« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月29日 (月)

みんな、大丈夫だよ♪

夢のように楽しかった週末が終わり、今日も楽しく一日を過ごしておりますheart01

黒斎さんの講演会での質疑応答や、最近会った人の話などを聞くと、私たち人間って、常に、自分や誰かの「心配」をしているんですよね。

「親・子供・兄弟・親戚・親しい友達・知人」 の 「病気・仕事・生活習慣」 などなど


「阿雲の呼吸」や黒斎さんの単独ライブで、黒斎さんから引き寄せの法則を聞いた方や、「引き寄せの法則」などの本を読まれた方はご存知かと思いますが、私たちの思いが宇宙に通じるのは、本当にシンプルな部分なんです。(リコネクションのエリックもどこかで言ってました。)


 ○○ を望みます
 ○○ を望みません
 ○○ が欲しいです
 ○○ はいりません


宇宙へ通じるのは  ○○ の部分のみ。


 「健康」 を望みます  と、

 「病気」 は望みません

は、似て非なる、宇宙への注文です。


『「健康」 を望みます』 と言えば、「健康」に焦点が合い、「健康」がやってきます。
『「病気」は望みません』 と言えば、「病気」に焦点が合い、「病気」がやってきます。


○○ より下の部分(望みます、望みません、欲しいです、いりません、なりますように、なりませんように・・・)は、宇宙には通じません。

○○ の部分だけが、純粋に宇宙とダイレクトに繋がる部分なのです。


だからこそ、「宇宙には、否定文は通用しない。肯定文でお願いするように」と引き寄せの法則ではよく言われています。

でも、それにもトリックがあります。

「病気」 が治りますように。

これは、肯定文ですが
これも、「病気」に焦点が合うので、「病気」がやってくるんですね。


「病気」と聞いただけで、「病気」というのをイメージしてしまう。
そのイメージが、宇宙とダイレクトに繋がっている部分なんです。

だから、今日のタイトルも「心配しないで」にしようと思ったのですが、それだと「心配」に焦点が合ってしまうので、「大丈夫だよ」に置き換えました。


本当に、みんな、大丈夫なんです。
安心してください。


そうは言われても、なかなか安心できなかったり、頭ではわかってるけど、すぐに結果が出ないので、ついつい、いつもの習慣に戻ってしまうのが人間です。私もそうです。

でも、それでも、「大丈夫だよ♪」と言い続けます。 だって、本当に大丈夫なんですものhappy01

黒斎さんや他のスタッフと過ごした2日間を通して、私は、ますます、「リコネクティブ・ヒーリング」や「リコネクション」に対して、もっと自信を持って広めていっていいんだと、確信しました。

多次元のレベルで、「心(意識)身体・魂」のバランスを取り、癒しをもたらす「リコネクティブ・ヒーリング」

宇宙と繋がる「リコネクション」

これらのセッションは、肉体面では細胞レベルから変わっていきますし、意識レベルもシフトします。

意識レベルがシフトすると、ほとんどの悩みが解決するんです。 現実が動いて解決する事もあれば、自分が悩みだと思って深刻になっていた事は、実は、悩みでもなんでもなかったことだと気づくこともあります。


そのような、意識レベルの進化/深化を、沢山の人に経験してほしいから、私は自分ができることとして、「リコネクティブ・ヒーリング」と「リコネクション」のセッションをこれからも提供していこうと、再確認したのでしたhappy01


最初は、「あ、大丈夫なんだ」という気づきがあり、その後「大丈夫」と思っている時間が、日を経つごとに長くなります。そして、気がつけば、ほとんどの時間を「大丈夫」で過ごしていることでしょう。


12月、遠隔リコネクティブ・ヒーリングのキャンペーンやります。ピンときた方は、きっと、今がタイミングです♪


いつもポチっとありがとうござます☆
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2010年11月28日 (日)

あの世に聞いた、この世の仕組み in 京都 無事に終わりました

昨日、雲黒斎さんの単独ライブ、「あの世に聞いた、この世の仕組み in 京都」が無事に終わりました(^^)
特に大きなトラブルもなく終える事ができて、良かったです(^^)

今回の講演会は、私にとって、「こうなったらいいなぁ」という漠然とした思いが現実になったことがいくつか重なりました。

・スピリチュアル系のイベント開催のお手伝いをしてみたいと思っていたこと。(過去にもお手伝いはしたことあるんですが・・・)

・「京都で開くなら、この場所使えるかも」と思っていた場所にあっさり決まったこと。

・黒斎さんのお話を沢山聞くことができたことheart04


引き寄せの法則で一番大切なことは、「夢をかなえる手段まで自分で設定しない」こと。
意図して、あとは宇宙(=神、空(くう)、創造主、何でも好きな言葉を入れてください)にお任せ。

宇宙は、「サプライズ」を用意して、思いがけない方法で夢をかなえてくれるんです。

このことは、リコネクションのエリック・パールも言ってるし、引き寄せの法則関係の著名人たちのみならず、たくさんの方が言っています。


私にとって、雲黒斎さんを京都にお招きして、その中心となってイベント開催の準備ができたことは、本当に素敵な宇宙からのサプライズ・プレゼントでしたhappy01

もし、Mさんから、「黒斎さんを京都に呼ばない?」って誘われなかったら、この会はなかったでしょう。(もしかしたらほかの方がやっていたかもしれません。)


そして、肝心の黒斎さんが快くお誘いを受けて下さったからこそ開催できました。

そして何より、チケットを申し込んで、ご来場下さった、たくさんの方がいて下さったからこそです。

また、今回、この開催を通して、新しい出会いもあり、とてもうれしかったですnote

講演会で黒斎さんが、『私たちは何一つ、自分でできないのです。すべて「おかげさま」なんです』と仰ったこと、まさにそのままです。本当に、皆さん、ありがとうございましたshine

今回、黒斎さんのお話を聞かれた方、皆様が、何かひとつでも、「ああ、そうだったのか!」という事を持って帰って下さったらなぁ・・・と思っています。

沢山の方がいろいろな方法で、この宇宙の仕組みを説明していますが、黒斎さんのアプローチは、多くの方にとって、とてもわかりやすいのではないかと思います。なので、今後、各地で黒斎さんの単独ライブが開催されるようですが、ぜひぜひ、沢山の方に聞いていただきたいなぁって思いますhappy01

黒斎さんのこれまでの経歴などのお話を聞いていますと、今のようなメッセンジャーになるために、宇宙が用意した道のりだったのだなぁって思います。

また・・・京都に黒斎さんをお呼びできたらなぁheart01


〔ここだけの裏話 その1♪〕

実は、最近つくった名刺というのは、黒斎さんにデザインしてもらったものなんですheart01
ブログに載せてもいいですよって言ってくださったので、言っちゃいましたheart04

〔ここだけの裏話 その2♪〕

今日は黒斎さんと数名で金閣寺にも行ってきました♪ 「京都らしいものが食べたい」とのことで、ピンときた和食のお店にランチに行きました。
(普段、他の地方の講演会では、すぐ帰っちゃうので、ゆっくり観光や地元の料理を堪能できる時間がないそうです。)
黒斎さんや他のメンバーみんな、すべての料理に「おいしい!」と言って下さって、連れて行った私もひと安心(^^)
いつも、観光シーズンはお店が満席なのに、今日は空いてて、びっくり。おかげでゆっくり食事ができました。また、タクシーでの移動もとてもスムーズで、観光シーズンの京都とは思えないくらい、スイスイ進み、タクシーの運転手さんもビックリしてました。(あはは。さすが、宇宙と繋がってるメンバーばかりで行ってるだけあります♪)

空港に向かうバス乗り場までお見送りしたのですが、また、そのタイミングも絶妙で・・・。

この2日間、本当に楽しかったです! 

黒斎さん、みなさん、ありがとうございました!!

| | コメント (2)

2010年11月25日 (木)

いよいよ♪

黒斎さんの単独ライブ、「あの世に聞いた、この世の仕組み in KYOTO」の開催が迫ってまいりましたhappy01
今日はその準備を少ししていて、とてもワクワクしていますhappy01

最近、なんだかバタバタと忙しくしていて、なかなかブログを更新できずにいますが、元気にしています(^^)

Soleil(ソレイユ)のお客様あてニューズレターも、1号を出したきり・・・季節毎に発行しようと思っていたのですが、いつのまにか夏・秋をとおりこして、冬に入ろうとしていますねsweat01
リコネセミナーが終わる頃には、2号を発行できるよう、進めるつもりです。

さて、最近の私は、「自分の現実は自分が作り出している」ということを実感する日々。
宇宙と繋がっていると、思ったことの現実化がスピードアップします。

スピードアップするからこそ、目の前に現れるいろいろな出来事が、「あ、これ、私がこの前、こう思ったから、こうなったんだ」という事がよくわかります。

ただ、時間は過去から未来への一方通行ではないので、未来を予知して、「今、こう思っている」という事もあるのだろうなぁと思います。
(「時間というのはそもも存在せず、すべてが同時に起こっている」というこの部分は、人間の3次元的「思考」で理解する事は不可能だと言われています。しかし、多次元に生きるようになった人たちには、わかるのだと思いますhappy01

12月に入ったら、リコネクティブ・ヒーリングのキャンペーンをしようかなって思っています。

詳細が決まり次第、お知らせしますねheart04



いつもポチっとありがとうござます☆
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2010年11月22日 (月)

聖者のイメージ

「悟った人」に対するイメージは、私たちが今まで持っていたところとは全くかけ離れています。

私たちは、自分の欠点を沢山見て、『「聖者」というのは、こういう欠点が全くない人だろう』と、理想像を作り上げています。

理想像としてのキリストや釈迦の美化された姿が、後世の私たちに伝えられていて、それを聞いて育った私たちは、ますます、「こんな私が悟れるわけない」と思ってしまうのであり、また、悟るために、少しでもそのイメージに近づこうと、禁欲・荒行を通して、努力しないといけないと思ってしまうのです。

ですが、「そのイメージに到達しようとする限り、あなたは決して悟れません」というのが、私が信頼しているメッセンジャー達の共通点です。

すべては「いまここ」にしかなく、「いつか」ではなく「永遠の今」しかないのです。

そして、それに気づくために、必要な「物」は何一つありません。
必要な「行為」も何一つありません。

悟るというのは大いなる根源、宇宙そのもの、愛そのものと繋がった状態になることですので、慈愛に満ちてきます。

ですが、「欲がなくなる」というわけではないのです。
(ここは、読む人の視点によって、解釈が異なる点ですので、ある視点から見れば、「欲がなくなるように見える」かもしれません)

食欲・睡眠欲・性欲・物欲・・・・

順番はどうであれ、これらは、人間として持っていて当然のものなのです。

ただ、悟ると、「奪い合う必要がない」事に気づきます。

どんなものでも無尽蔵につくり出せるだけのエネルギーが、宇宙の源にあることを、悟った人は知っています。

だから、他人を蹴落としてまで自分だけのしあがろうとするのではなく、富を分け与え、自分も人も裕福になれるよう、活動していくのです。

そのあたりのことを、前回の「阿雲の呼吸」で感じました。


「悟った人」といっても、「常に悟った状態でいる」というわけではありません。

なので、「悟った」後の人生が、本当のスタートなんです。
年月とともに、「悟った状態」でいる時間が多くなっていきます。

2012年以降、悟り生活をスタートさせる方がドンドン増えていくことでしょう♪

とても楽しい世の中になりそうですね!


いつもポチっとありがとうござます☆
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ

| | コメント (2)

2010年11月18日 (木)

もうすぐリコネクティブ・ヒーリングのセミナーですね☆

来週末は、リコネクティブ・ヒーリングのレベル1・2セミナーが開催されます。

Soleil(ソレイユ)のクライアントさまも、関西各地から何名か参加されます。

前回のセミナーでも、クライアントさま同士が連絡先を交換しあっていたり、同じマッサージベッドで練習していたりと、面白いつながりがありました(^^)

今回も、そんな話が聞けたらいいなぁって期待しています。

(でも、期待すると、おこらなかったりするんですよね~happy01

私は、今回、諸事情で参加することができませんが、参加されるみなさま、楽しんできてくださいね~heart01

そして、リコネクションを通して伝えられる「愛そのもの」をたくさん感じてきてくださいheart04

いつもポチっとありがとうござます☆
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ

| | コメント (2)

2010年11月14日 (日)

阿雲の呼吸(大阪)行ってきました♪(追記あり)

たびたびこのブログでも紹介している、阿部敏郎さんと雲黒斎さんのコラボ講演会「阿雲の呼吸」の1部・2部、参加してきましたhappy01

めっちゃ楽しかったぁheart01

宇宙のソース(源)とつながったお話は、聞いていてとても心地良いものです。

ホント、あっと言う間に一日が終わっちゃいました。

会場内は熱気ムンムン。私も手にジンジンと始終、リコネのセッションと同じような状態になっていました。

黒斎さんは、阿部さんが推奨されている瞑想の伝授を受けられていて、それを通して、ものすごく自分自身が変わったそうです。

その一連のお話を聞いて、私には瞑想は必要ないと思っていたのですが、私も伝授を受けることにしましたheart01

なんか、ビビっときたんです。きっと、私にとって、タイミングなんでしょうね。

1部の「阿雲流・引き寄せの法則」。黒斎さんの説明は、とってもわかりやすかったです。

その本質を突いたところが、黒斎さんが今ブログで連載されている内容にも繋がっていると思います。

京都での単独ライブのお話も、ますます楽しみになりました!


2部の「禁断のマニアック・トーク」は、ブログでは決して書けない事を話して下さいました。

「ブログには書けない」という理由はいくつかあるのですが、私もブロガーの一人として、「なるほど、こういう話題はタブーなんだな」という参考になりました。

タブーである理由。それは、ひとりひとりの価値観があまりにも違いすぎるところであり、また、本質(宇宙の真理)と私たちが慣れ親しんできた価値観や常識といったものとの落差がものすごくある箇所です。

だから、ここでも、そのお話には触れないことにします(笑)


そうそう、
雲さんいわく、「2012年アセンションは、春分の日だ」とのこと。

ものすごく良い例えだなぁと思いました。

春分の日というのは、まだ、実感としては「春」ではないのですが、暦の上では「春」になります。

それと同じで、人類の長い歴史上のサイクルを見たとき、2012年が、意識レベルでの「春分の日」となるそうです。

春を待たずに芽を出す植物があるように、私たち人間も、先に目覚める人が大勢います。

2012年以降、大勢が目覚めるようになるのですが、先に目覚めた者も後から目覚めたものも、どちらが偉いわけでもなく、全て同じなんですよね(^^)


先に目覚めたからといって、その人が偉いわけでは決してありません。

だからもし、「私は悟っています。だから私を崇めなさい」という人がいたのなら、その人は本当の悟りを得たわけではないんです。

本当に悟っているのなら、「私もあなたも、同じなのですよ。」というメッセージになるはずなんですよねhappy01

でも、人間は弱いから、誰かにズバっと言ってほしい。だから、リーダーシップのあるような強いメッセージを発するところに、人が流れていってしまうんですね。


黒斎さんと阿部さんは、違う切り口で同じお話をされます。お二人とも、自分が本当に体験したところからお話されているので、決してブレがないんです。

ボブさんと阿部さんのコラボに続き、黒斎さんと阿部さんのコラボを通して、阿部さん自身が疑問に思っていることを、それぞれボブさんと黒斎さんにぶつけて、その回答から納得される阿部さんの様子を見ていて、私自身も、今までなんとなくわかっていても確信が持てなかったことが、ハッキリと確信を持てるようになりました。

追記:
(阿部さんは、過去に「すべてはひとつだった」という衝撃的な体験をされてから、そのメッセージを伝える活動をされています。ご自身の体験から、守護霊・過去世・チャネリングなどには懐疑的でしたので、「雲さん」という守護霊との対話形式でメッセージを伝える黒斎さんや、チャネリングの情報を伝えるボブさんに、ご自身が疑問に思っている事をぶつけられました。黒斎さんやボブさんの説明は、阿部さんにも納得のいくようなものでしたし、私自身も納得できました。) 追記ここまで


今日は、とっても充実した一日でした。

黒斎さん、阿部さん、本当に、ありがとうございましたsign03

(って、黒斎さんを前に出したら、阿部さんがスネちゃうかしらcoldsweats01


いつもポチっとありがとうござます☆
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2010年11月11日 (木)

『貧乏は完治する病気 』 天野 雅博 著


貧乏は完治する病気 ~金持ちになるための劇的な思考法~

本屋さんでたまたまこの本を目にして、カバーのとろこの抜粋部分に釘付けになりました。

『大金を使い果たし、「あと5千万円しかない」と言って自殺した知人がいる。「あと五億円しかない」といって自殺した人もいる。(略)後者の知人は、親からの巨額の遺産を受け継いだ。遺産の額は八十億を超えていたらしい。それを食いつぶして、ついに残り五億円しかなくなった。それを悲観して自ら命を絶った。ふつうは「五億円もある」と思いそうなものだが、最初に八十億もあれば、「あと五億円しかない」と思うものかもしれない。不安が、彼の命をつぶしてしまったのだろう。「しか」と「も」。どう考えるかの選択が、命の洗濯(←変換ミスではなく、本文の通りです)になろうとは。』

この本の著者、天野 雅博さんは、生まれてすぐ親に捨てられ、施設で育ち、鑑別所、少年院、刑務所をフルコースで経験。ゼロどころかマイナスのスタートでしたが、さまざまなアイデアで、多数のビジネスを成功させてきた方。

東京で、「酒・タバコ無料」の前代未聞の居酒屋を始められた方で、ご存知の方も多いかもしれません。

そういった、かなり「特殊」といわれる人生を送ってきた方の価値観を知りたくて、読みました。


やはり、「金持ちになるには」系の本は、書いてある内容が同じです。

一番大切なことは、お金がどれだけあるかではなく、人生をいかに楽しむか。

その他色々、彼の波乱万丈の人生を通したストーリーは、とても興味深く、あっという間に読めました。

人生で一人の人間が動かすお金の金額は、その人が、どういう体験をしたいかという現れなんだろうなぁって思います。

興味のある方は読んでみてくださいね(^^)


いつもポチっとありがとうござます☆
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »