« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月27日 (日)

年末年始のご案内

12月後半に入ってから、とっても忙しくなってブログをあまり更新できないでいます。今年はこれが最後になると思いますので、ご挨拶と年末年始の営業日のご案内です。

今年は沢山の新しい出会いがありました。

4月にリコネクションレベル3のプラクティショナーになってから、少しずつお客様の数も増えて、気がつけば予想以上の数のお客様にセッションをさせていただく事ができて、本当にありがたく思っています。

来年は、飛躍の年になる、そういう風に感じている今日このごろ。全ては宇宙が整えてくれますので、自分に与えられた環境の中で、のびのびとやって行きたいと思っています。

さて、本年度の営業は、明日(28日)をもって終了させて頂きます。(ご予約の受付は終了しました。)

2010年は1月5日(火)からの営業となります。

12月29日(火)~1月4日(月)は、遠隔セッションもお休みさせていただきます。

ご予約はお休みの間も受け付けております。

尚、新メニューとしまして、リコネクティブ・ヒーリングの3回セットをもうけました。どうぞご利用くださいませ。

詳細はリコネクションSoleil(ソレイユ)HPまで。

| | コメント (0)

2009年12月24日 (木)

クリスマスイブに思うこと

今日はクリスマスイブ。

イヴ(eve)というのは、「前夜」とか「前日」という意味なので、「クリスマスの前日」という意味です。

(ちなみに、おおみそかは「ニュー・イヤーズ・イヴ」です)

というわけで、イエス・キリストがお生まれになった前夜祭みたいなもので、キリスト教が普及している国々では、クリスマスイヴとクリスマスの日は、家族と過ごすとっても大切な日。

日本のお正月みたいな感じで、冬休みも、クリスマスを中心にして、前後の日程が取られています。(というわけで、留学していたアメリカの高校は、1月2日スタートだった)

キリスト教じゃない(無宗教の)私も、マスターの一人である、イエス・キリストの誕生日には、世界平和と人類の意識向上に心を向けていたいと思います。

そして、明日は、私の誕生日でもあります。

誕生日のお願い事は、私が生まれてきた目的に適った生き方が出来ますように、ということと、宇宙のお役に立てますように、ということだけです。

ところで、クリスマスに向けて、街中でイルミネーションがキレイだったりするのですが、最近は、以前ほどイルミネーションに感動しなくなりました。

というのも、人工のものよりも、自然の景色の方がよっぽど感動するからです。

毎日見える山の景色や街路樹や誰かのおうちから飛び出ている木の枝でさえも、植物や自然の姿を見るほうが、はるかに感動するようになりました。

「フラワー・オブ・ライフ」のドランヴァロさんや、辻麻里子さん、半田広宣さんの本を読んで、自然というのは完璧な「幾何学」で成り立っていると思うようになり、私たちの「目」を通して、そのような自然の景色(完璧な幾何学)を取り入れることで、言葉ではない深いレベルのコミュニケーションを宇宙ととっているような気がしています。 これは、私が勝手にそう思っているだけなんですけどねhappy01

でも、植物を見たら、ものすごく落ち着くし、言葉には言い表せない、深い感覚が訪れます。

自然の植物は何の努力もしないで、ただ、宇宙の恵みによって、生かされています。

私たち人間も、そういう風になれたら、どれだけ楽に生きられるでしょうか。

その事に気付き、そうやって生きている人が年々増えてきています。「努力をしない」ということは、「何もしない」ということではありません。ただ、自分に無理をしないこと。

私たちが、自分の意志で心臓を動かしたり止めたり出来ないように、自分の意志で病気になったり治ったりできないように、「私のもの」と思い込んでいる自分の身体も、実は、宇宙からの預かり物なのです。

そして、その「宇宙」が、何かの目的があって、私たち一人ひとりを生かしているのですね。

だからこそ、本当に必要なものは目の前にあり、私たちは既に手に入れているのです。

クリスマスの日は特に、そういった事に気付き、感謝する一日でありたいと思います。

合掌

| | コメント (6)

2009年12月23日 (水)

飛んでいきそう・・・

この時間の早さは、何なのかしら。

毎日が飛ぶように過ぎ去っていきます。ホント、一日10時間くらいしかないんじゃないかと思います・・・。

最近、Soleil(ソレイユ)では、滋賀からのお客様にご縁があります。

おかげで、滋賀の行ってみたいお店情報が増えまして、来年、落ち着いたら足を伸ばして色々と体験してこようかと思っています(^^) また報告しますね!

今年のセッションは12月28日で終了です。年内に宇宙と繋がっておきたい方、まだ空きがありますので、どうぞお申し込み下さい♪

詳細はSoleil(ソレイユ)HPへどうぞ。

http://www.soleil333.com/

| | コメント (0)

2009年12月21日 (月)

「宇宙の約束」1周年記念感謝祭

先日ブログにも告知した、「宇宙の約束」1周年記念感謝祭に行ってきました☆

私のお目当ては、村上和雄先生の講演。村上先生といえば、遺伝子研究で有名な方で、イネゲノムを解明した方。「サムシング・グレート」という言葉を作ったのも、村上先生です。

でも、映画「1/4の奇跡」にも興味があって、そのスタッフが作った映画というのも見たかったので、ビビビっときて、即座に申し込みしたのでした。

少し早めに行ったおかげで、とってもナイスな席をゲット。ど真ん中で見てました。

山元加津子さん(かっこちゃん)の事は全く知らなかったのですが、本もいくつか出版されていて、とても有名な方だったみたいですね。

特別支援学校の先生で、障害を持つ子供たちを通して、「私たちは誰でも、役目をもって、生まれて来ている。」「ありのままの自分を受けとめる。」ということを悟られ、みんなに伝えられています。

