

20110729d

前菜にチップス(写真には入っていませんが、サルサソースにディップする)と、手前のやつは何という名前だったか忘れましたが(追記:思い出しました!「アーティチョーク」です)、これがおいしかった!


20110729e

私が食べたアヒ(魚)のサラダ。
アメリカでは、サラダにも日本でいう通常量お肉や魚が乗っているので、メインを頼む必要はありません。

私のケータイでは撮ってないのですが、母は伯母さんと、リブステーキをシェアしてました。
夫は大きなステーキ。

ディナーのあと、パサディナの町を探索し、ヨーグルトアイスを食べて帰宅しました。

(続く)

【お知らせ】
8月22日(月)~24日(水)まで、京都にてセッションを行います。京都でリコネクティブ・ヒーリング(R)、リコネクション(R)をご希望される方は、この機会にどうぞ☆ (日程が変更になりました。)

リコネクティブ・ヒーリング(R)、リコネクション(R)のご依頼はこちらまで
公認プラクティショナーによるリコネクション®とリコネクティブヒーリング®専門サロン(広島・京都)

いつもポチっとありがとうござます☆
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ


| | コメント (0)

2011年7月27日 (水)

思考と環境

20110727このブログでも何度かお伝えしていますが、私たち一人ひとりの現実(環境)は、私たちの意識が反映したものです。

殆どの方は、私たちの思考が望んだものではなくて、無意識(潜在意識)の領域で自分が漠然とイメージしている事が現実になっています。

だから、育ってきた環境というのは、現実の環境に大きな影響を与えます。

金持ちで何不自由なく育てられてきて、「お金は必要なだけある」と疑うことなく大人になれば、そういう状態が与えられるので、仕事が当たり前のようにうまくいったり、お金持ちの旦那さんと結婚して専業主婦でも好きなだけお金が使えたりする環境になるでしょう。

一方、「お金は必死で稼がないといけない」「働いてもどうせ金持ちにはなれない」という環境で育ち、それを当たり前のように信じていれば、そのような現実が与えられることになります。

(だからといって、自分の生まれた環境、親・祖父母・親戚などのせいにする必要は全くありません。私たちは、親を選んで生まれてきているのですから。)

もちろん、お金がなくても、使い方次第で豊かな生活をすることも可能ですし、そういう人たちも知っています。

お金の事を例にして書いていますが、一番分かり易い例えなので、そのまま続けますね。

育った環境というのは、あまりにも深く潜在意識に刷り込まれるため、違う環境に触れない限り、他の選択肢がある事に全く気づきません。

そういう点では、「結婚」というのは、良くも悪くも、新しい価値観に沢山出会うケースが一番多く生まれます。

私は、結婚してから、お金の使い方に関する価値観がものすごく変わりました。

(1年間のアメリカホームステイも、色々な面でかなり価値観が変わりましたが、お金に関しては、私の実家の家族と同じような環境だったので、お金に関する価値観が変わることはありませんでした。)


独身時代は、「海外旅行なんて、お金がかかるし、もったいない」という考え方でした。

「お金がかかるしもったいない」 これが、私が育ってきた環境の価値観でした。

そんな私が、海外旅行好きの夫と結婚し、毎年海外旅行に行くようになったのですが、最初の頃は、物凄く罪悪感がありました。

海外旅行のお金を貯金に回していれば、もっとお金をためられます。

でも、私の価値観はかなり書き換わりました。

海外旅行は、何もドブにお金を捨てるわけではありません。

違った文化に触れ、日本では体験できない体験をし、日本では食べられないものを食べて、旅先で出会う人とのコミュニケーションを通して、新しい価値観に出会います。
(そして、大抵は、「日本って、なんて恵まれているのだろう」と思って帰ってくることになりますhappy01

それは、自分に対する投資と同じようなものです。

夫の会社の人は、「後藤さん、毎年海外に行って、リッチですね」と言います。
でも、同じ給料をもらっていながらも、「海外旅行に行くお金なんてない」と思う人が多いので、毎年海外に行く私たちが、リッチに見えるのです。
そういう人は、お金を溜め込んでいるか、車や電化製品や、子供の教育や、保険や、お酒にタバコ、ギャンブル、その他色々なところに、その人の価値観で「必要だ」とか「やりたい」と思ったところに同じだけのお金を使っています。
夫の給料が他の社員より特別多いわけではなく、使い道が違うだけなのです。

(で、ついでに、貯金に関していうと、「イザという時のために貯金は必要だ」と思って貯金すると、ホントに「イザ」という時がやってくるということを、結婚後の数年で学んだので、私は、「イザ」というときのための貯金はしないことにしました。それ以降、「イザ」という時はやって来ていません(笑) とはいえ、『そうはいっても、「イザ」という時のお金は必要だろう』と思う人は、そのまま貯金しておいて下さいね。自分が心の底で思う事が現実になるのですから。)

アメリカ旅行でいつもお世話になる夫の親戚は、アメリカでは『富裕層』にあたると思います。
仕事の関係で、不動産をいくつも所有していて、住んでいるところも各部屋にバスルームがあるような、ホテルのようなおうち。
今回の旅行でわかったのですが、伯母さんは、親の代から裕福で、お手伝いさんがいる豪邸に住んでいたそうです。
結婚当初は、小さなアパートから始まって、小さな商売をしながら、少しずつステップアップしていったと、夫の家族から聞いていたのですが、きっと、伯母さん自身が親の成功とそれまで住んでいた環境に見習って、自分自身でそういう環境を手に入れるために、努力なさってきたのだろうと思いました。

伯母さんはビジネスが上手で、コーチングのクラスも運営しているそうです。ビジネスの鉄則は、仕事に対して良いイメージを持つこと。
だから、子供達にも、精神面でうまくガイドして、子供達の仕事もうまく行くようにサポートしているようでした。
お母さんがそんな「コーチ」だったら、子供達は恵まれていますよね。

価値観のプラスの連鎖が、親から子へ受け継がれている、素晴らしい例だと感じました。


子供の頃から「あなたなら出来るわよ」「あなたはラッキーだから、大丈夫」と言われて育ってきた人は恵まれています。

「お前なんかにできるわけがない」「そんな事、ホントにできるのか?」と言われて育ってきた人は、やっぱり、潜在意識で成功するのをブロックしてしまうような傾向にあると思います。

でも逆に、それをバネに「見返して、成功してやる!」と思うような人は、成功していきますし、結局は、自分次第なんですけどねhappy01

もしあなたが理想の環境があるとしたら、実際にそういう環境にで生活している人の話を聞いて、その人たちの「考え方」や「価値観」を見習うのが、一番いいと思います。

「どうやって」という具体的な行動ではなく、「考え方」や「価値観」を見習うことによって、あなただけのオリジナルの方法が出てくるはずだからです。

そして、価値観を広げるための手段として、リコネクティブ・ヒーリング(R)は物凄く役に立つと私は思っています。

皆さんが理想の環境を手に入れられますようにheart04

【お知らせ】
8月22日(月)~24日(水)まで、京都にてセッションを行います。京都でリコネクティブ・ヒーリング(R)、リコネクション(R)をご希望される方は、この機会にどうぞ☆ (日程が変更になりました。)


リコネクティブ・ヒーリング(R)、リコネクション(R)のご依頼はこちらまで
公認プラクティショナーによるリコネクション®とリコネクティブヒーリング®専門サロン(広島・京都)

いつもポチっとありがとうござます☆
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2011年7月26日 (火)

帰国しました☆

20110726無事、アメリカから帰国しました!

(写真: ラスベガスで見た「333」。ダウンタウン近くのコンビニampmの番地が333でした。行くことがあったら、探してみてください(^^))

今回は、引越し後に急遽決まった旅行で、チケットを確保したのが出発の2週間くらい前。それから現地での滞在予定が決まったのが1週間前を切っていて、ホント、バタバタと行った旅行でしたが、とっても充実していました。

私が高校の時にアメリカ留学して以来、両親にアメリカを見せてあげたいと思っていたのですが、今回、母親も一緒に行くことが出来、やっとその夢が叶いました!(父はもう、随分前に亡くなっているので、母だけです。)

羽田の国際線、便利ですね!広島から羽田に飛んで、デルタ航空の深夜発の便で出発し、ロスには夕方に到着。帰りも現地が深夜発で、日本についたのが早朝。成田までの移動がないのが助かりました。
それに、深夜発の便って、あんまり時差ぼけしなくてすみました。

