« 色々な変化 | トップページ | 引越し »

2011年1月23日 (日)

『病気が教えてくれる、病気の治し方―スピリチュアル対症療法』

病気が教えてくれる、病気の治し方―スピリチュアル対症療法

マイミクさんのレビューを見て、面白そうだったので読んでみました。

第一部 病気と治療を理解するための考え方
 (病気の哲学と理解)

第二部 病気の症状と解釈
 (よくある病気の症状とそこにあるメッセージ)

となっています。

『病気の症状とは心の葛藤が体に現れたものなので、症状のもつ象徴的な意味を知れば、病人の問題がどこにあるかがわかるだろう。』と、著者はまえがきで書いています。

第一部では、病気の哲学と理論について書かれていて、著者は第一部を注意深く読んで、必要な方はくり返し読んでから、二部に進む事を勧めています。

私は第二部が読みたくてこの本を手にしたのですが、第一部が本当に深くてビックリしました。

『病気とは、調和が乱れることである。それまで保たれていた秩序がくずれることと言ってもいい(視点を変えれば、健康とはバランスを生み出すことだ。)調和の乱れは、意識の情報レベルで起こるもので、これが体にあらわれる。言い換えれば、体は意識内の変化や動きを描写し、実現する場所であるともいえる。』 (15ページ)

そう、リコネクティブ・ヒーリングでは、癒しとはバランスであるといいます。「バランスを取り戻すことによって、あらゆるレベルの包括的な癒しが起こる」ので、この著者の言ってることと通じてます。

この本の一番最初に著者は西洋医学の欠点を指摘し、自然療法などの代替療法を信頼する人が増えてきたことに触れています。代替療法を勧めるのかと思いきや、決してそうではありません。
その両方ともが『症状を抑えるためにあれこれ処置をして』いるのであれば、結局は同じことであり、『西洋医学の批判者や代替療法の擁護者は、西洋医学の目標や世界像をそのまま受け入れ、形(療法)を変えることに全精力を傾けているのである。(10ページ)』と述べています。

そして、私がこの本に特に注目したのは、この点です。

機能的な処置をほどこして健康にしようとする点では自然療法も変わらない。病気を防いで健康な生活を賛美するという哲学は、西洋医学も自然療法も同じである。ただ、自然療法の場合、害が少なくて自然な方法をとっているにすぎない(ホメオパシーは例外。これは西洋医学にも自然療法にも含まれない)。 (略) 病気と闘って撲滅するのではなく、病気を利用できるようになりたい。そのためにはもう少し準備が必要である。(18ページ)

といって、病気を利用するための手引きとなる「両極性と単一性」という二つの視点の説明へと続いています。

「両極性」とは、ワンネスの世界のものの見方

「単一性」とは、分離の世界のものの見方

そして、この著者の言っていること(両極性の視点を持つこと)が、まさしく、現在進行形で向かっている新しい世界の考え方であると思いました。

この本は、なんと、1983年にドイツで刊行され、15年で32版を重ねた大ロングセラーなのですが、ページ数が多いので、いままで翻訳されていなかったそうです。(日本では2004年に刊行。)
そして、その根底にあるのは、15世紀のパラケルスス(スイスの医学者・自然科学者・哲学者)による「世界と人間はひとつ(ミクロコスモス=マクロコスモス)」という考え方だそうです。

こういった「ワンネス」の世界観は、ずーーーーーっと昔から、ごく一部の人は唱えていたんです。

なので、「ワンネス」自体が新しい価値観なのではなく、本当は、それがごく一部の人だけが唱えていた価値観ではなく、「全ての人が理解し、それが常識であると受け止められている世界観が、『単一性(分離)』から『両極性(ワンネス)』に変わっていく」ということなんですね。

ぜひ、沢山の方に、この第一部を読んでいただきたいなと思います。



リコネクティブ・ヒーリング(R)、リコネクション(R)のご依頼はこちらまで

いつもポチっとありがとうござます☆
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ


|

« 色々な変化 | トップページ | 引越し »

コメント

こんにちは。布良製品がほしくてどこかで買えないかなと思っていたところ、こちらのブログにたどり着きました。お名前をお借りしようと思います。

この本はだいぶ前に読んで感動して、それから事あるごとに読み返しています。
日々、ホメオパシーを実践している私はうなずける部分が多くありました。
一部もすばらしいですが二部の最後の(がん)のパートで、心臓が臓器のなかで唯一がんに罹らない訳を説明していました。
それは<愛>の象徴であるから。
すばらしい!!

投稿: usagi | 2011年2月 5日 (土) 11時22分

usagiさん
コメントありがとうございます!
布良をお使いいただいて、ありがとうございます☆
どうぞよろしくお願いします。

心臓ががんにならない理由。素敵ですよね(^^)
奥が深いです。

投稿: さち♪(管理人) | 2011年2月 5日 (土) 14時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 色々な変化 | トップページ | 引越し »