« 関東の旅 (その3 鎌倉) | トップページ | 意図の力で引き寄せ »

2011年5月28日 (土)

英語多読:The Way Home Level 6 (Cambridge English Readers)

The Way Home Level 6 (Cambridge English Readers)

2週間ほど前に読み終えた本です。
今回は、上級向けのを読んでみました。
この本は、ショートストーリーがいくつかあって、どれも面白かったです。

ショートストーリーなので、「そんな展開あり得るの?」っていうものばかりで、でもそれ自体が、リコネクション後の生活では実際に「うんうん、そういう偶然ってあるよね~」って言いたくなるようなことばかり(笑)

レベル4~6で、何が違うのだろう・・・と思いながら読んでいたのですが、レベル6では文法も複雑になっています。その分、細かい表現が沢山してあるので、より、描写がわかりやすいなぁって思いました。

この作者の伝えたいメッセージって、結構好きです。哲学的な内容で、色々と考えさせられます。この方の他の本も読みたいと思いました。

レベル6でも充分読める事がわかったので、じゃんじゃん読んでいきたいです。(って言っても、もう引越ししちゃうし、図書館で借りられないsweat02

ところで、母校の大学の英会話教室は、チケット制なので色んなレベルの授業に参加してみましたが、相手の英語力に自分の英語が同調してしまうことに気づきましたcoldsweats01 最近、インプットをしていないので、余計そうなるのかもしれません。プラス、私は、場を占領するのが苦手なので、自分一人ばっかり喋っちゃいけないと思うと、話せなくなるので、グループレッスンには不向きな性格なのかも(^^;;



リコネクティブ・ヒーリング(R)、リコネクション(R)のご依頼はこちらまで
京都岩倉・円町(京都でのセッションはまもなく終了します。その後、拠点を広島に移します)

いつもポチっとありがとうござます☆
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ

|

« 関東の旅 (その3 鎌倉) | トップページ | 意図の力で引き寄せ »

コメント

上級者向けのレベル6でも充分読めるのは羨ましいですねhappy02
自分は昔、アルク社の多読の雑誌を買って読んでいましたが、読み終えるのだけで精一杯で話の内容までは…(笑)
もう一回チャレンジしてみようかな?

投稿: マサトシ | 2011年5月31日 (火) 06時06分

マサトシさん

コメントありがとうございます(^^)
私は大学の専門が英語だったもので、人よりも勉強している期間が長いというだけなんですcoldsweats01
多読は、自分のレベルより少し落として、スラスラ読めるものから始めるのがポイントだそうです。
そして、わからない単語はとにかく飛ばして、読み進めることと、内容に興味が沸かなかったらポイしちゃうのもポイントだそうです。
頑張ってくださいnote

投稿: さち♪(管理人) | 2011年5月31日 (火) 13時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 関東の旅 (その3 鎌倉) | トップページ | 意図の力で引き寄せ »