« すっきり~♪ | トップページ | 洗脳のはじまり(続き)~脱・洗脳へ »

2009年10月21日 (水)

洗脳のはじまり

先日、小さい2歳くらいとベビーカーの子供を連れた両親の家族連れとすれ違いました。

お父さんがベビーカーを押して、2歳くらいの子供と競争して、

「パパの勝ち~♪」と言ってました。

と~っても何気ない、ほのぼのとした幸せな感じの風景でしたが・・・ ふと、気になってしまいました。

【さちの回想】

「パパの勝ち~♪」

「XXちゃんの負け。ざんね~ん♪」

ムムム・・・ 子供って、負けて「残念」なんて概念ないよね。

勝っても負けても、子供はただ、その場を楽しんでいるだけだよね。

オトナが「(負けて)ざんねん!」って概念を植えつけてるんだ。

そうか、そうやって、私たちは余計な「衣」を身につけていくんだ。

負けるたびに「ざんね~ん!」って言われて、「負けるのは、残念なこと。悔しがらないといけないこと、悲しまないといけないこと」という、パブロフの犬のような条件反射が身につくんだ。

ただ、それが、あまりにも幼い段階で、洗脳されてしまうから、自分では気付かないんだね。

物事をありのままに見るということは、赤ちゃんの状態に戻ること。

勝って「やったー」って喜ぶこともなく、負けて残念がることもなく、ただ、その現象を見つめること。勝っても負けても、楽しむことはできる。1歳くらいまでの子供はそうしてる。

これは、よくよく考えると、家庭環境で、その洗脳具合に差が出るよね。

(続く)


こちらもヨロシク☆
  ↓↓↓
人気ブログランキングへ

|

« すっきり~♪ | トップページ | 洗脳のはじまり(続き)~脱・洗脳へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« すっきり~♪ | トップページ | 洗脳のはじまり(続き)~脱・洗脳へ »