« 1万アクセスありがとうございます♪ | トップページ | アルニホEnglish、体験レッスン 無事終了♪ »

2010年2月 9日 (火)

フィールド 響き合う生命・意識・宇宙 (リン・マクタガート著)

 リン・マクタガートさんは、今度のリコネクションのカンファレンスでも講演してくださり、琵琶湖での江本勝さんのイベントでも3月22日に講演されるので、読んでおこうと思って、図書館で借りました。

 ・・・が、なかなか進みません

 この本は、今まで沢山の科学者達が「切り捨て」てきた、「異端」と呼ばれる内容の研究を、それぞれの分野で研究を続けてきた「超少数派」の科学者達の研究を、つなぎあわせてひとつにまとめたもの・・・のようです。


 で、まだまだ最初の方なのですが、この本を読んでいると、「フリーエネルギー」が実現するのは、そう遠くない話だと納得させられます。

 実際のところ、「フリーエネルギー」は、とうの昔に出来上がっているというウワサもありますが、それが事実だとしても、おかしくないと思います。


 スピリチュアルの世界では、「お金のない世界」についてよく語られますが、「フリーエネルギー」が主流になると、ホントに、そんな世界がやってくる事が、現実味をおびてきます。

 衣食住にお金がかからなくなったら・・・生きていくために、お金がいらなくなりますよね。


 以前読んだ本の中で、宇宙人関係の本でしたが、ある星では、「仕事」が出来るのが、とても名誉なことだという話がありました。一般の人は、仕事をしなくても生きていけるので、仕事が少ないから、仕事をしている人というのは、特別な人らしいのです。

 私たちからしたら、仕事しなくても生きていけるなら、絶対、その方がいいと思いますよね(^^)

 でも、想像してみてください。もし、な~んにもしなくても、生きていける、そんな生活が何十年と続いたら、自分の存在価値が見出せないかもしれません。


 そういうことを考えると、今、こうやってここに生かされているのは、とてもありがたいことなんだなぁって思います。


 ヒーリングの事とか、祈りの事とかも書いてあるのですが、まだまだ先は長いです

 また後日、シェアしますね~

|

« 1万アクセスありがとうございます♪ | トップページ | アルニホEnglish、体験レッスン 無事終了♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 1万アクセスありがとうございます♪ | トップページ | アルニホEnglish、体験レッスン 無事終了♪ »