« 反省 | トップページ | 大学時代の友人と♪ »

2009年8月26日 (水)

クリスタルボウルコンサート

今日は、クリスタルボウルコンサートに行ってきました!

コンサートといっても、ランチ付きで限定10名。とってもこじんまりとした演奏会です。

mixiのコミュの書き込みでこのコンサートを発見したのが8月23日夜のこと。

「そろそろ、スルッと関西の3daysパスポートを使ってしまわないとなぁ・・・。(8月31日までなので)」と思っていたのと、大阪でめっちゃ会いたい大学時代の友達がいたので、「スルッと関西使う時は、その友達に会いたい」って思っていたのと、以前から「生演奏を聞いて心身ともに癒されたい」と思っていたのが、全部叶いました(^^)

「クリスタルボウル」は、名前だけは聞いたことあったのですが、実際に聞いたことはなく、一度聞いてみたいとも思っていました。

少人数で、ランチ付き。しかもランチはベジランチ♪ もう、言う事ナシで「これだ!!」って思って申し込みました。きっと、顕微授精後の着床にも、良い影響があるだろうとも思って(^^)

前置きがめっちゃ長くなってしまいましたが・・・

演奏は、畳の部屋で横になって聞きました。音と振動で、細胞にも良いらしいです。

最初はとてもゆっくり、ひとつひとつの音が流れていました。

私は、辻麻里子さんの本、「太陽の国へ」の影響で、音自身が持つ性格を体全体で感じながら聞いていました。

すると、ある音の時に、「あぁ、この音は、とっても不安定で、何か、変化したがっているなぁ」という音がありました。

(演奏会の後の雑談で、その事を伝えたら、確認のために、ひとつひとつ音を鳴らしてくださいました。でも、それが何の音がハッキリとわかりませんでした。各音は、チャクラに対応しているらしいので、私がそう感じたのは、音自身の性格というより、その音に対応している私のチャクラの状態だったのかもしれません。また、ひとつの音ではなく、2種類以上の音を混ぜて鳴らされていたので、その組み合わせで、そう感じたのかもしれません。)

途中、外を走るトラックの大きな振動で、びっくりした時が何回かありましたが、とてもリラックスできて、良い休養の時間となりました☆

演奏は、毎回即興で行うそうです。演奏後、奏者の恒(ひさし)さんが、今回の感想をまず述べてくださいました。「今日は、この音とこの音(ナンだったか忘れました)がよく響いていました」とのことでした。

毎回、演奏する場所(プラスメンバー?)によって、よく響く音が違うらしいです。とても面白いですよね(^^)

その後、色々と説明をしてくださいました。

恒さんは、もともとがミュージシャンなので、クリスタルボウルも、独自の感覚で演奏されているらしいですが、「クリスタルボウル」というテクニックで学習・習得された方は、「これはしてはいけない」という決まりとかがあるそうです。

その話を聞いて、「してはいけないと、制限されているなんて、なんだかもったいないなぁ」って思うと同時に、リコネでエリックが「テクニックを超える」と言っていたことも思い出しました。

従来のヒーリングは、「テクニック」が主で、手順があり、するべきこととしてはいけないことが決められています。

エリックは、そういうのを、補助輪付きの自転車に乗ることに例えています。

「最初は、補助輪(=ヒーリングのテクニック、手順、ルール)付きの自転車が役に立つかもしれない。でも、補助輪に頼っていたら、いつまでたっても、本当の意味で自転車に乗ること(=ヒーリングすること)を習得できない。補助輪(テクニック)を外して、自分で実践してバランスを取りながらマスターしていかなければならない」というような話です。

リコネクティブヒーリングには、テクニックは必要ありません。プラクティショナーが感じるままにやっていくだけです。それは、即興音楽を演奏するのと同じだなぁって思いました。confident

他にも、色々とお話を聞いて、「なるほど~」と思ったことがあったのですが、もう忘れちゃいましたhappy01

演奏会の後は、ベジランチです。とっても美味しかったです☆

その後に、友人と会う約束をしていたので、食事の後、すぐに帰らないといけないのが残念でした・・・。(この話は次回。)

もしまた機会があったら、今度は、最後までゆっくりまったりしたいと思いますconfident

恒さん、本日は、ステキなお時間をどうもありがとうございましたsign03

ちなみに、今回の演奏会があったのは、今月オープンしたばかりだという、「かえるカフェ」さんです。とってもステキなお店でした。

|

« 反省 | トップページ | 大学時代の友人と♪ »