« リコネクション(R)、リコネクティブ・ヒーリング(R) TAさんのHP | トップページ | 京都の梵鐘(ぼんしょう)の不思議 »

2010年2月 4日 (木)

Dr.エリック・パール インタビュー記事 その2

COCORiLA さんのインタビュー記事待望の第2弾が昨日アップされました。

「光であること」を思い出せば病気は治る [2010/02/03]
リコネクティブ・ヒーリング創始者 Dr. エリック・パールに聞く(2)

今回も、とっても興味深い内容です。

プラクティショナーが他のヒーリングテクニックと併用することでヒーリング効果が弱まるということを、具体的な実験結果を交えて説明されています。

また、クライアント(お客様)自身も、リコネクティブ・ヒーリングと同時に他のヒーリングを受けると、効果が弱まるようです。


私が最も強調したいのは、この部分。

高いレベルのリコネクティブ・ヒーリングを行うプラクティショナーを探したいのであれば、従来のヒーリングテクニックを併用していない人をおすすめします。そうすることで最も高度なレベルのヒーリングを受けることになるからです。

ということで、リコネ専門のSoleil(ソレイユ)のセッションをどうぞお試しください♪

|

« リコネクション(R)、リコネクティブ・ヒーリング(R) TAさんのHP | トップページ | 京都の梵鐘(ぼんしょう)の不思議 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« リコネクション(R)、リコネクティブ・ヒーリング(R) TAさんのHP | トップページ | 京都の梵鐘(ぼんしょう)の不思議 »