« 目に見えない世界 | トップページ | 新しい始まり »

2011年3月20日 (日)

A Tangled Web (英語多読シリーズ)

A Tangled Web : Level 5 (Cambridge English Readers)

英語学習法のひとつに「多読」というのがあります。
わからない単語を飛ばして、とにかく読む。
私がいつも行っている、京都市左京区の岩倉図書館は、最近、洋書が増えてきて、CAMBRIDGEの英語学習者向け多読シリーズが沢山入荷したので、借りてみました。

何がいいかわからなかったのですが、殆どの本は、ウラに「British English」と書かれていましたので、その記載がなかった、こちらの本を選びました。が・・・、やっぱり、イギリス英語でした。でも、そんなに気にならなかったです。

(British Englishとは、イギリス英語のこと。アメリカ英語とは単語が違うものが多く、文法も少し違います。日本でいうと、関西弁と関東弁の違いって感じでしょうか。ハリー・ポッターは、イギリスで書かれた小説ですが、アメリカ英語版というのも出ています。)

内容は、元MI6のスパイが、引退後、命を狙われたので、その理由を探していく・・・といったミステリー小説チックな感じです。

それより、イギリスでは、「お母さん」はMumってスペルなんだということを、初めて知りました。アメリカでは、Momです。(もちろん、「Mother」とも言います。「ママ」と呼ぶが「お母さん(お母様)」と呼ぶかの違いでしょうか。)

で、子供は、お母さんのことを「マミー」って呼びますがアメリカはMommy、イギリスはMummyなんですね・・・。

Mummyって、あんた、「ミイラ」だよ。

イギリスでは、「お母さん」と「ミイラ」が同じスペルだなんて・・・女性は平気なのかしら?物心ついた時からそうだったら、疑問も沸かないのかな・・・。



リコネクティブ・ヒーリング(R)、リコネクション(R)のご依頼はこちらまで
京都岩倉・円町 

いつもポチっとありがとうござます☆
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ

|

« 目に見えない世界 | トップページ | 新しい始まり »

コメント

あー!そうそう、イギリスでお母さんって確かMumだよぉ~
(というか、アメリカ英語のMomの方が知らなかった ^^;)
イギリスのホストファミリーからの手紙にも
Mumって書いてあったし、
確か、ダイアナ妃の国葬の時王子が書いた手紙が
棺に乗せてあって、それも「Mummy」て
書いてあったような気がする。。。。

そういえばミイラってマミーて言うね(^^;

投稿: みほ | 2011年3月23日 (水) 22時11分

みほさん
こんな単語まで、アメリカとイギリスじゃ違うってのが、びっくりよね~。

もともとイギリス人が移民したのだけど、いつの時点でスペルが変わったんだろう。

アメリカだけに、女性人権とかそういう視点で、変わったのかなぁ。

投稿: さち♪(管理人) | 2011年3月24日 (木) 08時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 目に見えない世界 | トップページ | 新しい始まり »