« 『スピリチュアル・マーケティグ』 ジョー・ヴィターレ著 | トップページ | 『金持ち父さん貧乏父さん』ロバート・キヨサキ著 »

2010年7月15日 (木)

引き寄せの法則、まとめ

インスピレーションというのは、一瞬のうちに「バーン!!」ってやってきて、
それを言葉にしているうちに忘れてしまうことがある・・・。


これから書くことも、昨日から今日にかけて、何度かやってきたインスピレーションに基づくものだけど、こうやって書いているうちに、忘れていってしまっている。

どうか、うまく書けますように・・・。


さて、前回紹介した本『スピリチュアル・マーケティング』を読んで得たインスピレーション。

それは、

『私たちは100%引き寄せの法則の上で生きている。』ということ。

意識的にせよ、無意識的にせよ、私たちに起こっていることは、やっぱり、全て自分で引き寄せた結果だ。

(だからといって、今現在、様々な事に苦しんでいる人に対して「あなたがそれを引き寄た」というつもりは無いし、そうやって誰かが誰かを責めるのも気の毒な話だと思う。誰だって、何とか苦しみから逃れたいと思っているけど、そのやり方を知らないだけなのだから・・・。)


引き寄せの法則や、願望達成のやり方を書いた本は、いまや、物凄い数になっている。

でも、本当にそれを実現できる人は、(確実に増えてきていると思うが)まだまだ充分な数ではないだろう。


なぜか。


うまくいかない人は、「自分の願い」に隠された「本当の自分の願い」に気づいていないからだ。

そしてもう一つ、「嫌なこと」に目を向けている時間が長いからだ。


一番最初に試してみるのが、「嫌なことに目を向けている時間をなくす」ことだろう。

「私の周りはイヤな人ばかり」だとか、「私の人生は不幸なことばかりだ」という方は、イヤな事をされた事や、運が悪かったと思える出来事に対して、ずーーーーっと不満に思ったり、恨んだりすることに、大切な「引き寄せの意識時間」を使っている。

(「引き寄せの意識時間」とは、私が今、勝手に作った言葉だが、単なる「時間」と全く同じこと。私たちの思考は全てもれなく、「宇宙への注文」としてダイレクトに発信されている。願いの大きい小さいは関係ないし自分がどれ程それを欲しているかどうかも関係ない。私たちが常日頃考えているとてつもなくつまらない事も、心の底から懇願するような願い事も、宇宙からすれば、全て同じレベルなのだ。自我(思考)はそれを認めたがらないけど。「流れ星を見たら3回お願いごとを唱えると叶う」というのは、そんな一瞬の間に3回も言えるほど、常にその事について考えている証拠だから、引き寄せの法則的には理に適っている。また、宗教に熱心な人が自分の信じる神様に願い事を適えて貰ったと思うのも、「信じる心」と、その願いを考えている時間に比例しているのだから、これも引き寄せの法則だ。)


注釈が長くなったが、先ほどの例では、「じゃあ、どういう人と付き合いたいの?」「じゃあ、どういう人生だったらいいの?」という風に、自分が望む方向に意識をすぐ向けるのが良いらしい。

忘れてはならないのは、宇宙には、否定文は通じないということ。
「こんな人は嫌だ」ではなく、「こんな人と付き合いたい」と、肯定文にしておくこと。

もちろん、「嫌だ」と思うことから、望みが生まれてくるわけだから、「嫌だ」という内容を充分に分析するのは有効な手段だろう。でも、最終的には、望みは必ず、肯定文にすること。

(否定文・肯定文という文法用語が、こんなところにも役立つんだなぁ(笑))

これは、早速私の夫にも伝えた。
夫は、上司とウマが合わずにすごく悩んでいるので、「じゃあ、『こういう上司と仕事したい』っていう風に思うといいよ」とアドバイスしてみた。

夫がどれだけ意識の中で実践してくれるかわからないけど、どんな風に結果が現れるのか楽しみだ。

それをやってみてもなかなか効果が出ないときは、願いの裏に隠された本当の願いを見つけて、無意識レベルの思いを掘り起こして見るといいらしい。

「本当の願い」というのは、自分ひとりでは見つけるのが難しいのかもしれない。
でも、物事がうまくいかないときは、その願いが、仮面の願いであるという。

『スピリチュアル・マーケティング』の著者、ジョー・ヴィターレは、『爆発的なベストセラーを出したい』という願望について、ヒーラー(というより、「コーチング」って感じなんだけど・・・)のダグラスに「なぜですか?」という質問をされた。最初は「僕にはその資格があると思う」「収入があればありがたい」「僕の本にはそれだけの価値がある」と述べていたが、その気持ちの奥底にあったのが「みんなの賞賛を集める、愛される人になりたい」という思いだったそうだ。そして、それを口にした途端、何かが自分の中で変わるのを感じたとのこと。

その他にも、この「なぜですか」という質問に答えていく事によって、自分の本当の願いに気づき、そこから何かが変わったという例がいくつか本に紹介されている。

何かを願いながらも、実際は心の奥で不安を感じている事だってある。その不安は、自分の願いに対して「なぜ?」と聞いていくことによって、初めて顔を出すかもしれない。


『口に出した途端、何かが自分の中で変わるのを感じた』というのが大切なのかもしれない。

きっと、そこで、スイッチが入るのだろう。

この本には、一人でできる方法も掲載されているので、興味のある方はやってみたらいいと思う。

もうひとつ、大切なキーポイントがある。

それは、「願ったら、宇宙に任せる」ということだ。

つまり、実現方法まで注文しないこと。

宇宙は、自分に思いつかない方法で、夢を実現させてくれる。

たとえば、家が欲しい人の場合。
ものすごいボーナスが出ることもあるだろうし、信じられない程安い価格の家を見つけられるかもしれないし、何かの抽選で当たるかもしれないし・・・知らない親戚からの遺産相続というのもあるかもしれない。

「どうやって実現するか」というのは、宇宙に任せておけばいい。

そうすれば、宇宙は、私たちが思いつかない方法で、夢を叶えてくれる。

(これは私も確認済み)


ちょっと飛躍するかもしれないけれど、だからこそ、本当にこの世(というか宇宙)の仕組みを理解した人は、あえて、目標を設定しない事を薦めているのだろう。

目標を設定しないということは、100%、宇宙の意思に任せるわけだから、私たちの人生がうまくいくためには、一番最適な方法だろう。


目標を設定して、「がんばって努力して」そこに到達する というのは、エゴちゃんが喜ぶやり方なんだそうだ。

その達成感というのも、生きている醍醐味のひとつだろうから、そうするのが好きな人は、それで全く問題ないと思う。

でも、「全く別なやり方もあるんだよ」ということを、この「スピリチュアル・マーケティング」の本が教えてくれた。

このことは、リコネクティブ・ヒーリングにも全く当てはまることだ。


リコネクティブ・ヒーリングは、クライアントの症状を診断・分析・リーディングなど、全くしない。
そして、クライアントが望むような結果を意図する事もしない。

全て、宇宙の知性にお任せしている。

クライアントにとって、本当に何が必要かをわかっている「宇宙の知性」に100%委ねるのだ。


昨日聞いたリコネクション本部のKelly Woodruff氏のラジオインタビューの中で、インタビュアーが
「リーディングは、dis-empowering(力を奪うこと)に繋がると、聞いた事がある」と言っていた。

つまり、リーディングで「○○が起こりますよ」と言ってしまう事によって、その人が持っている、もしくは体験すべき、あらゆる可能性を狭めてしまうらしい。

リコネクションやリコネクティブ・ヒーリングの事後ヒアリングでは、クライアントの体験に対して、判断したりプラクティショナーの意見を述べたりしないようにと指導されているが、全く同じ理由が当てはまる。

私たちは、自分の意識レベル判断で判断できることを「こうに違いない」と決め付けてしまう事によって、その他の可能性を排除し、閉じ込めてしまうかもしれないのだ。

過去に起こったことについて、また今起きている状況について判断するのは、学びにも繋がる事もあるけれど、全てがそうだと決め付けるのではなく、あらゆる可能性が働くようにするためにも、断定するのはやめておいた方がいいだろう。


また、望む結果を「意図」することも、宇宙レベルから見たら、「望む結果」というのが本人にとって相応しいことではないかもしれないし、それによってもっと素晴らしい事が起こるチャンスを狭めてしまうかもしれない。

「宇宙がやっているヒーリング」

自分を脇にどけて、宇宙を信頼している気持ちが大きいほど、宇宙に自由に働いてもらうスペースを作っているのだと思う。

「目標を設定しない、宇宙に全て委ねる」ことこそ、最高の引き寄せなのかも知れないと思う。


私は、人類が「リコネクティブ周波数」にアクセスできるようになった背景には、このような「引き寄せの法則」を人類みんなが使えるようになるため、というのも、数え切れない理由のうちのひとつとして、あるのではないかと思う。

(「リコネクティブ周波数」は、ずっと以前から宇宙には存在していたけれど、やっと人類がそれにアクセスできるようになったという点で、「新しい」というのが、エリックや研究者の考えだ。)


リコネクティブ・ヒーリングだけに限らず、この地球上の人が、様々な方法で、思考と現実の関係を学んでいけるツールが沢山ある。

今現在、進行形で変わりつつある地上の世界。

あらゆる「幸せになるための」可能性を引き寄せ、みんなが幸せで豊かな生活を送れますように!

忘れないうちに・・・と、急いで書いたので、文体がいつもと違うわ・・・。


最後まで読んでくれて、ありがとう☆

なるほど!って思ったら押してね☆
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ

|

« 『スピリチュアル・マーケティグ』 ジョー・ヴィターレ著 | トップページ | 『金持ち父さん貧乏父さん』ロバート・キヨサキ著 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『スピリチュアル・マーケティグ』 ジョー・ヴィターレ著 | トップページ | 『金持ち父さん貧乏父さん』ロバート・キヨサキ著 »