ロスでは、親戚の家を拠点に、パームスプリングスに1泊したり、色々な観光地をめぐりました。
ラスベガスにも3泊しました。

ラスベガスは私も夫も大好きで、今回で確か5回目。
シルクドソレイユのショーを毎回見ていて、今回も、最新の「Viva Elvis!」というエルビス・プレスリーをテーマにしたショーを見ました。(ビートルズのショーも見たかったのだけど、直前でチケットが取れなかったの・・・。)
今まで見たシルクドソレイユのショーは、途中で必ず眠くなる箇所があったのですが、さすが、エルビス・プレスリーのロックがバック・ミュージックだと、全く眠くなりませんでした。

私の父が、エルビスの大ファンで、私も母も、殆ど聞いた事がある曲ばかりだったので、とっても楽しめました。

そして、セリーヌ・ディオンのコンサートにも行きました。
ネットで座席指定で予約できたので、その時点で予約できた一番いい席をゲット。
前から8列目のど真ん中。ショーの途中、セリーヌが客席を歩いてきて、めっちゃ至近距離で見れたのは、もの凄い体験でした!
セリーヌの声、本当に凄くて、ロスの親戚が「セリーヌのファンじゃなかったけど、生で聞いたら感動して涙が出てきた」と言っていたのと同じく、私も、涙が出てきました。

今回のアメリカでは、なぜか中華ばっかり食べてました(笑)

そうそう、中華で思い出しましたが、アメリカでも、チャイニーズパワーは凄かったです。

どこもかしこも、東洋人の8~9割は中国人。あとの1~2割が韓国人と日本人。日本人には殆ど出会いませんでした。(なんで、あんなに少なかったんだろう・・・。)

ただ・・・中国人ってね、マナーが悪いんですよ。(文化の違いですよね。)
ラスベガスの高級ホテルは、トイレなんかしょっちゅう掃除してあるから大丈夫だったんですけど、ロスのアウトレット行った時には、便器も汚かったし、横の汚物入れ(女性の生理用品を捨てるところ)には、大や小の拭いたあとのティッシュが溢れかえってた時もあって・・・、アメリカに来たとは思えませんでした(ーー;)

ひと昔前の日本人も、きっと、海外では、「マナーが悪い」って思われていたのでしょうけど、(今でも、チップを払わない観光客とかいるようですから、あまり言えないかもしれませんが・・・。)やはり、海外に行く時には、その国のルールをしっかりと調べて行って、「郷に入れば郷に従え」でするのが基本ですよね。

ロスでは、毎回、アウトレットで大量に買い物していたのですが、中国人が店をめっちゃ荒らしてて(彼らは畳んである服を次々に広げて、ポイポイ棚に投げていく。団体で来るので、店員が畳み直しても追いつかない)、ゆっくり見る気になれず。さらに、アウトレットにおいてある商品も変わり映えせず、日本でもアウトレットストアが出来て手に入れられるようになったので(どうも、アウトレット用に作ってる商品がある模様)、買い物は殆どしませんでした。
早く中国の人たちも国際化が進んでくれたらいいなぁと思います。

ということで、旅行のダイジェスト報告でした~。
デジカメで撮った写真は、母が持って帰っているので、また後日アップします♪

【お知らせ】
8月22日(月)~24日(水)まで、京都にてセッションを行います。京都でリコネクティブ・ヒーリング(R)、リコネクション(R)をご希望される方は、この機会にどうぞ☆ (日程が変更になりました。)


リコネクティブ・ヒーリング(R)、リコネクション(R)のご依頼はこちらまで
公認プラクティショナーによるリコネクション®とリコネクティブヒーリング®専門サロン(広島・京都)

いつもポチっとありがとうござます☆
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2011年7月14日 (木)

Win-Win

20110714今から15年ほど前、私が最初の会社でしていた仕事は、アメリカの取引先との通信文書の翻訳でした。

アメリカから送られて来た文書の中に「Win-Win contract」というのが出てきて、それをどう訳せばいいかわからず、上司に確認すると、「最近のアメリカビジネスの主流な考え方で、『相手も自分も勝つ(メリットがある)』契約のこと」と教えてもらいました。

特にアメリカビジネスでは、日本以上に、いかに、自分がメリットを得るかということしか考えないようなイメージがあったのですが、「自分だけではなく、相手にもメリットがある」ような契約に持っていくという考え方が主流になってきていりうと聞いて、嬉しく思ったものです。

トップセールスマンというのは、お客様のニーズを調査し、お客様にとってのメリットを最優先させながら、勿論ビジネスですので、自分の売り上げにも繋がるような仕事が出来る人です。

