« コロトコフ博士によるリコネの科学的データと考察  | トップページ | いまここ塾と、『いまここ』の本。  »

2010年4月23日 (金)

思考が現実を創造する

「思考が現実を創造する」という説は、スピリチュアル界では、有名な話です。

私は最近、「こうなったらいいな」と思った瞬間、宇宙がそれを現実化させるように、動き始めるという感覚があります。

そして、「やっぱりこっちの方がいい」と、意志を変えた途端、宇宙が回れ右をして、新しい意志を現実化するために動き出す感じがします。

宇宙に委ねることも大切ですが、やっぱり、私たちの「意志の力」というのも大切だな、と思うのですconfident


エリックが伝えている言葉の中で、私が大好きな言葉の一つが、

「私たちは、人間という表現形態を選んだ多次元の存在である」ということ。


人間だからこそ、「意志の力」を使って、この現実(物質)の世界で、物事を形作っていく必要があるのだと思います。


例えば・・・

先日、半年くらい前にリコネクションを受けて下さったお客様から近況連絡があったのですが、実はその方、警視庁に勤めていることを告白してくださいました。

そして、会話の中で「霊能力が目覚めて、霊視捜査とか出来たらいいんですけど、そういうわけにはいかないですね」みたいな冗談を話してました。


ホント、霊視で犯人なんかすぐ捕まえられるだろうにって思うのですが、やっぱり、「人間」という物質界で生きている以上、それでは人間やってる意味がないのだと思います。


これの前回の記事で、コロトコフ博士の実験データについて、私が無謀な翻訳を紹介しましたが、それだって、人間ではない多次元の存在である私たちの本質(魂)の状態だったら、翻訳なんてせずに理解できるのでしょうが、人間だからこそ、わからない部分があったり、間違った訳をしてしまったりすることがあるのだと思いますし、人によって、翻訳の精度が異なるのでしょう。


このように、「物質界」で「思うようにならないこと」を通して、私たちは、成長を続けているのだと思います。


「宇宙に委ねること」と「意志の力」


どちらもバランスよく使っていきたいですねhappy01

|

« コロトコフ博士によるリコネの科学的データと考察  | トップページ | いまここ塾と、『いまここ』の本。  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コロトコフ博士によるリコネの科学的データと考察  | トップページ | いまここ塾と、『いまここ』の本。  »