とてもゆっくり、優しく話される方で、愛情豊かな方なんだなぁって思いました。

映画の最初から最後まで、涙が出るところいっぱいでした。

かっこちゃんの生い立ちで、お父さんとの関係が語られていました。お父さんにおんぶしてもらったこと、雪がつもった日にはかまくら(だったかな?)を作って待ってくれていたことなど・・・。

私は、父とのそのような思い出は全くなかったので、そうやって愛情を示してくれるお父さんがいたかっこちゃんが、とても羨ましかったです。

今回のテーマは「祈り」だったように思います。

村上先生によれば、アメリカでは、祈りと治療の効果を検証するために、政府がお金を出しているそうです。そして、アメリカ人で、西洋医学だけを信じている人は、5割を切ったとのこと。(ふふふ。リコネクティブヒーリングは、アメリカでとっても注目されている代替医療のひとつなんですよnote

村上先生は、祈りと遺伝子の関係も調べたいって仰ってました。

村上先生の講演を聴くのは、今回で2回目です。笑いが病気の治療に効果がある事を、糖尿病患者に漫才を見てもらう実験で証明されたことでも有名です。この実験で、吉本興業とのお付き合いが始まったためか、村上先生の講演会は、爆笑の渦で、とっても面白いんです。

思いつくままに書いているので、話が飛びまくりで申し訳ないのですが、今回の講演会全体を通して、私にとってのテーマがありました。

それは、「空間が全てを含む」ということです。

今読んでいる半田広宣さんの『2013年:人類が神を見る日』の中でも、そのような部分を読んでいますし、ここ最近読んでいる他の方の本やブログにも、そういう風に受け取れるものがあるのですが、私たちが通常「何もない」と思い込んでいる空間(物質と物質の間)にこそ、ホントは、ものすごい量の情報量が含まれているんじゃないかという、私の仮定です。

今回の映画と、村上先生・カッコちゃんの講演を聞いて、うまく言葉には出来ないのですが、ここ数日でそのように感じていた思いがますます深まりました。

そういう事に気付くために、この感謝祭に「ビビビ」ときたのかも知れません。

それからもう一つ、私にとっては、とってもサプライズなプレゼントがありました。

今回の参加者へのプレゼントとして、「ひまわりの種」が用意されていたのです。

「ひまわり」ですよ、「ひまわり」。 Soleil(ソレイユ)です!

あはは。やっぱり、私、呼ばれてたんだnote

頂いた種は、来年咲かせたいと思いますhappy01 私、動植物を育てるの苦手なんですけど、頑張りますshine

というわけで、ここにも書ききれない内容がまだまだあった、盛りだくさんな講演会でしたheart04

| | コメント (0)

2009年12月20日 (日)

英会話

独り言・・・

また、初心者さん対象に、英会話を教えたいなぁ・・・と、秘かに思っている私です。

習ってみたい人、いないかなぁ。

| | コメント (4)

2009年12月19日 (土)

年賀状

先日、郵便物を出しにポストへ行くと、もう、年賀状と普通郵便に分かれていました。

え~、もうそんな時期なのcoldsweats02 

っていうか、誕生日まであと一週間切っちゃったんですけど。。。(と、さりげなく誕生日をアピールconfident

そういえば、例年は喪中はがきがいくつか届いて、「あー、年賀状準備しなきゃ」って思うのですが、今年はたった1通だけなのが、年賀状作成に拍車がかからない原因かも。(もしかして、みんな、私が京都に引っ越したのを忘れて、前の住所に出してるのかな。)

まだ、な~んにも手をつけていません。

あ、年賀はがき発売早々に、プーさんの年賀はがきを購入してたわ。

そろそろ本腰入れて始めないとねconfident

| | コメント (0)

『すべては宇宙の采配』 木村秋則著 東邦出版

これ、ものすごく面白かったです! 

読むのが遅い私が、なんと3時間で1冊読めました。しかもノンストップ。久々に、時間を忘れて読みました。早い人だったら、1時間で読めると思います。

(別途読んでいる半田広宣さんの本なんて、数行読んだだけで眠くなって進まなかったりするのに・・・)

不可能と言われていた、りんごの完全無農薬栽培を実現させた方のお話です。

本のカバーの裏側には、もう、いきなり、私が惹かれるコメントが書いてありました。

隠れている真実を追究する者だけが、
ものごとを成し遂げられるのです。
その過程で味わう桁外れの失敗、
かみ締めた挫折が成功のもとです。
見ることの出来ない地下部との格闘でかいた汗は、
裏切ることなく地上部に現れてきます。

作物がうまく育たないとき
それを土のせいにはしません。
ずっと前からそこに存在している土のほうが、
突然来た作物を嫌がっている、
わたしはそう考えます。

もう、ここを読んだだけで、ビビビっとアンテナ立ちまくりです。

この方も、新時代の地球のために使命を持って宇宙からやってきた方のように思います。

完全無農薬栽培を実現させるための苦労は、本当に、頭が下がります。

無農薬にすることにより、害虫が増え、隣の畑にも迷惑がかかります。最初のうちは、害虫との戦いだったそうです。(農薬を使わないから増えるだけでなく、農薬を使っている畑から害虫が避難してくるんだそうです。)方法を編み出すまでの試行錯誤の年月、収入は激減し、まったくリンゴが実らなくなり、周りの農家からも変人扱いされ、村八分状態だった木村さん一家。

それでも、秋則さんの夢を実現させようと、一家全員で協力されていました。

そして、ようやく実現した、完全無農薬栽培。

秋則さんは、「自然農法」とはまた違ったスタイルを提供されています。

無農薬栽培とは、自然のまま放置するのではなく、人間が自然を生かして手をかけてやって栽培することだそうです。そこに私はものすごく共感します。

例えば、山に自生しているりんごのように、夏場は草ぼうぼうの状態にしておく。でも、秋になると、もうすぐ冬が来ることを知らせるために、草を刈るそうです。そうしないと、草のベッドの下に根を張るリンゴは、冬の到来がわからず、熟さないそうです。草を刈る事により、土の温度が下がり、冬が来ることを知ったリンゴの木が、実を熟させるとのこと。

また、微生物から虫たちまで、自然のサイクルで循環していると、害虫もいなくなったそうです。

他の動物に無い人間の知恵というのは、やはり、自然の特性を生かして、動植物と共存共栄するために使うべきなんですよね。

秋則さんは、昔からUFOを見たり宇宙人に拉致(といっても、怖い体験ではない)されたりと、おもしろい体験をされていて、そのお話も本に載っていて、おもしろかったです。

無農薬栽培を世界に広めるために、大忙しの日々を送られている木村秋則さん。多くの農業をやっている若者がこれに共感して、学んでいって欲しいなぁと思います。

| | コメント (3)

2009年12月17日 (木)

ダウンジャケット最高♪

先日、念願の「ダウンジャケット」をゲットしましたhappy02

ダウンジャケットごときで・・・って思われるかも知れませんが・・・貧乏性のワタシは、洋服に何万もかけるのが苦手なので、コート・ジャケット類は、数年前のラスベガスのアウトレットで買ったきり(いつも、アメリカ旅行の際に、アメリカブランドのアウトレットで大量購入してます。日本の半額くらいで買えます)。京都に来てから、旦那の仕事が忙しくて海外どころか国内旅行も行けない状態なので、洋服も殆ど買っていない状態でした。

私の住んでる地域は、京都でも特に寒いところ。今年こそは新しいコートが欲しいと思いながらデパートをぶらぶらしてると、ダウンジャケットが目に付いて、「そうだ、今年はダウンジャケットを買おう」と思っていたのでした。

で、デパートの中を散々歩き回り、でも、ピンと来るのがなかったので、違うデパートまで行き、また散々歩き回り・・・

最後の最後で、「これいいかも」っていうのにめぐり合いました。

なんと、その日までの出張販売セール。

販売員さんが

「これね、すごく評判いいんですよ~。昨年の同等素材のだったら、倍の価格はしてたんです。アラスカ行った人も、ものすごく温かかったって言ってたし、他のブランドを着倒して探し回ってた人も、これが一番軽くて暖かいって仰ってました」

とセールストーク。

で、試しに着てみたのですが、ホントに暖かい。っていうか、暑い。暖房の効いたデパートの中だったら、汗ばんでくるくらいでした。

2色あって、ものすごく迷った末、決定。

翌日、早速着てみました。

ダウン、サイコーhappy02 羽毛布団を着てるみたいheart04

外の風もさえぎるし、ぬくぬくです。 これなら、冬のお出かけも、全く苦になりません。happy01

でも・・・自転車乗ってると、ダウンにくるまれていない足元が、めちゃくちゃ寒い・・・

これさえ何とかなれば、言う事ナシなんだけどなぁhappy01

| | コメント (2)

2009年12月13日 (日)

ちょっとお休み

「毎日更新」を目標にしていましたが、昨日は投稿できませんでした・・・。

毎日更新記録が途絶えたところで、ちょっと休憩したいと思いますsleepy

| | コメント (0)

2009年12月11日 (金)

毎日が超特急

今日は、午前中にリコネクションのセッションで、またお一人宇宙に接続しましたdelicious
ソレイユを選んで受けに来て下さって、ありがとうございました!
ホントやる度に思うのが、リコネクションもリコネクティブヒーリングも、どちらのセッションもそれぞれ違った良さがあって、楽しいですshine
リコネクションは一生に一度だけなので、終わってしまったらお客様と会えないのが淋しいところなのですが、近況などご連絡頂けると、とっても嬉しいです。また、便りのないのは元気な証拠で、連絡がなくても、きっと日々の加速の中にいらして、元気にされていると信じていますので、お客様がそれぞれ自分の道を歩んで行かれるのは素敵な事です。

午後からは、昔の仕事仲間&マイミクのちあきちゃんの所にお邪魔してきました。とても環境の良い所で、沢山お話できて楽しかったですnoteおいしいラスクも頂いて、有難うございましたdeliciousローフードを始められて、ますます素敵に、穏やかになられたように思いましたdelicious

今はまた実家にいます。明日は従姉妹の結婚式。久々の結婚式なので、楽しみですshine着物を着るのも久しぶりnote

毎日がテンポ良く、超特急で過ぎていきます。ぼーっとしてるのはもったいないsign03人生をしっかり味わおうと思った1日でした。

| | コメント (0)

2009年12月10日 (木)

応援告知 ~宇宙(そら)の約束~

マイミクのたんたんさんのところで発見。転送しま~す♪

その日は休日営業の予定でしたが、ちょうど午後からは予約が入ってなかったので、「予約受付終了」にして、こちらのイベントを申し込みましたhappy01

(予約しようと思われていた方がいらしたら、ゴメンナサイsweat01

興味がある方、どうぞ~note

◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇転送大歓迎◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇

村上和雄さん、山元加津子さんをお招きして
ドキュメンタリー映画「宇宙の約束」1周年記念感謝祭♪

出演者村上さんと山元さんの夢の対談に上映に、盛りだくさんの記念イベント!
今年1番の感動をお届けします。ぜひお越しください。

日時:2009年12月20日(日)
    12:30開場、13:00開演(17時頃終了予定)
場所:京都大学百周年時計台記念館大ホール
   (京都大学本部構内)
    京阪出町柳駅東に徒歩20分 
   JR京都駅より市バス206系統で京大正門前下車(約30分)
参加費:前売り 2500円、当日 3500円、 高校生以下 1500円、未就学児 無料
内容:映画「宇宙(そら)の約束」上映
   村上和雄さん講演 (50分) 「
   響き合いつながるいのち~自分を生かす、他を生かす~」
   山元加津子さんお話し(30分)
   村上さんと山元さんトークショー(20分)
   ※出演者 竹内由美子さん、赤塚高仁さんも駆けつけてくださる予定!

お申込み:
こちらのフォームにご記入の上、ご送信下さい。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/634d255f63267

折り返し、受付完了のメールが届きますので、
1週間以内に下記銀行に人数分の合計料金をお振込み下さい。
(お振込み手数料はお客様にご負担をお願いしております。)
※この時の振込用紙がチケットの代わりとなりますので
イベント当日、忘れずにお持ち下さい。

◆ゆうちょ銀行 14310ー39952991
 名義:E・Eプロジェクト(イーイープロジェクト)

【お問合せ】https://ssl.form-mailer.jp/fms/5738c82a64012

主催:E・Eプロジェクト

☆映画「宇宙の約束」とは???☆

特別支援学校の教諭、山元加津子さんのお話をもとに、
映画「1/4の奇跡」のスタッフが再結集して作った作品です。
「1/4の奇跡」(監督:入江富美子 2007年制作)は加津子さんと
障害を持つ子どもたちとの心の交流のお話を通して、
いのちの素晴らしさを描き出し、多くの感動を呼びました。
人から人に伝わり、2年間で自主上映では異例の450箇所5万人を動員。
本作はその「1/4の奇跡」のスタッフが再び結集、
前作でプロデュースコーチを務めた岩崎靖子が監督となり、
加津子さんへのインタビューを中心に、「1/4の奇跡」のさらに奥、
宇宙の秘密に迫ります。
詳しくはこちら!
http://www.ee-pro.net/movie/sora.html
予告編・制作日記はこちら!
http://yakusoku.dtiblog.com/

☆あらすじ☆
 「いのち」と向き合い続ける山元加津子さん。子どもの頃からどうして色んな
事がうまくいくようになっているのか、知りたくてたまりませんでした。花は
どうして咲く時期を知るのだろう。雨はどうしてふるの?どうしてどうし
て……。その不思議を追いかけるうち、すべてのものの奥にある「約束」があるんじゃないかと思いはじめるのでした。
 「約束」は私たちをつくり、出会わせる。私たちはつながってひとついのちとして明日へ向って歩いている。
かっこちゃんはその想いを一遍の詩にします。
タイトルは「宇宙の約束」。般若心経を心訳したその詩は私たちが忘れがちな大切なことを思い出させてくれる愛の詩。
「生きるとはなにか」「死とは何か」宇宙の秘密に迫ります。

☆映画鑑賞の感想

「今、苦境の自分と重なり、涙がとめどなく溢れ出し、ぐちゃぐちゃになりま
した。人生をめちゃくちゃにしてしまい、いろいろな人に迷惑をかけて、
様々な力や暖かい心をいただいている自身の現実に……。
その涙で、最低最悪の自分の心が浄化され、心の奥に魂が生まれ変わった心境です。もう言葉がみつからないです・・・
ありがとう・・・ありがとう・・・ありがとう」増田暁彦さん

「はじめなきはじめより、終わりなき終わりにつづくいのちの流れ、
今ここに存在することの喜びをふつふつと沸かしてくれ、“みんな仲良く助け
合い”というあったかい気持ちにさせてくれる映画です」
社会教育評論家 
伊勢修養団相談役   中山 靖雄

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

| | コメント (2)

2009年12月 9日 (水)

『売国者たちの末路』 副島隆彦・植草一秀 著

この本をこのブログで取り上げるのは、なんとも異色な感じなんですけどsweat01 (っていうより、私がこんな本を読んでいるのが異色だcoldsweats01) やっぱり、「目を覚ます」というか「脱洗脳」という視点から、紹介したい一冊です。

私が『マスコミは真実を語らない』ということを知ったのはもう随分前になりますが、それは主に、精神世界系の本だったり、サイトから得た情報でした。

でも、この本は、実際に政治・経済に身を置く方による、具体的な内容が語られています。

植草一秀さんといえば、皆さんもご存知の、コメンテーターとして有名なエコノミストで、痴漢容疑で逮捕された方です。

彼が逮捕された時、私は、「うわぁ、あの人、そんな趣味あったんや」と思いました。本人も容疑を認めているとのことでしたが、実際は冤罪であったとのこと。真実は関係者にしかわかりませんが、植草さんが容疑を認めたのは、拘束された際に「認めたら帰してやる」と警察から言われたから認めた、あくまでも「自らの無知のために認めてしまった」と述べていらっしゃいます。(同じような話がありましたよね。)

彼が逮捕される(ターゲットにされる)経緯となったのは、超完結に言うと、「郵政民営化」に反対したからだそうです。

最近でこそ、ネットを中心にやっと気付いた人が増えてきましたが、「郵政民営化」は、日本の「郵貯」「かんぽ」による国民の資産を、アメリカに横流しするプランだと言われています。

それに反対する人たちは、ことごどく消されていった。その一番の被害者が植草さんだったそうです。

信じる・信じないは、人それぞれですが、私は、考えられるシナリオだと思います。

私は政治・経済のことがよくわからないので、植草さんがどれほど優秀なエコノミストなのかわかりませんが、副島さんは絶賛されています。それほどのブレーンの持ち主だったからこそ、「痴漢」という社会的辱めを受ける影響の大きい容疑で、マスコミから消されたのでしょう。

郵政問題だけに限らず、日本は、アメリカの言いなりです。アメリカの言う事を聞かない愛国心の強い政治家さんたちは、他にも「事件」をしかけられ、第一線から退くように仕向けられているようです。(泥酔会見で話題になった、中川元大臣もそのうちの一人だそうです。不審な亡くなり方をされましたよね・・・。)

ちょっとみなさんの参考のために、マスコミがどういう風になっているか、抜粋しますね。(こんな事載せていいのが、ドキドキですが)

副島 このテレビ5社、新聞5社に対しては私なりの理解があります。読売=日テレは、戦後、アメリカのCIAが「世界反共産主義ネットワーク」の一環として直接育てた。(略)フジ=産経も、長年、日本の愛国右翼系勢力であるようなふりをしながら、実態はアメリカの子分になっている。産経新聞(もともと日経連の幹部たちがつくった)の中には、本当の愛国派の記者たちがまだ残っていますが、総体としては、アメリカ批判はなぜかしない会社です。
 テレビ朝日=朝日新聞は、歴史的には反米で、日本のリベララル勢力の結集体のように言われてきました。が、この10年、どうもそういうことが出来なくなった。(略)小沢一浪攻撃の西松建設の政治献金問題は、半年くらい前の2008年開きごろから朝日新聞が追いかけていて、初めから検察と共同行動をとっていたようです。
 日経新聞=テレビ東京は、アメリカの資本が入っているわけではないのに経済新聞という性質から経営者の団体寄りであり、相当アメリカの意向で動く新聞です。かつてのマグロウヒル社、ビジネスウィーク誌(ロックフェラー財閥系)との提携関係が今も残っているのでしょう。
 毎日新聞=TBS系は他の4つと比べると、まだ公正な報道を心がけているように見えます。特に毎日新聞はその傾向があります。あとでも話しますが、中川昭一大臣が辞任に追い込まれた事件でも、そのきっかけとなった記者会見にいたる内情を最初に報道したのは毎日新聞です。中川昭一がローマG7後の記者会見で、ろれつが回らない発言をした。その直前に数名の、特定の女性記者たちとレストランでワインを飲んだという事実です。毎日新聞の記事は「本誌の記者はその席に同席せず」という、あとで有名になった文で終わっています

『売国者たちの末路』 副島隆彦・植草一秀 著 祥伝社 p.202~p.203

植草 重要な決定は政治の場で行われますが、その決定を誘導するために、先ほど言ったメディアによる世論調査が使われる。その際、質問の方式や、質問を問いかける層の選定によって回答を誘導できます。
 たとえばメディアがよく行う方式に、電話による世論調査があります。このとき回答者は家にいて、時間を割いて電話に出られる人でなければならない。すると、世論調査の母集団に偏りが出てくるわけです。その母集団の調整のするのかしないのか。調整次第で回答結果も変わってきます。
 したがって世論の実態は、実ははっきりしていないと思うのです。本当ははっきりしない実態にもかかわらず、はっきりした実態があるかのごとくに世論が創出され、その世論に沿う政治の意思決定が行われていく。
 (略)
 副島さんが言うテレビ5社・新聞5社---音と映像の全国ネットワーク放送と、文字と写真で伝える全国紙の影響力は非常に大きい。国家権力の意思決定において、メディアが最重要の位置に来てしまっています。もはや「第四権力」ではなく、「第一の権力」に置き換わったと言ってもいいかもしれません。

『売国者たちの末路』 副島隆彦・植草一秀 著 祥伝社 p.204~p.205

 

植草さんの仰る通り、マスコミが言う「世論」とは、実態がありません。

これは私たちの日常生活に置き換えても同じです。

よく、「みんながそう言ってた」と使いますが、「みんなって誰?名前挙げてみて」って言うと、大抵、2~3人しか上がりません。

マスコミの「世論」も規模が違うだけで、同じことなんですね。

また、質問の仕方によっても、答えを誘導することができますし、インタビューの一部を繋ぎ合わせて編集して、発言者の意思と全く違う内容にする事も可能です。

そんな報道番組を見る時は、私たちは、ある意味、「洗脳されやすい」意識状態で見ていますので、何も考えずに見ていると、TVのいう事が100%正しいと思ってしまうのです。

メディアも企業ですから、スポンサーの意向には逆らえません。小泉さんがやった「郵政選挙」では、かなりの巨額が投資されたように思います。

今年、民主党が大勝したのも、アメリカの金融危機で、色々なところを買収するお金がなかったのも一因のようです。

この話とは関係ありませんが、押尾学の事件で、女性が亡くなった部屋の契約者であったPJ社社長の名前が出てきた時、その話はなかったかのようにうやむやになると同時に、のりPの話題が出てきて、押尾学は一切出てこなくなった。各社こぞって、のりPの話題を長時間流し、忘れた頃になって、押尾学が復活してきた。

彼らは氷山の一角として、ある意味利用された、という見方もできます。罪を犯した事実はあるにせよ、報道時間の長さがどうも意図的に利用されているように感じます。

日本人は、北朝鮮や中国を見て、「政府にコントロールされて、かわいそうに」と思いますが、日本だってやってることは同じだと思います。

マスコミが語る以外に、「こういう見方があるんだ」という視点で読むといいと思いますconfident

かなり重たい内容になってしまいましたが、私が言いたいのは、マスコミを100%信用しないでおきましょう、ということです(笑)

じゃぁ、何を信じればいいの?ってことになると思いますが・・・ ニュースなどで報道される事ってね、本当の真実はわからないと思うんです。被害者・加害者、それぞれの立場もあるだろうし、関係者の数だけ、真実があると思います。そんな事よりも、自分自身の現実における人生に意識を集中させたほうが、よっぽどいいですよnote

あ、ついでにいいますと、私の話も100%信用する必要はありませんhappy01 みなさんは、みなさんの心で感じる事を信用してくださいねconfident

| | コメント (4)

2009年12月 8日 (火)

リコネクティブ・ヒーリングお客様体験談

先日、リコネクティブ・ヒーリング(3回セット)を受けて下さったお客様から、その後のご報告を頂きました。体験談のシェアに快諾してくださいましたので、ご紹介しますねheart04

こんにちは!先日は大変お世話になりました。
あれから…何か変化があれば気がつくかな~?と思ってました。
これといった劇的な変化というのは感じませんが、先日も少しお話しましたがここ2ヶ月程の間に色々とあり、一睡も出来ない日々が続き、お薬を使用しないと眠れないようになっていました。元々お薬は苦手なので、リコネを受ける少し前から勝手に半量にしていましたsweat01(当然、効きませんでしたがhappy01sweat01)
リコネを受けてから(たいして効いてない半量のお薬は続けていますが)眠れるようになりました。
気がつくと、この間で1番辛かったのはその事で、それが改善され、とても心穏やかになってる自分がいることに気づきましたhappy01
「眠る」という当たり前の事が当たり前じゃなくなった辛さを経験したからこそ、眠れるようになったいまその事に心から感謝できてる自分を発見できました。リコネクティブヒーリングを受けることが出来、幸さん(勝手にsweat01すみませんsweat01)と出逢うことができ、とてもうれしく思っています。本当にありがとうございましたhappy01
又何か、変化に気づく事ができたら連絡させて頂きます。

ホント、お客様の必要なところに届くようになっているのだなぁって、つくづく思います。

「3回受ける必要はない」と言われていますが、やはり、3回受けて頂くメリットは大きいようにも思います。

この方の3回目のセッションの時、お客様と私と宇宙の三位一体のリコネクティブ周波数の中で、「幸せ」というのを物凄く感じました。その話を事後ヒアリングでお客様にした時に、私もお客様も涙ぐんで・・・なんともいえない、感謝のひと時でしたconfident

| | コメント (0)

2009年12月 7日 (月)

価値観

週末は、夫が前の部署の仲間達との忘年会(泊まり)で、日曜日の夜もそのまま泊まってから取引先のところに行くとのことだったので、急遽、私は実家に帰っていました。

私の実家と夫の実家は、色々な価値観が正反対です。

どちらもそれぞれ、一長一短で、良い面と悪い面があります。

ずーっと、夫の実家側の価値観に染まっていると、たまに実家に帰った時に、実家の家族の反応に違和感を覚えます。

逆もまたしかりで、今回のように私だけで2~3日実家に帰っていると、夫と会った時に、なんだか違和感があります。

これね、なんだか不思議だったんですが、今日、ひらめきました。

「周波数」ですよ、きっと。

実家の家族が普段出している周波数と、夫側の周波数が違うんです。

だから、実家に久々に帰ると違和感がある。だけど、それに馴染むと、私自身がその周波数に共鳴してくるから、今度は夫と久々に会うと、違和感を感じるんですね。

でも、実家にずっといると、「私の原点はここだ」と思います(笑)

まぁ、だからどうしたって話なんですけどhappy01

こんな風に、知らず知らずのうちに、周りの人間の周波数に同調してしまうから、日々付き合う人の選択は大切だなぁって思います。

仕事などで付き合う相手を選べない場合は、学びの種が必ず相手にあるものなので、相手に対してどうこう思うよりも、反面教師として、自分を磨くツールに使うのが一番ですよねnote

今日もよい一日をshine

| | コメント (0)

2009年12月 6日 (日)

フィギュアスケートGPファイナル♪ 続き☆

わーいhappy01 高橋君のSP(ショートプログラム)ネットで見れたよheart01heart01heart01heart01

(夜には、もう削除されてました~)

やっぱり、ステキ~heart04

ジャンプはスピードもあったし流れもあって完璧だったし、スピンも、最初のスピンで最後が流れてしまったけど、回転も速くて軸もしっかりとれてて、とっても良かった♪

ストレートラインステップなんか、めちゃくちゃシビレるわ~heart04

サーキュラーステップも、もちろん、素晴らしかったconfidentnote

これ、完全保存版だわ。 ちょっと解説がウザイけど。。。(解説がお茶の間レベルという書き込みがあって、思わず笑ってしまった。私も同感。たまに間違ってるし、ウルサイし、下品だし。あ・・・黒さちが出てきたわ。引っ込めます。)

フリーは残念な結果だったけど、でも、オリンピックに向けて、それくらいの方が良い良いnote

フリーの時、ミスが多かった高橋くんに対して、実況アナウンサーが「みんなは高橋大輔がリンクに帰ってくることを待ち望んでいた」っていうようなフォロー(?)をして、感動したよ。本当に、そうだもんねheart04

次の試合も、楽しみにしてます☆

| | コメント (0)

2009年12月 5日 (土)

フィギュアスケートGPファイナル♪

昨日のショートプログラム、録画予約をあと回しにしてたら、すっかり忘れてパソコンに没頭。(YouTubeやらアメリカのThe Reconnection公式サイトやらで、リコネクション関係の音声ファイルをずーっと聞いてたの・・・。この話はまたいつか。)

気がついたのが9時すぎ。男子が終わってて、女子が始まってました。

いや~ん、高橋くん、見逃した~。

ネットで早速調べたら、歴代2位の高得点で、SP1位になってる・・・。

そんな素晴らしい演技を見逃したなんて、かなりショック。

最近、ブログで「私ってラッキー♪」を連発していたせいだろうかsad

だいたい、ブログに書くと、反対のことが起きるんだよなぁsweat02

今日の放送で、昨日の演技がフルバージョンで流れないかなぁ。

ところで、今日、上賀茂神社に行ってきました♪

とはいえ、「今井食堂」のランチのついでなんですけどね(^^)

雨上がりで、とっても素敵な空間でしたよ。お寺や神社って、心が洗われるような感じですけど、上賀茂神社は特に神聖なエネルギーに満ちているような気がします。心のお洗濯にはもってこいの場所です。

神社つながりで思い出したのですが、私が前行った「天河神社」。スピ系の人の間では「呼ばれる神社」として有名で、「呼ばれないと行けない(天候不良だとか急に用事が入ったりして)」とさえ言われているのですが、私の夫は、中学校の時に「林間学校」で1回、クラブの合宿で3回、中学校3年間だけで4回も行ってるそうです。

あはは。夫も呼ばれてたの~?happy01happy01

| | コメント (0)

2009年12月 4日 (金)

人生が加速する「リコネクション」

リコネクションの効果の一つに「人生が加速する」っていうのがあります。

日々が加速していくので、「求めていることの答え」がすぐに得られるようになるんです。

私の場合、いつの間にか3日くらいで答えが出るようになりました。

「え~、こんな偶然ってあるの!!!!」って事が、毎日のように起こります。

実は今日も、ひとつありました(^^)

友人から、紅茶屋サンがやってるクリスマスランチに誘われて、予約をしてもらうことに。でも、もう既にキャンセル待ちだったそうです。友達がとっても行きたいお店だったらしく、とても残念がっていました。それが2日ほど前の話。

でも、今さっき、キャンセルが出たから、予約が取れたと連絡がありました。

仕事中だった彼女は、たまたま、ケータイを持っていた昼休みに(普段は持ち歩かないそうです)連絡が入ったそうです。

これは、きっと、私が関わっていたからに違いないflair と、なんともオメデタイ発想をしていますが、リコネってね、こうやって、周囲の人にも恩恵があるんですよ。

リコネ受けた人と一緒にいると、電車やバスの移動がスムーズになるっていう話はよく聞きますhappy01

久々に会う人と話すると、やっぱり、私の周りだけがこのようなラッキー&シンクロなんだということを実感します。(周りというのは、ブログやネットで関わっている方達も含めてですよ!)

きっと、加速のど真ん中にいる時にはわからないのですが、時間の流れが違う人とお話したり、ちょっと過去を振り返ってみると、実感できますnote

そうそう、YouTubeにアップされてる、エリックのラジオインタビューのネタなんですけど、2009年7月時点で、全世界でリコネクティブヒーリングのセミナーを受けたのは約6万人なんだそうです。そのうちの2割、約1万2千人が、医師や看護師をはじめとする、医療従事者。

これが5年前、10年前だと、2割もの医師や看護師たちが、このようなヒーリングのセミナーを受講するとは考えられませんよね。

(そう考えると、10年以上前に「前世療法」を出版したブライアン・ワイス博士の勇気には、本当に頭が下がります。)

明らかに、時間は私たちの意識レベルと共に加速し、拡大しています。

私は、そのうちヒーリングはいらなくなるとずっと思っていますが、それは、私が生きている間の事ではないかも知れません。もしかすると、他のヒーリングが淘汰されていき、リコネクティブヒーリングに集約されていくようになるのではないかとも思えます。

というのは、リコネクティブヒーリングは、身ひとつで出来る、最もシンプルでパワフルなヒーリングで、誰にでも出来るものだからです。

いつか、世界中の人がこのヒーリングを扱えるようになる時が来るかもしれないですね(^^)

その時は、「リコネクティブヒーリング」という名前すら、なくなっているかもしれません。(あくまでも、私の勝手な想像の世界ですよnote

そうだ、今日は「リコネクション」の方の話だった・・・。

とにかく、前にも書きましたが、リコネクションって、その効果を考えたら、ホント、良心的な価格のセッションだと、つくづく思います。

その効果を身に沁みて実感している今、リコネクションが気になられている方には、勇気を出して、受けてもらいたいと思っています!本当に、これほど価値のある自己投資って、他にないですよhappy01

| | コメント (0)

2009年12月 3日 (木)

『日本人の知らない日本語』蛇蔵&海野凪子 メディアファクトリー

 この本は、随分前にTVで取り上げられて、面白そうだったので図書館で予約したのですが、予約多数でようやく順番が回ってきました(^^)

 日本語学校の教師海野さんが、実際にあった生徒とのやりとりを、漫画家の蛇蔵さんがとっても上手に描かれています。

 最近の日本語の間違いを指摘されていたり、普段使っている言葉の由来に「え~、そうだったの!」と驚かされます。

 「しゃもじ」や「おなら」が大昔のギャル語だったと聞いて、どう思います~?(笑)

 言葉は生きている人間が使っている限り、変化し続けます(^^)

 年を重ねると、若い子の言葉が気になったりしますが、そうやって言葉は変化しながら受け継がれていくのですね。

 接客業でよく使われている間違いだらけの敬語も、そのうち、標準になるかもしれません。

誤「○○の方でよろしかったでしょうか」⇒正「○○でよろしいですか。」

誤「○○(料理名)になります。」(変身するの?)⇒正「○○でございます。」

誤「千円からお預かりします。」(千円さんって、誰?)⇒正「千円お預かりします。」

 多分、若い子は、「誤」の方に違和感がないと思います。きっと、このように違和感がなくなった人が人口の大多数を占めたときに、そちらが正式な日本語として、採用されるようになるのでしょうね。

 絵がとってもカワイイのと、生徒さんのキャラクターがしっかり出来ていて、本を読み終わるとき、「あぁ、この生徒さんたちともお別れだね・・・」と、しんみりしてしまいましたweep

 子供から大人まで、また、日本語を学習している外国人の方々にもオススメですnote

| | コメント (2)

2009年12月 2日 (水)

今日の出来事

今日、バス停でバスを待っていたら、60代くらいのおばさんに話かけられました。「どこに住んでるの?」「どこに行くの?」などなど。知的障害がある方のようでした。見た目は白髪で小太りのオバサンなんですが、笑顔が子供のようにとても可愛かったです。

で・・・会話中に、そのオバサンに、「おばちゃん、子供いるの?」と、「おばちゃん」と呼ばれて、ちょっとショック・・・。 いや、どう見ても、私の方が若いんですけど・・・。

でも、彼女にとっては、自分より若いかどうかは関係ないのでしょうね。「おばちゃん」は「おばちゃん」なのでしょう。

それから・・・今日は1年以上ぶりに、「一人カラオケ」してきました♪

実は、私の秘かな趣味で、数年前からヒマを見つけては、平日昼間の安い時間帯を狙って、一人カラオケしていました。(きっかけは、カラオケ屋でバイトしてた妹。「一人で来る人、結構いるで~」と聞き、カラオケに一人で行っても大丈夫な事を知り、行くようになりました。)

京都に来てから1年間、「一人カラオケ」してなかったんですけど、今日、久々に行って来ましたshine

そこ、めちゃくちゃ安いので、カウンターの受付に行列ができてました。

私の後ろには、40代くらいの主婦。彼女も一人で来ていて、なんだか親近感がわきました(^^)

1年以上ぶりなので、いつも何を歌ってたかさっぱり忘れていました。

でも、1時間歌って、すっきりしましたhappy01

ところで、今週末(5日、6日)、岩倉サロンのみ、セッションが可能になりましたnote

夜も遅くまで出来ますので、ご相談下さい。

| | コメント (6)

2009年12月 1日 (火)

あわてんぼうさんな1日

師走に突入しました。

師走でなくても、時間の加速で過ぎ去る日々の早さに驚く毎日ですが・・・。

今日は、あわてんぼうさんな1日でした。

朝、英会話のレッスンに遅刻してしまいましたsweat01 で、昼からはタイミングよく進んだのですが、帰宅直後から、もう、バタバタバタバタ・・・。

「急がなきゃdash あーもうなんでこうなのsign03」というのを感じました。

お隣さんの郵便物(誤送されてた)をあけてしまったり、

磨いだおコメを置いてたボールにモノが当たって、よりにもよって、「燃やさないゴミ(プラ製品)」専用のゴミ箱に落下したり・・・(分別しなおしましたsweat02

マヤ暦の先生が「(260日周期の)1日1日、違ったエネルギーがあるから、ある人の人生を知りたかったら、その人のKINの日のエネルギーを感じてみてください。」と言われたのを思い出しました。

今日はKIN132「黄色い月の人」です。この日に生まれた方の人生は、あわてんぼうさんな人生なのでしょうかcatface いや、それはちょっと気の毒だ。私がそうだったからといって、結論付けちゃ失礼だhappy01

ところで、今の時期、マヤ暦では「変化」が起こる時期です。(起承転結の「転」にあたる。)昨日から更に「変化」のエネルギーが強くなっています。それに応じてか、急にセッションのご予約を沢山頂いています。きっと皆さん、潜在意識で感じられているのですね。

ちなみに、260日周期での「変化の時期」は、12月25日まで続きます。あ、私の誕生日だ(←さりげなくアピール) その中でも、最も「変化」のエネルギーが強いのが、12月12日までです(ちなみに、イトコの結婚式。)

12月25日と26日では、ガラッとエネルギーが変わります。クリスマスというイベントがあるから、なかなか気付かないかも。その時まで覚えてたら、観察してみてくださいね♪(って言ってる私が一番忘れてそうなのですが・・・)

まぁ、マヤ暦は、「変化の時期だから、何か変化を起こさないといけない」という使い方より、後から起こったことの意味づけとして、「あー、変化の時だから、こういう事が起こったのね」という風に解釈する方がいいような気がしますhappy01 

ではまた明日paper

| | コメント (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »