« ガンビーちゃん、イモトちゃん、おめでとー♪ | トップページ | 顕微授精の結果 »

2009年8月31日 (月)

心にも栄養を!

先日、「エゴの働き」の記事で、こう書きました

私は今まで「自分の心に正直になること」「ハートで感じること」の大切さを述べてきたのですが、それではうまく機能しない人がいるのだ、という事を、この本を読んで初めて気付きました。

その事を、現実レベルで認識した出来事がありました。

今まで、極端に「感じること」を閉ざしてきた人たち(責任感の強い優等生タイプに多い)というのは、頭の中の思考だけが、本当の自分だと思い込んでいます。

だから、「感じる」という事が、わからないようです。

「感じる」のではなく、頭で考えて(左脳で)答えを出すことしかしなかったら・・・

左脳は、自分自身の経験(プラス、自分が見聞きした人の経験)でしか、判断できません。

今まで自分が経験した範囲でしか答えが出せないので、結局、堂々巡りとなり、「どうしたらいいのかわからない」「自分が何をしたいのかわからない」となってしまうのです。

そりゃそうです。左脳は、過去のデータを元に分析する事はできても、未経験の事に対する答えは出せませんから。

でも、心で感じる「本当の自分」がいる場所には、ありとあらゆることに対する答えが山のようにあるのです。

「感じる」力を取り戻す方法は、色々あるでしょう。

音楽や絵画などの芸術作品に触れて感動したり(音楽は生演奏で!)、瞑想したり、山・海・川などの自然に触れ合ったりすることもその一つ。

まさしく、これからの秋は、そういう活動が沢山できる季節でもあります。

美しいものを見て、聞いて、触れて、感動して、心に栄養を沢山与えてくださいね☆

|

« ガンビーちゃん、イモトちゃん、おめでとー♪ | トップページ | 顕微授精の結果 »