相手の幸せを考えるからこそ、自分も成績が伸びて豊かになっていく。それこそ、まさに「引き寄せ」です。
だって、常に「どうやったら人が喜んでくれるだろうか」という、「喜び」や「幸せ」に焦点を合わせているのですから。「誰が」という主語は関係なく、そのイメージが自分に引き寄せられるのですね。(だから、逆に言えば、相手の不幸を望むということは、自分の不幸を引き寄せている事と同じです。)


何で急にこんな話をしたかといいますと・・・

HPを持っていると、SEO対策関係の業者から、メールや電話がたまにかかってくるんですが、先日、かなり引いてしまった広告があったんです。

HPクリック広告を出しているライバル会社の広告を自動クリックする機能の宣伝でした。
Yahoo!やGoogleなんかに企業が出している広告は、クリック数に応じて広告費を支払うシステムになっています。
で、大体のところは、「予算」があるので、予算内のクリック数に達すれば、広告は表示されなくなります。

ライバル会社の広告を沢山クリックすれば、ライバル会社に広告費を多く負担させながら、かつ、契約に結びつかない

という、完全に相手を蹴落とすような仕組みの宣伝。


あー、こういう考えの人たちは、同じようなレベルの考えの人たちの中で、足を引っ張り合って、あがいているのかなぁ・・・ と思いました。

関わりたくないので、もちろん、即削除happy01

相手を蹴落とすという視点で考えていると、「自分も誰かに蹴落とされる」という現実を引き寄せちゃいます。

Win-Win。

たとえ同業者であっても、お互いに繁栄していきましょう、っていう世界で私は生きていたいですheart01
ここをご覧のみなさまも、そういう意識でいてくださいねshine 相手の幸せを望むのは、自分の幸せを引き寄せるのと同じことですheart04

最後にお知らせ!
(その1)
8月15日(月)頃~23日(火)まで、京都(円町)にて対面セッションを行う予定です。
詳細はまた告知いたします。

(その2)
明日から海外旅行に行きます。
7月15日(金)~26日(火)の午前中までは、お電話・メールへのお返事ができません。
ご予約やお問合せなどのお返事は、26日(火)の午後以降になります。

どうぞよろしくお願いします☆


リコネクティブ・ヒーリング(R)、リコネクション(R)のご依頼はこちらまで
公認プラクティショナーによるリコネクション®とリコネクティブヒーリング®専門サロン(広島・京都)

いつもポチっとありがとうござます☆
  ↓↓↓

人気ブログランキングへ

| | コメント (2)

2011年7月12日 (火)

ブログ『車椅子ヒーラーへの道のり』

201107012今日は、私の元クライアント様で、この度、リコネクティブ・ヒーリング(R)、リコネクション(R)プラクティショナーとしてデビューされるtamoさんの紹介です。

車椅子ヒーラーへの道のり

現在、車椅子で生活されているtamoさん。ご縁があって、私のところでセッションを受けてくださいました。

車椅子で来られるということをお電話で伺った時、私は知り合いに車椅子の方がいないので、どの程度介助が必要か想像もつかなかったのですが、tamoさんは、ある程度の事は全て自分で出来るので、とっても関心しました。リハビリ、かなり頑張られたのだと思います。

セッションを受けに来られる時点で、既に自分の現実を受け入れられていて、「神は、乗り越えられない試練は与えない」といいますが、本当にそうだなぁと思ったものです。
強い精神力をお持ちなんだと思いました。

とても勉強熱心な方で、リコネクションのセミナーを受けられた後は、練習会にも顔を出されていましたし、『エノクの鍵』の著者、JJハータックさんの講演会にも、いらしてました。(みほさん・かえさん・私の3人組の写真を撮って下さったのが、tamoさんでした。)


詳しいことはブログに綴っていかれますが、ようやく、セッション場所となる物件を見つけられて、今、急ピッチで準備をされています。

京都の中心、四条烏丸から徒歩圏内の場所だそうです。

HPも現在作成中とのことです。

プラクティショナーとして、活躍していって欲しいなぁと思っていますhappy01


リコネクティブ・ヒーリング(R)、リコネクション(R)のご依頼はこちらまで
公認プラクティショナーによるリコネクション®とリコネクティブヒーリング®専門サロン(広島・京都)

いつもポチっとありがとうござます☆
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2011年7月10日 (日)

書籍『マーフィー 眠りながら、「思い」をかなえる』

マーフィー 眠りながら、「思い」をかなえる―“世界一幸せになるKey”がここにある!

