« 今日の出来事 | トップページ | 人生が加速する「リコネクション」 »

2009年12月 3日 (木)

『日本人の知らない日本語』蛇蔵&海野凪子 メディアファクトリー

 この本は、随分前にTVで取り上げられて、面白そうだったので図書館で予約したのですが、予約多数でようやく順番が回ってきました(^^)

 日本語学校の教師海野さんが、実際にあった生徒とのやりとりを、漫画家の蛇蔵さんがとっても上手に描かれています。

 最近の日本語の間違いを指摘されていたり、普段使っている言葉の由来に「え~、そうだったの!」と驚かされます。

 「しゃもじ」や「おなら」が大昔のギャル語だったと聞いて、どう思います~?(笑)

 言葉は生きている人間が使っている限り、変化し続けます(^^)

 年を重ねると、若い子の言葉が気になったりしますが、そうやって言葉は変化しながら受け継がれていくのですね。

 接客業でよく使われている間違いだらけの敬語も、そのうち、標準になるかもしれません。

誤「○○の方でよろしかったでしょうか」⇒正「○○でよろしいですか。」

誤「○○(料理名)になります。」(変身するの?)⇒正「○○でございます。」

誤「千円からお預かりします。」(千円さんって、誰?)⇒正「千円お預かりします。」

 多分、若い子は、「誤」の方に違和感がないと思います。きっと、このように違和感がなくなった人が人口の大多数を占めたときに、そちらが正式な日本語として、採用されるようになるのでしょうね。

 絵がとってもカワイイのと、生徒さんのキャラクターがしっかり出来ていて、本を読み終わるとき、「あぁ、この生徒さんたちともお別れだね・・・」と、しんみりしてしまいました

 子供から大人まで、また、日本語を学習している外国人の方々にもオススメです

|

« 今日の出来事 | トップページ | 人生が加速する「リコネクション」 »

コメント

うちにもこの本あるよ~
TVで取り上げられて「面白そう」と思って本屋さんに行ったら売り切れてて、ネット通販でしばら~くしてからようやく届いたよ。
マンガの可愛さに釣られて、娘ちゃんも読んでたし、学校の朝読書の時間にも持って行ってたみたい。
今では当然のように娘ちゃんの机の本棚に置いてあるわ。
内容を理解してくれてるかは分からんけど、色んな本に興味を持ってくれるのは嬉しいことだよ。

投稿: ぷにぷに | 2009年12月 3日 (木) 15時48分

ぷにちゃ~ん、こちらまでコメントありがとう♪

そうそう、TVでは、親子で読んでるって言ってた。子供は子供なりに、面白いんだろうね☆
うん、色んな本に興味を持ってくれると嬉しいね☆
この本の続編出ないかなぁって思ってます

投稿: さち♪(管理人) | 2009年12月 3日 (木) 18時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日の出来事 | トップページ | 人生が加速する「リコネクション」 »