« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月30日 (金)

垢落とし

今日は朝からお風呂掃除に勤しんでいました(実はまだ途中)

洗剤を使いたくないので、お風呂は毎日アクリルタワシで洗っているのですが、お風呂の床や床に近い側面は面倒なので、軽く拭く程度にしていたら、垢汚れが少しずつたまっていって、アクリルタワシじゃ落ちなくなっていたんです。

で、今日、水垢の汚れを落とすスポンジ(メラミンスポンジ)があったことを思い出して、ためしに使ってみました。

(ドイツ製の白いスポンジ。数年前に流行った。)

これ、かなりスゴイです。みるみる落ちていって、めちゃくちゃはかどりました!


このスポンジは、汚れを落とすと共に、だんだん小さくなっていきます。汚れと一緒に流れていくようです。(っていうか、そこは環境にとってどうなんだろう・・・coldsweats01

でね・・・汚れが少ないところはあまり減らないのですが、水垢がしっかりこびり付いて色が変わっているようなところでは、ボロボロと大きな塊で減っていくんです。

そうかflair

私たちの心にこびり付いた垢も同じなんだ!

不要な価値観や認識、固定概念、辛い過去、将来への不安 などなど・・・

そういったものが大きければ大きいほど、それを手放す前に、自我君が、大きな痛みを感じるのかも知れない。


でも、キレイに流れてしまえば、「あら、こんなにスッキリ。ピカピカだわheart01」ってなるんですね(^^)


今日の気付きでしたnote

では、お掃除に戻りますshine お掃除は最高の禅修業ですhappy01


「じゃあ、もっとお掃除しようよ」と掃除嫌いの私の背中を押してくれる人は押してね
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ
ひまわりにしてみました☆

| | コメント (0)

2010年7月29日 (木)

プライベート英会話レッスン始動!

みなさま、おはようございますsun (←京都は雨なので、あえて太陽を出してみました)

前回のブログに記載した、プライベート英会話レッスンの体験にいらした方は、やはり、想像通りの「マダム」でした。

なので、これからは「マダム」とお呼びしますhappy01

おっと・・・その前に、私、レッスンの予約を入れた曜日を勘違いしていたんです。

火曜日のつもりで、「水曜日」とお伝えしていたみたいで・・・(^^;

でも、そのおかげで、猛暑だった火曜日ではなく、比較的涼しい水曜日に来ていただく事ができました。

よかったよかったheart01


色々なお話をしたのですが、なんと、「マダム」が「近所で英会話の個人レッスンしてくれる日本人」を探し始めた頃と、私がHPを作った頃が一致していた事が判明。

そして、娘さんの出身学校と、私の出身大学が同じ系列の所でして、より、親近感を持って頂けたようです。

こういうところがご縁なのでしょうねhappy01

久々に英会話の個人レッスンをした私。楽しかったですnote

こんな形で、誰かのお役に立てると、うれしいですね!


お盆明けより、レッスンに通って頂く事になりました。


英会話講師としてのスキルも磨いていきますhappy01


「頑張ってね!」って応援してくれる方は押してね☆
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ

| | コメント (2)

2010年7月27日 (火)

新しい1年(赤い倍音の月の年)

おはようございますhappy01

ここのところ、テンポよくブログを更新しています。

一昨日、7月25日は、マヤ暦の「時間をはずした日」でしたが、私は、ほんっとうに、何もせず、一日ぐうたらな日でした(笑)

そして、昨日(7月26日)は、マヤ暦の新年。

それを待っていたかのように、朝から色々な動きがありました。

朝一で、お仕事用のメールボックスに問い合わせが入っていたのですが、それがなんと、プライベート英会話教室の体験希望の件。

豆禅さんのところでのグループレッスンを開始したのを機に、今年2月に、プライベート英会話教室のHPも作っていたのです。

でも、あんまり熱心に宣伝していなかったので、期待していなかったのですが、5ヶ月越しで、体験レッスンの申し込み。早速、本日の午後、体験レッスンをすることになりました。

生徒さんは、とっても美しい日本語を話される主婦の方です。電話でお話して、私はたじたじでしたsweat02
あんなに美しい日本語をすらすらと話されるので、きっと、お上品な方なのだろうと想像しておりますhappy01

それで、この問い合わせの件を処理したら、また別の(リコネクション関係で)お問い合わせを頂き、ひとつ処理したらまた次に・・・と、みなさん、きっと、潜在意識で、新年を感じ取っていらっしゃるのかと思いました(^^)

さて、京都近郊の方にお知らせです。
リコネクションについて、詳しく知りたい方、経験豊富なTA(ティーチングアシスタント)さんのお話を聞いてみませんか?
TAさんとは、セミナーでエリックの助手を務めたり、私たちプラクティショナーにフォローアップのメンタリングセッションを提供できる資格をお持ちの方のことです。

8月1日(日)に、TAの島岬さんが講演会(質問会)を開催されます。19時~21時で3500円です。
参加希望者は、http://web.mac.com/hal_studio_/Site/mailform_popup.htmlのメールフォームからどうぞ。
私も参加する予定です(^^)

また、プラクティショナーさんは、練習会も参加してみてはいかがでしょうか。
特に、「リコネクション」のセッションは、やっていくうちに自己流になりがちです。クライアント様の大切な一生に一度のセッションを真摯に提供するためにも、ぜひ、ラインやポジションの再確認をどうぞconfident

私のブログにも詳細を記載しています。

では皆様、新しい1年を楽しくお過ごしくださいませ☆

今年もポチっとよろしくお願いします
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ

Ca3c0444 満月と花火

| | コメント (2)

2010年7月26日 (月)

与えて、受け取る♪

週末は、夫とベタな「京都観光」をしてきました。

二年坂、三年坂を通って、清水寺へ。清水さんには何度か行ったことがあるので、中には入らず、ただ、ひたすら、ぶらぶらと、観光客に紛れて、観光気分を味わっていました。

途中で夫が「抹茶のカキ氷が食べたい」と言い出し、『つじり』に行くか『カフェ叶匠寿庵』さんに行くか、検討。
私は、つじりの抹茶パフェが食べたかったのですが、そこはカキ氷があるかどうかわからなかったので、結局、『カフェ叶匠寿庵』入りました。

そしたらねーーー!
なんと、『カフェ叶匠寿庵』さんでは、辻利さんの抹茶アイスを使ってたんです。
めちゃくちゃうれしかったです♪

私は抹茶パフェを、夫は抹茶のカキ氷を注文しました。

Ca3c0439_2Ca3c0440_2

やっぱり、辻利さんのお抹茶はおいしい!

夫が頼んだ抹茶の氷も美味しかったです。

でね、こういうのの「白玉」って、結構、メインだったりするでしょ。
夫のカキ氷には、3個しか入ってなかったように見えたので、さすがに「白玉ちょうだい」とは言えず・・・

そんなことを忘れて食べてるうちに、ふと、
「夫のカキ氷に抹茶アイスをあげたら、もっとおいしくなるかも」って思って、
私のパフェから、抹茶アイスをおすそわけしたんです。
ついでに、パフェの具に入ってたバニラアイスと抹茶わらびもちも。

私は単に、夫が喜んでくれるかなって思って、そうしたのですが。。。

すると、夫は、白玉を私におすそわけしてくれたんです(笑)

『与えて、受け取る』という法則を目の当たりにした瞬間でした。

私は、白玉が欲しかった気持ちはすっかり忘れていて、ただ、夫を喜ばせたかっただけなのに、白玉が手に入ったんですね~。

あはは。

宇宙って、(≧∇≦)ъ ナイス!な方法で、法則を教えてくれますねhappy01

とっても幸せなひと時でした。


こちらもヨロシク☆
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ

| | コメント (4)

2010年7月25日 (日)

TAさんによる練習会(レベル1&2、レベル3)・質問会 in京都!

大変急な告知ですが、8月1日(日)に、TAの島岬汐入及(しまさきみつぐ)さんが、京都で練習会&質問会を開かれます。

ご都合のつく方は是非参加してください!

練習会はプラクティショナー限定ですが、
7時からの「講演会&質問会」は、プラクティショナー以外の方でもご参加いただけます。
リコネクティブ・ヒーリングやリコネクションについて、もっと詳しく知りたい方、セッションを受ける前や受けた後に沸いてくる疑問などをお持ちの方は、この機会に、参加してみられてはどうでしょうか。

島岬さんは、アジア初の男性TAとなられた方で、日本でも唯一の男性TAさん。とても理論的にわかりやすく答えて下さります。

ご予約やお問い合わせは、島岬さんのHPのメールフォームへお願いします。

【練習会の時間・金額】 (要予約)
レベル1&2の練習会は、午後3時より午後5時まで 料金15,000円
レベル3の練習会は、午後5時から午後7時まで 料金15,000円

レベル1&2と3を両方お申し込みの方は通しで料金28,000円

実技の練習と質疑応答をメインにおこなう予定です。

開催場所等、詳細についてはお申し込みいただいた際にお知らせいたします。

◎参加ご希望の方は、以下の項目を記入のうえ、島岬さんのHP(メールフォーム)からご連絡ください。


氏名:
郵便番号:
住所:
電話番号(携帯可):
メールアドレス:
出席されたセミナー:
練習会参加希望のレベル:

*****

【質問会&講演会の時間・金額】

午後7時~9時 参加費3,500円 (要予約)

練習会には来られないプラクティショナーの方もプラクティショナー以外の方も参加いただいて大丈夫です。ただ、ご友人などお誘い合わせの上でご参加いただく場合、事前に参加人数を把握しておきたいので、予定の参加人数をお知らせください。こちらも要予約です。 (上記のメールフォームからご連絡ください。)

リコネクションの観点から、いろんな疑問にお答えいたします。
どうして解決すればいいのかわからないことなど、なんでも島岬に直接ぶつけてみてください。

とのことです(^^)


【島岬さんのHP】
♪♪ひーる・おーる・りーぷす♪♪
島岬汐入及(しまさきみつぐ)
http://www.chiru2.com



こちらもヨロシク☆
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2万アクセス&時間をはずした日

みなさま、おはようございますhappy01

いつの間にか、このブログも2万アクセスを超えていました!

これも一重に、毎日こちらを見て下さる方や、偶然にも検索にひっかかって・・・じゃなくって、ヒットして来られた皆様のおかげですheart04

さて、本日7月25日は、マヤ暦でいう「時間をはずした日」です。

そして明日から、マヤ暦の新しい1年が始まります。

私はマヤ暦について詳しくないので、この辺の事について説明できませんが、色々な暦を使えるっていうのは、楽しくていいなぁって思いますnote

どうぞ、これからも、Soleil(ソレイユ)と、ブログ「宇宙の瞬き」をよろしくお願いしますshineshineshine


「2万アクセスおめでとう!」のかわりに・・・heart04
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ

|

2010年7月24日 (土)

『お金持ちの法則「豊かさは、与えたものに比例する」』ジョー・ヴィターレ著


お金持ちの法則「豊かさは、与えたものに比例する」

先日読んだ『スピリチュアル・マーケティング』で、ジョー・ヴィターレさんの分かり易い解説に感動して、彼の本をもっと読みたいと思って、また借りてきました。

この本も、短いのですぐに読めちゃいました。

全体的なテーマは、『豊かになるためには、まず、与えなさい』ということです。

『与える』ということをテーマに、前半はヴィターレさんの体験談や考察、後半はヴィターレさんの知人達による体験談となっています。

「豊かになるためには、まず与えること」といっても、与え方がポイントで、「金持ちになりたい」という下心で与えても、効果がないそうです。

本当に、心から感謝の気持ちや、「与えたい」という気持ちが大切とのこと。

だから、「与えたい」という思いが沸かなければ、そういう時期が来るまで待つのもポイントらしいです。

そして、義務感から仕方なしに寄付するような場合も、やはり、心が伴っていないので、効果がないそうです。

つまり、感謝の気持ちで心から与えたいと思う人に与え、見返りは決して求めないことが大切。

それからもう1点、私が「なるほど!」と思ったことは、「受け取り上手になる」ということ。

与える→受け取る→与える という循環で、川の流れや血液のように、お金が流れていきます。
「受け取る」ところで遠慮したり拒否してしまったら、そこで流れを遮る(さえぎる)ことになるんですね。

これに関して、とても納得のいく体験談が載っていました。

ヴィターレさんが前妻さんとこの法則について学んでいた頃、前妻さんは「与える(寄付する)」対象を誰にするか思い巡らし、彼女が最も感銘を受けた方に決めて、小切手を送りました。

ですが、その小切手が戻ってきたのです。

「自分はもう十分に恵まれている、だからせっかくだがこのお金はほかにそれを必要としている人のために役立ててほしい」と。

せっかくの気持ちを受け取ってもらえなかったことに、彼女はものすごく傷ついたそうです。

そして後日、これが関係しているかどうかわかりませんが、小切手を送り返した方は、自宅に泥棒が入ったそうで、少なくとも二回以上は、そういう目にあっているとのこと。

(『お金持ちの法則「豊かさは、与えたものに比例する』 p60~参照)


まぁ、災難にあわれたことはおいといて、善意の気持ちで「喜んでもらえる」と思って送ったものが、受け取ってもらえなかった前妻さんの気持ちを考えたら、本当にショックだったろうなぁと思いました。

小切手を受け取った方は、しっかりとありがたく受けとって、本当に必要ないのなら、彼自身で、自分が思う「他に必要としている人」に役立てればいいのです。


そして、この話を読んだ後に思い出したのが、リコネクションのエリック・パールがプラクティショナーに対して言っていたこと。

「どうか、クライアントが癒されるのを許可するために、公正な対価を受け取ってください。もし、あなたがそのお金を必要としないなら、どこかに寄付すればいいのです。」ということ。

クライアント様にも「与えて→受け取る」という法則が発生するので、その法則の通り、対価としてのお金を頂く(クライアント様が「与える」きっかけを作る)ことは、しっかりと本来の「リコネクティブ・ヒーリング」や「リコネクション」の効果を受け取ってもらうための、プラクティショナーとしての責任なんです。

だからこそ、エリックは、口をすっぱくして、対価の事を言ってるんだろうなぁって思います。

そして、プラクティショナーが本当にそのお金を必要としないなら、寄付すればいいのですね(^^)

あ・・・「寄付」というのは、匿名でするのがいいそうです。天は全てわかってますからね☆

私たちは、もしかしたら、与えること以上に、「上手に受け取ること」の学びが必要なのかもしれませんね。


あと、この本には、「お金にかかわる四十七の自分を縛る思い込み」というリストがありました。
優秀なカウンセラーである著者の知人に、お金に関する否定的な思い込みの中でも特によくみられるものを挙げて欲しいと頼んで、リストができました。
47個もあるので、そのうちの1つや2つは、誰でもひっかかります。私もいくつかありました。
で、ここに挙げられた内容が「思い込み」であることに気づけば、もっと自由になれます(^^)

知りたい方は、本を読んでね♪


まずは「ポチっと」与えてみる☆
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2010年7月20日 (火)

ひと区切り♪

私事ですが、先日受けたTOEICで、ようやく、900点を超える事ができましたhappy01

本当に英語が出来る人からしたら、もう・・・まったく、お恥ずかしい話なんですけどsweat01

(TOEICとは、英語を母国語としない人のための、世界共通「国際コミュニケーション英語能力テスト」のこと。満点が990点。)

大学の時に初めて受験したのが、630点程度だったと思います。

それから受けるたびに、慣れもあってか、スコアを着実に伸ばしていたのですが、800点台に突入して、頭打ちして、なかなか900点台の壁を越えられずにいたのです。

700点台くらいのときが、一番、勘違いしてた時期でした。井の中の蛙で、「私は英語ができる♪」ってプライドがあったんですね。

でも、800点台になると、上には上がいる事に気づき、自分が出来る「つもり」になっていただけで、実は全然まだまだで、こんな状態で「英語できます」なんてとても言えないと思うようになり、そこから、「いつか満点とりたい!」と思うようになり、亀さんの歩みのごとく、少しずつテストを受け続けてきました。

いつもネックになるのが「リーディング」セクションで、元々読むのが遅い私は、最後まで問題を解くことができず、いつも、最後の5問程度は時間切れでした。

それが、今回、やっと、最後まで問題を解くことが出来たんです。とにかく、最初の方であまり時間をかけず、時間配分を考えて、さっさとやっていきました。

おかげで、最後の問題がどういうものか、わかりました(^^)

TOEICで満点取ろうと思ったら、かなりの集中力と記憶力が必要ですので(リスニングの部分なんか、日本語だったとしても、満点取れないかも(笑))、運次第かもしれませんが、リーディングの対策は練れそうなので、次回はもうちょっと点数を上げられるように思います。

とにかく、ひとつ壁を越えられた事が、とってもうれしいです。

TOEICは、「読む・聞く」だけのテストですので、その点数が高いからといって、実際に英会話がよく出来るというわけではありません。引き続き、会話力の向上のためにも、努力していきたいと思いますhappy01


これで、一区切りつきました。更なるレベルアップに向けて、がんばりますrock




おめでとうpresentのかわりに押してね♪
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ

| | コメント (2)

2010年7月18日 (日)

『金持ち父さん貧乏父さん』ロバート・キヨサキ著

金持ち父さん貧乏父さん

この本は数年前に大ヒットしたもので、ビジネスの事を書いていますが、かなり哲学的内容も含んでいるので、精神世界でも話題になっていました。

私はビジネスには全く興味が無かったので、今まで読んでいませんでしたが、最近、お金の流れについて真剣に考えてみようと思い始めて、まずはこれを読んでみました。

(先日紹介した「スピリチュアル・マーケティング」よりも、こちらの方を先に読み始めています。)

私はサラリーマン家庭で育ちましたので、今の仕事を始める前までの私の中には、「お金を稼ぐこと=会社に勤めてお給料をもらう」という構造しかありませんでした。

プラクティショナーになってから最初の間は、「(お金を直接クライアント様から)受け取る事」 に対してもの凄く抵抗というか罪悪感のようなものがあり、1年~1年半かけて、やっと、心から素直に、クライアント様の大切なお金を戴く事に罪悪感を持つことなく、正当な対価の交換として、感謝の気持ちで頂戴できるようになったと思います。

(余談になりますが、それと同時に、エリックがプラクティショナーに対して口を酸っぱくして言っている『クライアントが癒される事を許すために、どうか、ちゃんとした対価を金銭として受け取ってください』と言っている意味を実感するようになりました。)

以前の私のように、サラリーマン社会しか知らない人間の間には、「商売=>お金をもうける=>汚い」という気持ちが、心の奥底に隠れているものだと思います。そして、そういった人間は、きっと、世の中の半分以上はいるんじゃないかなって思います。

お金が大切だと思う一方で、お金を儲ける事や儲けている人に嫌悪感を覚えているというのは、心のどこかで、お金は汚いものだと思っているからこそであり、そういった思いがお金を遠ざけてしまっています。

このような事は、スピリチュアルの世界でも言われていて、私はかなりの年月をかけて、お金とのつきあい方を学んできたと思いますが、まだ真剣に向き合ってはいなかったように思います。

この本は、「幸せな金持ちになる方法」を書いたものです。

公務員で、一生を一生懸命働くことに費やした著者の実の父(貧乏父さん)と、経営者の同級生の父(金持ち父さん)。二人のお父さんは、お金に対する正反対の考え方を持っていました。この二人の考え方を対比させながら、どういう風に考え、行動すれば、お金持ちになれるか、ということを書いた本です。

その中の一部は、既に知っている内容もありましたが、目から鱗の話もありました。

例えば、「金持ちは資産を持つ。貧乏人は、「資産」だと思いこんで「負債」を持つ」という教えがありました。

そのひとつが、マイホームの購入。

多くの人は、「家」が「資産」だと思っています。

でも、実際の所、ローンや固定資産税を払い続けて、そこから何の収入も産まれないのなら、それは「負債」だ、とのことでした。

なるほど~!

本当の金持ちとは、働かなくても「資産」によって収入がある人の事を言うそうです。

(例えば、不動産や株などによって)

それを前提に、「どうやって資産を増やすか」という事を説明してありました。

投資はギャンブルだという人が多いですが、著者によると、そういう人の多くは、勉強をせずに投資するからだ、ということです。「もっとお金について勉強しなさい」「最初は誰でも失敗する。失敗を恐れていては、成功はしない。」とのこと。

お金に関する教育がとても大切だということです。それは決して学校では教えてくれません。ほとんどの人が、「しっかり勉強して、よい大学に入って、良い仕事を見つけたら将来は安泰だ」と思っています。でも、決して、そうじゃないんだということ。(この本が出版された時ならともかく、もう既に、そういう時代じゃないのは、明白ですよね。)

他にも色々な事が書いてありました。

で、

「あー、やっぱり、私は、金持ちになれそうにないなcoldsweats01」と思いましたhappy01

結局のところは、本当に「働かなくてもよい生活をしたい!」という強いモチベーションがあって、大きなお金を動かす勇気とキャパのある人だけが、それを実践できて、そういった人は世界の1割程度なんじゃないかなって思います。(大きなお金を動かすといっても、勿論、最初から大金を動かすわけではなく、最初は小さく初めて、少しずつ大きくしていくのが基本だそうです。)

そういう人たちも、実際に会社やお店の経営・運営をしてくれる人、その従業員たちがいるからこそ成り立つ訳で、そういった仕事に従事する残りの8割以上が必要なんですよね。

そして、私は、確実に、その「残りの8割」に入っていると思います(笑)

金持ちの資産家達がどのようにしてお金について考え、実践しているのかを知るには、とっても良い本でした。

資産家にならなくても、やっぱり、自分が持ってるお金に対するイメージが自分の経済状況を反映すると思うので、豊かな人の考え方を知るのは、とっても参考になりました。

お金持ちと貧乏人の違いは、お金持ちは、自分で「どうやったら働かなくて済むような収入を得られるか」考えて行動するのに対して、貧乏人は、「与えて貰うこと」しか考えていないということ。

お金持ちの所には、「どうやってお金持ちになったのですか」と聞く人はほんのわずかで、ほとんどの人が「お金を貸してくれ」「仕事を紹介してくれ」としか言ってこないそうです。

だからこそ、「金持ちの教え」というのは、一部の人の心にしか響かないのでしょう。つまり、聞く耳を持つ人が一握りの人間だからこそ、その一握りの人間が富を独り占めにしているように見えてしまっているのかも知れないなぁ・・・とも思いました。

私は、このように資産を運用する金持ちにはならないだろうけど、お金とうまく付き合っていける「幸せな小金持ち」になろうheart04と思いました(笑)

なるほど!って思ったら押してね☆
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2010年7月15日 (木)

引き寄せの法則、まとめ

インスピレーションというのは、一瞬のうちに「バーン!!」ってやってきて、
それを言葉にしているうちに忘れてしまうことがある・・・。


これから書くことも、昨日から今日にかけて、何度かやってきたインスピレーションに基づくものだけど、こうやって書いているうちに、忘れていってしまっている。

どうか、うまく書けますように・・・。


さて、前回紹介した本『スピリチュアル・マーケティング』を読んで得たインスピレーション。

それは、

『私たちは100%引き寄せの法則の上で生きている。』ということ。

意識的にせよ、無意識的にせよ、私たちに起こっていることは、やっぱり、全て自分で引き寄せた結果だ。

(だからといって、今現在、様々な事に苦しんでいる人に対して「あなたがそれを引き寄た」というつもりは無いし、そうやって誰かが誰かを責めるのも気の毒な話だと思う。誰だって、何とか苦しみから逃れたいと思っているけど、そのやり方を知らないだけなのだから・・・。)


引き寄せの法則や、願望達成のやり方を書いた本は、いまや、物凄い数になっている。

でも、本当にそれを実現できる人は、(確実に増えてきていると思うが)まだまだ充分な数ではないだろう。


なぜか。


うまくいかない人は、「自分の願い」に隠された「本当の自分の願い」に気づいていないからだ。

そしてもう一つ、「嫌なこと」に目を向けている時間が長いからだ。


一番最初に試してみるのが、「嫌なことに目を向けている時間をなくす」ことだろう。

「私の周りはイヤな人ばかり」だとか、「私の人生は不幸なことばかりだ」という方は、イヤな事をされた事や、運が悪かったと思える出来事に対して、ずーーーーっと不満に思ったり、恨んだりすることに、大切な「引き寄せの意識時間」を使っている。

(「引き寄せの意識時間」とは、私が今、勝手に作った言葉だが、単なる「時間」と全く同じこと。私たちの思考は全てもれなく、「宇宙への注文」としてダイレクトに発信されている。願いの大きい小さいは関係ないし自分がどれ程それを欲しているかどうかも関係ない。私たちが常日頃考えているとてつもなくつまらない事も、心の底から懇願するような願い事も、宇宙からすれば、全て同じレベルなのだ。自我(思考)はそれを認めたがらないけど。「流れ星を見たら3回お願いごとを唱えると叶う」というのは、そんな一瞬の間に3回も言えるほど、常にその事について考えている証拠だから、引き寄せの法則的には理に適っている。また、宗教に熱心な人が自分の信じる神様に願い事を適えて貰ったと思うのも、「信じる心」と、その願いを考えている時間に比例しているのだから、これも引き寄せの法則だ。)


注釈が長くなったが、先ほどの例では、「じゃあ、どういう人と付き合いたいの?」「じゃあ、どういう人生だったらいいの?」という風に、自分が望む方向に意識をすぐ向けるのが良いらしい。

忘れてはならないのは、宇宙には、否定文は通じないということ。
「こんな人は嫌だ」ではなく、「こんな人と付き合いたい」と、肯定文にしておくこと。

もちろん、「嫌だ」と思うことから、望みが生まれてくるわけだから、「嫌だ」という内容を充分に分析するのは有効な手段だろう。でも、最終的には、望みは必ず、肯定文にすること。

(否定文・肯定文という文法用語が、こんなところにも役立つんだなぁ(笑))

これは、早速私の夫にも伝えた。
夫は、上司とウマが合わずにすごく悩んでいるので、「じゃあ、『こういう上司と仕事したい』っていう風に思うといいよ」とアドバイスしてみた。

夫がどれだけ意識の中で実践してくれるかわからないけど、どんな風に結果が現れるのか楽しみだ。

それをやってみてもなかなか効果が出ないときは、願いの裏に隠された本当の願いを見つけて、無意識レベルの思いを掘り起こして見るといいらしい。

「本当の願い」というのは、自分ひとりでは見つけるのが難しいのかもしれない。
でも、物事がうまくいかないときは、その願いが、仮面の願いであるという。

『スピリチュアル・マーケティング』の著者、ジョー・ヴィターレは、『爆発的なベストセラーを出したい』という願望について、ヒーラー(というより、「コーチング」って感じなんだけど・・・)のダグラスに「なぜですか?」という質問をされた。最初は「僕にはその資格があると思う」「収入があればありがたい」「僕の本にはそれだけの価値がある」と述べていたが、その気持ちの奥底にあったのが「みんなの賞賛を集める、愛される人になりたい」という思いだったそうだ。そして、それを口にした途端、何かが自分の中で変わるのを感じたとのこと。

その他にも、この「なぜですか」という質問に答えていく事によって、自分の本当の願いに気づき、そこから何かが変わったという例がいくつか本に紹介されている。

何かを願いながらも、実際は心の奥で不安を感じている事だってある。その不安は、自分の願いに対して「なぜ?」と聞いていくことによって、初めて顔を出すかもしれない。


『口に出した途端、何かが自分の中で変わるのを感じた』というのが大切なのかもしれない。

きっと、そこで、スイッチが入るのだろう。

この本には、一人でできる方法も掲載されているので、興味のある方はやってみたらいいと思う。

もうひとつ、大切なキーポイントがある。

それは、「願ったら、宇宙に任せる」ということだ。

つまり、実現方法まで注文しないこと。

宇宙は、自分に思いつかない方法で、夢を実現させてくれる。

たとえば、家が欲しい人の場合。
ものすごいボーナスが出ることもあるだろうし、信じられない程安い価格の家を見つけられるかもしれないし、何かの抽選で当たるかもしれないし・・・知らない親戚からの遺産相続というのもあるかもしれない。

「どうやって実現するか」というのは、宇宙に任せておけばいい。

そうすれば、宇宙は、私たちが思いつかない方法で、夢を叶えてくれる。

(これは私も確認済み)


ちょっと飛躍するかもしれないけれど、だからこそ、本当にこの世(というか宇宙)の仕組みを理解した人は、あえて、目標を設定しない事を薦めているのだろう。

目標を設定しないということは、100%、宇宙の意思に任せるわけだから、私たちの人生がうまくいくためには、一番最適な方法だろう。


目標を設定して、「がんばって努力して」そこに到達する というのは、エゴちゃんが喜ぶやり方なんだそうだ。

その達成感というのも、生きている醍醐味のひとつだろうから、そうするのが好きな人は、それで全く問題ないと思う。

でも、「全く別なやり方もあるんだよ」ということを、この「スピリチュアル・マーケティング」の本が教えてくれた。

このことは、リコネクティブ・ヒーリングにも全く当てはまることだ。


リコネクティブ・ヒーリングは、クライアントの症状を診断・分析・リーディングなど、全くしない。
そして、クライアントが望むような結果を意図する事もしない。

全て、宇宙の知性にお任せしている。

クライアントにとって、本当に何が必要かをわかっている「宇宙の知性」に100%委ねるのだ。


昨日聞いたリコネクション本部のKelly Woodruff氏のラジオインタビューの中で、インタビュアーが
「リーディングは、dis-empowering(力を奪うこと)に繋がると、聞いた事がある」と言っていた。

つまり、リーディングで「○○が起こりますよ」と言ってしまう事によって、その人が持っている、もしくは体験すべき、あらゆる可能性を狭めてしまうらしい。

リコネクションやリコネクティブ・ヒーリングの事後ヒアリングでは、クライアントの体験に対して、判断したりプラクティショナーの意見を述べたりしないようにと指導されているが、全く同じ理由が当てはまる。

私たちは、自分の意識レベル判断で判断できることを「こうに違いない」と決め付けてしまう事によって、その他の可能性を排除し、閉じ込めてしまうかもしれないのだ。

過去に起こったことについて、また今起きている状況について判断するのは、学びにも繋がる事もあるけれど、全てがそうだと決め付けるのではなく、あらゆる可能性が働くようにするためにも、断定するのはやめておいた方がいいだろう。


また、望む結果を「意図」することも、宇宙レベルから見たら、「望む結果」というのが本人にとって相応しいことではないかもしれないし、それによってもっと素晴らしい事が起こるチャンスを狭めてしまうかもしれない。

「宇宙がやっているヒーリング」

自分を脇にどけて、宇宙を信頼している気持ちが大きいほど、宇宙に自由に働いてもらうスペースを作っているのだと思う。

「目標を設定しない、宇宙に全て委ねる」ことこそ、最高の引き寄せなのかも知れないと思う。


私は、人類が「リコネクティブ周波数」にアクセスできるようになった背景には、このような「引き寄せの法則」を人類みんなが使えるようになるため、というのも、数え切れない理由のうちのひとつとして、あるのではないかと思う。

(「リコネクティブ周波数」は、ずっと以前から宇宙には存在していたけれど、やっと人類がそれにアクセスできるようになったという点で、「新しい」というのが、エリックや研究者の考えだ。)


リコネクティブ・ヒーリングだけに限らず、この地球上の人が、様々な方法で、思考と現実の関係を学んでいけるツールが沢山ある。

今現在、進行形で変わりつつある地上の世界。

あらゆる「幸せになるための」可能性を引き寄せ、みんなが幸せで豊かな生活を送れますように!

忘れないうちに・・・と、急いで書いたので、文体がいつもと違うわ・・・。


最後まで読んでくれて、ありがとう☆

なるほど!って思ったら押してね☆
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2010年7月14日 (水)

『スピリチュアル・マーケティグ』 ジョー・ヴィターレ著

スピリチュアル・マーケティング

たまたま図書館で見つけた本、アタリでした!

「引き寄せの法則」について、それとは言わずに、要点だけを単純・明快・簡潔に書いてありますので、とてもわかりやすかったです。

この本を読んで、引き寄せがうまくいく人といかない人の違いがよくわかりました。

引き寄せがうまくいかない人というのは、「願い」が、「本当の願い」ではないからなのですね(^^)

別記事にして、まとめたいと思いますhappy01

とても短くて読みやすいので、英語版も早速手配しました☆



Spiritual Marketing: A Proven 5-Step Formula for Easily Creating Wealth from the Inside Out

こちらの原書での内容は、ピンときた所をピックアップして、毎週水曜日のスピリチュアル英会話のスピリチュアルメッセージコーナーで紹介していこうと思っています♪




この記事が参考になったら押してね☆
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2010年7月13日 (火)

リコネクションについて・・・

公認プラクティショナーになってからというもの、お問い合わせの数が増えまして、今まで無かったような問い合わせ内容が続き、私自身も学んでいます。

リコネクション公式HPのQ&Aを読んでもいまいちピンとこないので、色々なプラクティショナーのHPを読み漁り、研究した上でのお問い合わせや、色々なところでのお客様体験談を読んで、期待や不安の混じったお問い合わせなど様々です。

そういった内容を受けて、「よくある質問」コーナーをHPに設けようかと思いつつも、リコネクション、リコネクティブ・ヒーリングは、3次元で説明できる範囲を超えていますので、説明しようとすればするほど、「言葉」の制限を受け、本来の意味が伝わらなくなるのでは・・・との思いがあり、まだ作っていません。

そしてもちろん、私自身も(そして、他の誰もが!)リコネクションの全てをわかっているわけではありませんので、「今」の私が思っている事が、これからの経験と共に変化していく可能性もあり、新しい発見や、疑問は尽きることがありませんhappy01


私のHPは、比較的、説明をダラダラと書いていますので、それすらも、もう、削除しちゃって、シンプルにした方がいいのだろうか・・・なんて思っています。


わからないことは、わからないままでもいい。

ただ、私たちは、たとえどんな状態であっても、私たちの存在自体は常に「完璧」であることを知っていればいいだけなのかなって思いますhappy01

さて、8月は、リコネプラクティショナーの集いに2回、顔を出してきますnote

新しいプラクティショナー仲間に出会えるので、とても楽しみです☆

| | コメント (2)

2010年7月 8日 (木)

答えはすべて自分の中に

ネットの中では、いろんな人がいろんな事に対していろんな説を唱えていています。

あるひとつの事に対しても、その見解は千差万別。

いろいろな情報が錯綜するなか、「何を信じていいのやら」と思うこともよくあります。


「何を信じていいのか」

究極論で言えば、本当に信じていいのは自分自身だけだと思います。

「自分自身」というのは、頭で考える思考ではなく、自分のハート、センターにある部分です。


ハートの声と頭(思考)の声は、多くの場合、正反対の事をいいます。


本来なら、ハートの声が要求することを、思考を使って「どうやったら実現できるか」という風に使うのが一番効率がよいと思うのですが、ほとんどの人は思考の考えを本当の自分の答えだと思って聞いてしまうのですね。

この二つの見分け方なんですが、いつでもどんなときでも、何か疑問に思ったら、ハートに意識を集中させて、どう「感じる」か、確認してみてくださいね。 ハートは言葉としては語りかけてこない人が多いと思います。
その「ハート」の感じ方を、自分なりに「翻訳」する練習をするとよいと思います(^^)

私たちは、違う視点を持って生きています。

自分自身にとって、最適な答えを出せるのは、自分しかいないんです。

他の人からのアドバイスが役に立つことも、もちろんたくさんあります。

また、芸能人なんかが「友達に誘われてオーディション受けたら、友達が落ちて自分が受かった」なんてことも、よく聞く話です。


でも、どんなアドバイスにせよ、それを実行したり、そのアドバイスを受け入れようと思った時点で、それは「自分自身の決断」ということになります。


「正しい」「間違っている」というのも、視点が変われば答えは変わります。
たとえば、円錐は、真横から見ると三角形で、真上から見ると、丸(円)です。
このように、視点により真実が異なるのが、私たちの世界なのです。


(ついでにいうと、その上の次元では、「どちらも正しい」ということがわかります。意識・視点を拡大すると、もっと大きな視点での真実がわかるようになります。「リコネクティブ周波数」を受けることによって、私たちの肉体・精神・意識のが進化(バージョンアップ)するというのは、そういうことのように思います。)


どんなことでも、他人の話(どんなに自分が信用している人でも)を鵜呑みにせず、自分自身で確認するようにしていってくださいね☆


そして、自分が「心地よい」と思えることを信じて、「心地よい」と思える人たちと交流していきましょう☆

私は心地よい人たちに囲まれていて、とても幸せですhappy01

いつもありがとうございますheart01

| | コメント (0)

2010年7月 5日 (月)

パワースポットの旅:長野県分杭峠 (ゼロ磁場)

みなさま、こんにちは!

「うふふの旅」というのは、リコネプラクティショナー仲間の美歩さんと、パワースポット巡りをしてきたのです~。


事の発端は、美歩さんがたまたま見ていたテレビで、分杭峠の話が出てきたこと。

その効果が、リコネと似てるな~ってところから、興味を持ったようで、何かの話のついでに出てきて、「今度一緒に行こう!」ということになったんです。

何気なく私の妹に話したら

「私もそれ行きたい。 たぶん、私も一緒に行くために、お姉ちゃん、その話したんやと思う。」

ということで、妹も便乗することに。


私の妹は車の運転大好きなので、私としては「ラッキー♪運転手が出来た(^^)」みたいな感じ。


それで、ちょうど女3人の「うふふの旅」となったのでした~。


美歩さんは最近、サロンがとても忙しいらしく、私の妹も仕事が忙しいので、ロクに打ち合わせもしないまま、当日を迎えたのですが、何から何までパーフェクトな旅でした。


7月1日(木)の夜、妹の仕事が終わってから京都を出発。名古屋で一泊しました。
このとき、名古屋で、ものすごいタイミングの良い偶然が重なって、妹がかなりビックリしていました。

私と美歩さんは、「たまたまケータイ取った時に電話(メール)が来た」とか、「メールしようと思ってたらメールが来た」なんてしょっちゅうだったので、「相変わらずタイミングいいよねー」って感じで(^^)


翌朝は、8時に出て、11時半には宿泊先のホテルに到着。
妹がネットで調べたら、そこの昼食がよさそうだったので、そこで食べたいと言っていたのですが、お目当てのランチが6月で終わってしまったということで、仕方なしに分杭峠までの途中で何か食べようということに。
途中で寄った道の駅に、とっても素敵なカフェがあったんです~。

ランチには、そこの雑穀ハンバーグをいただきました。おいしかった~♪

ホテルのランチが終了していて良かったね~♪ってことになりました(^^)

お腹もしあわせいっぱい満たされて、分杭峠のシャトルバス乗り場に到着。

バスは30~40分に一本だったのですが、ちょうど私たちが到着したと同時に出発でした。
さすがheart01


分杭峠では、「気場」というところと「水汲み場」があります。
「気場」では、時間とともに、場所の気が変わるような気がしました。
ゆっくり歩いていると、少しずつ、「気」の感じ方が変わりました。
そして、同じ場所でも、時間が経つと変わるような気がしました。

リコネセミナーのときと同じように、身体の細胞が細かく振動しているような感じを強く感じる場所がありました。


ネットの情報だと【本当の「気場」は、一般的に「気場」といわれているほうではなく、水汲み場の方だ】って書いてあるHPがあったので、私たち3人は、そっちを期待していたのですが、実際そこに行ってみると、

『ここは単に、水が流れていてマイナスイオンがたっぷり出てるから、人によっては、こっちが気場に感じるだけだろう』ということで3人の意見が一致。

ちょうど小腹がすいたので、座ってパンを食べているところに、方位磁石を持った夫婦がやってきて

「ここ、何か感じますか?」と聞かれましたが、「いいえ~」と私たち。

「やっぱり~」と奥様。

このご夫婦も、ネットの情報を見て、こっちにやってきたそうですが、方位磁石がまったくもって普通だったそうで(ゼロ磁場は、NSが常に入れ替わるので、方位磁石が定まらない)不思議がっていらしたのです。


そして、しばらくして「気場」のほうへ戻ってみると、さきほどのご夫婦が座っていらっしゃいました。

「こっちは方位磁石が反応した」とおっしゃってました。


もしかすると、この日がたまたまそうだったのかも知れませんが、もし行かれる方がいらしたら、どうぞご自分の身体で検証してみてくださいね。


分杭峠にいたのは約3時間。

私たち3人は「一回来たら、なんか、気が済んだよね。もう来なくていいよね~。」と思いました。


リコネクションを受けると、身体が、地球上のグリッドラインと再接続します。
そのグリッドラインには、セドナ、マチュピチュ、エジプトのピラミッドなど、世界中のパワースポットが点在していて、そこと繋がるので、世界中のパワースポットに行ったのと同じになるそうなのですが、実際にパワースポットのひとつに行ってみて、「やっぱり、わざわざ行かなくてもいいんだ」ってことを納得しました。

でも、パワースポットはとても神聖な気持ちになれるので、これからも行くと思いますhappy01


さてさて、今回の長野での宿泊先は、美歩さんが予約を取ってくれたのですが、その際に「蛍が見れるところがあったら教えてください」とお願いしてくれていたのです。

ホテルの方が親切に教えてくださって、蛍も見に行くことができました♪

しかも・・・夕食を決める時も、ものすごい天の采配があって、無駄な時間がまったくなく、なんて素晴らしいのかしら♪って思いました。

蛍を見に行った時点で、ゼロ磁場に行ったのがもう何日か前の話のように、とっても充実していた一日でした。

宿に戻って、ゆっくり温泉に入って、すっかり癒されました。

オフシーズンで、宿泊客が少なかったのか、貸切状態でした♪

翌日は雨。
分杭峠、土日は混むだろうから、金曜日のうちに行っておきたいね、って言って、金曜のうちに行ったのが正解でした。

次は、美歩さんと一緒に伊勢神宮に行きたいなぁ。


パワースポットといえば、今日は、上賀茂神社に行ってきました(^^)
いつもながら、「今井食堂」の後のついで参りですcoldsweats01 

夫から聞いたのですが、普通、由緒正しい神社は、原生木に覆われているのですが、上賀茂神社だけは「芝生」になっています。その理由は、「比べ馬」の神事があるからだそうです。

「そんなん知らずに、大学のとき、あの芝生の上で寝てたわ~」と夫。上賀茂神社にはしょっちゅう行っていたようです。

彼はあの「天河神社」にも4回(遠足&合宿)行ってるので、彼がとても情が深い理由は、きっと、神様のご加護をおおいに受けているのでしょう。なんてね(笑)

| | コメント (2)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »