« 英語に学ぶスピリチュアル(3) | トップページ | 英語多読:A Love for Life Level 6 (Cambridge English Readers) »

2011年6月10日 (金)

書籍『赤ちゃんからの英語レッスン―絵本で育てるバイリンガル』

赤ちゃんからの英語レッスン―絵本で育てるバイリンガル

タイトルの通り、絵本を使った子供の英語レッスンのお話です。

児童英語講師をしていた著者が、教えながらも世間一般の多くのスクールがやってる児童英語教育に疑問を持ち、妊娠をきっかけに退職。自分の子供にも英語教育をと模索しながらやってみた「絵本で育てる英語レッスン」というのがものすごく効果があったので、その経験とノウハウが書かれています。

私自身の体験からも(こども英会話教室やってた時に、色々な人から聞いた話や、大学のゼミ(言語学)で「第二言語として英語を学ぶこと」についても色々と勉強した事なども含めて)、この本に書かれている内容は、本当に理にかなっていると思います。

ポイントは
・「3年間は、インプットの時期」として、あえてアウトプットを求めないこと。
・毎日続ける(絵本のCD流しっぱなしを1~2時間。その時は、ただ「流れている」だけでOKで、会話が聞こえるくらいの音量で。うち、1日1回は子供と一緒に絵本を見ながらCDに併せて絵本をめくること。)
・最初は薄い簡単なものから
・できればシリーズものを組み合わせて、目標100冊
・CDに合わせて絵本見せながら、聞かせるだけでいい(絵本を見ながら"What's this?"とか言わないこと)
・子供が発話しだしたら、発音を絶対に直さないこと。(ネイティブでも、小さい子供は難しい発音できずに、近い音に置き換えて発音します)
・子供が「読んで」と言えば、お母さんが読んであげてOK。その時、自分の発音は気にしなくて大丈夫。

そうやっていると、子供が自分でページをめくるようになり、自然とCDを真似して暗誦するようになるそうです。

自分に子供がいたら、是非やってみたい!!!!
絵本、めちゃくちゃ楽しそう~heart04

この方法で英語をインプットしていた著者の子供達は、アメリカの幼稚園に「短期留学」した時も、ちゃんと先生のいう事がわかっていたそうです。すごいですよね。

著者も言っていますが、この方法は、あくまでも、「バイリンガルの下地を作ること」です。やっぱり、「続けること」が一番大切なんですよね~。

これの大人バージョンが、ケンブリッジやオックスフォードの、グレーディッド・リーダーズ多読法かもしれません。CD付きの本を一度に購入して、流しっぱなしにしておくのもいいのかも。

私も最近、英語聞いてないから、ドンドン英語を忘れていってます(^^;; でも広島でケーブルTVになったら、CNNとかディスカバリーチャンネルとか、いっぱい聞くぞnote



リコネクティブ・ヒーリング(R)、リコネクション(R)のご依頼はこちらまで
広島・京都(広島でのセッション開始は7月以降の予定です。京都での対面セッションは受付を終了しました。次の京都セッションは未定です。)

いつもポチっとありがとうござます☆
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ

|

« 英語に学ぶスピリチュアル(3) | トップページ | 英語多読:A Love for Life Level 6 (Cambridge English Readers) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 英語に学ぶスピリチュアル(3) | トップページ | 英語多読:A Love for Life Level 6 (Cambridge English Readers) »