« 戸田奈津子さん講演会(その3:英語を学習する方へ) | トップページ | 『随(かんながら)神-意識の扉を開く鍵-』 阿部敏郎著 »

2010年5月21日 (金)

『ローフード 私をキレイにした不思議な食べもの』石塚とも著


ローフード 私をキレイにした不思議な食べもの

この本は以前、マイミクのちあきちゃんがmixiのレビューで紹介していて、サブタイトル『私をキレイにした不思議な食べもの』というのに惹かれて、一度読んでみたいと思っていたので、図書館にて予約。やっと順番が回ってきました♪

ちあきちゃんも、ローフードを実践されていて、「すごく楽なのよ~。私に合ってるのね。」ということで、『楽』という言葉にも惹かれていたんです。


そもそも、「ローフード」が何か というと、「ロー」とは「生」のことで、「生のまま食べる食事」のこと。
「スローフード」とは異なります。

基本的に、フルーツとお野菜中心になります。


日本語で「生(なま)」という漢字の通り、生で食べるお野菜やフルーツは生きていますので、生きているものを私たちの身体に取り入れるのです。

「ベジタリアン」とも言えますが、「加熱調理しない」というところがミソですので、ベジタリアンとも異なりますし、生魚だったら食べる、という方もいらっしゃるようです。

科学的にいうと、「酵素」がカギになっているらしく、加熱すると、酵素が壊れてしまうので、どんなものも生で頂くのが基本。市販されているフルーツジュースは、生産・充填過程で加熱処理されているので、あんまり意味がないそうです。

生のまま食べるとなると、サラダくらいしか思いつきませんが、フードプロセッサーを使ったり、何かにつけてちょっと下ごしらえするだけで、色んなレパートリーの料理が楽しめるようです。

そして、「フルーツが中心」となると、食費がかさみそうなんですが、実際やってみると、そうでもないようです。

(ここのとこ、詳しくは本を読んでくださいね♪)


この本は、ローフードを始めた著者の石塚ともさんがシェフとなって、アメリカ人女性のところで「ローフードの効果」を住み込み実験した記録です。

石塚さん自身が学ばれている途中の段階だったので、様々な発見もあり、初心者にも分かり易く書かれていて、ローフード入門者にはピッタリの内容でした。

最後にレシピ集も載っています。


全てをローフードにしなくても、朝食をローに変えるだけで効果があるそうなので、私も早速、昨日から始めました(^^)


朝食は、フルーツのスムージー(バナナ、冷凍ブルーベリー、りんご、氷、豆乳)と、果物や野菜のみ。(この本のレシピでは、スムージーの材料は、りんごではなく洋ナシ、豆乳ではなく水、となっています。洋ナシは手に入らないのでりんごにしました。ブルーペリーは生があれば、そちらの方がいいでしょう。パインなどの柑橘系をバナナと一緒にするのはNGらしいです。)

チェリーやスイカやりんごなど、フルーツが朝食の食卓に並べられると、なんだか、朝からゴージャスな気持ちになります。海外に行った時みたい♪


生きたお野菜やフルーツに「ありがとう♪おいしくなってね。」なんてお話しながらカットすると、本当においしくなるし、感謝の気持ちがわいてきますhappy01

私もこれ、好きかも~(^^)


普通の食事をする場合、フルーツはデザートにするのではなく、食事前に食べるようにするだけでもいいらしいです。(酵素の働きの関係らしいです。)そして、野菜は食事の最初に食べるのが基本。

イタリアンやフレンチなどのコースで、野菜が最初に出てくるのは、理にかなってるんですねhappy01


詳しいことは、本を読んでくださいね!


ところで、この本を読んで、思わぬメリットがありました。

台所をキレイに保つ秘訣について、汚れたらすぐ拭くことと、使った調理器具はすぐに洗って、すぐ使えるようにセットしておくことが基本なんですが、これは誰しもが言うことで、「そうはいっても・・・」と、なかなか実行できないのが、私のようなズボラ人間の言い分。

石塚さんも、同じように思っていらしたのですが、実験のモデルとなった方が「ひたすら手を動かすだけよ」という言葉と、それを実証するハプニングが載せてあり、本の中の石塚さんが実際に腑に落ちたように、私も読んでいて腑に落ちました。

「ただ、ひたすら手を動かすだけ」

なーんだ。そうだったのか。

何も難しいことないじゃん。

何も考えずに、手さえ動かしてたらいいんだ。

というわけで、我が家ではキッチンのみならず、家全体が少しずつキレイになりつつありますhappy01

|

« 戸田奈津子さん講演会(その3:英語を学習する方へ) | トップページ | 『随(かんながら)神-意識の扉を開く鍵-』 阿部敏郎著 »

コメント

さちちゃん、スムージー飲んでるのね!
グリーン(ほうれん草や小松菜、大根の葉っぱなどの菜っ葉)を入れてグリーンスムージーにするとなお良いそうです。

機会があったらヴィクトリア・ブーテンコさんのグリーンフォーライフという本を読んでみて下さいね。
ヨギーニというヨガ雑誌の今月号(Vol.23)に5ページほどカラーで特集もしていますのでもし本屋さんに行くことがあったら手にとって見てみて下さい。

投稿: ちあき | 2010年5月21日 (金) 23時34分

わーい、ちあきちゃん、アドバイスありがとうheart04

ちょうど、今日、スーパーで、なぜかわからないけど、(献立には入ってないのに)小松菜を買いたくなって、買っちゃったの。

明日の朝、小松菜も入れてみますrock

それから、本の紹介もありがとう~heart01
少しずつ、ローフードを取り入れて行こうと思いますhappy01

投稿: さち♪(管理人) | 2010年5月22日 (土) 00時20分

酵素は生野菜からが一番取れると私も聞いた事があります! しかし生野菜ばかり食べると身体を冷やすとも聞いた事もあります…何でもバランスが大切なのかもしれませんね~。
それと人参ジュース はいいらしく
人参ジュースを作る時は普通のジューサーでは酵素を潰すので低速のジューサーで作ると酵素がうまく残るらしいです、ジュースにする時は人参の皮の所に酵素がたくさんあるので皮をむいたら駄目みたいです!
追求しだしたら野菜は無農薬が絶対身体にいいて思っちゃいますねdelicious

投稿: サリー | 2010年5月22日 (土) 11時05分

サリーさん♪

情報ありがとうございますhappy01
身体を冷やす点については、著者の石塚さんは、ローフードにしてから、逆に低体温が改善されたそうなんです。詳しい事はわかりませんが、食事のバランスや、採り方次第なのかもしれないですねhappy01
低速ジューサー、本にも載っていて、私も欲しいなぁって思っていますが、お値段もするようで・・・sweat01飽き性の私がどこまで続くかわからないので、様子を見てからと思ってます~note
ホント、無農薬で作る技術が広まって欲しいですよねsign01

投稿: さち♪(管理人) | 2010年5月22日 (土) 11時17分

低速ジューサーあります、手動です。。。
結構時間がかかりますが2000円ちょっとで買えたのでたまに作るのに良いかも。

生のお野菜を食べて体が冷えるのではなく、お野菜を冷蔵庫に入れて冷やした物をたべるから体が冷えるのじゃ無いかしら?食べる前に常温にしておけば冷えはこないですよ。

投稿: ちあき | 2010年5月22日 (土) 11時50分

ちあきちゃん☆

投稿したつもりが出来ていなかったわ・・・。
手動の低速ジューサーっていうのもあるのですね~。
情報ありがとう♪
一応、毎朝のスムージーは続いてます(^^)

これからも、少しずつ、調べていきます☆

投稿: さち♪(管理人) | 2010年5月25日 (火) 19時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 戸田奈津子さん講演会(その3:英語を学習する方へ) | トップページ | 『随(かんながら)神-意識の扉を開く鍵-』 阿部敏郎著 »