マーフィーという名は、誰しもが一度は聞いた事あるくらい、一時期大ブームを起こしました。いわゆる、潜在意識を使った引き寄せを世に広めた先駆者といった感じです。

あまりにも有名で、なんとなく私には「ビジネス」的な感じがしたので、あえて読んでいなかったのですが、先日この本がふと目にとまり、パラパラとめくり、なんとなく読んでみたくなって読み始めました。

マーフィーのこと、侮っていましたsweat02

この人、ホント、すごい人です。

読みながら思ったのが、宇宙の法則を本当に理解して実践して、さらにそれを沢山の人に指導している、とても精神レベルの高い方なのだと思いました。

書いてある内容は、もろ、精神世界のことです。「現実は、あなたの意識が作っている」ということ。

今まで私がそういった知識を得てきたのは、いわゆる「(宇宙人やハイヤーセルフ系といった)高次の存在」VS「3次元の人間」という、対話形式のものや、高次の存在そのものの話をチャネリングした人が書いている・・・というような話でしたが、マーフィーは、彼自身が「高次の存在」として、この世に存在しているといった印象を受けました。

もし、マーフィーブームの時の私が読んでいたら、ここまで関心していなかったかもしれません。彼の凄さに気付けるくらいのレベルに自分がいなかったと思います。

現実というのは、私たちの意識(さまざまなレベルのもの)が、凝縮して現れたものです。だから、自分の目の前にあるものは、すべて、私たちの意識が現実化させたものだということが述べられていました。
今でこそ、そういう話は量子物理学を通してある程度認知されてきていますが、マーフィーの時代って、そんな事語ってる人間って、いなかったと思います。(私が知らないだけかもしれませんが。)正直、宇宙人や高次の存在ではなく、生身の人間が、単なる精神論だけではなく、そこまで(意識と物質の関係まで)突っ込んで語っている本を、初めて読みました。

大勢の人は、大勢の人が信じている事を信じています。だから「常識」というのは、そういうのを信じている大勢の人によって成り立ち、支えられています。

そういった「常識」に自分自身の意思を委ねてしまっていては、「内なる無限の力」が発揮されず、非常にもったいないことなのです。

目の前の現実も、自分の健康も、人間関係も、自分自身の潜在意識の書き換えを通して、改善することが可能です。それを、様々な事例を通して、語ってあるので、参考になる方も多いのではないかと思いました。


潜在意識の働きは、本当にすごいです。

最近の私自身の例でいくと・・・

私は現在、一戸建ての賃貸に住んでいます。
転勤族の夫と結婚した頃は、「賃貸」というと「マンション・アパート」しか知らず、一戸建ての賃貸があるなんて、想像もしていませんでした。

それが、沖縄在住時代(7年くらい前)、現地で友達になった転勤族仲間の方が、「(新築同様の)庭付き一戸建て」を「賃貸」で借りていて、「わぁ、こんな賃貸があるんだ!」と感動して、「私もそういう物件に住みたい」と思いました。潜在意識にそれがインプットされていたのでしょうね。そのあと2回の引越しでは、それぞれ、「一戸建てに限りなく近い」集合住宅でした。そして、今回、完全な一戸建ての賃貸物件。
一戸建てを探していたわけではなく、不動産屋さんからの紹介で知った物件でした。

今住んでいる場所は、私が今まで「夢」だったことが叶えられているなぁ・・・と、後から気付くことが沢山あります。

マーフィーの法則では、「内なる無限の力」を信じることが大切なようですが、私自身は、リコネクションで宇宙と繋がっているから、宇宙を信じて委ねているということと、やってる事は全く同じだと思います。

宇宙=私たち個々の内なる無限の力

つまり、リコネクションっていうのは、自分自身の内なる無限の力とも繋がるってことですね(^^) (効果のひとつに、「本来の自分と繋がる」ってありますから)
それに、私自身は、リコネクション後の時間の加速のおかげで、宇宙にリクエストした結果が届くまでの時間が短いので、意識と現実の仕組みについて、尚更よく理解できるようになりました。良いことだけじゃなくって、悪いことだって、意識が反映されてるのだと、学んでいます。意識状態って、大切ですよ~shine

リコネクションを受けた方は、こういった引き寄せの法則も、すんなりと効果を発揮できるようになっていくのではないかと思います。
結局最後はリコネクションの宣伝になってしまった・・・sweat01


少しずつ、広島を中心とした中国地方にお住まいの方から、お問合せをいただいておりますheart01 ありがとうございます。
↓ ↓ ↓

リコネクティブ・ヒーリング(R)、リコネクション(R)のご依頼はこちらまで
公認プラクティショナーによるリコネクション®とリコネクティブヒーリング®専門サロン(広島・京都)

いつもポチっとありがとうござます☆
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2011年7月 6日 (水)

根っこ

20110706今日は、家の草むしりをしていました。よく伸びた草や、芽が出たての小さなものまで、色々な草があって、芽が出たての小さな小さな草でも、抜いてみようとすると、地面の下には太~い根っこが繋がっている場合がありました。その根っこも10センチくらいのものから、先がわからず途中で引き千切らざるを得ないものまでありました。

「あー、根っこまで取れなかったら、また生えてくるよなぁ」
「芽はこんなにちっちゃいのに、こんなに太い根っこがついてるなんて、何度も何度も、表面だけ千切られていたんだろうなぁ・・・」

なんて思ったところで、ふと気づきました。

自然界のあらゆるものは、法則があります。

植物が見せてくれる法則も、私たち人間に当てはまります。

同じ事を繰り返すのは、その根っこが残ったままだから。

表面だけの症状を刈り取ったって、根っこが残っていたら、再発します。

それは、病気でも人間関係でも、何でも同じです。私たちの身に起こるあらゆる現象は、そういう法則の上に成り立っています。

そして、この根っこ、長ければ、地上では違う場所で芽が出ていることもあります。
つまり、全く別の原因に思える現象も、根を辿ってみれば繋がっている場合があるということです。

これは、悪いことだけではなく、良いことにも共通して言えます。

「あの人はいつもツイてて、ラッキーだなぁ」というような人は、その根っこが愛で満たされているのだと思います。

根っこというのは、私たちの潜在意識や集合意識の部分。いい花を沢山咲かせたければ、悪い根っこ(ネガティブな思い、嫉妬、ねたみ、憎悪、批判、自己卑下など)を掘り起こして光に当ててキレイにして、良い根っこ(愛、調和、慈しみ、思いやりなど)を埋めましょうねheart04

ところで、草むしりなんですが、8割方終わったところで、「この草たちも生きているのに、むしっちゃうのは申し訳ないなぁ・・・sweat02」と思えてきて、途中でやめちゃいました。う~ん、キレイを保つためには、雑草や害虫を退治しないといけないし、悩むところです。その辺、どういう心の持ち方をしたらいいのでしょう・・・。やっぱり、「ここでは要らないものだから、ゴメンナサイ」でいいのかな。


リコネクティブ・ヒーリング(R)、リコネクション(R)のご依頼はこちらまで
公認プラクティショナーによるリコネクション®とリコネクティブヒーリング®専門サロン(広島・京都)

いつもポチっとありがとうござます☆
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ

| | コメント (2)

2011年7月 4日 (月)

臨時休業(夏休み)のお知らせ

Soleil(ソレイユ)では、以下の期間、臨時休業とさせていただきます。

臨時休業:7月15日(金)~27日(水)

尚、7月15日(金)午後~7月26日(火)午前は、お電話やメールによるお問合せにお返事できませんので、予めご了承下さい。

実は・・・夫の出向が終わり、元の仕事に戻ったことで、長期夏休みが取れることになり、久しぶりに夏休みに海外旅行に行くことになりました。

しかも、引越しでバタバタしていたので、チケットを取ったのがつい先日。
これもリコネ効果で(?)バタバタと決まってしまいました。

直前だったので、殆ど空席がなく、諦めかけてたのですが(というより、私は諦めてました)、夫の粘り強いリサーチの結果、条件のいい飛行機が取れることになりました。

久々のアメリカ本土happy01 半分は夫の親戚の家に泊まるので日本語生活ですが、アメリカ英語にどっぷり浸かれるので、楽しみですheart04



リコネクティブ・ヒーリング(R)、リコネクション(R)のご依頼はこちらまで
公認プラクティショナーによるリコネクション®とリコネクティブヒーリング®専門サロン(広島・京都)

いつもポチっとありがとうござます☆
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »