« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月30日 (月)

最高のヒーリング

引き続き、エリックのラジオインタビューを聞いています。

「今までの中で、一番劇的なヒーリングはいつですか?」という質問に対し、エリックは

「一番最近にしたヒーリングだよ。僕はいつもそう答える。」と言いました。

毎回毎回、全てのセッションが最高だから、一番最近にやったセッションが、今までの中で最高のセッションとなるそうです。

これね、私も同じなんです。

「今回よりもあの時の方が良かった」ってこと、ないです。

毎回毎回、進化していて、新しい発見があって、とっても素晴らしい気持ちになれます。そして、お客様も、確実にその時に必要な事を受け取っていらっしゃいます。

あんまり素晴らしい事を書きすぎると、これから来てくださるお客様が物凄く期待いっぱいで来られるかもしれないのですが・・・期待しすぎると受け取りにくくなるので、これからきてくださるお客様は、どうぞ期待を手放して、宇宙を信頼して、委ねてくださいねheart04

| | コメント (0)

2009年11月29日 (日)

なるようになる

物事はなるようにしかならないという事を確信する出来事が、昨日ありました。

自分に直接かかわる出来事なら実感しにくいのですけど、客観的に自分を見るとよくわかりますし、ちょっと身近な人を観察していると、物凄くわかります。

やっぱり、天に委ねていればいいだけだという事が実感出来たので、私の人生から、不安と心配は一切消えてなくなりましたheart04

ところで昨日はケータイからネットが見れなくなって、メモリ不足との事だったので、メールや画像を消去しまくったのですが改善せず。問いあわせたら、電源を入れ直したらいいだけだったみたいですsweat02

おかげで、メールの履歴を消去できましたhappy01送受信合わせて800件もあったんですsweat01どんだけ溜めてたんだsweat01

デコメもいつの間にか画像がめっちゃ溜まっていくんですね。同じ画像がいっぱいあってびっくりしましたhappy01

こういう事がないと、ズボラな私はなかなか消去できません。
なるようになってるんですねnote

補足:私が実感した「なるようになる」は、もっと大きな「人生の変化」に関わるようなことですよ☆

| | コメント (0)

2009年11月28日 (土)

布良

先日書いた「布良」について、興味を持って下さった方からお問い合わせがあって、その中のお一人、マイミクのmizuhoさんと、布良の紹介を兼ねて、お茶してきましたnote

エコや無添加、身体に良いものについて、興味津々のmizuhoさん。布良の説明を読んで、首に乗せてみられたのですが、「ぽかぽかしてきた~」って言われて、トイレに行かれた際に、おなかに仕込まれました。

その後、お別れしてからメールが来て、手や顔、お腹、身体が熱くなってきたとのこと。

私、洗顔と洗髪にしか使ってなかったから、そういう使い方したことがなかったのですが、ず~っと「腹巻き」が欲しいと思ってたので、「布良腹巻き」してみました。

確かに良いですflair

で、実家の妹にひとつプレゼントしたら、早速首に巻いて「おねえちゃん、これ、もう一個ちょうだい。ちゃんと買うわ。」ですって。

冷え性の妹は、とっても気に入ったようです。

なるほど~、そういう使い方にも役立つんですねshine いやぁ、遠慮しないで、良いモノは奨めていくべきだなぁって思いました。 私だけのものにしとくの、申し訳ないですもんね。

ちなみに、冊子には、布良で「布ナプキン」にするアイデアも紹介されていました。今度やってみたいと思いますhappy01

mizuhoさんとは、時間を忘れておしゃべりしてました。めっちゃ楽しかったですnote

ありがとう~heart02

| | コメント (4)

2009年11月27日 (金)

運命 その2

昨日の記事で、何で急に私自身の過去の事を書いたかというと・・・やっぱり、天の導きというのがあるのだなぁということを、最近つくづく感じているからです。

先日の黒斎さん&阿部さんの講演会でも、黒斎さんは、「まさか自分がこんなことをするとは思っていなかった」と仰ってました。

また、リコネクションTAの柳沢さんが、アムステルダムのキッズプログラムに参加されたのですが、柳沢さんがTAになられた経緯に始まり、アムステルダムでの海外デビューのこととか含めて、やっぱり、運命というか、天の導きのように思います。

私は、リコネクションのプラクティショナーになったとき、「TAになりたい」と思ったのですが、今は、「なろうと思ってもなれるものではない」と思っています。

こうなりたい、ああなりたい、という希望が、全くないんですよ。

もし私がTAになる道が用意されているなら、必然的にそのように動いていくでしょうし、用意されていないなら、どんなに頑張っても無理だと思います。

だから、必要な時に、必要なものを受け取って、天の導きのままに、進んでいこうと思っています。

ところで、つい先日まで、マヤ暦にハマッていた私ですが、今は興味が下火になっていますhappy01 やっぱり、私。 また再熱するかもしれませんが、それもその時の自分に任せますnote

| | コメント (0)

2009年11月26日 (木)

運命

人生の流れが予めプログラムされていることは、精神世界ではよく言いますし、私もこのブログで何度かお伝えしています。

どんなに頑張ってもがいても、なるようにしかならないし、進むべき道だったら、周りがうらやむほど、本人の意思とは関係なく、トントン拍子に物事が進んでいく・・・。

私の今までの人生にとって、その事が納得できる一番大きな出来事が、「アメリカ留学」だったように思います。

今でこそ、ある程度の英語が話せるようになって、一応、英語を使ったお仕事も出来るレベルではありますが、(私は、まだまだ上級者レベルには程遠いので、あまり「英語が出来ます」とは大きな声で言えないんですけどsweat01)留学前の私の英語は、それはもう、ひどいものでした。

高校の英語の成績は、「ふつう」。

私の英語力は中学でストップしたまま、ちょこっと毛が生えたような感じ。

でも、「高校留学してた」というからには、いくらそうは言っても、謙遜してるようにしか聞こえないらしいく、「そんなことないでしょう」とよく言われるのですが、ほんっとに「普通」だったんです。

運命の出会いは高2の時。

1年間のアメリカ留学から帰ってきた1コ上の人が、同じクラスに入ってきて、私の後ろの席になったんです。

「学年が違うから、友達もいないだろうし、私が仲良くしてあげなければ」と、おせっかいをやいて、話しかけていき、一緒にお弁当を食べるようになりました。

で、彼女がアメリカの話を沢山してくれるのですが、とても楽しそうに話してくれるので、私はあまり興味がなかったんですけど、話をあわせるために

「へぇ、すごいねsign03 面白そうsign03」と 興味を持ってるフリをし、その気もないくせに

「私も行ってみたいなぁsign03」 と言ったのです。 

内心は、「私とは別世界。英語もできひんし、ウチお金ないし、そんなん、行けるわけない。」と思ってました。

そしたら、彼女が 「じゃぁ、行ってみる?」と、その気になって、色々と紹介してくれたんです。

本気で「行きたいフリ」して言ったので、後に引けなくなった私。

留学の斡旋団体を通してだったのですが、簡単なTOEFLと面接試験に通らないとダメだったみたいなので、「どーせ、英語力ないから、落ちるだろうし、受けるだけ受けてみたらいっか。」と思って、両親に相談。

きっと、親も、私が合格するわけないと思ったのでしょう。あっさり、「じゃぁ、試験受けてみれば?」となって、とりあえず試験を受けたのでした。

そしたら・・・何をどう間違ったのか、合格してしまい・・・。 全員合格かと思ったのですが、そうじゃなかったみたいで。 多分、面接(日本語)重視だったのでしょう。 ヤル気を見せるのが得意技だったので、「英語力なくっても、このヤル気なら大丈夫」って思ってもらえたのかも知れません。

そういういきさつで、アメリカ留学する羽目になってしまったのです。(そういえば、私は、いつも、迷ったときはとりあえずやってみて、結果は天に任せるっていうことをやってました。本能で宇宙の仕組みを知っていたのかも。)

英会話なんて習ったことのなかったわたし。当時はリスニングなんて殆ど授業ありませんから、私のリスニング力はヒドイものでした。

母は「英会話習った方がいいかな」と心配してましたが、私は、ただでさえ留学でお金かかるのに、英会話なんて習いに行くの、申し訳ないと思ったので、「行ったらなんとかなるから、いいよ」って断ったのでした。

(これは、行っておくべきだったと、かなり後悔しています・・・が、私はそういう運命だったのでしょう。)

アメリカ留学生活約1年。私はホストファミリーにも学校の先生方にも、友達にも、本当に恵まれました。

でも、英語力は・・・リスニング力がついただけで、英会話力は全然ダメでした。留学してもね、英語話さないである程度生活出来るから、「現地に住んだら話せるようになる」というのは、大きな間違いである事を証明して帰ってきたようなもんです(笑)

でも・・・日本で英会話習ってこなかったのが良かったのか、アメリカで耳で覚えた単語が多かった私は、現地で覚えた単語に限っては、ネイティブに近い発音が出来るようになりました(笑)日本で覚えた単語は、どうしても、日本語っぽい発音になっちゃうんですけどね。

帰国した私は、「アメリカに留学してた」っていうプライドだけはあるんですよ。でも、中身が全然伴ってなくって、それは本人が一番よくわかっていました。

でも、留学してたお陰で、大学にも無事合格し、英文科でネイティブの先生達のクラスを積極的にとってました。リスニング力はあったから、大学の成績は良かったです(^^) 私の好きな英語ばっかりだし。

就職も、留学経験をアピールして、採用されたのですが、配属早々「会議や査察で通訳してもらうから」と言われ・・・

ヤバイ、私、通訳なんて出来るレベルじゃない。

ということで、焦って、藁にもすがる思いで、某英会話学校に通い始めました。そこでやっと、「ある程度話せる」レベルになったんですhappy01

ちなみに、その英会話学校の入学当初、「このレベルになったら、ペラペラだよなぁ」と思っていたレベルに自分が到達した時、「全然、まだまだだsweat01」と思いました。

TOEICで言ったら、アメリカから帰ってきて初めて受けた600点代の頃の方が、「自分は英語出来る」と勘違いしていたように思います。上達すればするほど、もっと上には上がいて、私なんかまだまだなんだという思いが強くなっていきます(笑)

そういえば・・・黒斎さんが目覚め(悟り)の体験をした時、『「自分は、何も知らない」ということを知った』と言っていましたが、それと同じような感じかもしれません(笑)

話を戻して・・・結婚した旦那には、ロスで会社を経営している伯父さんがいて、現地で結婚し家庭を持っているので、またに遊びに行ってます。主人のイトコたちは、長男を除き、日本語が全然できないのですが、私を通して色々な話が出来るようになって、夫の親族付き合いにも一役買っていますhappy01

なんだかアメリカにとっても縁のある私。

今やってる「リコネクティブ・ヒーリング」も、ロスが発祥の地だというのも、面白いですよね。

まぁ、そういった経緯で留学した私なので、留学するために何の努力も一切していません。

今思えば、全て、宇宙がお膳立てしていたのだと思います。

こういうのが、「流れに身を任せて生きる」ということなのでしょうね(^^) 

留学前に英会話をちゃんとやってたら、もーっとアメリカ生活が楽しめただろうし、英会話力ももっとアップしてたと思います。

でも・・・英語が出来なかったからこそ、アブナイ誘惑にも乗らなくてすんだのかも(ナンパされたって、英語わからなかったから話にならなかったし、意思疎通できないから彼氏を作るなんて論外でしたもん。断るのが苦手なので、引きずられてた可能性は大いにアリ)とか、現地で方言・流行語・スラングと、正しくフォーマルな英語を混同せずに、ちゃんとした語学学校で、ちゃんとした英会話力を身につける事が出来た事を考えると、やっぱり、全ては完璧なんでしょうね。

(語学学校行かずに英語学んだ人は、めちゃくちゃな英語使ってる人、たまにいます。ニューヨークの高級ホテルにツアーで泊まった際、ツアコンの兄ちゃんが、めちゃくちゃ汚いスラングを使って交渉してて、フロントの方が引いてました。日本語でいうと、「くそ~、何でシングルしかないんだ。そのシングルって、デカイベッドなんだろうな?」って感じ。隣で聞いていた私は、めちゃくちゃ恥ずかしかったです。)

英語が出来るというのは、私の人生でとてもプラスになっています。

高校の時の英語力を考えたら、奇跡としか言いようがありません(笑) また、その高校に通う事になったのも、偶然だったので、人生って、沢山の奇跡で成り立っているのですねnote 

| | コメント (0)

2009年11月25日 (水)

あと1ヶ月

誕生日まであと1ヶ月となりました。

早い!

そういえば・・・リコネクティブ・ヒーリングのセミナーを受けてから1年経ちます。

あの当時は、「今更私がプラクティショナーにならなくても・・・。もう既にたくさんいらっしゃるし、遅いのではないか」と思っていましたし、私の周りはある意味悟ってる人ばかりなので、今でも、ヒーリングがいらなくなるまでカウントダウンが始まっている気もするのですが・・・

先日の黒斎さん・阿部さんのコラボ講演会での質疑応答を聞いていると、どうも、私の周りだけが特殊らしく、世間一般では、まだまだ「気付き」が訪れていないところもあるようで・・・。

講演会に参加して、リコネは気付きを加速する宇宙からのプレゼントだと、改めて思いました。

色んな思いで、リコネのプラクティショナーになる方がいらっしゃると思いますが、私にとってはやはり、病気を治すことよりも、人々の進化のお手伝いをしたい、という所が本当の目的です。心身の病気が目覚めのきっかけになる方が多くいらっしゃいます。それはご本人だけではなく、御家族や親しい方の病気を通して、という場合もあります。

でも、何も問題はないけれど、なんとなくリコネクティブ・ヒーリングやリコネクションが気になる・・・という方。きっと、潜在意識というか魂の奥深いところで、本来の自分に戻る(思い出す)きっかけとして、これが役に立つことを感じられているのではないでしょうか。

私が必要とされる限り、そして、「リコネクティブ・ヒーリング」「リコネクション」が皆様のお役に立つ限り、続けていけたらなぁ・・・なんていう思いでいます。

| | コメント (0)

2009年11月24日 (火)

エリックと江本勝さん

今日は3度目の記事です。

前々回(?)のブログに書いた通り、エリックの新しいラジオインタビューをYouTubeで見つけてしまい、聞いています。

一応、一通り聞いたのですが、用事をしながら聞いているので、抜けている箇所も多々あり・・・。

そんな中で、「水からの伝言」で有名な江本勝さんの話が出てきたので、よくよく聞いてみると、二人は親しいようで、インタビュアーが、

「江本博士はこの番組にも出てくれたことがあるんだけど、とってもいい人だったよ」と言うと

「そうそう。彼と僕は親しいんだ。ビールとスシがあれば、彼はもっと楽しくなるし、通訳はいらなくなるんだ。」と言ってました。 そんなに飲みに行ってるの~?って感じなんですけど・・・

でね、ふと思いついて、江本さんのHPにエリックとの事が載っていないか見てみたら・・・

ありましたよ~。

2008年9月19日、アメリカにて。こちらは少しだけ。http://hado.exblog.jp/9529213

2008年12月2日、江本さんのオフィスにて。 http://hado.exblog.jp/9974424

この時の水の結晶写真はないのだろうか・・・。

| | コメント (2)

雲黒斎さん&阿部敏郎さん コラボ講演会(2009年11月23日)続き

先ほどの続きです。

(実は、英会話の後スケートに行こうと思って、スケート靴持ってスケート場まで行ったのですが、毎週火曜日が定休日・・・。めっちゃショックdown でもおかげで、続きの記事を早く書くことができます(^^))

さて、・・・

「先祖供養」を例に出してちょっと云いましたが。阿部さんはとある有名ブロガーさん&霊能者さんに対して、「真実を述べていない」という思いを持たれているようでした。私も全く同意します。

ちなみに、その霊能者さんって、江原さんなんですけどね(^^) 私、江原さん、大好きなんですけど・・・でもやっぱり、本当の宇宙の仕組みを分かっていくと、前世だとか霊だとか、そういうものは「ない」っていう結論に達します。

なんというか・・・江原さんが今までやってきた事は、その時には必要だったのですが、もう、古いんです。3次元地球レベルでの物質的価値観なんです。

意識が宇宙観になると、そういうのも全部「ひとつ」になってしまうから・・・。

でも、あえて・・・江原さんは、見えない世界の事を沢山の方に気付かせてくれた。少なくとも私は、江原さんから学んだことは沢山あります。物質的価値観から、霊的価値観へ、スピリチュアリズムの確立とその橋渡し役として、ものすごく大きなお仕事をされた。そういう風に私は思っています。

そして今でも、まだ、見えない世界を信じられない人には、やっぱり、いきなり「私たちはひとつで、私はあなたで・・・」なんて言っても信じられないから、徐々に段階を踏んで理解していくためには、江原さんの言っているような事も、助けにはなると思います。

(ちなみに、細●●子は論外です。私も一時ハマリましたが・・・。お墓参りしていないからって、先祖が怒るわけないし、因縁なんてありません。)

感謝というのは、ご先祖様だけに対してするものでもないですよね。私たちは、全て(人・環境・宇宙にある全てのもの)によって生かされているのですから。

あと・・・有名なブロガーさんというのは、私はその方のこと、あまり知らないので、あえて書きません。興味のある方は、阿部さんの「いまここ塾」を読まれるといいと思いますhappy01

なんかね、本当に全てを見渡せる人にとっては、「そこはいいけど、そこは違うんだよなぁ」というところが見えるのですが、学びの各課程(学びというより、「思い出した割合」って感じかな。「覚醒」とか「魂レベルでの目の覚め具合」と言ってもいいかも知れません)にある一人ひとりにとって、必要なテキスト(現実)が違うから、「この人間違ってる」とか、「人を惑わせて・・・」なんて思っても、それはそれで、いいんじゃないかって、私は思います。

でも、阿部さんのように、ハッキリと言える人も必要だと思いますhappy01

そうそう、今回の講演会のタイトル、本当は「イク時は一緒」だったんです。

イク⇒昇天⇒アセンション ということで、みんなで一緒にアセンションしましょうっていう思いを込めて黒斎さんがつけたそうです。

でも・・・お寺の会館が会場だったので、タイトルが「阿雲の呼吸」になってましたnote

それから、講演会昼の部では、「雲黒斎」というHNの由来を教えていただきました♪ でもこれは、講演会参加者だけに教えますってことだったので、ここではナイショにしておきますhappy01

お二人は、悟りの世界を垣間見られていますが、やっぱり、人間という衣をまとっている以上、常に「いまここ」にいるわけでもなく、喜怒哀楽全ての感情を味わいながら生活していらっしゃいます。

私たちは「理想の人間像」を創りあげて、そこから自分がどれだけ遠いかということで落胆してしまったりするのですが、お二人のお話を聞いていると、そういうのも全部ひっくるめて、「そのままで大丈夫だよ♪」っていう感じがしました。

今回のような講演会で、心を温かくして、それぞれがその思いを持ち帰って、「いまここ」にとどまっている状態を長くできればいいなぁって思います。

そうそう、黒斎さんには、ちゃんと挨拶できたのですが、阿部さんには挨拶できませんでした。それがちょっと心残り。でも、阿部さんとはこれからもお会いすると思います。

あ・・・そうそう、阿部さんを見ていると、「天河神社」のエネルギーと同じ感じがしましたhappy01 昼の部の最後には、阿部さんのピアノ引き語りも聴けて、めっちゃお得でしたnote

他にも、色んなエピソードがあるのですが、全て書いていたら収集がつかなくなるので、この辺にしておきます☆

次から次へと思考が出てきて、全くまとまりのない文章になってしまいましたが、最後まで読んでくださったみなさん、ありがとうございましたnote

| | コメント (4)

雲黒斎さん&阿部敏郎さん コラボ講演会(2009年11月23日)

おかえり~&ただいまです♪

タイトルのコラボ講演会、行って来ました!!!昼の部、夜の部、両方参加してきましたが、めちゃくちゃ楽しく、至福のひと時でした。

今まで参加した、どんなセミナーや集まりよりも、物凄く心地よく幸せな時間でした。

(リコネクション レベル3 よりも!?)

私にとっては、本当に、「おかえり~」といった感じの講演会でした。「私の本来いる場所はここなんだ」という風に思えました(^^)

まず、参加者の半分くらいは阿部さんの「いまここ塾」に参加されていたのでしょうか、阿部さんのお話を理解されていましたし、ああいう集まりに必ずいる「批判家さん」というか「理論で対抗してやろう」「試してやろう」というような人が一人もいなかったように思います。

みんなが真剣に、黒斎さんや阿部さんの言っている事を理解しようとしていましたし、みなさんの意識レベルがものすごく高かった。

だからこそ、あの場の雰囲気、物凄くあたたかくて心地よくて、まあるい感じがして、とっても良かったです。

私は黒斎さん目当てだったので、正直、阿部さんには興味がなかったのですが、阿部さんのお話、めちゃくちゃ面白い!!それに、本当に悟られているのだということを実感しました。話にブレがないし、最後のQ&Aでも、一人ひとりの質問者の本当の質問の意図を汲み取り、その方にピッタリの回答をされていました。

ぜひ、これからの「いまここ塾」に参加していきたいと思いました。(12月の大阪では参加できないんですけど)

世の中には、真理と混ぜ合わせて、不必要なことを言っている人たちがいる。そういった人を信じている人は、迷宮入りする。だから、自分は、毒舌はいてでも、正直に自分の思った事を語っていく・・・そういう阿部さんの姿勢、なるほどなぁって納得しました。

黒斎さんと阿部さんのお話と、エリックが常日頃言っているお話やリコネクションの本に書いてあること。全く同じです。

実はこの講演会の前日、YouTubeで、エリックの新しいラジオインタビューを見つけて、3分の1ほど聞いていたのですが、その中で、「リコネクティブヒーリング」という名前をつけた経緯についてエリックが語っていました。

エリックが「リコネクティブ・ヒーリング」を教え始めた頃、名前はついていませんでした。参加者に「このヒーリングは何と呼ぶのですか」と聞かれ、最初は名前をつけたくなかったそうです。

「名前をつけるとは、箱に閉じ込めるようなもの。「それ」と「それ以外」と分けることになってしまう。そのことによって、本来持つ価値が制限されてしまう」という理由からです。

「でも、人間というのは、どうも、そういうのが納得できなくて、名前がないということに耐えられないらしい。だから、仕方なく名前をつけることにした」と。

(インタビューをそのまま訳してるのではなく、私の聞いた記憶で書いているので、多少、ニュアンスにズレがあるかもしれません)

この話、本に書いてあったかセミナーで言ってたか、過去に一度聞いたことあるのを忘れていたのですが、「名前をつけることによって制限される」ということを、黒斎さんも、セミナー中に仰ってました。

それから、精神世界ではずーっと言われている「私たちはひとつ」ということも、本当に、その意味を体得して言っている人って少ないのですが、阿部さんと黒斎さんは、本当に体得していると思いました。そして、私もその場にいて、お二人の説明を聞いて、「あ、そういうことか」と腑に落ちました。

これも、エリックの本に書いてありました。

最近、HPの「リコネクション談話室」にアップした記事(恐怖体験のこと)にもちょこっと載せたのですが、恐怖体験や神秘体験、それは、どちらも、クライアントさんが作り出しているのですよね。

霊の世界も、ある意味「ある」し、ある意味「ない」。どの次元で話すかによって、「ある」「ない」が違います。

本来、「全てがひとつ」で「愛」であり、それしかありません。不安や恐怖は幻想で、愛に包まれた中で私たちが勝手に創りあげているもの。宇宙の大きな懐の中で、私たちが勝手にそこから分離して(いると思い込み)、その中で不安や恐怖におびえているだけなんです。

あらゆるテクニック系のものや手順を踏むもの(たとえば、先祖供養もそうだし、塩をまいたり、色々あるもの)は、全て、不安からきているから、そういったものは、本当は、必要ないのですよね。ご先祖さまに感謝する気持ちは勿論大切だけど、それと同じように、私たちの周りの人たちに感謝するのも大切。ご先祖さまも、私たちの周りの人間も、同じなんです。

たとえば、私がこのブログを書くのでさえ、私一人がやってるんじゃないんですよね。そこに携わっている人たち・・・PCのメーカー、その部品メーカー、プロバイダー、ココログを提供しいる人たち、電力会社・・・ 思いつくだけでも、それだけの人たちがいないと、成り立たないことです。

また、このブログを読んでくださっているみなさまにも、同じことが言えます。

私たちは、お互いに支えあっているんですね。

今日はまたこれから出かけますので、一旦ここまで。

また続き書きますね♪

| | コメント (0)

2009年11月23日 (月)

本物のB型

突然ですが、このたび、『本物のB型』として認定されましたscissors

何かと言うと・・・

mixiのアプリで、「B型度判定~ジーマーで型B?(笑)~」というのがあったんです。

で、正直に答えていくと(といっても、選択肢にはない答えが多かったので、「しいて云うならこれ」って感じで選択していきましたけど)、正真正銘のB型という判定が出ました。

わ~いheart04 B型である事を自負し、愛している B型好きの私にとっては、この上ない名誉ですhappy01

本物のB型さんは、B型である自分が大好きです。B型な自分が好きなんですhappy01

自分の世界をしっかりと持っていて、他人に媚びないところ。好きな事にはとことんのめりこみ、極めようとする努力家さん。自分と他人との適度な距離感。自分勝手に見えるかもしれませんが、単なる自分勝手ではなく、ちゃんと優しさもあるし、時と場合に応じて、気も遣いますconfident

B型を自負している人間同士の付き合いって、ものすごく楽なんですよぉheart04

私ね~、B型に見えないってよく言われるんです。

大抵、A型に間違えられます。かなり人見知り激しいし、猫かぶりタイプなので。

でも、親しくなるほどに「めっちゃB型って感じ」と言われますhappy01 一旦親しくなれば、「さちさんって、意外と○○なんだね~」とよく言わるんですcoldsweats01 

さてさて、今日は、待ちに待った、雲黒斎さんと阿部敏郎さんのコラボ講演会ですnote ソレイユのチラシを作って下さった、KAMONSのとら子さんと一緒に行って来ますshine

めっちゃ楽しみnote 必ずブログで報告するので、皆様も楽しみにお待ち下さいねheart04

| | コメント (2)

2009年11月22日 (日)

祝:高橋大輔クンGPファイナル出場♪

よかったよ~!!

高橋大輔クン、グランプリファイナル出場決定sign03 フリーの演技、めっちゃ感動したweep

今シーズンのフリーのプログラム、初めて見た時から思ってたんですけど、昨シーズンケガの治療に専念して、身体を作り直して、さらに進化して復活した・・・そういう大輔クン自身の人生を感じられる演技なんです。

後半から見ながら涙出てきました。

そして、演技が終わった後の笑顔happy01 最高でした~happy02

とにかく、彼の演技がファイナルでまた見られるというのが、とってもうれしいですsign03

ますますファンになりましたheart01

| | コメント (0)

2009年11月21日 (土)

テスト

携帯より更新です。

急遽、実家に帰っていますdelicious
携帯から更新出来るみたいなので、試しに更新してみますnote

以上rock

| | コメント (0)

2009年11月20日 (金)

奇跡の脳

 さて、先日から紹介している、『奇跡の脳』。

 読んでいる時や、用事で出かけて外の山を見て鳥の声を聞きながら色々と頭の中で思いをめぐらせている時は「あ、これ、ブログに書こう」っていることが沢山あるのに、いざ、パソコンに向かったら、「何だったっけ???」って忘れてしまう・・・。

 さらに、この本、めちゃくちゃ眠くなります。

 めちゃくちゃ面白いんですよ。内容も、素人でもわかるように書いてあるし、翻訳の方がとても上手に訳されてるから読みやすいのに・・・。 きっとこの本には、「文字で読む情報」以上に、沢山のメッセージが込められているから、数ページ読んだだけで、「睡眠」という名の「情報整理」が必要なんだと思います・・・。

さて・・・私はこのブログで色々な事を書いています。これから書く内容も、今まで書いてきた内容も、あくまでも、「今(当時)の私」というフィルターを通して感じたことだったり思うことだったりするので、どうぞ皆様、鵜呑みにせずに、「自分基準」をしっかりと持って、内容を判断してくださいね。(だって、私でさえ、自分の過去記事読んで「こんな事思ってたんだcoldsweats02」ってことありますから・・・)

 この「自分基準」というのは、全てにおいて、とても大切な要素です。99%の人がYESと言っても、自分がNOならば、NOと言えるくらい、自分を信じてくださいflair たとえ間違っていたとしても(宇宙には「間違い」はないのですが)、その時そう思ったことは、その時の自分にとって必要presentだったからです。頑固になれと言っているのではないですよ。自分の感じる事を信じていって、自分との信頼関係を構築してくださいねheart01

 前置きが長くなりましたが・・・。

 やっと半分くらい読めました。

 ジル博士は、やたらと、「感謝」することを述べています。私たち読者に対して「感謝しなさい」と言っているのではなく、自分の体験の一つ一つの過程で感謝する事ばかりで、常に感謝していたそうです。そして、感謝というエネルギーが、彼女の回復を手伝ったそうです。

 彼女の体験を通してみると、私たちが生きていること、それ自体が本当に感謝なんですよね。

 なのに、私たちはついつい、色々な事に不満を述べて、他人をうらやみ、「あの人にあんなことされた」「あの人がこうしてくれないから、私は幸せになれない」って、勝手に思い込んでいる。 それって、こんなに素晴らしい「私」や「あなた」を生み出してくれた宇宙に対して、ものすご~く、傲慢で、失礼きわまりないことだと思いました。

 そして、自分を卑下するのも、実は傲慢です。 だって、私たちは、素晴らしいんですもの。パーフェクトに作っていただいているのに、他人と比べて「ここが足りない」という事にばかり目を向けること。それって実は、物凄く傲慢なんですよ。

 例えて言うなら、春に素晴らしい花を咲かせて私たちを魅了してくれる桜が、秋に素晴らしい紅葉で私たちを魅了するもみじやイチョウを見て「私は春にしか咲けないからダメなんだ・・・」っていうようなもんです。比べること自体が、お門違いなんですよ。

 脳科学の世界では、左脳が現実世界を生きる上で大切な要素を占めている(思考・論理・計算など)ため、左脳が重要視されてきて、右脳は役立たずとさえ思われていたそうです。しかし、右脳にこそ、思いやり、優しさ、一体感 などの、人間性に必要な要素があるそうです。

 左脳と右脳では、それぞれの感じる事が違うらしく、よく頭の中で「天使」と「悪魔」の戦い(「良心」と「自我」の葛藤とか)がありますが、これって、「左脳」対「右脳」みたいな感じなんですって。

 全ての人には、二重人格みたいな要素があると思うんですけど、それはそもそも、一人の人間の「左脳」と「右脳」の考え方が全く違い、どちらの脳が優位かで、性格が決まってくるとか。

 ある科学者が、チベットの僧侶たちの瞑想中の脳の活動を調べたら、左脳の活動が弱まり、右脳が活発になったそうです。左脳が沈黙して右脳が活発になったときに、「全てとの一体感」や「至福体験」が起こるようで、この本の著者、ジル博士も、脳梗塞で左脳が働かなくなったがために、「全てとの一体感」を体験し、あらゆる判断や批判が出来なくなり、至福の時に包まれていたそうです。

 ただ、やっぱり、この人間世界で生きていくためには、左脳の働きも物凄く大切。要はバランスなんでしょうね。

 一部の人たちの間で右脳開発が盛んになって随分経ちますが、極度に左脳開発ばかりしてきた現代人(自然と遊ぶ事を忘れ、学校では5教科重視の教育を受けてきた私たち)には、右脳を活発にさせる訓練が必要なんでしょうね。

 右脳をもっと強化して、左脳とのバランスを取り、右脳と左脳の連携を強化させる。

 右脳を鍛えるには、きっと、芸術(絵画、音楽)に沢山触れ、自然のあるところに出向き、沢山の感動を体験することだと思います。そして、瞑想も良いと思います。

 ジル博士は、脳梗塞により、右脳だけが働くという体験をしましたが、他の人たちには、脳梗塞になることなく、そういう体験をして欲しいと言ってました。私もそう思いますhappy01

 ところで、ジル博士は、左脳の回復過程で、任天堂の「脳トレ」をやったそうです。脳梗塞患者だけでなく、40歳以上の人には役立つって言ってました。脳トレに、アメリカ版があるのですね~。川島教授、すごいものを作ったのですね♪

 私も脳トレやるためにDS買ったのですが、「細菌撲滅」というリラックスゲームばかりやってまして、最近は全くやってませんでした。またやってみようと思いますrock

今日の記事に一票☆
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ

| | コメント (2)

2009年11月19日 (木)

恵まれていることに気付く

リコネクションのプラクティショナーさんたちのブログを読むと、同じプラクティショナーとしての立場から、「あ~、いいなぁ、○○で・・・」っていうことが、よくあります。

自分には無いものを見つけて、羨ましく思うのです。

ところが、そういった方達とのメールのやり取りから、実は私も、物凄く恵まれているんだということに気付かされます。

現在、私は、二つの場所でセッションを提供させていただいております。

ひとつは実家。ひとつは自宅。

最初、実家の家族が私のこの仕事を始める事を快諾してくれ、場所を提供してくれたこと。

そして、半年たった頃から、夫も、自宅でやる事を許してくれたこと。

こういった、身内のサポートがあるというのは、本当に恵まれていることなんだと思います。

現在、円町と岩倉の二箇所で、お客様のご希望に合わせて、両方の場所でセッションをしていますが、やはり、どっちもいいです♪

自宅サロン(岩倉)が出来た時は、こっちの方が環境もいいし、新しいし・・・って思ってたのですが、円町の方も、リコネクティブ周波数ガンガンで、この間、久々に円町でセッションした時は、お客様と一緒に、私もレジスター出てました(笑)

円町サロンのお部屋が「私だって、すごいんだから♪」ってアピールしているように思えましたhappy01

「実家は古いし」・・・なんて思ってた自分を反省sweat02

どちらも、同じように愛して、大切にしていきますheart02

正直、転勤続妻の私は、いつまで京都にいられるかわかりません。もしかしたら、年明け早々、移動ってこともあるかもしれないんですけど、そうなったら、マッサージベッドを二つ買ったのに、もったいないなぁって思ってたんです。

そしたら、

「実家帰った時にできるじゃんnote」と、お友達プラクティショナーのみほさんから言われて、そうだった・・・と気付き。

転勤になったらなったで、新しい土地にリコネクティブ周波数を広めて行けばいいのですよねhappy01 でももし既にプラクティショナーさんが沢山いらっしゃる場所だったら???

