« 『大人になるための社会科入門 』 乙武 洋匡著 | トップページ | あの世に聞いた、この世の仕組み in 京都 »

2010年10月 4日 (月)

『エノクの鍵』届きました♪

先日のブログで紹介した『エノクの鍵』日本語版。先週届きました。

101002_1040_01

かなり分厚い・・・sweat01

『リコネクション』の本と比べても、この分厚さ。

そりゃ、7千円超えますわよ・・・。

『リコネクション』を読まれた方はおわかりでしょうが、この本は、リコネクション創始者のエリックがジプシーに「読みなさい」と言われて何故か買ってしまった本です。


まったくスピリチュアルを信じていなかったエリックが、よくもまぁ、この本を買う気になったなぁ・・・と思います。

だって、中身は「メタトロン」だとか「エロヒム」だとか・・・「黄金ピラミッド」だとか

かなりウサンクサイ(私のようにスピ好きの人間が喜びそうな)単語がいっぱい出てくるわけですよ。(→ちょっと自虐が入ったかな・・・?)

超現実主義の人からしたら、まず、この本が並べられているコーナーを本屋さんで見ている時点で、そういう自分が恥ずかしくてたまらないと思いますので、当時、超現実主義で懐疑主義だったエリックはニュー・エイジ(精神世界)を扱う本屋さんに入ることすら恥ずかしかったでしょうし、その本(鍵のかかった棚に入っていたらしい)を出してもらうよう頼むのも恥ずかしかったでしょうし・・・そういうことを想像したら、かなり笑えてきます。

相当、何か見えない力に突き動かされていたか、魂レベルで反応していたのでしょうね。


でね、こういうので「黄金ピラミッド」が出てくるもんだから、現実の3次元レベルで、張りぼての「黄金ピラミッド」を作って儀式みたいな事をする団体があるわけですよsweat02

シンボルを使ったり、それっぽい衣装を来て、「XXの伝授」だとか「XXを授けます」とか・・・。

そういうの、いりませんから。

あまり大きな声で言えませんが、『リコネクション』を出しているナチュラルスピリットさんだって(あ、エノクの鍵もナチュスピさんだった)、StarPeopleでそういう怪しいところも紹介しているわけで・・・。
出版社はあくまでもビジネスなので、それがホンモノかどうかは、読者一人ひとりの判断にお任せなんですよね。


まぁ、何事も体験なので、私が言うことに惑わされず、みなさまはご自身の「直感」を頼りに判断してくださいませ。人生に無駄な事はひとつもありません。
そういうのを経験するのも、人によっては、3次元世界での楽しみなのかもしれませんhappy01

ところで、「何かに突き動かされて・・・」というのは、リコネクティブ・ヒーリングやリコネクションのセッションを受ける人たち、セミナーに参加する人たちにとても多いお話です。全くスピリチュアルに興味のない方が、これだけは何故か惹かれてしまい、わけのわからないまま受けている・・・という事が、本当によくあります。

私からすれば、10万円以上もするリコネクティブ・ヒーリングやリコネクションのセミナーを、「何故かわからないけど参加した」という感覚の方がわかりませんsweat01 なんで皆さん、そんなに簡単に、その金額を出せるのかしら・・・。

いえ、本当は、簡単に出してるわけじゃないと思います。

やっぱり、魂レベルで反応してるんですよ。

そして、何故か、うまい具合にセミナー代が出てきたり、それだけの金額を出しても構わないと思える何かがあるのだと思います。


セミナー参加者の半数近くは医療従事者の方で、後は、学校の先生、保母さん、主婦、サラリーマン、OLさん、公務員の方、などなど、普通の職業の人が多いんです。
もちろん、ヒーラーさんもいらっしゃいますが、職業の分布図は、他のヒーリング関係のセミナーとは全く異なるらしいです。

きっと、それぞれの分野を代表して、それぞれの職場や地域に「リコネクティブ周波数」を持ち帰ってるんだと思います。

人類の進化のためにconfident


そんなわけなので、セミナーに参加しても、私のようにプラクティショナーとして開業される方は、ホント、ごくごく一部なんです。

でも、プラクティショナーだけがヒーラーなのではありません。

対面セッションのクライアント様にたまにお話しするのですが、「エリックは、地球上すべての人をヒーラーにしたいと思っている」と思うんですよ。

ここでいう「ヒーラー」とは、私のような「職業としてヒーリングをやっている」人間だけではなく、地球上のすべての職業が、「癒し(ヒーリング)」になり得るので、「すべての人が、自身の職業を通してヒーラーとなる」、という意味です。


どんな職業でも、相手に喜んでもらったり、安らぎを与えたりする事ができれば、その方は「ヒーラー」なんです。

あ・・・話が大きくそれてしまいました。 この話、前にもしましたっけ?


さて、『エノクの鍵』でリコネクションと関係しているのは3-1-4章と3-1-7章なのですが、それぞれ10ページ以上あります。どちらも途中まで読みましたが、集中力が続かず、ギブアップ。最初から全部読んでみたいと思い、少しずつ最初から読み始めています。
ただ、ネックなのが、この本、持ち歩けませんcoldsweats01

電車の中やカフェで本を読む事が多いのですが、さすがに、この本は自宅オンリーです。

この秋は、おうちカフェで、『エノクの鍵』の読書三昧になりそうですが・・・秋のうちに読み終えるかどうかは疑問が残ります。

読み終えたら、感想をアップできるかな。


感想を楽しみにしてくれている心優しい方は押してください☆
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ

|

« 『大人になるための社会科入門 』 乙武 洋匡著 | トップページ | あの世に聞いた、この世の仕組み in 京都 »

コメント

7000円もするのですかshock
リコネ関係の方のブログを見てますと皆さん購入されて分厚いですと言っておられますね~、
それはそれは…私の得意な立ち読みでも、大好きな図書館で借りたとしても二週間以内に読むのは無理そうですねdespair
さちさんの感想をお待ちしてます~!

投稿: サリー | 2010年10月 4日 (月) 23時08分

サリーさん

そうなのです、7000円もするのですよcoldsweats01

確実に、2週間では読みきれないと思います・・・。

はい。早く感想をアップできるように、がんばって読んでいきます♪

投稿: さち♪(管理人) | 2010年10月 4日 (月) 23時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『大人になるための社会科入門 』 乙武 洋匡著 | トップページ | あの世に聞いた、この世の仕組み in 京都 »