« めまぐるしく・・・ | トップページ | 帰国しました♪ »

2010年2月23日 (火)

ジョアニー・ロシェットさん

今日の英会話レッスンは、フィギュアスケート女子カナダ代表のジョアニー・ロシェットさんのインタビュー記事でした。

先生がカナダ人なので、オリンピックに向けて、先週から色々な事を教えてくださっています。

今回は、カナダで発行されてる小冊子から抜き取った記事で、2ページくらい。

先生と一緒だったら、すぐに読めちゃいました。

ちょうど、ロシェット選手の母親がバンクーバーで急死したというニュースを、昨日、mixiで見ていて、先生もそのニュースを知る前から教材として準備していたらしく、なんとも意味深いレッスンとなりました。


ジョアニー・ロシェットは、お父さんがホッケーのコーチをしていて、初めてスケートをしたのは1歳10ヶ月の時!(カナダには、そんな赤ちゃん用のスケート靴があることにびっくり。ブレードが二本ずついているそうです。)

一人っ子で、「他の子供と遊べるように」との母親の計らいから、スケートを始めたそうです。とっても熱心な母親だったらしいのですが、それが重荷になるどころか、いいモチベーションとなって、とっても熱心に練習をこなしてきたそうです。そして母親からいつも「ビジュアリゼーション(視覚化)出来たら、夢は叶うのよ。」と言われ続け、それを信じていたそうです。
前回のトリノ五輪の時、母親を試合に招待したらしいのですが、その時が彼女の母親にとって初めての「フライト」となったそうで、親戚が集まって、とても楽しかったそうです。
そして、『今回も、母親が来れるかどうかわからないけど、チケットは用意してるの』と、そのインタビュー記事には書いてありました。

そして、実際、バンクーバーで昨日急死したジョアニーの母。

先生も私たち生徒も、ジョアニーの母を思う気持ちを思うと、泣きそうでした。

カナダのオリンピック委員の人たちは、ジョアニーが試合に出るか出ないか、本人の意向に任せる事にしたそうですが、今のところ、彼女は出場する予定だそうです。


それにしても、地元カナダでのオリンピックの舞台で、天はものすごいシナリオを用意しているなぁ・・・って思いました。

(高橋大輔クンにしてもそうですよね。)

今シーズン調子が良くなかったジョアニーだけに、オリンピックで表彰台ってことになったら、すごいですよね。

もう一人の生徒さんと、「キム・ヨナが金で、真央ちゃんが銀で、ジョアニーが銅だったらいいね」って、この記事を読んだ後に話してました。(「真央ちゃんが金でしょ」って怒らないでね~sweat01

きっと、地元カナダの人も、心の底から、ジョアニーを暖かく応援するでしょうし、すごい声援&サポートになりそうな感じですね。

(人が亡くなるのも、完璧なタイミングだと思います。よく、大切な試合前とか、俳優さんだと舞台の前とかに親がなくなったりするのは、目前に「必ず成し遂げなければいけない何か」があれば、あまり悲しみに浸ってられないですよね。辛いけど、目の前のイベントによって助けられることってあると思います。)


あと、びっくりしたのが、彼女もなんと、「シークレット」(「引き寄せの法則」の事を詳しく書いた本の名前)を読んだらしく、それを読んでから、尚更前向きになったそうです。それまでは、大きな目標を公言する事を恥ずかしく思っていたそうですが、その本を読んでからは堂々と、「五輪で金を狙う」という目標を言えるようになったとか。(それを聞いたコーチはびっくりしたそうです。)

「その目標に向かって練習すれば、例え4位という成績で表彰台に上れなくても、私にとってはそれが表彰台になる」とのことで、結果に執着しない考えも、素敵だなぁって思いました。

さて、ハワイに向けて、今朝はJALの機内食をベジタリアンミールに変更し(プラクティショナー仲間のみほさんのブログに書いてなかったら、多分、一生知らなかったと思うわ・・・。みほさん、ありがと!)、修理してたスーツケースを引き取りに行きました♪

明日の夕方、MKシャトルが自宅までお迎えに来てくれます♪ 夕方自宅出発だから、フィギュア女子のショートプログラムは見れるかな(^^)

|

« めまぐるしく・・・ | トップページ | 帰国しました♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« めまぐるしく・・・ | トップページ | 帰国しました♪ »