全ては宇宙の采配。何事も完璧なはずだから、その時に意味がわかることでしょう。

| | コメント (0)

2009年11月18日 (水)

脳のはたらき

図書館で予約していた本の順番が回ってきたので、「2013年:人類が神を見る日」を中断して、新しい本を読んでいます。

『奇跡の脳』 ジル・ボルト・テイラー著、竹内薫訳、新潮社

「あの世で聞いたこの世の仕組み」で紹介されていた本です。

ジル・ボルト・テイラー博士は、脳の研究分野でとても有名な方でした。そんな背景を持つ彼女が脳梗塞になり、左脳の働きが消えていく様子を観察し、見事復活するまでを書いた本です。

左脳は「理論」 右脳は「直感」 っていう風に大雑把に思っていましたが、私たちの日常生活には、左脳と右脳の連携がとても大切なようです。

左脳は、音を聞き分けたり、モノを見分けたり、思考・推理したりします。

「暑いですね」と誰かが言うと、左脳は、ひとつひとつの音を認識し、日本語として捉えます。

で、右脳は、相手の表情、その時の状況から、相手が本当は何を意味しているのかを推測します。

炎天下の夏の日に「暑いですね」と誰かが言うと、右脳が「本当に、こんなに暑いし、あなたも私も大変ね」とか、判断するでしょうし、

めちゃくちゃ寒い冬の日に、エアコン30度に設定している部屋に入ってきた人が「暑いですね」って言うと、右脳は「あ、この部屋が暑すぎるのかな?」とか判断するわけです。

友達がめちゃくちゃ笑えることをして、「アンタ、アホちゃう~?」って笑いながら言ったら、言われた人の右脳は 「ウケてる。やった♪」とか、「ホンマやろ~(笑)」とか思うわけです。

でも、めっちゃ冷たく、怒りながら「アンタ、アホちゃう?」って言われたら、「うわぁ、アホな事してもうた・・・」「あ、間違ったことしたんや・・・」とか思うわけです。

そうやって、同じ言葉でも、相手の表情や声のトーンなんかで、相手の真意を読み取るのが、右脳の役割。 左脳が言葉の字づらだけを受け取って、右脳が雰囲気で判断する。左脳と右脳の連携プレーなんですね。

ところが、左脳と右脳の連携が取れてないと、状況をみて判断する事ができないので、言われた言葉通りしか受け取らないそうです。

たとえば、部活の練習中、何度やってもうまくいかず、先生に「ヤル気がないなら、帰れ!」って言われたら・・・

普通なら、先生が本気で帰らせたいわけじゃなく、「もっと真面目に練習しろ」だとか、「もっと頑張れ」という風に受け取り、「すいません。頑張ります」って言って、練習を続けると思うのですが、

右脳と左脳の連携が取れてないと、何のためらいもなく、「わかりました。帰ります。」って、さっさと帰ってしまうんですね。

多分、日本人は、「顔色を伺う」民族なので、この連係プレーがとってもよくできる民族なんだと思います。

そんなことを思い巡らせていたら・・・もしかして、言葉の発達とともに、私たちの右脳が退化していったのでは。と思いました。

言葉や文字がなかった頃は、右脳をフルに活動させて、テレパシーというか、相手のとっても小さな表情の違いや目の輝きの違い、はたまた、相手から出ているエネルギーというか波動の違いなんかから、相手の思ってることを受け取っていたのではないかと思います。

たとえば、今でも、怒っている人のそばには近寄りたくないし、相手が何も言わなくても、怒ってるってわかりますよね。逆に、ハッピーな人の近くにいたら、自分もハッピーになれるし。

そんな事が、もっと細かいレベルで、意思疎通できていたんじゃないかと思うんです。

それが、「ことば」という共通言語が出来て、時代と共に文字が出来て、発達していくことによって、そういったエネルギーレベルでの「波動コミュニケーション」能力が退化していったのだろうなぁって思うんです。

だから、私たちは、文字を持たなかった時代の人を「原始人」といって、私たちの方がずーっと進化した存在だと思っていますけど、実はそうじゃなくって、「原始人」と呼ばれていた時代の人の方が、はるかに進化していて、私たちはどんどん退化していってたのではないかと・・・ そんな風に思えてきました。

で、そう思う背景には、『2013年:人類が神を見る日』の内容もあるわけで・・・。ちょっと複雑になるすぎるので、その部分は割愛しますが。

さて、ジル博士が脳梗塞になって、左脳の働きが遮られたときの話、とても興味深いですよ。

身体の境界線がなくなって、物質も物質としての境界線がなくなって、全部が溶け合って、ひとつに見えたそうです。その時、批判的な判断をする左脳は働きませんから、右脳だけの判断で、とっても平穏に包まれていたそうです。

自分の完璧さ、細胞ひとつひとつがすごい機能を持っていること、全てが一体で溶け合っていること、そういうことに気付いたそうです。

これってね、精神世界のチャネリング系の本に、よく書かれていることなんですよね。

実際に、脳研究の第一人者が、脳梗塞になって体験した・・・というのは、まさしく、彼女もこれからの時代のためにしっかりと「役割」を携えて生まれて来た方なんですね。

でね、こういう事書くと、「特別な人」とか「選ばれた人」みたいに思って、自分はなんでもない、普通の人間だし・・・なんて自分を卑下しちゃう人もいると思うんですけど、私たちみんな、等しく、尊い役割を持っているんですよ。

誰にだって、自分にしか出来ないことはあるんですよ。目の前にね(^^)

だから、自分の今いる環境、身近な人たちを大切にすることって、とっても大事heart04

あ・・・脳の話から随分それちゃった。

まだまだ、この本の内容から思うことを紹介していきますね☆

| | コメント (0)

2009年11月17日 (火)

山羊座人間

昨日、ふと思い出したこと・・・

私は「山羊座」

何故突然に??

私のお気に入りの人たちが紹介している色んなブログを見て、

「私って、堅いsweat02」と、改めて思ったのです。

そして、小~中学生の頃、「山羊座の本」を何度も読んでいて、そこには

理論派。真面目。努力家。大器晩成型。

などなど、恋する乙女心を持ったティーンエイジャーには全くもって魅力的でない言葉が並んでいて・・・「山羊座ってなんか、花がないよね・・・」と、てんびん座の妹を羨ましく思っていました。

色んな才能を持った方のブログと私のブログを比べてみると、

やっぱり私は「山羊座」なんだと、改めて思いましたcoldsweats01 

今は、「自分らしくあること」を大切にしていますので、そんな自分で良いんだnoteって思ってますhappy01

ところで、今日は英会話の日だったのですが、先生もスケートが大好きだという事が判明。そうだそうだ、カナダ人の方なので、天然スケート場があちこちにあったそうです。

ますますスケート行きたくなりました。ホントは、今日、雨じゃなかったら行ってたんだけどね・・・。

| | コメント (0)

2009年11月16日 (月)

スケートしたい!!!!!

いつの間にか、予約投稿しなくなってますねsweat01 

さてさて、昨日から今日にかけて、高橋大輔くんの滑りを録画で何度も見て、うっとりheart04してます。ヤバイです。

2007年のSP(ショートプログラム)白鳥の湖ヒップホップバージョン、やっぱり「伝説」です。あれだけのステップを踏みながら、よくもまぁ、あそこまで踊れるよなぁ・・・と。

今年のNHK杯のも、ミスの多い演技だったけど、やっぱり、何度見てもうっとりheart04します。ヨン様を愛するオバサマになった気分です。

次の大輔クンの演技を見るのが待ち遠しいですheart02

今日はアメリカ大会のフリーを放映してましたね。キム・ヨナもめっちゃミスが多くて、びっくりしました~。ショートが良すぎたのかな。

スケートいっぱい見てると、私もスケートしたくなってきました。

近いうちに、滑りに行こうと思いますnote で・・・またまたブログで声かけなんですけど・・・スケート行きたい人いたら、声を掛けてくださいhappy01一緒に行きましょうnote(女子限定、平日昼間限定、京都アクアアリーナ(西京極)です。) 簡単なレッスンもできますよ(多分・・・なにせ、2年ぶりですからcoldsweats01

| | コメント (0)

2009年11月15日 (日)

布良生活 その後

布良(ふら)を使い始めてから半年くらい経つと思います。

洗顔・洗髪を布良でやっています。

洗顔は、アイメイクだけ専用のリムーバーで落とし、あとはファンデーションつけたまま、濡らした布良で優しく拭きます。

布良のチラシには、「マスカラも落ちる」って書いてあるんですが、タオルについたマスカラが取れにくいのと、目の下にマスカラがつくと、それを取るのに余計、目の周りの肌に負担がかかりそうなので、マスカラだけ先に落として、後は布良のみ っていうパターンで落ち着きました。

で、布良洗顔の後は、クリームを塗るだけ。

これで、肌の調子がめちゃくちゃよくなりました。

毛穴も少し引き締まった感じがするし、なにより、吹き出物がなくなって、お肌がツルツルになりました。

昔、「佐伯チズ」メソッドを知人から教えてもらった時に、「日本人は顔を洗いすぎ。洗顔石けん(フォーム)は使わなくていい」というような方式だったので、一時期そうやってた事もありましたが、やっぱりちゃんと泡で洗わないと落ちないような気がしてたので、長続きしませんでした。

でも、布良は、石けん使わなくても、ちゃんとメイクまで落ちてくれる(使ってるメイクにもよります)し、朝の洗顔も布良の布で拭くのだから、しっかり油と汚れが落ちてくれるし、やっぱ、これ、すごくいいです(^^)

布良での洗髪は、3~5日おきにシャンプーを使うっていうスタイルで落ち着いています。ホントは、シャンプーずっと使わなくていいのかも知れないけれど・・・。

でも、シャンプーを使う頻度が減ったためか、髪の毛のパサつきがなくなってきたように思います。

美容室に行っても、「最近、調子いいですね~」と言ってもらえます(^^)

で、この布良、購入するには、紹介が必要なんです。いわゆる、「ネットワーク販売」なんですね。

私は(っていうか、殆どの人がそうだと思いますが)、「ネットワーク販売」というシステムに、物凄く抵抗があって、「どんなに良いものでも、ネットワーク販売では購入しない」という信念があったんです。

数年前にも「ミキプルーン」紹介されたことがあったのですが、紹介者からしか購入できないし、料金も高かったので、紹介してくれた人(フィットネスで出合っただけで、深い関係じゃなかった)とは疎遠になった経緯もあります。

でも・・・布良の値段って、とっても良心的なんですよ。

洗顔に1ヶ月使えるタオルが約1000円。メイク落としと洗顔料がいらない事を考えたら、こっちの方が安い!

1ヶ月たったら、食器洗い用に⇒ぞうきんに⇒土に返す というリサイクル。

布良雑巾で床を拭くと、とっても気持ちいい♪

そして、紹介者システムもピラミッド型じゃない(つまり、全然知らないトップの人にロイヤリティーが入ることはない)ので、ホント、草の根活動的な感じがして。

布良に出会って、「ネットワーク系には手を出さない」という信念が覆りました。

とはいえ、私はこれを紹介して儲けようとかは全く思ってないので、もっぱら、自分が使うためだけに、購入価格が割引になる会員になって、大量購入しちゃいました(笑)

ホントは、ちゃんと紹介していかなきゃいけないんでしょうけど、小心者なので、自分からはお薦めできないんですsweat02 京都で布良の会が出来たらいいなぁって思うんですけど・・・。もし、京都で布良使ってる人がいたら、連絡ください♪情報シェアもしたいです。

そして、布良を試してみたい方は、ご一報下さい。紹介します。(←受身な私sweat01

特に、アトピーや肌の弱い方は、効果が分かり易いと思います。どんなに低刺激・無添加のものよりも、「せっけん使わない」洗顔を、試してみて欲しいなぁって思います。

| | コメント (2)

2009年11月14日 (土)

NHKスポーツ観戦日和

今日の午後から、NHKで(関西限定?)bjリーグbasketball京都ハンナリーズVS大阪エヴェッサの試合中継がありました。

京都ハンナリーズは司令塔のラウーフ選手が発熱で欠場。ラウーフのプレイが見れなくて残念だったけど、他の選手達、よく頑張ってました(^^)

大阪がリードしながら、京都が追いかけていくという試合の流れ。最後の最後までどうなるか結果がわかりませんでしたが、大阪が逃げ切りました。

テレビだと専門家の解説付きなので、とっても分かり易かったです。

京都は、岩佐選手の3点シュートがものすごく決まっていました。

負けたのは残念だったけど、明日は修正して勝って欲しいなぁって思います。

私は今まで京都しか見てなかったけど、大阪エヴェッサの選手陣も、とってもいい選手が揃ってるんですね(^^) バスケットの試合って、面白いですねnote

さて、バスケの後は、フィギュアスケート。4時半から、NHK杯の総集編がありました。

私がテレビをつけたとき、ちょうど、高橋大輔選手のショートの演技が始まるところでした。(呼ばれたのかなheart04

大輔くんの演技は、何度見ても、惚れ惚れします。NHK杯では、信じられないミスが沢山ありましたが、彼はもう、観客を魅了するオーラがありますよheart02 ケガ復帰後の初めての国際大会。ミスはあっても、とっても楽しそうに演技していたので、私も心が温かくなりました。もっともっと練習を積んで、オリンピックに向けて完璧に仕上げていって欲しいですhappy01

女子は殆どの選手が、ミスの多い試合でした。

中野選手も安藤選手も、内容はボロボロでした。かろうじて安藤選手が優勝しましたが、あの演技で優勝というのも、複雑な気持ちだろうなぁって思います。中国大会も全体的に点数が低いと思いましたが、それよりももっと低かったです。

(どの選手もミスが多かったので、時期的に、「実力が出せないエネルギー」の周期だったのかなsweat02

でも、安藤選手本人もよくわかっているみたいなので、これからの調整に期待しますconfident (と言いつつ、私は真央ちゃんVSキム・ヨナの女王対決が見たいnote

次のフィギュアスケートGPシリーズはアメリカ大会。日本からは村主(すぐり)選手が出ます。そして注目のキム・ヨナ選手もhappy01

ところで、スポーツの外国人選手やコーチのインタビュー・・・スケートは通訳さんにツッコミ入れられるくらいめっちゃわかるのに、バスケットは全然分かりませんsweat01 やっぱり、通訳って専門知識が必要ですよね~。逆に言えば、専門知識があれば、英語あまり出来なくても、なんとなくわかってしまう・・・みたいなsign02 

そうやって、インタビューと通訳の話を聞きながら、自分の英語力を試しています(笑)何を目指してるんだかcoldsweats01

| | コメント (0)

HP更新中☆

最近、「朝の8時」に予約投稿するというスタイルが出来上がってしまいました。(3:33に設定するのは、不自然なのでやめました(笑))

予約投稿すると、「投稿した日」を基準に考えて書くので、不思議な気持ちです。あ、そうか・・・思考が「今」にいないからかな。

さて・・・HP更新作業に久々にエンジンがかかりました♪

見た目はあまり変わりませんが、細かいところを修正しています。

そんな状況になるのを見越してか、昨日、久々のお昼寝中(←強調)に、SEO対策会社から営業電話がありました。

『SEO対策のXXという会社のものですが、ソレイユさんですか?』

『はい、そうです。』

『オーナーさん、いらっしゃいますか?』

『あの・・・オーナーというのは、どういう意味でしょうか?』

『HPのオーナーさんのことです。』

『私一人でやってるんですけど。。。』

というやり取りから始まった。

あの・・・携帯電話を掲載しているのだから、「個人が一人でやっている」こと、想像つかないのでしょうかsweat02 携帯電話を代表電話にしている組織ってあるのだろうか・・・。

さて続き。

『ソレイユさんは、SEO対策されてますか?』

『はい、してます。』(ありがたいことに、グーグルだとトップページに出てきてくれます。ヤフーは全然だけど、もう諦めた(笑))

『では、SEO対策は必要ないでしょうか。』

『はい、必要ないです。』

『わかりました。では、失礼します』

と、何の営業トークもなく、あっさりと電話を切られた。お昼寝を妨害された私の殺気を感じたのだろうかcoldsweats01 もうちょっと食いついてくると思ってたのに・・・ そんな程度のやる気なら、電話して来ないで~。

と、余談ではありましたが・・・この電話の後、再びお昼寝に戻り、起きてからHP更新を始めました。

今までずーっと気になっていた点がひとつクリアになって、すっきりしました。

でもまだまだ(マイナーな)改善したいので、これからも引き続きがんばりますrock

| | コメント (0)

2009年11月13日 (金)

意識の方向性

『2013:人類が神を見る日 アドバンストエディション』(半田広宣著)を図書館で借りて読んでいましたが、読み終わる前に貸し出し期限が来たので、仕方なく返却。これは購入する価値アリと思い、早速、購入しました。

さて、この本、どんな話かというと、シリウスからのメッセージを、冥王星のオコツトという意識体(どうも、「人型」というか、物質としては存在していないらしいので、『冥王星人』とは言えないらしい)を通して、半田広宣さんが受け取ったチャネリング記録を元に、今現在進行形の大きな転換期について語ったものです。

この本の中に、「意識の方向性」という話が出てきます。

本の中で、半田広宣さんが、宗教家や、神や愛を語る人たちに対して批判するシーンがあります。それに対してオコツトはこう答えました。

『コウセン・・・あなたのおっしゃっていることは分からないでもありませんが、そうやって愛という感情に従順になろうとしている人たちを批判することにどれだけの意味があるのですか。わたしには今のあなたの意識の方向性は、地球人の愛を脆弱なものにしてきた力と全く同じものにしか見えませんが』

(略)

『問題は他者に向かうことではなく、自分自身に向かうことです。あなたは他者の状況をみてその存在証明を必要と感じていらっしゃる(注:広宣さんの批判内容)のですから、その問題解決へ向けてあなた自身が行動を起こしていけばいいだけのことではありませんか。他者への批判はあまり意味のないことのように思えますが』

(129~130ページ)

そうなんですよね、ここなんです。

人は、自分しか変える事はできないんです。他人を見て、色々と批判したくなりますが、他人を批判する(批判のための批判)という「意識の方向性」は、進化ではないそうです。

私も常々、自分の心を観察して、批判ではなく自分自身を変える力に向かうようにしていますが、ついつい、やってしまうんですよね・・・。

このブログ内でもsweat01 

で、ちょっとでも同じ方向性の(同じ批判を持っている)人と出会うと、

「そーそー。そうでしょ~!!!」と、助長してしまいます。 反省。

(オンナ同士の陰口って、こんな感じですよね。これって、ちっとも美しくないですよね。)

かといって、本当に改善しなければいけないコトに対して「批判はいけないから」と口をつぐんで自分の中に押しやってしまうのも、よくないと思います。どこまでが建設的な批判でどこまでが批判のための批判か・・・というのは、きっと、それぞれ一人ひとりの心の中にあるのでしょうね。

最近、このような『他人を変えたり批判するのではなく、自分自身を変えましょう』というメッセージを他でもよく目にします。

自分自身が気になる言葉、ふと目にするモノ、全て、その時の自分にとって必要なことなんですよね。 ありがとうございます☆

自分自身が変わる事が、宇宙の進化に繋がるというこのお話。とっても壮大ですよね。

この本から紹介したいコト沢山ありますので、また、追々、紹介していきますね!

| | コメント (0)

2009年11月12日 (木)

人助け

昨日は、大学時代の友達の出産祝いに行ってきました♪

彼女達に会っていつも思うのが、「私はあの大学に行って、良かった♪」ってことと、「本当に良い友達に恵まれたなぁ♪」ってこと。

彼女達は年齢を重ねる毎に、ますます素敵な女性になっていっています。友達は宝ですね☆

色々問題があった友達も、それぞれ改善に向かっていました♪嬉しいことです。

さて、帰り道、バス停で地図を広げてバスのルートを訪ねている外国人観光客がいました。高校生の男の子が助けようとしていましたが、わからなかったみたいなので、聞いてみました。

日本人観光客でも迷いかねない、京都のバス路線。京都駅に行きたかったらしいのに、反対方面に乗ってしまったようでした。日が暮れてきて、人も少ないし、とても不安だったそうです。

バスが来るまで、しばらくお話をしていました。

サンフランシスコ在住の方で、プログラマーの仕事をしていて、長期休暇で海外を転々と旅行しているそうです。で、私のお仕事を聞かれましたので、しっかりと「リコネクション」を紹介しておきました♪ あはは。アメリカ逆輸入です☆

私も英語圏外に旅行に行ったら、英語の話せる人がいるとほっとするので、これからも、迷ってそうな人がいたら、躊躇せずに、道案内しようと思いました♪

| | コメント (0)

2009年11月11日 (水)

映画 『2012』 とマヤ暦について

今、テレビなんかで、映画『2012』の宣伝を見ますよね。

「マヤ文明が預言した地球滅亡」みたいに言ってますけど、マヤ暦のひとつのサイクルが2012年12月で終わるだけで、「地球滅亡」なんて、マヤでは一言も言ってないんですよ~。

「暦が終わる」⇒「地球が終わる」と誰かが勘違いしたにすぎませんからね~。 どうぞ、笑い飛ばしてください(^^)

そういえば、マヤ暦セミナーの先生が、こんな事言ってました。「昨日、テレビ局から取材の依頼があったんですよ。2012年の事についての見解を述べて欲しいって。『なんでオマエに言わなアカンねん。聞きたかったら、このセミナーに来い』って感じなんですけどね。」(一同爆笑) 確かにそうだ(笑)

で、多分、その先生、インタビュー受けたと思うんですけど、いつ・どこで、オンエアされるんだろう。

たけしの超常現象の番組とかかな??

さて、飽きっぽい私のマヤ暦ブームは、いつまで続くのでしょうかhappy01

相変わらず、親戚・知人の生年月日データを集めては、ひとりでムフムフ喜んでいますhappy01

| | コメント (0)

2009年11月10日 (火)

シンプルだから。

ブログの記事に関して、個人的にお便りをいくつか頂いています。

みなさんのあたたかいお言葉、本当にありがとうございます。ちょっと今、時間がないので、お返事はもうしばらくお待ちくださいね。

さて、先日ブログに書いたように、私は、シータヒーリングを体験して、「自分がやっていくのは、リコネだけでいい」という決断に至ったのですが、ちょっと補足です。

エリックは、他のヒーリングを否定しているのでは決してありません。

エリックが「他のヒーリングはいらない」と言っているのは、リコネが現存するヒーリングの中で、最もシンプルでパワフルだから、「他の何も付け加える必要がない」、ということなんです。それは決して、リコネがベストで、他が悪いということではない、とも言っています。

私は、リコネのシンプルさが大好きなので、私自身は「自分に他のヒーリングの手法を学ばせる必要はない」と再確認したんですhappy01 

シンプルだからこそ、何も手を付け加えないところに、リコネクティブ周波数が自由に動いて、お客様の必要なところに勝手に届いてくれる。

後のことは、お客様ご自身が味わっていく人生のヒーリングプロセス。

その過程で、他のヒーリングに出会って体験されて、新たな発見があったり、更に癒されたりすることがあるかもしれないけれど・・・。それもそれで、必要な体験として宇宙がプレゼントしてくれたことなんですねnote そして、そういった事(他のヒーリング)を提供するのは私のお役目ではない、という事に気付いたんです。

リコネクティブ・ヒーリングは、単なる癒しだけにとどまらず、新しい次元の「情報」を私たちにもたらしてくれます。

「私たちが必死でしがみついていた概念・価値観が、本当は要らないものだった」という気付きを与えてくれたりもします。

そういった点で、ものすごく価値のあるセッションだと、私は思っていますconfident

明日、またお一人、宇宙との再接続(リコネクション)を完了されますheart01 いつもいつも、このお仕事をさせて頂けることに、感謝の気持ちでいっぱいですnote

| | コメント (0)

2009年11月 9日 (月)

『ツイてる』ネットワーク

予約投稿するなら、「3:33」にすればいいheart04 ということに気付きましたhappy01

みなさんが、333のぞろ目を見る機会が増えますようにhappy01 (あんまり意味ない??)

さて、mixi 入ってるかた。このコミュ、お薦めです。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=55984

TVや新聞のニュースでは、不況や年金問題や、事件や事故や、暗い話題ばかりで、ああいうのばかり見ていると、そういうエネルギーに同調してしまい、自分のツキも逃げていってしまいます。

自分の現実を創りあげる「思考の方向性」が、そっちに行ってしまって、そういうものが引き寄せられてくるんですよね。引き寄せがあるかないかは別にしても、気分が暗く憂鬱になっていまいますよね。

でも・・・

この「ツイてる」コミュで、みなさんのツイてる話を読んでたら

「な~んだ。テレビでは暗い話ばっかりしてるけど、みんな、ツイてること、沢山あるじゃん♪」

という事に気付き、

「だったら、私だって、こういう風にツイてくる可能性があるんだ♪」

と、現実を創る「思考の方向性」が、ツイてる波に同調し、そういった現実が起こってくるようになります。

ここで、他人の事をねたんでしまうと、「思考の方向性」がマイナスになっちゃうので、「私にもチャンスはある♪」と思ってくださいね。

で、mixiに入りたい方はご一報を♪

ちなみに、ここの管理人さんは、coologの児玉さんです♪(なんか、私、児玉さんの回し者みたいですが・・・全部、私が勝手に宣伝しています。頼まれたわけじゃないですよ(^^))

| | コメント (0)

2009年11月 8日 (日)

シンギング・リン&シータヒーリング体験 その2

追記です。この体験談には後日談があります。引き寄せ・願望実現のからくり2010年1月18日 (月)のブログ

できれば、そちらもあわせてお読み下さい。 2010年9月30日
*****

昨日の続きです。

セッション当日。

私は、改善したい問題なんてひとつもなかったのですが、せっかくなので、何か問題を持っていこうと思い、「掃除が苦手だから、ちゃんと掃除が出来るようになりたい」という問題を用意して行きました(笑)

最初は、シンギング・リンから。事前カウンセリングに記入する項目が多く、ものすごく時間がかかりました。でも、セッションは、とっても良かったです。クリスタルボウルと似ているのかしら。

終わったら、頭がボーっとしていて、とにかく、何も考えられない感じでした。

で、シータヒーリングのセッション。

普通は、どういう手順でやっていくか説明があるらしいのですが、たまたまプラクティショナーさんが説明するのを忘れていらして、いきなりカウンセリングが始まりました。

私が「掃除できない」という問題を伝え、その問題を掘り下げていきます。「そうすることで考えられるもっと最悪なことは何ですか?」・・・そして、芋づる式に、「最悪なこと」を挙げていきます。この過程は、私にはとても難しかった・・・

だって、もう既に、「最悪なことなんてない」とわかっているので、なんというか、3次元現実レベルに戻って、「普通の人が最悪だと思うであろう」事を「想像」して、答えていきました。

今まで手放してきた「いらないもの」を、また探し出すという作業。「なんで、今更、こんなことしてるんだろう」と思う私。

とりあえず、思いつくまで「最悪」の事を洗い出し、ヒーリング開始(?だと思います)

プラクティショナーさんが私の手を握り、ひとつひとつ、言葉に出し、「○○を消していいですか?」と聞き、私が「はい」と答え、ヒーリングされます。ヒーリングというより、「クリアリング」って感じです。

で・・・その過程で、私が「言葉にして伝えるのが苦手」という事がわかり、その原因を探っていくと、ふと、幼少期の思い出が浮かんできて、号泣しました。

何でかわからないんですけど、何の脈絡もなく、ふと、浮かんできたんです。

とにかく、びっくりしましたsign03 これが、シータヒーリングの影響なんでしょうか。

私はもう、問題はないって思い込んでいたのに、実はまだまだ奥の方に、癒されていないインナーチャイルドが潜んでいたんですね~coldsweats01

で、その癒されていない思い出を消してもらい、その後にやっと、本題の「そうじ」について入っていきました。

「そうじを楽しくできるようになったらいいのですよね。」とプラクティショナーさん。「そうなんです!」と私。

で、楽しく掃除が出来るようにしてもらいました。 そしてセッション終了。

予期せぬハプニングに、放心状態でした。

結局、シータヒーリングはどういった手法でやっていくのかよくわからなかったのですが、ヒーリングする時は、クライアントの身体のどこかに触れていないといけないようです。

ヒーリング自体は、このブログにリンク貼っているcoologの児玉さんが開発された、「シンクロレゾナンス」と同じような感じだと思いました。シンクロレゾナンス(のグループセッション)は、問題を紙に書いていき、児玉さんが場の波動を上げ、自分で問題が消えたと思ったら、紙に書いた問題を消していくので、問題内容を話す必要はなく、また、身体にも触れられないので、そういった違いはあります。

さて、シータヒーリングを受けて良かった点は、まだ過去の癒されていない部分が出てきたこと。

リコネでは、「その時に必要な癒しが起こる」ので、癒されるべき問題を、後のイベントまで残しておくこともよくあります。 そういった事に気付いたことが、よかったです。

そして、『やっぱり私は、リコネだけで充分だ』と確認できたことです。

っていうのは、シータヒーリングも勿論素晴らしいと思いますが、私がプラクティショナーとしてやる必要はないと、ハッキリ自分に宣言することができました。

シータヒーリングも、「シータ波」という波動を扱っている以上、「エネルギーヒーリングの一種」ですよねsign02

私は、「リコネクティブ周波数」を扱うプロに徹しようと思いました。

何も私がやらなくてもいい。シータヒーリングを受けたい人は、シータヒーリングの専門家に行ってもらえばいいんだって思いましたhappy01 

リコネクティブ・ヒーリングとリコネクションだけを扱うことによって、リコネのセッションを「リスペクト」したいし、お客様にも、純粋なリコネクティブ周波数を提供していきたい。

決して、他のヒーリングが悪いわけじゃなく、お客様が「リコネクティブ・ヒーリング」や「リコネクション」を選んでくださった時、その本物を味わって頂けるように、という思いだけです。

言ってみれば、本物の味を体験したければ、

『中華・フレンチ・イタリアン・和食』全部出しまっせ~♪っていうレストランじゃなく、

『中華料理店』『フレンチ専門店』『イタリアン専門店』みたいに、専門のところに行きますよね。

私は、そのような『専門店』でありたいと思っています。

それから、今回は、シンギング・リンとのセットだったので、やっぱり、どこまでがシータヒーリングの影響かというのが、計りにくかったです。それぞれの良いところがわかりにくい、というのが残念なところですね。

勿論、私の視点が他の人と違うだけなので、本当に癒しを目的とされている方には、プラクティショナーさんがお薦めされた通り、相乗効果で良いセッションだと思います。

でも私はリコネのプラクティショナーなので、リコネの方をお薦めしますよ~note

そのように、自分の道を新たに確信して進める結果となったので、受けて良かったですhappy01 夏に「DNA基礎」講座の日程が合わなかった理由がわかりましたheart04

今度は、「シンギング・リン」だけ受けてみたいなぁ。あのセッションの後、ホントにぼーっとして、何も考えられない状態だったので、あのまま 「まったり」 した状態で、帰ってみたいと思いましたhappy01

ちなみに、問題の掃除については・・・・

私としては、魔法のように 『「しゃららら~ん」 さぁ、今からあなたは掃除が大好きになりますよ~shine』 って、人が変わったようにキレイ好きになれるかと、淡い期待を寄せていましたが。

いくらヒーリングしたところで、本人が「変わろう」と思わなければ変われないというのを、再確認する結果となりました(爆) 聞かないで~sweat01

でも、お客様が来る時は、しっかりとキレイshineshineshineにするので、みなさん、岩倉サロンに遊びに来て下さいhappy01

| | コメント (0)

2009年11月 7日 (土)

シンギング・リン&シータヒーリング体験 その1

先月の初旬に、シンギングリン&シータヒーリングを受けてきました。

「他のヒーリングは要らない」と言い切っているリコネプラクティショナーの私が、何故、これを受けたのかsign02happy01 

これを受けるに至った経緯は、ものすご~く長くなるのですが、お付き合い下さいhappy01

私が「シータヒーリング」を知ったのは、リコネクティブ・ヒーリングのレベル1・2セミナー中でした。(2008年11月)

宿泊先のホテルで、「シータヒーリング基礎DNA」という講座が開講されていたのです。

当時私は、「へ~、いろんなヒーリングがあるんやなぁ。DNAって、リコネもDNAの事言ってるけど?でも、エリックは、『他のヒーリングはいらない』って言ってたし、私には関係ないや。」

って思って、全くスルーしてました。

でも・・・ その日以降、忘れた頃に、「シータヒーリング」の話を聞くようになりました。

リコネクション レベル3 のセミナーでお友達になった方も、シータヒーリングを体験されていて、

「(シータヒーリングはカウンセリング的要素があるので) さちさん、シータヒーリング向いてると思いますよ~」と言ってくださいました。

リコネのお客様でも、シータヒーリングをこれから学ばれる予定の方がいらっしゃったり、新しく出合った人の知り合いがシータヒーリングのプラクティショナーだったり・・・

なんでこんなに「シータヒーリング」を聞くんだろう・・・、とあまりにも不思議に思ったので、とうとう観念して、「これは、シータヒーリングを受けろってことか?」と思って、私はいきなり、プラクティショナー向けの講座(最初は、「基礎DNA」です)を受けようとしたんです。

理由はそれだけではありません。

「確かに、リコネを受けたら、他のヒーリングは要らないけど、人間って、やっぱり、悩みを聞いてもらったり、『あなたはこうだから、こうした方がいいですよ』みたいな事を言ってもらいたいという人の方が多いよね。リコネのよさは、「自分自身で気付いていく」ことだけど、カウンセリング的なワークのあるヒーリングも必要なのでは?」と思うようになっていたのです。(自分が提供する、しないは別にして。)

それが、今年の夏ごろ。でも、当時開催されていた講座は日程が合わなくって、全部ダメでした。

で、またすっかりシータヒーリングの事を忘れていたときに、新しく出会った人から、「私の友達にも、リコネやってた人いますよ~。でも、今はシータヒーリングにはまってます」と聞き、「あ~、またシータヒーリング!!!」と、思い出してしまいましたcoldsweats01

で、またまた「基礎DNA」の講座を探し始めたのですが・・・

ふと 思いついて、

「そうだflair いきなり「基礎DNA」受けなくても、セッションを体験すればいいんだsign03」と、そんな単純な事に、や~っと気付き、セッションを受けることにしました。

そんな経緯で、早速、申し込み。

私が受けたプラクティショナーさんは、シンギング・リン もされていて、シータヒーリングとセットのコースがありました。

私は、メインの目的が「シータヒーリング」だったのですが、シンギング・リンも面白そうだったので、どういう手順でするのか、セットにしても、ちゃんと「シータ・ヒーリング」の体験が出来るのかどうか、確認しました。

すると、「シンギング・リン」を受けることにより、初めての方でもシータ派に入りやすくなるから、お薦めです とのことだったので、セットで受けることにしました。

(ここまででも、随分長いですね。やっと前置き終わりました。)

あまりにも長くなりそうなので、今日は一旦ここまで。続きはまた明日♪♪

| | コメント (0)

2009年11月 6日 (金)

大ちゃん、おかえり~

今さっき、高橋大輔選手の演技が終わりました~。

彼は、スターティングのポーズに入った瞬間、何かが乗り移るというか、人が変わったようになりますよね~happy01 スケートの神さまがついているのだろうか。

今回は、後半のサーキュラーステップでバランスを崩した後、エッジが引っ掛かって転倒してしまいまったり、小さなミスもありましたが、戻って来た大輔クンが見れて、良かったです~note

その後の、ジョニー・ウイアー選手(アメリカ)も、セクシー系(=ゲイっぽい)ですよね~。

あ、今、ジェレミー・アボット選手が出てきました。彼の衣装、エリックみたいです。(薄紫のブラウスに、紫のベスト、黒っぽいタイトなパンツ)髪型もそっくり。後ろから見たら、ホント、エリックみたい!(顔は似てませんcoldsweats01

こんな衣装です(リンク切れだったらごめんなさい)

すいません、今、見ながら書いてるので、実況中継みたいですね。

あ・・・小塚君が出てきた。彼も成長したなぁconfident カワイイなぁ。

大輔クンのことだけ書こうと思ってたら、ついつい、そのままダラダラ書いてしまったわsweat01

そうそう、女子の方は・・・

ミキティー、彼女はなんで、失敗したらその後の演技がヤル気なさそーに見えるのでしょうgawk 今回もそんな感じだったので、やっぱ、彼女は「世界の女王」の座には遠いなって思いました。

すいません、私の勝手なコメントなので、スルーしてくださいcoldsweats01

常連のみなさま、私の趣味のしょーもないブログに付き合ってくださって、ありがとうございますconfident

| | コメント (0)

注目:NHK杯(フィギュアスケートグランプリシリーズ)

今日から、フィギュアスケートGPシリーズのひとつ、NHK杯が行われます!

今日の放送は、女子シングル19:30~、男子シングルは22:00~。

NHK杯なので、もちろん、NHKで放映されます。

私がスケートやってた頃は、日本で放映される試合って、このNHK杯とGPファイナル、日本選手権くらいだんですよ~。それがいまや、テレ朝さんが頑張って、GPシリーズ全部やってくれているので、ありがたいことです。

男子も女子も、日本選手が表彰台を争うレベルにいるから、視聴率が稼げるのでしょうねhappy01

さて、今回の注目は、もちろん、高橋大輔選手heart04

ケガ復帰後の彼の滑りは、美しさとセクシーさが増してます。ワイルドセクシーな感じが女心をくすぐりますcute(話すと頼りない感じですが・・・でも随分と成長しましたよ) 全体的な技術力が底上げされた感じで、とっても楽しみnote だいちゃん、がんばれ~heart01

女子は、安藤選手と中野選手が出場します。ミキティーは、今、波に乗ってるし、モチベーションも高そうなので、いい活躍が期待されます。

ショートは演技時間が短いので、飽きずに見られます。

フリーは明日です。

どうぞ、みなさま、見てくださいませ☆

ところで・・・真央ちゃん、残念だったね。。。 ロシアじゃなくって中国に出てたら良かったのに・・・って、日本中のファンはそう思ってるかも?

彼女のGPファイナル出場は、無理っぽいです。

でも、その間に、しっかりと調整して、日本選手権で優勝して、オリンピックに向けて勢いをつけてほしいですねnote

あ、そーそー。マヤセミナーで先生がポロっと言ってくれた真央ちゃんのKINは150。「白い犬」さんです。黒キンの日なので、とっても注目される運命のようです。当たってる!ちなみに、私も「白い犬」の性質を持ってるんですnoteうふふshine

| | コメント (0)

2009年11月 4日 (水)

リコネクションHP作成を検討中の方へ

以前、旧ブログの方で、リコネクションプラクティショナーさん向けにHPを作成してくださる方(Hさん)を紹介したことがありました。

実は、そのHさんの対応が悪いらしく、2ヶ月ほど前に、彼にHPを作成してもらったという方からその報告を頂きました。

顧客の依頼内容に誠意をもって対応せずに、自身のブログで顧客とのやり取りについて、自己本位な記事を書き、嫌な思いをされている方が複数いらっしゃるとの事でした。

私は、Hさんとは、リコネクション(レベル3)のメンタリングセッションでご一緒した経緯もあり、「メンタリングを受けられるほど熱心な方なら、リコネに対する思いも私と同じはず」という思い込みで、あまりお話もしていない段階でHPに相互リンクを貼っていました。そして、「さちさんのブログで、HP作成の紹介をして欲しい」という依頼があり、紹介をしました。

しかし、そのようなご報告を受け、事実内容の確認をした結果、確かに、ご報告いただいた通りの内容が確認でき、また、彼が作成したHPをいくつか見た結果、SEO対策のプロが作ったとは完全に言えないこともあり、本人に連絡した上で、こちらからのリンクは解除し、紹介していたブログ内容も削除しましたが、特に私のブログでその事については新たに触れませんでした。

しかし、今回、新しくリコネクションのプラクティショナーになられた方で、ひょんな事から、HさんにHP作成を依頼して嫌な思いをされたという情報がまた入ってきましたので、ここはしっかりと、お伝えしなければいけないと思い、この記事を書いています。一旦紹介した手前、そういう事実報告をしっかりするのが筋であると。

その方は、私がリコネのプラクティショナーになる前からのブログを読んでくださっている方でした。当時の私が紹介した記事が、記憶のどこかに残っておられて、依頼されたのかもしれません。

そうでないにしても、今後、Hさんの事が記憶に残っている方が、どこかで紹介を受けた時に「そういえば、さち♪さんのブログにもあったなぁ・・・」と思われるといけないので、改めて、記事にすることにしました。

さて、HP作成ですが、私は、「無料レンタルテンプレート」を使ってやってます。HP作成ソフトでも、簡単なものもありますので、最初はブログから始めて、その間にHP作成を勉強されて、自分でやるのも、一つの手ですよ☆ 自分でやるメリットは、「いつでも更新できる」です(^^)

沢山の新しいプラクティショナーさんが、大いに活躍されますように☆

| | コメント (0)

マヤ暦個人鑑定の結果

前回のブログで、「予約投稿をすれば毎日同じ時刻に投稿できる」と張り切ってやってみたのですが、あれから忙しくって、記事を書く時間がなく(でもmixiのアプリは欠かさずやってるhappy02) 1日坊主で終わってしまいました。 さすがワタシ。思ったとおりだったわhappy01

さて、昨日、マヤの初心者講座に行って、その後、時間広場あすわの秋山先生に、マヤ暦による個人鑑定をしてもらいました♪

私と夫との関係を見てもらったのですが、やっぱり、秋山先生に見てもらえてよかったですheart01

マヤ暦でも、私が羽ばたくのは、これからのようです。

今の時期は、色々な事にトライして、自己調整をしている時期なんですって~。

でね、今年(去年の誕生日前後から)出合った人やモノは、今後の人生で、とっても大切なんだとか。わーい、今年、たっくさん、新しい人に出会いましたよ~heart04 みなさん、よろしくねsign01

でね~、マヤ暦って、色んな周期があるのですが、その中の一つに4年周期というのがあって、その周期の1年目に始めたことの答えが、来年出るそうです。で、その中でも、今年がキーになっているらしく。 なんとなんと、その1年目の時に、リコネに出会ってるんですよ、私happy01 で、プラクティショナーになったものの、実は集客とかで苦労している部分もあり・・・なのですが、それは今年だったからなんですねsign03 その答えが来年出るそうです。

めっちゃ爆発、大繁盛heart04するか、閑古鳥が鳴いてサロンを閉めるかheart03 前者になりますようにheart01

それと、来年、4年のサイクルが終わると同時に、13年のサイクルも終わるので、再来年には「超新生さち♪」になって、めっちゃ生まれ変わるみたいですhappy01 そしてそして、マヤ暦では、39歳というのも、ターニングポイントというか重要な年で、それもあと3年後・・・(あ、年がバレた)

そういう、重要なポイントが3~4年間続いてて「こんな時期にセッションを受けに来られるのもスゴイです」とのこと。「今の時期に、マヤ暦に出会われたのは、もしかしたら、これも、今後進むべきものなのかも」と、・・……(-。-) ボソッと言われたのですが、

「先生、そうなんですよ~、もっと詳しく勉強したいと思っていますsign03」と答えました。

はい。マヤ暦、熱いです。 リコネに惹かれたくらい、惹かれています。

小~中から占い好きだったので、西洋占星術(いわゆる12星座占い)はやってましたが、その当時、それしかなかったから、仕方なしにやってましたが、なんか、頭に入らなかったんですよね~。でも、マヤ暦なら、スラスラと頭に入る!!!その当時からマヤ暦を知っていたら、私は絶対、こっちにハマッてたはず。 

そういえば・・・マヤ暦の手帳が今3冊目だから、マヤ暦に出合ったのも、4年周期の1年目の年か???

ってなわけで、マヤ暦、本格的に学ぼうかと思っています。(検討中)

実は自宅に、英会話教室やってた時のホワイトボードがまだあるので(リサイクル出しそびれた)、将来、自宅でマヤ暦講座も開催してたりして~happy01

それで、夫との関係なんですが、やっぱり、縁は深いようで、それでいて、「お互いを高めあう」関係なんだそうです。

夫の成分が100% 私にないもので出来ているらしく(笑) 「言わなくてもわかるでしょ~」は通用しないとのこと。

なんかね、「ソウルメイト」とかいう関係にも憧れた時期がありましたが、自分と似たモノ同士でツーカーの関係よりも、自分にない性質の人と一緒になって、お互い学び合う関係の方がステキだと思いましたconfident

社会でもっと活躍したい、とかいう人は、そういう関係性をパートナーに選ぶのだそうです。(だから、先生ご自身の夫婦関係も、そんな感じだそうです)

そして、「ご主人さん、仕事できる人でしょ」と言われ、「そうなんです~!!!仕事大好き人間ですよ。」と。自慢に聞こえるだろうから言わなかったのですが、ホント、仕事が出来る人なんですよ。 そういう部分が尊敬できるから、ずーっと一緒にいられるんですheart04

それでねー、夫の周期も、来年~再来年あたりが転換期らしく、「夫婦ともどもこういう時期にあるということは、お子さんが出来るんじゃないかと思うんですけどね~。」と、何度も仰ってました(^^) そして、身体の冷えをとる半身浴も教えて下さりspanote

なんでも、おへその上と下で、温まり方が全然違うらしいですね。教えてもらった通りにやってみたら、上がっても身体がぽかぽか。これからの季節、とっても良い情報をゲットしましたheart04

まー、子供が出来ても出来なくても、それぞれの転換期のイベント(?)はちゃんとやってくるらしいので、どんな風になるか、楽しみですshine

| | コメント (4)

2009年11月 3日 (火)

マヤ暦 その後

みなさま、おはようございますsun

「公開日時を設定」という便利が機能があるにも関わらず、今まで使ったことがなかったワタシ。 これを利用したら、「毎日同じ日時に更新」できますねnote

今回だけで終わるかもしれませんが、ちょっと利用してみますhappy01

さて、学生時代の友人達との関係性を調べていて、面白いことがわかりました~♪

大学時代に、親友の中の親友と呼べる、私が特に大好きだった友達が二人いました。

中学時代には3人かな。うち一人は高校も同じ。

で、大学時代の親友の一人は、私と全く同じKINナンバーである事が判明し(誕生日は違います)、もう一人はサブ(って、こんな言い方でいいのかしら?)が私と反対キンで、メインが中高の親友と同じ太陽の紋章。

そして、大学時代にいつもつるんでいたメンバーの一人が、メインもサブも私と反対キンだったことも判明。

(う~ん、知らない人が読んだら、何のことかさっぱりわからないですよね。)

元カレとの関係も見たいと思いつつ、誰一人として、誕生日を覚えていない私happy01

あれだけ大恋愛してた高校時代の彼の誕生日も、ち~っとも覚えてなくって、何月だったかさえ忘れています(笑) やっぱり、オンナは忘れるのが早いんでしょうか。それとも私だけ??(イヤ、年とったから???)

まだまだ、色々な方との関係性を調べています♪ こんなにハマるとは・・・マヤ暦本格的に習おうかしらhappy01

ちなみに、本日、マヤ暦セミナーに行って来ます♪ 以前行ったのと同じものなんですけど、秋山先生直々にマヤ暦セッションをしてもらいますheart02 楽しみup

| | コメント (2)

2009年11月 2日 (月)

『楽しい人生を生きる宇宙法則』 小林正観 著 (講談社)

2006年に初版が発行されたのですが、これを読んで小林正観さんの教えがよくわかったように思います。

最後にはQ&Aが書かれていますので、ピンポイントで知りたい場合もいいかもしれません。(でもここだけ読んでも、「なんで?」って思うと思いますが・・・)

現時点の私的には、彼の理論には8割賛成です。不平不満を口にせず、つねに「ありがとう」を言うと、本当に「ありがとう」と言いたくなる事が沢山起こるとか、相手を変えずに自分が変わろう、ということなんかは、沢山の方が言われている共通点ですねheart04

賛成できない点が2つあって、「未来は決まっている」ということと「頼まれごとをこなすだけでいい」ということ。

「未来は決まっている」というのは、ある意味「Yes」である意味「No」だと私は思っています。

正観さんの理論では、「ここで、こういう感情を持って、こういう選択をするのも全部決まっている」といいます。

たとえば、受験の話。(前も書いたかな?) 「未来が決まっているなら、勉強しなくていいんじゃないか」と思う人がいますが、「勉強して大学に入る」というプログラムの人は、「勉強しない」という選択肢はないから、必ず勉強して大学に入るそうです。

逆に、そこで勉強をしなくなってしまったら、それもプログラム通りとのこと。

私が納得できないのは、ここです。

人生のプログラムって、1パターンだけじゃないと私は思います。

最近のRPGは、主人公のとった行動によって、エンディングが全く変わってきます。途中で出合う人のセリフやイベントも変わります。それと同じで、いくつものパターンが「プログラム」されていて、「Aをした場合」「Bをした場合」「Cをした場合」、それぞれが用意されていると思うのです。

だから、さっきの受験の例でいくと、「それでも勉強しなきゃ」って思って勉強した場合と、「じゃぁ、勉強しなくていいや」って勉強しなくなった場合、両方とも用意されていると思うんです。

ところが、正観さん理論では、そういった選択肢があるように見せかけても、実際に選択するのは一つしかなく、決まっているとのことです。なぜなら、プログラムを書いた本人の魂がこの身体に宿っているから、かならず、プログラム通りを選択するのだと。

些細なことまでも決まっているとのことで、レストランで食事に迷った時、「うどんにするかそばにするか」とか、食後のドリンクをつけるかとか・・・そんな細かいことまで全部プログラム通りだという考え方です。

まぁ、これは証明できませんから、どっちでもいいのでしょうけど、「全部プログラム通りだ」と考えたら、過去を悔やむ必要もないし、未来を心配する必要もないから、割とあっさりと諦めがつくので、正観さんが一番言いたいこと

「念を入れて生きる=「今」に「心」を入れて生きる=過去や未来ではなく、今、目の前のことを大切にする」

が、すんなりと出来るようになるのではないかと思います。

そういった意味では、正観さん理論で通されるのは、多くの方が救われるのではないかと思います。

ただ、前世療法のブライアン・ワイス博士の本では、退行催眠を通してのチャネリング情報などから、魂の成熟度によって、プログラムをきっちり決めてきているパターンと、大まかにしか決めていないパターンがあるという話があるので、私はこっちを支持しています。

つまり、「今日、何を食べるか」まできっちり決まってない人もいる。

私は、過去・現在・未来は同時進行だと思っているので、「今」 「Aという選択」をしたら、そのように宇宙が全部動き、「Bという選択」をしたら、そのように宇宙が全部動く・・・

予め決まっているのではなく、その都度その都度、過去も未来も書き換えられ(過去の書き換えは、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー2・3」のような感じかな)、全ては調和で成り立っていると思います。

次に、「頼まれごとをする人生」

これは、正観さん独自のパターンだと思います(^^) マヤ暦やって気付いたんですけど、人間は、それぞれ、色んな特徴を持って生まれています。物事を生み出したり、始めたりするのが得意な人、予めできあがったものを更に良くしていく人、変化させるのが得意な人、まとめるのが得意な人・・・。

ですので、「頼まれごとだけをやっていて、天命がわかり、人生がうまく回る」というのは、「正観さんだからこそ」だったと思います。だから、全ての人に当てはまるわけではないと思います。

ただ、「頼まれごと」を快く「ハイハイsun」と受けていれば、色んなところに味方が出来るので、自分が困った時に助けてもらえるご縁が沢山できますよねhappy01 「不平不満を言わない」ということにも繋がります。

正観さん自身も、「自分が大切にされていないと思うような頼まれ事は断りましょう」と言っていますから、本当に良いご縁を増やしていく為にも、実践してみる価値はあると思います。(ただ、自分が出来ない事を引き受けるのは、相手にも迷惑になるから、やめた方がいいと思います・・・。)

さて、この本の「あとがき」が素晴らしかったので、シェアさせてください。

『楽しい人生を生きる宇宙法則』 小林正観 著 (講談社) p216より

精神分析の祖・フロイトがなくなったのは一九三九年のことでした。
生前、フロイトが面白いことを言っています。

 幸・不幸を論ずる人は、我々の時代以前にはほとんどいなかった。我々が生きた時代の前の時代くらいまでは、通信とか放送とかが未発達で、ほかの人の生活を知ることがなかった。
 通信や放送が発達したために、ほかの人がどのように生きているかがわかり始め、「比べること」があたり前になった。
 その結果、不幸と言う認識が広がった。他人と「比べること」が不幸の源かもしれない。

 幸・不幸源を”見抜いていた”ように思います。

(略)

 もともと宇宙には「成功・失敗」も「勝ち・負け」も存在しません。「成功」の概念が存在しないのだから、「成功哲学」というのもないでしょう。
 「成功」を目ざすのではなく、自分がどう生きるか、に徹することができたら、人生は楽で楽しいものになります。
 もちろん、本人が好きで「比べたり」「成功を求めたり」するのは、私が関与する話ではありません。
 しかし、「悩み」や「苦しみ」が「比べあい」や「成功しなければ」という”上昇志向”に源を発しているとすれば、そんなことにこだわらず、淡々と生きて行くことが人生を楽にすることになります。

 この本は「努力しろ」「頑張れ」の方向とは全くちがう生きかたを説きました。

 悩んで苦しんでいる人が、この本で少しでも楽に生きられるようになったら幸せです。

ということですhappy01 

私たちの祖父母の代には、もう既に新聞やラジオがありましたから、フロイトの話はとても貴重ですね。

やっぱり、「他人と比べる」ことが、不幸の始まりなんですね。

確かに「成功哲学」の本を読むよりも、正観さんの本を読んだほうが、よっぽど幸せになると思いますheart04 なぜなら、「幸せになるための本」だからですconfident
「成功=/=幸せ(成功は必ずしも幸せと結びつかない)」ので、「成功するための本」よりもこっちの方がダイレクトに幸せに結びつきますよねnote

またまた長文になってしまいました。

お付き合いいただき、ありがとうございます☆

| | コメント (0)

2009年11月 1日 (日)

天河神社

無事、天河神社にお参りできましたよ~note

実はね・・・もともとは、月曜日に行こうと思ってたんです。ちょうどイベントもあるみたいだったし。でも・・・日記に書いた通り、土曜日にむしょうに行きたくなって、結局、日曜日(今日)行くことにしたんですけど。 2009年11月1日。 そういえば、私の誕生数って、29⇒11⇒2 なんですが、それって明日の数字の並びと同じだsign03 その前日に行ったことに何か意味があったのかな。(ただの偶然かしらhappy01

ここは、「呼ばれる神社」といって、一部のスピ系の人には有名らしく、呼ばれなかったらタイミングが合わなかったり、悪天候のために行けなかったりするらしいので、私も実際、ちゃんと辿り着けるか興味津々でしたhappy01

めっちゃスムーズに辿りつけましたheart04 ありがとうございます。

数日前から公共交通機関での行き方をチェックしていて、なんとか安くいけないだろうか・・・と調べた結果、京都駅からだと、近鉄が出している「天の川探勝割引きっぷ」というのが良さそうだったので、それで行きました♪

京都から下市口駅までの近鉄往復乗車券と、奈良交通のバス「天川川合・洞川温泉」までの往復券つきで、天河神社へは「天川川合」から追加料金250円で行けました。

下市口駅からのバスが、1日3本しかないので、その時刻はちゃんと調べましたが、近鉄の時間は、なるようになるさ~と思って、特に調べずに行ったのですけど、なんとなく、特急に乗った方がいいと思って、特急で行きましたtrain

近鉄特急、初めて乗ったのですが、乗り心地めっちゃいいですnote

大学時代に近鉄で通ってたのですが、特急だったら京都から西大寺まで、あっという間に着いちゃいました。

旅のおともは、半田広宣さんの「2013:人類が神を見る日 アドバンストエディション」。2年前にこれを読んだのですが、アドバンストエディションが出たので図書館でリクエストして、やっと届いたんです。あまりにも分厚い本で、読む気が失せていましたが、最初の1ページを読んだだけで「やっぱり面白いheart04」と、夢中になって読んでいますhappy02 この本のおかげで、待ち時間も全然苦にならなかったです。

なんかね~、このタイミングでこの本を読んでるのって、ものすごいタイミングなんだなぁって、しみじみ思いました。2年前よりも、私のスピ知識が増えてるので、内容の理解度もアップしています。まぁ、本の事はまたいつか書くとして・・・。

下市口駅からのバスは、13:15分頃初で、駅に到着したのが12時すぎ。途中の乗り換え地点でお弁当とか売ってたんですけど、下市口に到着してから食べようと思っていたら・・・甘かった!周りになんにもないんですよ。しかも、商店街が日曜日で全部しまってるcoldsweats02 でも、バスの係員の人に聞いたら、

「ここ降りていったら、何かあると思うよ」ということで、その通り、行ってみました。

すると、民家を改装した喫茶店がありましたnote お店は3ヶ月前にオープンしたとのことで、店内はとてもきれいでした。ご主人は、とっても優しそうな方。少しお話して、ちょうど良い時間にバス停に戻りました。

天河神社まではバスで1時間ほどなんですけど、通る道が、めっちゃ山の中なんです。普通だったら、片道1220円なんですけど、あんな山の中を1時間も走ってくれたら、めっちゃ価値あるわぁ~と思いましたhappy01 バスに乗る前から雨が降り出したのですが、山の峠を越すあたりなんか、「雲の上」って感じで、とってもステキな風景が広がっていました。 雨バンザイfuji

で、あまりにも山の中を通るもんですから、「もし私が呼ばれてないとしたら、バスが故障して、動けません・・・とかなるんだろうか」なんて考えてしまいましたhappy01

そんな心配をよそに、無事到着。

神社には、男女10名くらいの「いかにもスピ系」の団体がいました。数珠を腕にいっぱいつけて、数珠を長くしたようなネックレスもつけてて・・・団体行動に、ちょっと引いてしまいましたsweat01 スイマセン だって、みんな順番に、ものすごい勢いで神さまに挨拶していくんですもん。「パンパン!」っていう音が、「これでもか!!!」って感じに聞こえてしまってgawk

でも、お参りの仕方がものすごく詳しそうでした。さすが(^^)

写真は撮りませんでした。なんだか、写真を撮るのは失礼な感じがして。 境内に大きな杉が何本かありましたが、そこにふらふらと立ち寄りました。とっても気持ちいい感じがしました。そして、本殿の前も、とっても良い気が流れているような感じがしました。(特に、帰り道で、下界(?)とエネルギーが全然違うことに気付きました)

でも、特別なことは何もありませんでしたよhappy01 何でもそうですけど、ほんのごく一部、物凄くご縁のある方が、何かのきっかけで、特別な体験をされるのかも知れないですね。

天河神社への一人旅、めっちゃ面白かったです。友達と車で行くのもいいけど、一人でバスに揺られていくのもいいなぁって思いました。また行きたいですnote

ところで、帰りのバスの中では、中年男性の登山客がいたのですが、途中、「日本最古の水の神様」というのぼりを立てた神社がありました。

私は、「うわ、日本最古だって~。ここも行ってみたいheart04」って思ったのですが、

その登山客の一人が

「日本最古って・・・神様に最古も最新もないやろ」と一言。

確かにそうだ。。。一本取られましたhappy01

長文のお付き合い、ありがとうございました~sun

| | コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »