« 祈り・希望・愛 | トップページ | ヘミシンク日記と瞑想その後 »

2011年3月14日 (月)

今、リコネクティブヒーリング®で一つになって。

080504_084303
リコネクション日本人TAの有志一同さまが、次のようなメッセージを出されました。

私も、地震発生後、気がついた時に、遠隔リコネクティブヒーリングをしていましたが、このように、TAさん達が率先されて時間設定をしてくださったので、それに合わせた時間帯も行っていきたいと思います。

「愛・光・豊かさ」 私達の本質に繋がり、どんなときもそうであったと思い出しますように。

ありがとうございます。

以下は、TAの柳沢かおりさんのブログから転載させていただきました。


みなさまへ

地震、原発、いま日本中が、大きな恐怖の中に、入ってしまっています。
社会は不安や恐れに包まれています。
私達一人ひとりも、同じです。

沢山の情報や、テレビでの恐ろしい映像、地震の揺れによるショックが抜けない方も、多数、いらっしゃるかと思います。
とても、とても、恐かったことと思います。

被災地域では、本当に大変な被害にあわれた方がたが数多くいらっしゃり、そこで生活し、過ごされている方、本当に、大変なことと思います。

支援・援助に向かわれている方、本当に、心から感謝申し上げます。

そしていま、このブログをご覧頂いている皆さまに、私たちリコネクティブヒーリング®のTA/メンターは、「愛・光・豊かさ」を思い出せる存在として、皆さまに呼びかけたいと思います。

私達が、私達自身に、そして、私達の家族、友人、被災者の方がた、被災地、日本中、そして、世界に対して、出来ることです。

今この時こそ、この世界には愛と光しか存在しない事を、リコネクションを知り、リコネクションにより意識が目覚めた私達が思い出す時です。

リコネクティブヒーリングは祈りのようなものです。
まず、自分を愛・光・豊かさの中に、置きましょう。
そして、それから思いつく他者とつながりましょう。

「愛・光・豊かさそのもの」となったあなたが、思いつくひと、場所、日本、世界とつながりましょう。

恐怖や不足感とは全く関係がない、愛のなかに存在することを一人ひとりが思い出す時です。

難しければ、自分に周波数を感じましょう。
それから、他者に遠隔ヒーリングの要領でつながり、ひとつになりましょう。


「誰かにギフトを渡すときは、まず自分でそれを受け取らなくてはいけません

恐怖のなかで生きていたら、同時にヒーリングなんか与えられません。

恐怖という幻想を取り除いて、はじめてリコネクティブヒーリングは可能なんです」

以上はエリックのインタビュー記事からの抜粋です。


私達は、信じています。
私達一人ひとりが、まず、「愛・光・豊かさ」のスタンスで心に平安を取り戻し、そして、他者と繋がることで、自分を癒し、他者を癒し、被災者の方がた、被災地、日本、そして世界とひとつの光に戻れる事を。

みんなが、「つながった存在」であることを、他者と共に思い出せるように、時間を設定させて頂きました。
同じ時間に、みんなも同じ「一つ」を感じているということで、私たち一人一人が勇気づけられることでしょう。

(本日3月14日~21日)毎晩22時から、5分を目安に、ご自分がよいと思われる間、「他人を癒し、自分を癒す」を続けて行きたいと思います。」

これは、一人ひとりが、「相手とひとつになり、自らをも癒す。あなた自身を癒すとき、あなたは他の人をも癒す。~切り離されたものと再びつながり、他者を癒し、そして自分自身を癒してほしい。リコネクションP329より抜粋」の精神からの呼びかけです。

一人では足りないから大勢に呼びかける、というような不足感や恐れからの発信ではありませんので、ご理解のほど宜しくお願いいたします。


リコネクション日本人TA 有志一同

佐藤 文香
神戸 美侑
西川 ロミ
稲元 美智子 (トレーニー)
柳沢 かおり

PS 必要な方にご自由に転載、転送してください。


|

« 祈り・希望・愛 | トップページ | ヘミシンク日記と瞑想その後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 祈り・希望・愛 | トップページ | ヘミシンク日記と瞑想その後 »