« 英会話 | トップページ | 飛んでいきそう・・・ »

2009年12月21日 (月)

「宇宙の約束」1周年記念感謝祭

先日ブログにも告知した、「宇宙の約束」1周年記念感謝祭に行ってきました☆

私のお目当ては、村上和雄先生の講演。村上先生といえば、遺伝子研究で有名な方で、イネゲノムを解明した方。「サムシング・グレート」という言葉を作ったのも、村上先生です。

でも、映画「1/4の奇跡」にも興味があって、そのスタッフが作った映画というのも見たかったので、ビビビっときて、即座に申し込みしたのでした。

少し早めに行ったおかげで、とってもナイスな席をゲット。ど真ん中で見てました。

山元加津子さん(かっこちゃん)の事は全く知らなかったのですが、本もいくつか出版されていて、とても有名な方だったみたいですね。

特別支援学校の先生で、障害を持つ子供たちを通して、「私たちは誰でも、役目をもって、生まれて来ている。」「ありのままの自分を受けとめる。」ということを悟られ、みんなに伝えられています。

とてもゆっくり、優しく話される方で、愛情豊かな方なんだなぁって思いました。

映画の最初から最後まで、涙が出るところいっぱいでした。

かっこちゃんの生い立ちで、お父さんとの関係が語られていました。お父さんにおんぶしてもらったこと、雪がつもった日にはかまくら(だったかな?)を作って待ってくれていたことなど・・・。

私は、父とのそのような思い出は全くなかったので、そうやって愛情を示してくれるお父さんがいたかっこちゃんが、とても羨ましかったです。

今回のテーマは「祈り」だったように思います。

村上先生によれば、アメリカでは、祈りと治療の効果を検証するために、政府がお金を出しているそうです。そして、アメリカ人で、西洋医学だけを信じている人は、5割を切ったとのこと。(ふふふ。リコネクティブヒーリングは、アメリカでとっても注目されている代替医療のひとつなんですよnote

村上先生は、祈りと遺伝子の関係も調べたいって仰ってました。

村上先生の講演を聴くのは、今回で2回目です。笑いが病気の治療に効果がある事を、糖尿病患者に漫才を見てもらう実験で証明されたことでも有名です。この実験で、吉本興業とのお付き合いが始まったためか、村上先生の講演会は、爆笑の渦で、とっても面白いんです。

思いつくままに書いているので、話が飛びまくりで申し訳ないのですが、今回の講演会全体を通して、私にとってのテーマがありました。

それは、「空間が全てを含む」ということです。

今読んでいる半田広宣さんの『2013年:人類が神を見る日』の中でも、そのような部分を読んでいますし、ここ最近読んでいる他の方の本やブログにも、そういう風に受け取れるものがあるのですが、私たちが通常「何もない」と思い込んでいる空間(物質と物質の間)にこそ、ホントは、ものすごい量の情報量が含まれているんじゃないかという、私の仮定です。

今回の映画と、村上先生・カッコちゃんの講演を聞いて、うまく言葉には出来ないのですが、ここ数日でそのように感じていた思いがますます深まりました。

そういう事に気付くために、この感謝祭に「ビビビ」ときたのかも知れません。

それからもう一つ、私にとっては、とってもサプライズなプレゼントがありました。

今回の参加者へのプレゼントとして、「ひまわりの種」が用意されていたのです。

「ひまわり」ですよ、「ひまわり」。 Soleil(ソレイユ)です!

あはは。やっぱり、私、呼ばれてたんだnote

頂いた種は、来年咲かせたいと思いますhappy01 私、動植物を育てるの苦手なんですけど、頑張りますshine

というわけで、ここにも書ききれない内容がまだまだあった、盛りだくさんな講演会でしたheart04

|

« 英会話 | トップページ | 飛んでいきそう・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 英会話 | トップページ | 飛んでいきそう・・・ »