« 本物のB型 | トップページ | 雲黒斎さん&阿部敏郎さん コラボ講演会(2009年11月23日)続き »

2009年11月24日 (火)

雲黒斎さん&阿部敏郎さん コラボ講演会(2009年11月23日)

おかえり~&ただいまです♪

タイトルのコラボ講演会、行って来ました!!!昼の部、夜の部、両方参加してきましたが、めちゃくちゃ楽しく、至福のひと時でした。

今まで参加した、どんなセミナーや集まりよりも、物凄く心地よく幸せな時間でした。

(リコネクション レベル3 よりも!?)

私にとっては、本当に、「おかえり~」といった感じの講演会でした。「私の本来いる場所はここなんだ」という風に思えました(^^)

まず、参加者の半分くらいは阿部さんの「いまここ塾」に参加されていたのでしょうか、阿部さんのお話を理解されていましたし、ああいう集まりに必ずいる「批判家さん」というか「理論で対抗してやろう」「試してやろう」というような人が一人もいなかったように思います。

みんなが真剣に、黒斎さんや阿部さんの言っている事を理解しようとしていましたし、みなさんの意識レベルがものすごく高かった。

だからこそ、あの場の雰囲気、物凄くあたたかくて心地よくて、まあるい感じがして、とっても良かったです。

私は黒斎さん目当てだったので、正直、阿部さんには興味がなかったのですが、阿部さんのお話、めちゃくちゃ面白い!!それに、本当に悟られているのだということを実感しました。話にブレがないし、最後のQ&Aでも、一人ひとりの質問者の本当の質問の意図を汲み取り、その方にピッタリの回答をされていました。

ぜひ、これからの「いまここ塾」に参加していきたいと思いました。(12月の大阪では参加できないんですけど)

世の中には、真理と混ぜ合わせて、不必要なことを言っている人たちがいる。そういった人を信じている人は、迷宮入りする。だから、自分は、毒舌はいてでも、正直に自分の思った事を語っていく・・・そういう阿部さんの姿勢、なるほどなぁって納得しました。

黒斎さんと阿部さんのお話と、エリックが常日頃言っているお話やリコネクションの本に書いてあること。全く同じです。

実はこの講演会の前日、YouTubeで、エリックの新しいラジオインタビューを見つけて、3分の1ほど聞いていたのですが、その中で、「リコネクティブヒーリング」という名前をつけた経緯についてエリックが語っていました。

エリックが「リコネクティブ・ヒーリング」を教え始めた頃、名前はついていませんでした。参加者に「このヒーリングは何と呼ぶのですか」と聞かれ、最初は名前をつけたくなかったそうです。

「名前をつけるとは、箱に閉じ込めるようなもの。「それ」と「それ以外」と分けることになってしまう。そのことによって、本来持つ価値が制限されてしまう」という理由からです。

「でも、人間というのは、どうも、そういうのが納得できなくて、名前がないということに耐えられないらしい。だから、仕方なく名前をつけることにした」と。

(インタビューをそのまま訳してるのではなく、私の聞いた記憶で書いているので、多少、ニュアンスにズレがあるかもしれません)

この話、本に書いてあったかセミナーで言ってたか、過去に一度聞いたことあるのを忘れていたのですが、「名前をつけることによって制限される」ということを、黒斎さんも、セミナー中に仰ってました。

それから、精神世界ではずーっと言われている「私たちはひとつ」ということも、本当に、その意味を体得して言っている人って少ないのですが、阿部さんと黒斎さんは、本当に体得していると思いました。そして、私もその場にいて、お二人の説明を聞いて、「あ、そういうことか」と腑に落ちました。

これも、エリックの本に書いてありました。

最近、HPの「リコネクション談話室」にアップした記事(恐怖体験のこと)にもちょこっと載せたのですが、恐怖体験や神秘体験、それは、どちらも、クライアントさんが作り出しているのですよね。

霊の世界も、ある意味「ある」し、ある意味「ない」。どの次元で話すかによって、「ある」「ない」が違います。

本来、「全てがひとつ」で「愛」であり、それしかありません。不安や恐怖は幻想で、愛に包まれた中で私たちが勝手に創りあげているもの。宇宙の大きな懐の中で、私たちが勝手にそこから分離して(いると思い込み)、その中で不安や恐怖におびえているだけなんです。

あらゆるテクニック系のものや手順を踏むもの(たとえば、先祖供養もそうだし、塩をまいたり、色々あるもの)は、全て、不安からきているから、そういったものは、本当は、必要ないのですよね。ご先祖さまに感謝する気持ちは勿論大切だけど、それと同じように、私たちの周りの人たちに感謝するのも大切。ご先祖さまも、私たちの周りの人間も、同じなんです。

たとえば、私がこのブログを書くのでさえ、私一人がやってるんじゃないんですよね。そこに携わっている人たち・・・PCのメーカー、その部品メーカー、プロバイダー、ココログを提供しいる人たち、電力会社・・・ 思いつくだけでも、それだけの人たちがいないと、成り立たないことです。

また、このブログを読んでくださっているみなさまにも、同じことが言えます。

私たちは、お互いに支えあっているんですね。

今日はまたこれから出かけますので、一旦ここまで。

また続き書きますね♪

|

« 本物のB型 | トップページ | 雲黒斎さん&阿部敏郎さん コラボ講演会(2009年11月23日)続き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本物のB型 | トップページ | 雲黒斎さん&阿部敏郎さん コラボ講演会(2009年11月23日)続き »